エポス ゴールド。 エポスゴールドカードは年会費無料で持てるゴールドカード!?

エポスファミリーゴールドとは?スペック、メリット、申し込み方法まとめ

エポス ゴールド

何か買い物をする以外でいっさいの出費がかかりませんので 国際ブランドはVISA エポスゴールドカードの国際ブランドは VISAとなっています。 VISAは日本はもちろんのこと、世界で最も普及している国際ブランドになるので、 そのVISAが使えるエポスゴールドカードは国内・海外でも広く利用できるクレジットカードとなります。 基本ポイント還元率は0. ゴールドカードとしては低めのポイント還元率ですが、ノーマルのエポスカードとは違い、 ポイントの有効期限が無いのが地味に嬉しいポイント。 また、還元率の計算は税込価格となっているため、例えば950円(税抜)の買い物では1,045円(税込)となるので、5ポイントを得ることができます。 年会費無料で持てるゴールドカードでは、他にイオンカードゴールド、セブンカード・プラス(ゴールド)などがあります。 基本的にはエポスカードの特典と同じですが、一部ゴールドカードにしかない特典が追加される形です。 海外旅行保険が自動付帯で内容も充実 エポスゴールドカードには、充実した内容の海外旅行傷害保険が付帯されています。 金利(利子)は高いですが両替所の手数料を考慮するとさほど変わりませんし、海外キャッシングのほうが何かと便利です。 エポスゴールドカードの場合は、というサービスを使うことでキャッシングの繰り上げ返済も可能となっています。 海外キャッシングの繰り上げ返済とは? キャッシングの借入金を通常より繰り上げして(早めて)返済する方法。 早く返済した分だけ利息を抑えることが可能。 この繰り上げ返済を利用すれば、 キャッシングにかかる金利を最小限に抑えられるので、お得です。 残念ながら海外のATM利用手数料はかかってしまうため、海外キャッシングできるクレジットカードの中では最もお得な訳ではありませんが、 それでもエポスゴールドカードは海外キャッシングに強いクレジットカードと言えます。 対象のラウンジがある空港• 羽田空港• 成田国際空港• 新千歳空港• 函館空港• 仙台空港• 小松空港• 中部国際空港• 大阪国際(伊丹)空港• 関西国際空港• 神戸空港• 広島空港• 松山空港• 福岡空港• 北九州空港• 長崎空港• 阿蘇くまもと空港• 大分空港• 鹿児島空港• 那覇空港• ホノルル空港• 仁川空港• ホノルルラウンジ 上記のラウンジでは、ドリンク(アルコール含む)と軽食のサービスを提供しているので、 飛行機に登場する前や移動した後での休憩に最適です。 ただし、いくつかの優待店でポイントアップの特典があり、また利用で割引となる店舗も多いので、使い方次第では十分にお得さが得られます。 国内旅行保険やショッピング保険はない エポスゴールドカードには充実とした内容の海外旅行傷害保険が自動付帯でついていますがが、 国内旅行傷害保険や国内・海外でのショッピング保険はありません。 これらの保険が必要な人は、別のクレジットカードを持つなどして補う必要があります。 月1回以下の利用は利用明細書発行料80円(税抜)がかかる エポスゴールドカードの利用明細書を郵送で受け取る場合、 月1回以下の利用だと80円(税抜)が必要となります。 なので、たった80円とは言え対象となる人は月2回以上利用するのがおすすめ。 ちなみに、を利用してオンラインのみで利用明細を確認する人の場合は、 月0回の利用でも一切の支払いは必要ありません。 保険デスクからセールスの電話が来る場合あり 僕は1度、 エポスカードの保険デスクからいきなり保険入会のセールスを電話で受けたことがあります。 その時は丁重にお断りしましたが、僕は電話があまり好きではないので「今時電話でセールスするのか…」と少し萎えた経験があります。 こういったセールスが苦手な人は少し注意ですね。 電話帳に登録しておくなどして対策をしておきましょう。 直接申し込む まずは、シンプルに 直接エポスゴールドカードを申し込むことです。 エポスカード(ノーマルカード)はマルイの店頭でも申し込みができますが、エポスゴールドカードの場合はのみとなっています。 ただし、後述の通り 直接エポスゴールドカードを申し込むのはおすすめしません。 エポスカードを利用し、インビテーションをもらって申し込む エポスゴールドカードは、 エポスカードを継続的に利用することでもらえるインビテーションを受けてから申し込むのが断然おすすめです。 なぜなら、インビテーションを受ければ 年会費永年無料でエポスゴールドカードを発行できるからです。 年間5,000円の節約は地味に馬鹿にできないですし、そもそもゴールドカードを無料で持てること自体が珍しいことなので、このキャンペーンは見逃すべきではないかと。 ちなみに、僕もインビテーションをもらってエポスゴールドカードを発行したのですが、エポスカードを半年間で20万円利用したらインビテーションが届きました。 なので、単純計算で1ヶ月3. 5万円を利用すれば、半年後にインビテーションが届く可能性が十分にあることになりますね。 まとめ:エポスゴールドカードはインビテーションで年会費無料となる海外旅行にもメリット多数のクレジットカード 以上、エポスゴールドカードの特徴やお得な特典、メリット・デメリットをまとめました。 エポスゴールドカードは、エポスカードの上位互換で、 エポスカードよりもさらに充実した特典の得られる海外旅行にもおすすめのクレジットカード。 もちろん、国内での利用でもお得です。 また、エポスカードを継続して利用することで届く インビテーション(招待状)によって、 年会永年無料で持つことのできる珍しいゴールドカードになります。 直接申し込むこともできますが、 エポスカードから利用してこのインビテーションを狙うことを強くおすすめします。

