スイッチ エイムアシスト。 【フォートナイト】エイムアシストの切り方【エイムアシストは邪魔、いらないという人はオフにしよう】

【荒野行動】「エイムアシスト」を徹底解説!設定方法と性能検証まとめ!

スイッチ エイムアシスト

強めにアシストがかかると? 補正が強めにかかる場合、 敵の中心部に視点が約3秒間ロックされるようになる。 エイムがロックされると、激しく動いても撃ちやすい。 強めにかかる武器を好むプレイヤーにはオススメだ。 弱めにアシストがかかると? 補正が弱めにかかる場合、敵の中心部に急激に引き寄せられる補正効果だけが残る。 ロック効果はない。 かえって撃ちづらいため、弱めにかかる武器を好むプレイヤーにはオススメできない。 ADS中のみアシストがかかる? ADS Aim Down Sight とは、サイトやスコープを覗いた状態で撃つこと。 集弾性が良くなり、狙った点にしっかり弾が飛んでいく。 ADS中のみかかる武器は、 腰撃ち時はアシストがかからない。 【注意】ヘッドショットに向かない 敵の中心部 胸辺り に補正されるため、 胴体撃ちの場面が多くなる。 ヘッドショットをしようとしても、中心部に自動的に引き寄せらるため、非常に撃ちづらい。 ヘッドショット好きはOFFにしよう。

次の

【フォートナイト】エイムアシストの切り方【エイムアシストは邪魔、いらないという人はオフにしよう】

スイッチ エイムアシスト

こんにちわ、わなび~です。 等速・ 加速・レガシーのそれぞれの感度設定について完璧に理解しましょう! パッド(コントローラー)の感度設定は、現状3種類に分けられます。 レガシー• アドバンス(加速度的な視点移動)• もともとはレガシー設定しかありませんでしたが、v10. これらの設定にはそれぞれ一長一短があり、どれにすれば良いか迷われている人も多いですね。 改めてそれぞれの違いについて詳しく理解しておきましょうっ! 動画でも解説しています。 【目次】• 視点移動を設定変更するやり方 OPTIONボタン>設定>コントローラーオプション に進みます。 「アドバンスオプションの使用」がオフになっている場合はここをオンにします。 そして下の方へスクロールしていくと、「視点入力の曲線」という項目があり、ここで加速度的か等速的かを選択できます。 更に2つ下に「レガシー視点コントロールを使用する」という項目があります。 これをオンにするとレガシー設定になります。 レガシーとアドバンスの感度を変換する方法 レガシー設定をオンにすると、アドバンス設定の項目がグレーアウトして効果が無くなります。 代わりに「レガシー操作」という項目が追加されて感度などを設定できます。 レガシーとアドバンスでは感度の数値がそれぞれ独立していて、同じ数字では速さが全然違います。 なので、変換して設定する必要があります。 (多分運営的には新しく作ったアドバンス設定に変更してもらいたくて、レガシーに変える事は考慮してないっぽいですね。。 各設定の特徴、エイムアシストの違い ではそれぞれの設定の特徴について説明します。 視点移動 まず視点移動について。 より滑らかな視点移動に感じます。 遠距離のARなど、細かな視点移動がやりやすいのはこちらと言われています。 非常にキビキビとして視点移動となります。 建築・編集やショットガンのフリックショットなど、近距離の視点移動がやりやすいのはこちらと言われています。 マウス・キーボードに似た視点です。 個人的には建築・編集の視点の動きがカッコよく見えます(笑) 動かし始めからスピードが速いので、感度が高く感じられます。 等速的に変更する人は感度を少し下げる人が多いです。 また、遠距離ARなどでADSする時の細かな視点移動が難しくなります。 したがってADS感度については更に大きく下げる人が多いです。 <レガシー> 加速度的と一緒、または近いと言う人が多いと思います。 僕の感覚としてはレガシーと等速の中間みたいに感じます。 また、ブースト(スティックを最大倒した時に速度を上げる設定)などの細かい設定が調整できないデメリットがあります。 エイムアシスト レガシーとアドバンス(等速・加速)でエイムアシストの仕様が異なります。 <レガシー> 敵の近くにレティクルを持ってきた状態で照準ボタンを押す(ADSにする)と、 敵にレティクルが吸い付きます。 遠距離のアサルトライフルも素早く合わせる事ができます。 近距離もADSして撃てばショットガンでのヘッドが狙いやすいです。 <アドバンス> レガシーの様なレティクルが吸い付く事はありません。 代わりに一度レティクルが敵に合うと敵が動いても追いかけてくれます。 完全に追いかけてくれる訳じゃなくて、あくまでアシストであり敵が大きく離れると外れます。 敵が動いても当て続けられるので追いエイム(トラッキング)が強いです。 サブマシンガンとの相性が特に良いです。 各設定のメリット・デメリット 各設定の得意・不得意をまとめました。 僕の主観も入っているかもしれませんので異論は認めます(笑)• ショットガンのADSは吸い付くエイムアシストであるレガシーが強いです。 腰撃ちの場合は敵が動いても追ってくれるアドバンスの方が当てやすいでしょう。 加速度的と等速的を比べると近距離は等速に武があります。 アサルトライフルは遠距離でも吸い付くアイムアシストがあるレガシーが強いです。 また、等速的は細かい微調整がやり辛く遠距離のARは苦手になります。 サブマシンガンはアドバンスのエイムアシストが輝きます。 スナイパーライフルはレガシーだと「通常のADS」と「スコープのADS」の感度が分けて設定できるメリットがあります。 アドバンスだとどちらも共通という謎仕様。。 ここも等速的は微調整しにくいので加速と比べるといまいちかなぁと思います。 建築・編集は等速的が有利です。 キビキビと視点を動かせてスピード・安定感共に優れています。 レガシー:ADSが強い(特にアサルトライフルなどの遠距離系) 等速的:建築・編集が強い。 近距離系が向いている。 加速度的:苦手が少なくバランスが取れている。 まとめるとこんな感じだと思います。 あとは自分の目指すプレイスタイル・目標にしているプレイヤーに応じて選択しましょうっ! パッドプロの設定一覧 有名なトッププレイヤー達の設定です。 プロでも設定に迷っていて結構コロコロ変えています。 プロでもそれぞれの設定が違う事からどれが強いとは一概に言えないでしょう。 個人的に思うのは、 アドバンス設定(等速・加速)が現れた時に運営の エピックゲームズはアドバンス設定にする事を推奨しました。 更に今、トッププレイヤー達がTwitterなどでパッドのエイムアシストが強すぎると話題になっています。 特にレガシーの吸い付きがフューチャーされる事が多いです。 by わなび〜 twitterにて、記事更新の連絡やフォートナイト関連の役立つツイート・リツイートしていますのでフォローよろしくお願いします。

