ポケモン ソード シールド オート セーブ。 ポケモン ソード シールド、エラーで終了の原因は… オートセーブは無関係?

【ソードシールド】オートセーブ機能「おまかせレポート」が登場!従来のレポート機能も【ポケモン剣盾】

ポケモン ソード シールド オート セーブ

本日11月15日に発売されたニンテンドースイッチ用ゲームソフト『ポケットモンスター ソード・シールド』について、エラーでゲームが強制終了した際にセーブデータが破損するとの誤解が広まっています。 データ破損報告があったのはSDカード内のゲームデータ 『ポケットモンスター ソード・シールド』でエラー落ちをしたときに、データが破損したとの報告やがアップされたことは事実です。 ただし、破損したのはSDカード内のゲームデータであり、動画を投稿した人物のセーブデータが残っていることは。 動画を投稿したユーザーも、「」とSNSで発信しています。 しかしこの動画や「エラー落ちでSDカードのデータが消えた」との情報が拡散するにつれて、どこかでその話が「セーブデータが破損した」にすり替わりました。 一部ではゲーム系迷惑サイトが「デマを広めている」とする指摘もあります。 筆者が確認したところ、たしかに記事内に「セーブデータが消えた」というSNSの投稿(削除済みの投稿もアリ)が埋め込まれていました。 「セーブデータが消えた」との情報。 前者は3DSの話と思われる(本作はまだポケモンを過去作から連れてこれない)。 後者は誤解を受けてのもの。 『はちま起稿』より筆者キャプチャ こうした誤情報も、誤解をより広めてしまったものと思われます。 任天堂サポートは「セーブデータは本体保存」と暗に否定 この状況に対して任天堂は公式には「セーブデータは破損しない」と発表していないものの、『Twitter』の公式サポートアカウントで「セーブデータは本体保存メモリーに保存されます」と、SDカードのデータ破損からのセーブデータ破損について暗に否定しています。 いまのところ「セーブデータが破損した」という報告は、ツイート以外では確認できていません(その後、削除されたため真偽不明。 あくまでも筆者調べ)。 そのため、エラー落ちの際にセーブデータが破損するかどうかはわからないとしか言えません。 不安になる気持ちもあるでしょうが、いまわかっている事実は「エラー落ちの際にSDカード内のデータが破損することがある」のみです。 SDカード内に写真や動画などの大切なデータがある人は、そのバックアップを取ってからゲームを楽しむようにしましょう。 オートセーブデータができていなかったのか、それともセーブはできていたものの巻き戻ったのかは不明です。 問題のプレイ動画はすでに削除済みとなっています。 SDカードのフォーマット形式が原因?(11月17日18時48分追記) 海外の大型掲示板『』によると、microSDカードのフォーマットがexFAT形式の場合にエラーが発生するとまとめられています。 エラーを起こさずにプレイするには、FAT32形式でフォーマットしたmicroSDカードでプレイすることがおすすめされています。 掲示板ではフォーマット時にデータが消えてしまうため、まずデータのバックアップを取ってからFAT32形式でフォーマットし、その後データを戻すよう案内されています。