次の

エポスゴールドカードの年会費無料の裏ワザ!インビテーション(招待状)の条件や時期の詳細まとめ!!

エポス ゴールド

エポスゴールドカードのスペック一覧 まずはエポスゴールドカードのスペックについて簡単にまとめます。 年会費 通常申込みの場合5,000円 年間50万円以上利用で翌年度より永久無料 もしくは通常のエポスカード利用時にインビテーションを受けることで年会費は永久無料になります。 ポイント還元率 0. 年会費が永久無料• 利用学に応じたボーナスポイント• 充実の海外旅行傷害保険• ポイント有効期限が無期限• 選べるポイントアップショップで還元率が1. 国内外の空港ラウンジが利用可能• 家族カードがゴールドカード 年会費が永久無料! エポスゴールドカードの 最大のメリットは年会費が永久無料であることです! 他にもさまざまなゴールドカードがありますが、年会費が永久無料のゴールドはほとんどありません!(イオンゴールドカードもありますが、入手が困難です) なので、年会費は払いたくないけどそれなりのステータスカードが欲しい!って方には、エポスゴールドカードは最適です! 利用額に応じたボーナスポイント エポスゴールドカードは、通常のエポスカードとは違い年間の利用額に応じてボーナスポイントが付与されます。 年間利用額 ボーナスポイント 50万円 2,500ポイント(0. 5%) 100万円 10,000ポイント(1. 0%) エポスゴールドカードを通常利用してもポイント還元率は0. 5%(200円で1ポイント)ですが、ボーナスポイントを含めるとポイント還元率は最大1. 5%まで爆上げです! 100万円利用時、通常利用のポイントが5,000ポイント。 ボーナスポイントが1万ポイントなので、合計15,000ポイント。 という計算です。 また、エポスゴールドカードには「選べるポイントアップショップ」という制度もあり、選んだショップでエポスカードを使えばポイントが3倍になります。 (のちほど詳しいことは書いています) この制度を利用すれば、ボーナスポイントと通常ポイントに加えさらにポイントを獲得できますよ! 充実の海外旅行傷害保険! 年会費無料のエポスゴールドカードは、海外旅行傷害保険もかなり充実しています! 保険の種類 エポスカード エポスゴールドカード 傷害死亡・後遺障害 最高500万円 最高1,000万円 傷害治療費用(1事故の限度額) 200万円 300万円 疾病治療費用(1疾病の限度額) 270万円 300万円 賠償責任(免責なし) 2,000万円 2,000万円 救援者費用 100万円 100万円 携行品損害 20万円 20万円 海外旅行傷害保険目当てで通常のエポスカードを持っている方も多いですが、同じ年会費無料ならエポスゴールドの方が圧倒的に優れています! ポイント有効期限が無期限 エポスゴールドカードのポイント有効期限は、なんと無期限です!(通常のエポスカードは2年です) ポイントが溜まりやすいけど、有効期限が短いと使いづらいですが、その点エポスゴールドカードは有効期限を気にしなくていいので安心ですよ! 選べるポイントアップショップで還元率1. 5% エポスゴールド、エポスプラチナカードには、『選べるポイントアップショップ』という制度があります。 この「選べるポイントアップショップ」は、対象のショップ・お店を利用した際に獲得できるポイントが3倍になるという特典です。 下記のような 対象のショップ・お店が対象です。 スーパー/ドラッグストア:イオン、成城石井、スギ薬局など• 家電量販店/ホームセンター:ニトリ、ビックカメラ、ヤマダ電機など• ファッション/ブランド:H&M、ABCマート、ユニクロなど• 本/雑貨/コスメなど:Appleストア、紀伊国屋書店、東急ハンズ• 公共料金:新聞・電力・ガス各社• 電話/インターネット料金/自動車関連(保険など)• 交通系:ANA、JAL、エアアジアなど• 旅行代理店/ホテル・宿泊店/レジャー・チケットなど インフラ関係から食品・生活雑貨まで非常に幅広いショップ・お店が選択できるので、よく利用するショップを選べば、それだけ獲得できるポイントも増えますよ! 国内外の空港ラウンジが利用可能 エポスゴールドカードを持っていれば、国内外22の空港ラウンジが利用可能です。 羽田空港• 成田国際空港• 新千歳空港• 函館空港• 仙台国際空港• 小松空港• 中部国際空港(セントレア)• 大阪国際(伊丹)空港• 関西国際空港• 神戸空港• 広島空港• 松山空港• 福岡空港• 北九州空港• 長崎空港• 阿蘇くまもと空港• 大分空港• 鹿児島空港• 那覇空港• ホノルル空港ロビーラウンジ(ハワイ)• ホノルルラウンジ (ハワイ)• 仁川空港(韓国) と、エポスゴールドカードでは国内19か所、海外3か所のラウンジが利用可能です ただ、エポスゴールドカードの場合は同伴の方には別途利用料金が必要なので、その点はお気を付け下さい。 