スイッチ ソフト ダウンロード 時間。 Nintendo Switchソフトウェア|任天堂

Nintendo Switchソフトウェア|任天堂

スイッチ ソフト ダウンロード 時間

9月20日に発売となったNintendo Switch Lite。 携帯モードに特化し、Joy-Conも分離不可としたことで、小さく安くなった廉価版モデルです。 筆者宅にはすでに初代Switchが2台あり、まったく購入するつもりはなかったのですが、たまたま立ち寄ったお店で売っているのを見つけて、ついうっかり購入してしまいました。 Switch Lite自体のレビューはすでにいくつか掲載されており、今後も何本かレビューが続きます。 なので、従来のSwitchとの違いなどはそちらに譲るとして、ここでは2台目として、あるいは子供用にSwitch Liteを購入する場合の注意点をいくつか紹介したいと思います。 1人で2台を利用する場合まず、自身で使う2台目として購入した場合。 Nintendo Switchは、で複数台利用が可能となっており、1つのユーザーアカウント(ニンテンドーアカウント)で、どちらの端末も問題なく使えます。 ただし、無制限に利用できる「いつもあそぶ本体」に設定できるのは、どちらか1台のみ。 それ以外のSwitchは、インターネットに接続している場合にのみ、そのユーザーのソフトを遊べます。 携帯モード専用のSwitch Liteを常に持ち歩くと考えるなら、SwitchとSwitch Liteの2台持ちの場合はSwitch Liteを「いつもあそぶ本体」に設定し、Switchはテレビに繋いで自宅用とするのが良さそうです。 ちなみに、Switch LiteにもUSB Type-Cポートがありますが、映像出力には対応しておらず、テレビモードは利用できません。 テレビモードをサポートするアダプタを繋いでみましたが、やはり映像出力はしませんでした 悩ましい複数ユーザの使い分け1人で2台を使う場合にはこれでいいのですが、少し悩ましいのが、子供用として新たにSwitch Liteを購入(あるいはSwitchを子供に渡して、自分用としてSwitch Liteを購入)する場合です。 1台のSwitchを家族で利用していたとして、各家族のアカウントを厳密に使い分けていたのなら大きな問題はありません。 また、ゲームはカートリッジ派でダウンロード販売は使わないという人も問題はないでしょう。 それでも、親のアカウントで購入したゲームを、子供が自分のアカウントでプレイする、といった使い方をしている家庭も多いのではないかと思います。 これで何が問題になるのかというと、「いつもあそぶ本体」の設定です。 いつもあそぶ本体では、自分以外のユーザーでも自分が購入したゲームをプレイできます。 しかし、他の本体では、自分が購入したゲームをほかのユーザーは遊べません。 たとえば、親のアカウントでゼルダの伝説を購入し、子供のアカウントでスーパーマリオオデッセイを購入。 これまでは1台のSwitchでどちらのゲームも遊べましたが、子供用にSwitch Liteを購入し、子供のいつも遊ぶ本体をSitch Liteに設定したとします。 すると、Switch Lite上では、親が購入したゼルダの伝説を子供は遊べなくなります。 逆も同様に、これまでのSwitch上で、親はスーパーマリオオデッセイをプレイできません。 これからはアカウントをちゃんと分けてゲームを購入しよう!というのなら、これでも問題はありません。 問題は、どちらのゲームも親のアカウントで購入していた場合で、そうなるとSwitch Liteでは遊べるゲームがなくなります。 この場合、あるいはSwitch Lite上でも親のゲームが遊びたいというのなら、主に自宅で使う親が我慢して、どちらのアカウントもSwitch Liteを「いつもあそぶ本体」に設定するのが良さそうです。 子供がSwitchを利用してテレビモードで使うときには、親のゲームは遊べませんが、これは仕方がないところでしょう。 ただし、この場合、2台のSwitchで同時にダウンロードソフトは遊べません。 1つのアカウントでダウンロードソフト(別のソフトであったとしても)を遊べるのは、常に1台のみです。 ちなみに、1本のダウンロードソフトを2台のSwitchで、別々のアカウントを使い同時プレイは出来ます。 せめてファミリー登録したアカウント内だけでも、なんとかならないかとは思いますが。 この問題はSwitchに限らず、3DSなどを使いまわしていて、あとから買い足すような場合でも起きていたと思うのですが、あまり問題にならなかったのはパッケージソフトが多かったからなのかもしれません。 その意味では、Switchではダウンロード販売が主流になったことで問題が顕在化してきた...... という可能性がありそうです。 なんにしろ、Switch Liteを子供用に新たに購入(買い足し)しようという場合には、上記のような問題があるのを認識しておくことが重要です。 ちなみに筆者宅では、2台のSwitchを2つ目の例(片方に「いつもあそぶ本体」を集中させる)で運用中です。 Switch Liteを含めた3台をどう使い分けるかは、これから考えたいと思います。

次の

【スマブラSP】ダウンロード版のダウンロードにかかる時間はどれくらい?

