ロブロックス株式会社。 ロブロックス ゲーム

★「ばあばと鬼ごっこ・・・」ロブロックスGrannyグラニー★

ロブロックス株式会社

スイスのu-blox AG(日本法人:ユーブロックスジャパン株式会社、東京港区、代表 仲 哲周) は本日、最新の測位チップ、u-blox M8を発表しました。 この新チップは、高精度と高信頼性を得るために、同時に複数の衛星システムを追跡してデータを取得できるユーブロックス社の次世代測位モジュール製品の中核をなすものです。 現在運用中の衛星システムと将来運用が予定されている全地球航法衛星{ぜん ちきゅう てき こうほう えいせい}システム(GNSS)の全てをサポートするこのプラットフォーム、並行受信マルチGNSSレシーバーIC UBX-M8030、は米国GPS、欧州Galileo、日本QZSS、ロシアGLONASSおよび中国BeiDouの各衛星を受信可能です。 GPS (QZSS)およびGLONASSまたはBeiDou衛星の同時受信、あるいはGLONASSとBeiDou衛星の同時受信は、最大の測位率と精度を必要とするアプリケーションに最適です。 このチップは、欧州のGalileoシステムの衛星が全部揃ったときのために、ファームウェアのアップグレード用を可能とします。 この新チップ、自動車、産業および民生など広範なアプリケーションを支援するための、自動推測航法や高精度タイミングなどの特別な機能もサポートしています。 測位時間をさらに改善するために、ユーブロックス社は世界中で利用できるA-GNSS「AssistNow」サービス機能をu-blox M8製品に搭載しています。 このサービスは、GPSとGLONASSの双方をサポートしています。 また、ダウンロードされたA-GNSSデータは、最大35日間有効です。 「GPS以外にも複数の新しいGNSSシステムが運用されるに至り、特に都市部での車載用アプリケーションにおいて精度と測位率をさらに高めるために、u-blox M8プラットフォームは設計されています」と、ユーブロックス社の取締役副社長、測位製品開発センター長、共同創設者であるDaniel Ammannは述べています。 「また、単一のGNSSシステムでも十分満足な性能を発揮できるため、低消費電力で低コストの携帯アプリケーションへも最適です。 これは、弊社がu-blox M8とu-blox 7ベースの両製品を市場に投入し続ける理由です。 」 この新しいu-blox M8チップは、弊社の標準モジュール製品、MAX、 NEOおよびLEAフォーム・ファクターを展開する次世代測位技術の中核をなすものです。 u-blox M8チップは、最新の単一ダイ・アーキテクチャと高精度ソフトウェア・アルゴリズムを組み合わせることにより、同時受信モードで低消費電力を実現しました。 拡張電源電圧範囲1. 4 V~3. 65V~3. 6V により、様々なシステム要件をサポートします。 高精度RFアーキテクチャとアクティブ・ジャミング検出による電磁干渉抑制技術により、最悪のGNSS環境下でも、最大限の性能を提供します。 UBX-M8030チップは、小型WL-CSP (2. 99 x 3. 21 x 0. 36 mm)およびQFN (5. 00 x 5. 00 x 0. 59 mm)パッケージで提供されます。 このチップは、AEC-Q100に基づく車載用品質グレードでも利用できます。 この新しいプラットフォームは、u-blox 7モジュールとQFPパッケージでにおいて下位互換性を維持しています。 GNSS技術をICと標準フォーム・ファクター・モジュールの双方で提供するユーブロックス社の技術は、デザインの柔軟性を最大限にし、次世代製品開発に対するカスタマーの投資を最小限に抑えます。 マルチGNSSレシーバー・チップUBX-M8030の最初のサンプルは、現在カスタマー評価用として出荷しています。 まもなく、モジュールを利用するカスタマーは、ユーブロックス社の一般的な業界標準のモジュール・フォーム・ファクターである、MAX、NEO、およびLEAを使用できます。 マルチGNSSプラットフォームu-blox M8の性能評価をご希望の方は、最寄りの弊社販売代理店にお問い合わせください。 ユーブロックスについて ユーブロックス(SIX:UBXN)はスイスを本拠にし、民生、産業および自動車市場向けに測位用半導体ソリューションとワイヤレス通信用半導体ソリューションを提供する世界的リーダーです。 同社のソリューションにより、 人、自動車や機械等がそれぞれの位置を正確に決定し、さらに音声、テキスト、ビデオでワイヤレス通信を行うことができます。 ユーブロックスはチップ、モジュール、ソフトウェアの各ソリューションを多種用意して独自の地位を占め、OEMメーカーの皆様が革新的で、個人的、専門家的、あるいはM2Mソリューションを迅速かつ廉価に開発するお手伝いをしています。 ユーブロックスはスイスのタルウィルに本社を置き、世界の各地特に欧州、アジア、米国に多くのオフィスを構えています。 詳細についてはをご覧ください。 <プレスリリースと製品のお問い合わせ先> ユーロブロックスジャパン株式会社 〒107-0052東京都港区赤坂4-8-6赤坂余湖ビル6階 カントリー・マネージャー 仲 哲周 電話:03-5775-3850 e-mail: tesshu. naka u-blox. com.