もし、同伴者の方も無料がいい!ということであれば、エポスプラチナをゲットしましょう!• 通常のポイント還元率が低い• 国内旅行傷害保険や航空便遅延補償がない 通常のポイント還元率が低い エポスカード全体に言えることですが、 通常利用して獲得できるポイント数(ポイント還元率)が少ない点はデメリットです。 100円=1ポイント(ポイント還元率1%)のクレジットカードが多い中で、エポスカード(ゴールド、プラチナ含む)は200円(税込)=1ポイント(ポイント還元率0. 5%)と低いです。 ただ、エポスゴールドカードには、選べるポイントアップショップや年間利用額に応じたボーナスポイントという特典があります。 この特典を利用すれば、年間で獲得できるポイントはかなり多くなり、ポイント還元率は最低でも1. 5%に跳ね上がります! 通常利用して獲得できるポイントが低いことは確かにデメリットですが、利用方法を工夫したり、年間利用額をうまく調整すれば、通常のポイント還元率はあまり気になりませんよ。 国内旅行傷害保険や航空便遅延補償がない エポスゴールドカードには海外旅行傷害保険はありますが、国内旅行傷害保険や航空便遅延補償などはありません。 もちろん、年会費無料(条件によっては)なので国内旅行や航空便にまで保険や補償が付くなんて思っていません。 でも、かりにもゴールドと名がつくカードなので、せめてもう少し旅行関係で充実させてほしいなというのが本音です。 もし、国内旅行や航空便、買い物などに対して保険や補償が充実するなら、年会費を払ってもいいかな?って思ったりしています。 そのくらいエポスカード系には旅行関係の保険や補償を期待しています! エポスゴールドカードはこんな人におすすめです! ここまでエポスゴールドカードのメリット・デメリットについてまとめてきました。 では、実際どんな人がエポスゴールドカードを持つべきなのか?というと、こんな感じです。 マルイ(OIOI ユーザーの方• 年会費無料でゴールドカードを持ちたい人• 海外旅行によく行く人(最低年一回)• レジャーやカラオケに良く行く人• ファミレス・居酒屋に良くいく人 一つでも当てはまるなら、エポスゴールドカードを所有してもなんら損はありません! エポスゴールドカードの入手方法 最後にエポスゴールドカードを入手する方法を紹介します。 方法とはしては下記の2つです。 申し込み(年会費5,000円)• インビテーション(年会費永久無料) ただ、申込みでの入手はおすすめしません! エポスゴールドカードを持つなら、絶対にインビテーション(招待)を待つべきです! 申し込みは絶対ダメ!おすすめしません エポスゴールドカードは、申込みをして手に入れることが可能です。 ) ただ、 正面突破の申込みはおすすめしません。 というのも、年会費が5,000円必要だからです。 この次に紹介する「インビテーション(招待)」で入手すれば、5,000円は払う必要がなく、かつ年会費は永久無料になります。 なので、無駄に年会費なんて払う必要なんてありません! もちろん、「すぐにでもゴールドカードがほしい!」という方もいるかと思います。 そういった方を無理には止めませんが、もし少しでも待てるなら通常の「」で利用実績を作って、インビテーションを待ちましょう! \エポスゴールドへはまずエポスカードから!/ 遠回りだけどインビテーションで手に入れるのがおすすめ! エポスゴールドカードは、インビテーションを受ければ年会費が永久無料で持つことができます! 通常のエポスカードからゴールドカードへのインビテーションの条件については、エポスカードから正式には出ていませんが、調べていると下記のような条件が挙げられています。 年間50万円以上利用• 利用期間6ヶ月以上• エポスカードにとって有益な利用者である• 上限までキャッシングやローンを利用していない• 支払いの遅延がない(あってもすぐに支払っている) 僕もエポスゴールドカードのインビテーションを受けたときは、上記の条件は全て満たしていました。 (ちなみに僕はインビテーションを受けた時、無職でしたwww) 僕がインビテーションを受けた時の条件を見てもわかりますが、職業や雇用形態等は特に問わないようです。 つまり、正社員ではなくても良いということです。 なので、「私は専業主婦(主夫)だから…」とか「僕はフリーターだから…」とか消極的に考えず、利用実績を作るようにすればよいと思いますよ! さいごに:エポスゴールドカードを目指すならまずは通常エポスカードから! 本記事では、「エポスゴールドカードが最強!メリット・デメリット・入手方法まとめ【年会費永久無料】」についてまとめました。 エポスゴールドカードの最大の魅力は、 条件次第で年会費が永久無料になる点です。