次の

【Fortnite】オワコンの原因は「エイムアシスト」と「混合サーバー」

スイッチ エイムアシスト

スプラトゥーン2 出典: WiiUで大ヒットを記録した「スプラトゥーン」の進化版がNintendo Switchで楽しめます。 本作は三人称視点のアクションシューティング TPS。 プレイヤーはインクリングを操作し、銃や筆、ローラー、バケツ、傘をモチーフにした様々なブキを使いながら床にインクを塗ったり、敵を倒したりしながら戦います。 FPS・TPSというと敵を次々撃って倒していくイメージですが、敵を倒した数で勝敗が決まるわけではありません。 基本ルールとなる「ナワバリバトル」では、4対4のチームに分かれ、制限時間内により広く床や地面を塗った方の勝ちとなります。 出典: オンラインではナワバリバトル以外にも、ガチマッチやリーグマッチ、サーモンランをプレイできます。 ガチマッチでは、エリアを占拠した時間を競うガチエリア、ヤグラに乗り込んで相手チームのゴールまで進めるガチヤグラなど、4種類のルールが2時間ごとに入れ替わります。 また、ガチマッチには「ウデマエ」というレーティングがあります。 リーグマッチではフレンドとチームを組んでランク上位を目指します。 サーモンランは唯一のPvEモードで、協力してシャケを退治しイクラを集めます。 もちろんローカル通信にも対応。 みんなでワイワイイカした対戦を楽しみましょう。 フォートナイト 出典: 本作は、100人のプレイヤーが最後の一人を目指して戦うバトルロイヤルゲームです。 ランダムに配置された武器やアイテムを拾って使うバトロワゲーの基本ルールに加え、本作では素材を集めて壁や階段を「建築」することが生き残るための鍵となります。 壁を次々に作って敵を翻弄したり、高いやぐらを作って上から敵を狙ったりと、建築によって戦術の幅が広がります。 ソロ、デュオ 2人 、スクワッド 4人 など、プレイするモードによってチームの人数が変わります。 ちなみに、最後の1人・1チームになることをVictory Royale ビクロイ と言います。 ビクロイ目指して頑張りましょう。 出典: また、本作ではバトルロイヤルモードだけでなく、クリエイティブモードで遊ぶことも可能。 自由にマップを作ることができ、フレンドと一緒にルールを決めてプレイすれば銃撃戦以外にもかくれんぼやアスレチック、脱出ゲームとして遊べます。 コミカルな雰囲気で子どもから大人まで幅広い人気を博している本作。 ゲームは基本プレイ無料で、Nintendo Switch Onlineに加入しなくても遊ぶことができます。 オーバーウォッチ レジェンダリー・エディション 出典: 本作は、近未来の世界を舞台に6人チームで戦う、対戦型FPSゲームです。 プレイヤーは個性的なアビリティを持ったヒーローの中から1人を選んでプレイします。 ヒーローは全部で30人以上。 各ヒーローにはロール 役割 があり、耐久力特化型のタンク、攻撃特化型のダメージ、体力回復や補助を行うサポートの3種類があります。 ヒーローを選ぶ際は、チームメンバーのバランスを考えなければなりません。 ちなみに、戦闘中にリスポーンポイントでヒーローを切り替えることができます。 出典: ゲームルールは4種類。 ルールごとにマップが異なるため、まずはマップとルールの組み合わせを覚えることが重要です。 プレイヤーレベルが上がると、ライバルプレイ いわゆるランクマッチ が解放されます。 その他にも、特殊ルールで戦うアーケードモードや期間限定モードなども遊べます。 チームプレイを楽しみたい人にはおすすめのゲームです。 舞台となる第二次世界大戦下の北アフリカは、最新鋭の武器を持つナチス・ドイツ軍に支配されていました。 主人公であるアメリカ兵のスナイパーであるカールは、ナチス軍の超兵器計画を阻止するために1人で立ち向かいます。 