次の

ROBLOX アクションフィギュア 忍者アサシン ロブロックス【EV】【EVO10

ロブロックス株式会社

オンラインゲーム内で「集団乚イプ」 被害者の母親が告発 3時間前 ある米国の母親が6月29日、娘のアバター(ゲーム内でプレイヤーの代わりとなるキャラクター)がオンラインゲーム「ロブロックス」上で他のプレイヤーから「集団乚イプ」を受けたとし、それを見た時の衝撃をフェイスブックに投稿した。 子供向けに売られているゲームで遊んでいた7歳の娘が、ゲーム画面を見せて何が起きたのか尋ねてきた、とアンバー・ピーターセンさんは語った。 ピーターセンさんはフェイスブックに、ピーターセンさんの娘が操作する女性キャラクターを2体の男性型アバターが攻撃している様子を写したスクリーンショット(ゲーム画面を撮影した画像)も共有した。 ロブロックス社は、この行為を行ったプレイヤーを接続禁止にしたという。 ピーターセンさんは投稿で、この出来事に「多くの面で精神的ショックを受け、冒涜(ぼうとく)された」と感じたと述べた。 ピーターセンさんが共有したスクリーンショットには、男性器を示すゲーム上の物体も含まれていた。 「両親や保護者の皆さんには(中略)このアプリを消去するよう警告するだけではなく、皆さんの持っている全ての機器とそのセキュリティ設定を再確認してほしいと思います」とピーターセンさんはフェイスブックに書き込んだ。 「許容の余地はない」 ロブロックス社は「悪質なプレイヤー」による同社のコミュニティ規則や行動基準違反に「激怒している」と話した。 同社の広報担当者は「このような行為に許容の余地はない」と述べた。 「プラットフォームの安全を保証する我々の努力は常に向上し続けているし、最高の優先事項であり続ける」 ロブロックスは複数人による同時プレイが可能な人気ゲームで、子供向けに売られており、モージャン社の大ヒットゲーム「マインクラフト」とも比較されてきた。 プレイヤーはロブロックス内で自分のゲームを作れるほか、他のプレイヤーが作ったゲームでも遊べる。 ロブロックスは欧州のゲーム格付け機関「汎欧州ゲーム・インフォメーション」(PEGI)から「7歳以上対象」の格付けを受けている。 米国では、同様の機関「エンターテインメント・ソフトウェア格付け委員会」(ESRB)が同作品を「10歳以上対象」と格付けしている。 ロブロックスは約14年前にリリースされ、6400万人のマンスリープレイヤー(月に1度でもそのゲームで遊ぶ人)がいるという。 英国セーファー・インターネット・センターは、ロブロックスで遊ぶ子供を持つ親のためのガイドとなるブログ記事を公開している。 同記事は親に対し、13歳以下の子供が遊ぶ際にはゲームの基本機能以外に追加の安全機能をオンにすること、子供たちが遊んでいるゲームに関心を持つことなどを指南している。 プレイヤーは自分でゲームを作れ、他のプレイヤーが制作したゲームでも遊べる.