次の

エポスゴールドカードのメリット・デメリット!ETCカード・年会費・手数料・ポイント徹底比較

エポス ゴールド

エポスゴールドカードの保有方法とは? エポスゴールドカードはエポスカードと比較するとよりサービスが手厚くなるという特徴を持つクレジットカードですが、入会方法が2つあります。 1つめはエポスゴールドカードを申込み、審査を受けて通過後入会という流れです。 この場合クレジットカードの年会費として5,000円がかかります。 2つめがエポスカードに入会し、インビテーション(エポスゴールドカードへのご案内)を受けて手続きを行い入会という流れです。 この場合 年会費無料となります。 ただしインビテーションには申込期限があり、この 期限を過ぎてしまうと通常と同じく年会費5,000円を支払わなければならないため注意が必要です。 インビテーションは郵便・PC・アプリの3つの方法で通知されます。 そしてPCやアプリの方が通知のタイミングが早いのですが、こちらは普段からチェックしておかないと気付きにくいと思いますが、少しでも早くインビテーションを受け取れたか知りたい方は、インストールしておくと良いでしょう。 エポスゴールドカードのインビテーションを受け取るための条件とは エポスゴールドカードのインビテーションを受け取る条件はエポスカードの会社基準とされ、詳細は後悔されていません。 実際にエポスゴールドカードのインビテーションを受けた方の事例を調べてみても、条件はさまざまです。 しかし事例を読み込む中で事故なくエポスカードを利用したということ以外にも、ある傾向が見られたことは確かなのでそれについてお伝えします。 エポスカードを年間50万円以上利用する エポスゴールドカードのインビテーションを受けた方の事例の中で一番多かった条件がこちらです。 どうして50万円という基準なのか考えてみると、エポスゴールドカードの年会費は年間利用額が50万円以上になると、翌年以降永年無料となります。 このことからエポスカードでは 年間利用額が50万円以上の会員の方と、そうではない会員の方に一つの線引きを設けていると言えるのではないでしょうか。 そのためエポスゴールドカードのインビテーションを受けたい方は、年間利用額50万円、月間利用額にすると4万2千円ほどを目安にエポスカードを使用してみるのがよいでしょう。 定期的にエポスカードを利用する エポスゴールドカードのインビテーションを受けた方が、それまでにエポスカードをどのような支払いに利用していたのかを見てみると、• スーパー・コンビニでの支払い• 家賃・公共料金の支払い• 国内外の旅行や出張での支払い• 出産費用の支払い• 生命保険の支払い• ETC利用分の支払い• ガソリン代の支払い などで、これは生活費の中の固定費が多いと言えます。 固定費は毎月必ず生活のためにかかるお金なので、クレジットカード会社側から見ると 一定の利用頻度を維持してくれる支払いです。 エポスゴールドカードのインビテーションを受けたい方にとっては、エポスカードを定期的に使用するという意志表示をわかりやすく会社に示す方法が固定費の支払いと言えるのかもしれません。 インビテーションが届いた事例紹介 次にエポスゴールドカードのインビテーションが届いた事例をいくつかご紹介します。 事例1 まずは3か月、利用金額が3ヶ月・17万円使うことでエポスゴールドカードのインビテーションが届いた事例をご紹介します。 カード発行後1年ほど経過してからエポスゴールドカードのインビテーションを狙って、計画的に固定費やコンビニなどの支払いにエポスカードを使用していました。 短期間で、多額のお金をエポスカードで支払うことで、短時間でインビテーションを受け取れたのだと思います。 事例2 そして8か月、利用金額10万円以下でエポスゴールドカードのインビテーションが届いた事例をご紹介します。 