アイフォン 11 スクショ。 iPhone 11

iPhoneのスクショを動画で撮る方法(画面キャプチャ)

アイフォン 11 スクショ

iPhoneの画面をそのまま画像として保存する スクリーンショット機能。 とても便利な機能ですが、撮影するためには「スリープボタン 電源ボタン とホームボタンを同時に押す」という、やや複雑な操作をしなければいけません。 でも、実はそんなスクリーンショットを、 画面をタップするだけで撮影できる方法があるんです。 しかもアプリの導入などの必要はなく、iPhoneの設定をいじるだけ!「 Assistive Touch」という機能を使う、ちょっと便利な使い方を紹介します。 スクリーンショットを撮るのは意外に難しい スクリーンショットとは、スリープボタン 電源ボタン とホームボタンを同時に押して、iPhoneで今表示している 画面を撮影する機能です。 誰かに画面を共有したいとき、たとえばゲームのハイスコアを友だちに自慢したいとき、LINEで面白いやりとりを保存したい!なんてときに活躍する機能です。 でも、電源ボタンとホームボタンを同時に押すのは案外難しく、どちらかだけが押せてしまってスリープモードにしてしまったり、アプリが閉じてしまう…ということも頻発します。 そこで、iPhoneに搭載されているアクセシビリティ機能のひとつ「 Assistive Touch」の出番です。 「Assistive Touch」をオンにすると、ホームボタンや音量などのボタン操作を、画面上で簡単に行えるようになります。 これを活用すると、 スクリーンショットもタップだけで使えるようになります。 なお「Assistive Touch」はiOS9以前から搭載されている機能ですが、操作を自由に割り当てるなど、 メニューのカスタマイズができるのはiOS9以降となります。 Assistive Touchでスクリーンショットを撮影するための設定.

次の

iPhone11のスクショの撮り方|アクセシビリティ機能AssistiveTouchが便利

アイフォン 11 スクショ

iPhoneの画面をそのまま画像として保存する スクリーンショット機能。 とても便利な機能ですが、撮影するためには「スリープボタン 電源ボタン とホームボタンを同時に押す」という、やや複雑な操作をしなければいけません。 でも、実はそんなスクリーンショットを、 画面をタップするだけで撮影できる方法があるんです。 しかもアプリの導入などの必要はなく、iPhoneの設定をいじるだけ!「 Assistive Touch」という機能を使う、ちょっと便利な使い方を紹介します。 スクリーンショットを撮るのは意外に難しい スクリーンショットとは、スリープボタン 電源ボタン とホームボタンを同時に押して、iPhoneで今表示している 画面を撮影する機能です。 誰かに画面を共有したいとき、たとえばゲームのハイスコアを友だちに自慢したいとき、LINEで面白いやりとりを保存したい!なんてときに活躍する機能です。 でも、電源ボタンとホームボタンを同時に押すのは案外難しく、どちらかだけが押せてしまってスリープモードにしてしまったり、アプリが閉じてしまう…ということも頻発します。 そこで、iPhoneに搭載されているアクセシビリティ機能のひとつ「 Assistive Touch」の出番です。 「Assistive Touch」をオンにすると、ホームボタンや音量などのボタン操作を、画面上で簡単に行えるようになります。 これを活用すると、 スクリーンショットもタップだけで使えるようになります。 なお「Assistive Touch」はiOS9以前から搭載されている機能ですが、操作を自由に割り当てるなど、 メニューのカスタマイズができるのはiOS9以降となります。 Assistive Touchでスクリーンショットを撮影するための設定.

次の

iPhoneのスクリーンショット撮影方法まとめ。長い画面も1枚で撮れる

アイフォン 11 スクショ

Appleは4月16日、最新となる2020年モデルの「iPhone SE」を発表した。 「iPhone 11 Pro」や「Galaxy S20」のような1000ドル(約11万円)もする端末にお金はかけられないと考えそうな、予算意識の高いスマートフォンユーザーを引き込むのが狙いだ。 2016年に発売されてから予想外のヒットを飛ばした同名製品の第2世代であり、価格は399ドル(日本では税別4万4800円)から。 画面は4. 7インチで、Appleの現在のフラッグシップモデルや「iPhone XR」よりだいぶ小さくなる。 以下に、iPhone SEと「iPhone 11」のモデルの違いを手短にまとめてみた。 内部の性能スペックは多くの点で同じだが、iPhone 11の方が勝っている主な点は2つある。 スクリーンが大きく(iPhone SEの対角4. 7インチに対して6. 1インチ)、カメラ性能も全体的に上ということだ(例えば、広角を含むデュアルレンズを採用し、前面カメラの性能も高い)。 サイズとデザイン:iPhone SEの方が小型でコンパクト 両者の最も顕著な違いは、iPhone 11の方が大きいということに尽きる。 スクリーンサイズは、iPhone 11が6. 1インチ、iPhone SEが4. 7インチ。 iPhone 11の方が、アプリを使ったり動画を見たりするときの有効画面は広い。 一方、iPhone SEがユーザーにとって魅力的なのは、何といっても、かさばらず、手に持ちやすいコンパクトさだ。 どちらもLCDディスプレイを採用しているが、iPhone 11では「Liquid Retina HDディスプレイ」、iPhone SEでは「Retina HDディスプレイ」となる。 これらの名前は、Appleがディスプレイ技術を差別化するために使っているブランド用語にすぎず、iPhone 11の画面の方がシャープだということが分かっていればいい。 ただし、ppi、つまりピクセル密度は変わらない。 PRODUCT REDモデルの売上金の一部は9月まで、新型コロナウイルス対策の支援のために寄付される 提供:Apple iPhone SEのホームボタンを歓迎するユーザーもいるだろう。 「iPhone 8」の販売が終了したので、Appleの現行ラインアップで物理ホームボタンがあるのは、新しいiPhone SEだけとなる。 直感的に使えるうえに、ホーム画面に戻ったり、直前に使っていたアプリを呼び出したりするのに、いちいちスワイプする必要がない。 ホームボタンには、端末のロック解除やスマホ決済のときに使う指紋認証センサー「Touch ID」も内蔵されている。 かたやiPhone 11は、前面カメラによる顔認識センサーを使った生体認証「Face ID」だ。 どちらも、IP規格の耐水性を備える。 ただし、iPhone 11はIP68等級、iPhone SEはIP67等級なので、iPhone 11の方が水没にはわずかに強い(等級によって、水没したときの最大水深と最大時間が異なる)。 カタログ上では、IP67等級のiPhone SEは最大水深1mで最大30分間の水没に耐えられることになっている。 最後に、カラーバリエーションは、iPhone SEがブラック、ホワイト、 PRODUCT REDだけなのに対して、iPhone 11ではその3色のほかにパステル調のイエロー、グリーン、パープルも用意されている。 The Japanese edition of 'CNET' is published under license from CBS Interactive, Inc. , San Francisco, CA, USA. Editorial items appearing in 'CNET Japan' that were originally published in the US Edition of 'CNET', 'ZDNet', 'TechRepublic', 'GameSpot' and 'CNET News. com' are the copyright properties of CBS Interactive, Inc. or its suppliers. Copyright c CBS Interactive, Inc. All Rights Reserved. 'CNET', 'ZDNet' 'GameSpot' and 'CNET News. com' are trademarks of CBS Interactive, Inc.

次の