次の

ロブロックス 課金の仕方 関連動画

ロブロックス株式会社

スイスのu-blox AG(日本法人:ユーブロックスジャパン株式会社、東京港区、代表 仲 哲周) は本日、最新の測位チップ、u-blox M8を発表しました。 この新チップは、高精度と高信頼性を得るために、同時に複数の衛星システムを追跡してデータを取得できるユーブロックス社の次世代測位モジュール製品の中核をなすものです。 現在運用中の衛星システムと将来運用が予定されている全地球航法衛星{ぜん ちきゅう てき こうほう えいせい}システム(GNSS)の全てをサポートするこのプラットフォーム、並行受信マルチGNSSレシーバーIC UBX-M8030、は米国GPS、欧州Galileo、日本QZSS、ロシアGLONASSおよび中国BeiDouの各衛星を受信可能です。 GPS (QZSS)およびGLONASSまたはBeiDou衛星の同時受信、あるいはGLONASSとBeiDou衛星の同時受信は、最大の測位率と精度を必要とするアプリケーションに最適です。 このチップは、欧州のGalileoシステムの衛星が全部揃ったときのために、ファームウェアのアップグレード用を可能とします。 この新チップ、自動車、産業および民生など広範なアプリケーションを支援するための、自動推測航法や高精度タイミングなどの特別な機能もサポートしています。 測位時間をさらに改善するために、ユーブロックス社は世界中で利用できるA-GNSS「AssistNow」サービス機能をu-blox M8製品に搭載しています。 このサービスは、GPSとGLONASSの双方をサポートしています。 また、ダウンロードされたA-GNSSデータは、最大35日間有効です。 「GPS以外にも複数の新しいGNSSシステムが運用されるに至り、特に都市部での車載用アプリケーションにおいて精度と測位率をさらに高めるために、u-blox M8プラットフォームは設計されています」と、ユーブロックス社の取締役副社長、測位製品開発センター長、共同創設者であるDaniel Ammannは述べています。 「また、単一のGNSSシステムでも十分満足な性能を発揮できるため、低消費電力で低コストの携帯アプリケーションへも最適です。 これは、弊社がu-blox M8とu-blox 7ベースの両製品を市場に投入し続ける理由です。 」 この新しいu-blox M8チップは、弊社の標準モジュール製品、MAX、 NEOおよびLEAフォーム・ファクターを展開する次世代測位技術の中核をなすものです。 u-blox M8チップは、最新の単一ダイ・アーキテクチャと高精度ソフトウェア・アルゴリズムを組み合わせることにより、同時受信モードで低消費電力を実現しました。 拡張電源電圧範囲1. 4 V~3. 65V~3. 6V により、様々なシステム要件をサポートします。 高精度RFアーキテクチャとアクティブ・ジャミング検出による電磁干渉抑制技術により、最悪のGNSS環境下でも、最大限の性能を提供します。 UBX-M8030チップは、小型WL-CSP (2. 99 x 3. 21 x 0. 36 mm)およびQFN (5. 00 x 5. 00 x 0. 59 mm)パッケージで提供されます。 このチップは、AEC-Q100に基づく車載用品質グレードでも利用できます。 この新しいプラットフォームは、u-blox 7モジュールとQFPパッケージでにおいて下位互換性を維持しています。 GNSS技術をICと標準フォーム・ファクター・モジュールの双方で提供するユーブロックス社の技術は、デザインの柔軟性を最大限にし、次世代製品開発に対するカスタマーの投資を最小限に抑えます。 マルチGNSSレシーバー・チップUBX-M8030の最初のサンプルは、現在カスタマー評価用として出荷しています。 まもなく、モジュールを利用するカスタマーは、ユーブロックス社の一般的な業界標準のモジュール・フォーム・ファクターである、MAX、NEO、およびLEAを使用できます。 マルチGNSSプラットフォームu-blox M8の性能評価をご希望の方は、最寄りの弊社販売代理店にお問い合わせください。 ユーブロックスについて ユーブロックス(SIX:UBXN)はスイスを本拠にし、民生、産業および自動車市場向けに測位用半導体ソリューションとワイヤレス通信用半導体ソリューションを提供する世界的リーダーです。 同社のソリューションにより、 人、自動車や機械等がそれぞれの位置を正確に決定し、さらに音声、テキスト、ビデオでワイヤレス通信を行うことができます。 ユーブロックスはチップ、モジュール、ソフトウェアの各ソリューションを多種用意して独自の地位を占め、OEMメーカーの皆様が革新的で、個人的、専門家的、あるいはM2Mソリューションを迅速かつ廉価に開発するお手伝いをしています。 ユーブロックスはスイスのタルウィルに本社を置き、世界の各地特に欧州、アジア、米国に多くのオフィスを構えています。 詳細についてはをご覧ください。 <プレスリリースと製品のお問い合わせ先> ユーロブロックスジャパン株式会社 〒107-0052東京都港区赤坂4-8-6赤坂余湖ビル6階 カントリー・マネージャー 仲 哲周 電話:03-5775-3850 e-mail: tesshu. naka u-blox. com.

次の