次の

【ポケモン ソード&シールド】性格の変更機能・オートセーブ機能の実装などの海外リーク情報まとめ!│ホロロ通信おすすめゲームと攻略裏技最新まとめ【ホロロ通信】

ポケモン ソード シールド オート セーブ

ファミ通. comでは、2019年10月某日、開発を手掛けるゲームフリークの増田順一氏、大森滋氏にインタビュー取材を実施する機会を得た。 本記事では、その中から『ポケットモンスター ソード・シールド』におけるポケモンの育成に関する話や、ゲームのオートセーブ機能の話など、多くのファンが気になるであろうゲームシステムに関する部分を抜粋してお届けする。 ちなみに、『ポケットモンスター ソード・シールド』がリリースされる前日の発売(一部地域では発売日が異なります)となる週刊ファミ通2019年11月28日号(2019年11月14日発売)では、同作に関する特集を大ボリュームでお届け。 本記事で抜粋した内容を含むロングインタビューを掲載予定だ。 各種の新要素を実装した意図や、ゲーム開発の裏側が垣間見える内容となっているので、そちらもぜひチェックしてほしい。 そのあたりを踏まえて、とくに注力した部分をお教えください。 大森 ニンテンドー3DSに比べ、ニンテンドースイッチでは、解像度が大幅に上がりました。 それにともなって、我々がチャレンジできる表現の幅も格段に広がったわけで。 解像度の上昇により、小さいモノがより細かく表現できるようになり、大きなモノとの対比ができるようになったのです。 大森 はい。 画面内に複数のトレーナーを登場させられるようにもなり、より本格的な協力プレイも実装できるかもしれないと、アイデアが膨らんでいきました。 当然ながら、ニンテンドースイッチは大きなテレビモニターで遊べるので、携帯ゲーム機の画面で見るよりもモノの大小の違いがわかりやすいんですよね。 ダイマックスに関しては、せっかくなので大きなモニターで大きなポケモンを見てほしいという想いもあります。 大森 そうですね。 『ポケットモンスター ソード・シールド』も、リビングのテレビでお子さんが遊んでいて、それを親御さんなどが見ているというケースは多くなると思います。 ダイマックスでポケモンが大きくなることが、そうしたシチュエーションでのコミュニケーションのきっかけになると、うれしいです。 イーブイ』の開発の際もそうでしたが、テレビで遊ぶことを考え、お子さんがプレイしていて、親御さんが不安な気持ちにならないという点に重きを置いています。 ポケモンが大きくなるダイマックスは、ふつうに考えるとちょっと怖くなってしまうと思うのですが、そういうふうにはならないように演出には気を配りました。 いろいろな調整をしまして、最終的にはいい表現にできていると思います。 つい見入ってしまいました。 増田 画面の見えかたにはかなりこだわっています。 ライティングやガラスの反射などの作り込みはたいへんでしたが…… 苦笑。 ゲーム的には、「草むらがあるからポケモンがいるかもしれない。 あそこに行ってみよう」といった遊びの核になるわけで、とても大事なんですね。 それをどれくらいの距離、どれだけの間隔、どれほどのグラフィックで表示するべきなのか。 ゲーム性に関わる部分なので、この点は本当に時間をかけて作りました。 増田 そう感じていただけるとありがたいです。 さらに、ワイルドエリア(編注:本作で登場する、見渡す限りの自然が広がるエリア)へ行くと、ポケモンがたくさんいたり、広大な範囲のグラフィックが表示されたりするので見応えがあると思います。 ちなみに、このワイルドエリアなのですが、バックグラウンドで通信要素を動かす必要があり、ハードのパフォーマンスをグラフィックにのみに費やすわけにはいかなくて。 開発にはずいぶん苦労しました。 でも、出来上がりを見ると、その甲斐はありましたね。 こちらはどのような意図で実装することになったのでしょうか。 増田 ニンテンドースイッチでは、スリープモードにして画面だけを切って、電源を切らずに置いておくプレイスタイルの人が増えました。 大森 もしも、スリープしたことに気付かずに、セーブもせず電源を切ってしまうと……。 オートセーブがないとデータが消えちゃうんですよね。 オートセーブを採用した理由はいくつかありますが、ニンテンドースイッチでの遊びかたに慣れた人に対し、そこはなんとかしなければならないと考えたのが、大きな理由です。 これによって、先ほどのスリープしたまま、レポートを忘れてしまう人も助けられるだろうと。 増田 『ポケットモンスター』シリーズで、欲しかったポケモンを捕まえたのに、レポートを書く前にバッテリーが切れてしまったときの衝撃たるや……。 大森 もうひとつの理由は、ニンテンドースイッチのセーブ速度が速いということです。 『ポケットモンスター』シリーズは、ボックスにいるポケモンのデータなども多くあるので、じつはセーブ容量がすごく大きいんですね。 でも、ニンテンドースイッチであれば、素早くセーブができるため、ゲームプレイに支障をきたすこともなくオートセーブの実装も可能だと判断しました。 増田 いまはスマートフォンなどでアプリを遊んでいる人も非常に増えましたが、ゲームアプリで遊んでいると、手動でセーブをすることもほとんどないですからね。 その遊びかたに慣れた方にも、より快適にプレイしていただけるようにしています。 大森 基本設定はオートセーブになっていますが、設定を切り換えることで、これまでのように手動セーブにすることもできるので、その点はご安心を。 ただ、一度ゲームを終了して再び起動する、という遊びかたはいまの時代には合っていない面もあるので、本作ではポケモンの育成をしやすくする環境を整えるようにしました。 それはかなりの変革ですね。 そのおじさんは姓名判断もしてくれますし。 大森 育成に関する変革は、今回お話した以外にも、まだいくつかあります。 先ほどのオートセーブの話とも関わりますが、我々としてはなるべくユーザーにとって遊びやすい環境を提供したいと思っているのです。 それに、育成をしやすくすることによって、冒険をともにしたポケモン、思い入れのあるポケモンたちを連れて、ランクバトルなどの通信対戦を楽しんでほしいという想いもあります。 増田 先ほど大森も話した通りですが、ゲームの遊びかたが時代とともに変化してきているという点も大きいです。 いまは、みなさんいろいろなゲームを遊んだり、ほかにやることがあったりと、お忙しいじゃないですか。 昔と比べても、ポケモンの育成に時間を割いていただくのも申し訳ないなと。 ただし、一気に育成ができてしまっても、そのポケモンに愛着が沸きにくい面があるのも理解できます。 『ポケットモンスター ソード・シールド』の育成は、そのあたりのバランスがうまく取れているのではないかと考えています。 好きなポケモンといっしょに、冒険もバトルもたっぷり楽しんでください。 このタイミングでお届けできる取材内容はここまで。 なかなか驚きの内容だったのではないだろうか。 すでに海外メディアで報じられている内容も一部含まれているが、増田氏、大森氏が日本のポケモンファン向けに語ったインタビューから新たに読み取れることも多かったはずだ。 お伝えした通り、週刊ファミ通2019年11月28日号(2019年11月14日発売)では本記事の内容を含むロングインタビューをお届けするので、ぜひチェックしてほしい。 『ポケットモンスター ソード・シールド』の情報はこちら.