本作はライフルを連射するような爽快な戦闘システムではなく、スナイパーライフルやステルス、トラップなどを駆使するシステムになっています。 人を打つだけでなく戦車を狙撃するなど、周囲の環境によって様々な戦略を試すことが可能です。 オープンワールドの広大なマップで、戦地も渓谷や砂漠、町、砦と多種多様です。 出典: ストーリーモードの他にも、ローカル通信で最大4人、オンラインで最大8人の対戦マルチプレイモードがあります。 FPS・TPSゲームによくあるチームデスマッチや、スナイプ特化という特徴を活かした狙撃距離を競うものや近距離戦のないデスマッチなど様々なルールで遊べます。 DOOM 出典: 1993年に発売された、初期のFPSゲーム「DOOM」が新しくなってNintendo Switchに登場しました。 舞台はエネルギー採掘や技術研究が行われていた火星基地。 「デーモン」という謎のモンスターによる突然の襲撃で壊滅してしまいます。 そんな中、主人公は不思議な祭壇で目を覚まし、偶然見つけた装備を身につけて脱出するために奮闘します。 出典: 本作の戦闘は非常にスピーディー。 高速で四方から襲いかかってくるデーモンに対し、プレイヤーも素早く立ち回り、近接攻撃や銃などで次々となぎ倒していきます。 よろめいた敵に近接攻撃を出すと発動する「グローリーキル」も爽快で、一撃で敵を倒せるだけでなくライフ回復アイテムも手に入ります。 出典: キャラクターは武器、スーツ、ルーンを装備・強化することで能力が上がります。 マップがかなり複雑になっているため探索難易度は高めですが、やり込み要素の欲しい人にはおすすめです。 キャンペーンモードの他に6対6のオンラインマルチプレイモードも収録。 FPS定番のチームデスマッチなどのルールで楽しめます。 ひたすら敵を倒すだけのアーケードモードも、スコアアタックやストレス解消に最適です。 デモンエクスマキナ 出典: 本作は、Nintendo Switch向けの完全新作TPSメカアクションゲームです。 月が落下し、文明が半壊した世界が舞台。 AIが人類の制御下から離れ、人類の排除のために行動する「イモータル」となってしまいます。 同時期に生まれた新たな人類「アウター」たちは傭兵集団を結成し、外部装甲「アーセナル」を身にまとってイモータルと戦います。 ストーリーの中で、イモータルやアウターの謎に迫ることになります。 出典: 戦闘は様々な銃やブレードを装備して戦うTPSスタイル。 倒したイモータルから武器やアーマーを回収可能で、更にその場で装備して使うことができます。 また、車などのオブジェクトも投げたり爆発させたりすることが可能です。 状況に応じて様々な戦い方を駆使しましょう。 出典: 一度に装備できるアーマーは5つ、武器は6つと、組み合わせは豊富。 アーセナルのカラーリング変更はもちろん、主人公のキャラメイクも可能です。 自分だけのキャラクターとアーセナルで戦うことができます。 ローカル通信やオンラインで、最大4人で巨大ボスに挑む協力プレイも楽しめます。 バイオハザード4…前作までの事件の元凶であるアンブレラ社が倒産した後、ヨーロッパで寄生生物による事件に巻き込まれる• バイオハザード5…アフリカのとある国で生物兵器の闇取引を暴くため戦う• バイオハザード6…史上最悪のバイオテロが起こった中国の都市を舞台に、複数の主人公のストーリーが重なり合う 4から採用されたのが、TPSのようで少し違う「ビハインドビュー」視点。 大きくアクション性が向上した爽快なプレイを楽しむことができます。 5ではオンラインやローカル通信でのCO-OP 協力 プレイが可能です。 画面分割によるおすそ分けプレイももちろん楽しめます。 出典: 6ではCO-OPプレイに加え、オンライン上での「クロスオーバー」が可能です。 