スイッチ ソフト ダウンロード 時間

ニンテンドースイッチのロード時間短縮方法 ニンテンドースイッチ本体を「アップデート」する Oh my. The update DID improve Shrine loading times, pog! 75倍向上」させる「オーバークロック」が可能になります。 この機能のおかげで、ロード時間を大きく短縮することが可能です 上記の検証動画では「16. 31秒」にまでロード時間が短縮されていますね。 ただ、ソフト側で対応している必要があり「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」や「スーパーマリオ オデッセイ」等、一部のゲームのみ、このオーバクロック機能が使われています。 また、アップデートさえすれば自動的にロード時間が短縮されます。 今後のアップデートで対応するソフトもあるかもしれないので、細目にアップデートした方が良いでしょう。 ダウンロード時間を少しでも短縮したい方は、ゲームを遊びながらではなく、スリープ状態にして待った方が良いみたいです。 ロード時間は「ダウンロード版ソフト」の方が短い ニンテンドースイッチは、ゲームデータの読込方法によって「ロード時間の長さ」が変わることが分かっています。 そして、読込方法は下記の3つです。 本体内蔵メモリ• マイクロSDカード• ゲームカード 起動時間を比較した検証動画 下の動画は、ゲームデータの読込方法によって起動時間に差があるのか…と言う検証動画です。 「スーパーマリオ オデッセイ」の起動時間 本体内蔵メモリ 31. 44秒 マイクロSDカード 32. 88秒 ゲームカード 37. 21秒 上記の検証動画では「37. 88秒」になっているので、 起動時間は「約4. 5秒」短縮されている結果になっています。 本体内蔵メモリーなら、より速く、起動時間が「約6秒」も短縮されていますね。 これぐらいの差が色んなロード場面で出てくるのであれば、かなり大きな差になる…と言えるのではないでしょうか。 様々なロード時間を比較した検証動画 読込時間の比較検証をされている動画が他にもありました。 下の動画では『ゼルダの伝説 ブレスオブワイルド』の様々なロード場面における「ロード時間」が比較されています。 42秒 34. 07秒 34. 27秒 35. 09秒 26. 21秒 26. 41秒 27. 47秒 9. 21秒 9. 22秒 9. 42秒 30. 56秒 31. 13秒 32. 49秒 19. 51秒 20. 07秒 20. 58秒 23. 00秒 23. 51秒 24. 17秒 合計時間 130. 47秒 142. 56秒 144. 61秒 148. 76秒 内蔵メモリが速いのは明白ですが、マイクロSDカードを使ったとしても、そこまで大きな差が出る訳ではありませんでした。 — サンディスク SanDiskJP 上記の動画を見てもらえば分かる通り、使用するマイクロSDカードによっても、ロード時間が変わります。 ロード時間が短くなるマイクロSDカードの条件 ・ロード時間は「読込速度」で決まる ロード時間とは「データを読み込んでいる時間」のことなので、ロード時間を短縮したい方は「読込速度」が速いマイクロSDカードを選べばOKです。 ただ、使用するマイクロSDカードによって短縮される時間はわずかなので、体感時間は変わらないかもしれません。 そう言った 「読込速度 が遅い製品」を使用していると、ロード時間が長すぎる…と言ったことが常に起こってしまうでしょう。 もし、極端にロード時間が長いな…と感じている方は、任天堂が推奨しているスペックを満たしているマイクロSDカードを使ってみて下さい。 関連記事: ・ダウンロード時間は「書込速度」で決まる ダウンロードする時は「本体内蔵メモリ」か「マイクロSDカード」の中にデータを書込作業が行われています。 つまり、影響する項目は「書込速度」です。 勘違いされない様に書いておきますが、 データのロード時間を決める「読込速度」がいくら速くても、ダウンロード時間は短縮されません。 マイクロSDカードの中には「読込速度」が速いものの、ダウンロードで重要となる「書込速度」は遅い製品も少なくないです。 もし、ダウンロード時間も短縮したい方は「書込速度」が優れているものを選んでみて下さい。 高速マイクロSDカードの紹介 転送速度に関しては『Samsung』のマイクロSDカードが非常に優れていますが、性能が優れている分、他の製品よりも少しだけ値段が高くなっています。 特に、低容量マイクロSDカードの中では値段が高めなので、64GB以下の容量なら他の製品と比較してから購入した方が良いです。 コスパに優れたマイクロSDカードだけを紹介している記事があるので、良ければマイクロSDカードを選ぶ参考にして下さい。 関連記事: それでも、高速マイクロSDカードが欲しい…と言う方は『Samsung』のマイクロSDカードがおすすめです。