次の

【ポケモンソードシールド】セーブデータ保存のやり方!セーブ方法を解説

ポケモン ソード シールド オート セーブ

もくじ• システム関連のリーク情報 今回リークがあったのが、海外の「」というサイトです。 以下の内容は、上記のサイトの1ページを日本語に翻訳したものを引用しています。 11月のカバーが明らかに—ポケモンの剣と盾 私たちはこれらのゲームの舞台裏の話を得るために、東京のゲームフリーク本社に行きました。 ・ソードアンドシールドのマックスレイドバトルは、ポケモンの最も挑戦的な出会い Game Freakから新しい戦闘について詳しく学びます。 ・ポケモンの剣と盾がシリーズに自動保存を導入 保存するアクションを停止したくない場合は、もう必要ありません。 ・ソードからのポケモンカットとシールドの国立ポケデックスは、将来的に戻ります Game Freakのプロデューサーである増田順一が、Sword and Shieldでナショナルポケデックスからポケモンを切断する必要がある理由を説明します。 ・HMはポケモンの剣と盾にいません Game Freakは、この太陽と月からの変化が剣と盾に伝わった理由を説明しています。 ・EXP。 共有はポケモンの剣と盾に焼き付けられています ポケモンのパーティーを通して経験を分かち合うアイテムはもうありません。 ・ポケモンの剣と盾には、お気に入りのポケモンを競争的に使用できるようにする仕組みがあります ポケモンスタジオは、お気に入りのポケモンをハイレベルの試合で使用するのに役立つ新しいメカニズムをいじめました。 これでは少し分かりにくいと思うので、大事な部分を次の見出しにまとめていきます。 その他のページにも情報は載っているので、海外サイトをご確認ください。 リーク情報の詳細• オートセーブを導入 オンオフ機能アリ?• ひでんマシンは無し• 性格の変更機能の実装 性格固定• アイテムとしての学習装置の廃止 ゲームシステムに標準搭載• ジムは全部で18個 上位と下位で分かれている オートセーブに関してはに詳しく載っています。 オートセーブのオンオフが出来るのは、準伝説の厳選などではオフに出来ないと困るかでしょうね。 セーブし忘れることはなくなるでしょうし、基本的にはオンの方が良いでしょう。 ますますソード&シールドの発売が楽しみになりますね!.

次の