事前に設定しておくことで、複数の主人公が出会うシナリオで同じシナリオ進行度のプレイヤーとマッチングし、協力プレイを楽しむことができます。 5と6はNintendo SwitchならではのJoy-Conによるジャイロ操作も可能。 バイオハザードの歴史を様々なスタイルでプレイしてみてください。 Wolfenstein:Youngblood 出典: 本作は、FPSというジャンルを確立したとされる「ウルフェンシュタイン」シリーズの最新作です。 シリーズを通して、第二次世界大戦後ナチスに支配された「もしも」の世界が舞台。 本作の主人公はシリーズ歴代作品と同じB. ではなく、その双子の娘ジェスとソフです。 ナチスの支配下であるパリに向かったまま消息を絶ってしまったB. を探すため、双子はパリへ行きナチスと戦います。 出典: プレイヤーはジェスとソフのどちらを操作するか選びます。 初期装備が異なるだけなので、能力面で悩んで選ぶ必要はありません。 選ばなかった方は、ソロプレイの場合AIで自動的に行動します。 2人で操作する必要のあるギミックもありますが、しっかり協力してくれます。 オンラインのCO-OPプレイ 2人プレイ では、1人が強い敵を引きつけ、もう1人が裏から回り込んで攻撃するなど、2人ならではの戦略で戦うこともできます。 出典: 本作では、自分たちの基地を中心にしてパリをどこからでも攻略することが可能です。 サイドミッションも豊富で、ストーリーに沿って進むだけでは物足りない人も楽しめます。 ソードアート・オンライン フェイタルバレット 出典: 本作は、人気アニメ「ソードアート・オンライン」のゲームシリーズ初となるTPSスタイルのRPGです。 主人公は、VRゲーム「ガンゲイル・オンライン GGO 」をプレイすることになります。 サポートAIのアファシスやキリトたちと出会い、成長した主人公は、新エリア攻略のため冒険に出ます。 冒険の途中、突如「とある事件」を追うと言うキリト。 不安に思う主人公に一通のメッセージが届き、選択と決断を迫られます。 出典: 主人公はGGOの世界で様々なクエストを受注し、冒険に出ます。 「エネミー」に加えてGGOをプレイする他のプレイヤーも敵となります。 銃やガジェット、スキルを駆使して戦いましょう。 主人公が成長するにつれてアファシスも一緒に成長していきます。 主人公やアファシスは自分好みにカスタマイズすることが可能です。 出典: 物語が進むと「キリトモード」が解放され、キリトを操作できる別シナリオをプレイできます。 また、ローカル通信やオンライン通信で対戦・共闘プレイを楽しめます。 Nintendo Switch版は全てのDLCが収録されているので、ボリューム満点です。 Ghostbusters: The Video Game Remastered 出典: 本作は、大人気映画「ゴーストバスターズ」をテーマにした海外ゲームをリマスターしたTPSゲームです。 舞台は映画のストーリー後のニューヨーク。 原作映画の脚本家2人によるオリジナルストーリーが展開します。 登場人物も映画のキャラクターがそのまま再現されており、原作ファンなら楽しめること間違いなしです。 マシュマロマンなどお馴染みのお化けたちだけでなく、ゲームオリジナルの新しいお化けも登場します。 プレイヤーはゴーストバスターズの新人・ルーキーとして、図書館やホテル、博物館など、ニューヨークの様々なロケーションでのお化け退治に参加します。 背中にプロトンパックを背負い、ビームを放つことで敵の動きが鈍るため、そこを捕まえて吸い込みましょう。 出典: お化けを退治すると同時にビームの当たった家具が壊れたり、壁に焦げ跡が残ります。 被害額が増えていきますが大きなペナルティはなく、弁償する必要もありません。 住民のために被害を抑えるのもいいですが、気にせずにあえて派手に街を壊していくのも爽快です。

次の