固定費と変動費をバランス良く、しかし定期的に行うことで、年間50万円も使用しなくてもインビテーションを受け取れていました。 事例3 最後に私がエポスゴールドカードのインビテーションを受け取った経緯もご紹介します。 エポスカードを作成したのが2017年4月で、インビテーションを受け取ったのが2017年11月なので、 結果的に、 7ヶ月でインビテーションを受け取れました。 この時のエポスカードの利用金額は下記の通りです。 月 利用額 4月 13,656円 5月 19,841円 6月 100,085円 7月 45,286円 8月 23,432円 9月 32,286円 10月 32,771円 11月 途中まで 13,707円 合計 281,064円 6ヶ月でおよそ28万円分使った所、エポスゴールドカードのインビテーションを受け取ることができました。 エポスゴールドカードに切り替えた場合のエポスカードとの違いについて 次はエポスゴールドカードのインビテーションを受けてエポスカードからエポスゴールドカードへと切り替えた時の違いと注意点について説明します。 選べるポイントアップショップでポイント最大3倍! エポスゴールドカードに切り替えた場合、300以上の対象ショップの中からよく利用するショップを3件選んでエポスNetで登録するだけで、 登録した当日からポイントが最大3倍となります。 具体的には利用200円ごとに1回、2回、ボーナス払いの場合は通常1ポイントに2ポイントがボーナス加算、リボ払いの場合は通常2ポイントに2ポイントがボーナス加算されるのです。 公共料金なども登録可能なので、大きな金額を支払っているショップを登録しておくと、より多くのポイントを効率よく貯めることができるでしょう。 年間ボーナスポイントがもらえる エポスゴールドカードの年間利用金額に応じて、最大10000ポイントのボーナスポイントがもらえます。 ポイント利用分、キャッシング利用分、現金での支払いは年間利用金額に含まれないので注意が必要です。 旅行での特典が増える エポスゴールドカードの場合、海外旅行傷害保険の最高保証金額が1000万円となり、空港ラウンジが無料で使用可能となります。 具体的には、以下の空港のラウンジが 無料で使用できます。 ・羽田空港 ・成田国際空港 ・新千歳空港 ・函館空港 ・仙台国際空港 ・小松空港 ・中部国際空港 ・大阪国際(伊丹)空港 ・関西国際空港 ・神戸空港 ・広島空港 ・松山空港 ・福岡空港 ・北九州空港 ・長崎空港 ・阿曽くまもと空港 ・大分空港 ・鹿児島空港 ・那覇空港 ・ホノルル空港(ハワイ) ・仁川空港(韓国) ・ホノルルラウンジ 空港ラウンジを無料で使用するためには、当日の航空チケットとエポスゴールドカードの提示が必要なので注意しましょう。 エポスゴールドカードに切り替えた時の注意点 エポスゴールドカードにエポスカードから切り替えた場合、クレジットカード番号が変わります。 このことにより、もしインターネットショッピングや公共料金の支払いでクレジットカードの番号を登録していた場合、変更の手続きが必要です。 ただし一部手続き不要の会社もありますので、詳細はで確認するのがよいでしょう。 まとめ エポスゴールドカードのインビテーションを受け取るためにはエポスカードの利用額が年間50万円となることが目安であり、さらに固定費の支払いを行うとより望ましいのがおわかりいただけたのではないでしょうか。 エポスゴールドカードに切り替えをすると特典がエポスカードより増加し、しかもインビテーションを受けて切り替えることにより年会費も無料で使用できます。 エポスカードを現在使用している方は、エポスゴールドカードへのインビテーションにぜひ挑戦してみてはいかがでしょうか。

次の