次の

Switchのゲームダウンロード時間を短縮する方法とダウンロード手順

スイッチ ソフト ダウンロード 時間

ニンテンドースイッチソフトのパッケージ版とダウンロード版のロード時間の差について。 私はゼルダの伝説 ブレスオブザワイルドを買うところです。 それにあたって、パッケージ版とダウン ロード版のどっちにするかを決めかねています。 元々はパッケージも手元に持ちたいので、パッケージ版にしようと考えていましたが、DL版のほうがゲームの起動が速いという情報を得て、心が揺れ動いています。 そこで、このゲームのロード時間の、どこの部分が短縮されるのかということをお聞きしたいのです。 まず、私は起動の速さを比較・検証してる動画を見つけました。 ダウンロード版とパッケージ版の差が約2秒です。 1日に2秒。 12分10秒。 まぁ許容できます。 ですが、上の検証動画を見て私はある疑問が浮かびました。 このDL版、パッケージ版によるロード時間の差は、ゲームの起動時だけでなく、ゲーム中にもあるのではないかと。 マップの切り替わり時や オープンエアのブレワイにあるのかは私は知りませんが 、ゲームオーバー後の再開時などにです。 そうだとしたらDL版、パッケージ版の差は2秒どころではなく、プレイ時間に応じて長くなることになり、到底無視できる差ではありません。 それが今回の質問です。 ゲーム中にも影響を及ぼすのかどうか。 それによって、DL版かパッケージ版かを決めようと思います。 ちなみに、DL版、パッケージ版のロード時間の差以外のメリット・デメリットは理解しています。 スプラトゥーン2のようにゲームカードフリー版があればそれにするんですけど、マイニンテンドーストアにないということはないんでしょうねぇ。 ゲーム中に発生するロード画面が表示されるデータ読み込み時間のすべてが短縮されるはずです、ほんのわずかでしょうけど ゲーム中にワープで遠い場所へ飛んだときや祠と呼ばれるミニダンジョンへ入るとき、何か失敗したりやり直すためにセーブデータをロードするときなどにロード画面になります それ以外の、モンスターに遭遇して戦闘になる、フィールドから町のなかに入る、建物の中に入る、などでの読み込みは一切ありません ロード画面は表示されずバックグラウンドで自動でやっている ロード画面では、現在の実績 クリアした祠の数、集めたコログのミの数など や TIPS ゲームの操作方法や豆知識的な情報が数秒ずつランダムに紹介 などが表示され飽きたり時間が長く感じるのを防ぐ工夫がされています 特にTIPSはオンラインマニュアルも含め説明書が一切ないゼルダにとって結構重要な情報源です 数に限りがありますので終盤になれば見たことあるのばかりで読み飛ばすことにはなりますが それほど頻繁にロード画面が出るということもありませんし何度もロードを繰り返すリセマラをしてるときぐらいしか時間が長いとか感じませんがそんなに気になるのであればダウンロード版でいいと思います メリットデメリットもご承知のようですし やはりゲーム中にロード画面があり、そこで短縮されるんですね。 よく考えたら、スイッチにはスリープ機能がありますから、ゲームの起動時間の長さは事実上関係ないですね。 となると争点は、ゲームプレイ中の随所のロード時間。 調べたら、祠の出入りが11秒、死んでから復活が15秒、他の大陸へワープが30秒とか48秒とかいう情報が出てきて、長いと思いました。 大陸のワープは頻度は少ないでしょうけど。 それで考えた結果、ダウンロード版にしようと決めました。 物質を所有しない物足りなさがありますが、パッケージの実物を店頭で見て満足することにします。 紙の説明書もないことがわかりましたし。 回答ありがとうございました。

次の