アラレちゃん 登場人物。 今密かに人気の『Dr.スランプ アラレちゃん』の魅力とグッズ20選をまとめてみました!

ドラゴンボール超でアラレちゃんが登場!昔出たのは何巻の何話?

アラレちゃん 登場人物

プロフィール 則巻アラレ 登場作品: 性別: 女性 声優: 第1作・ 第2作・ ・ ・ ・ 則巻 アラレ(のりまき アラレ) 人物解説 本作の主人公。 千兵衛が作った人間型の女の子ロボット(アンドロイド)。 誰とでも友達になろうとする天真爛漫な性格。 彼女を破壊しようとするマシリトとの戦いも、本人にとっては「遊び」という認識である。 かなりの天然おとぼけ少女だが数学の能力は特に優れ、それ以外の学業成績も軒並み優秀である。 千兵衛の設計ミスにより、人間で言えば強度の近視。 これは「ロボットなのに眼鏡をかける」という作者のシャレ的発想によるもの。 眼鏡は描くのが面倒なため、いずれ外すつもりだったらしいが、これが彼女のトレードマークとなり外すに外せなくなったようである。 だが、「アラレのおかげで眼鏡をかけることに抵抗がなくなった」という読者からの手紙を読んで非常に嬉しかった、とのこと。 ロボットのために身体の成長がなく、平らのままな胸に悩む場面がある(理由はブラジャーを着けたいためらしい)。 女性器についても千兵衛が全く無知な為、何もついていない。 機械のボディはゴム製のカバーで覆われているためガジラに食べられることがない。 趣味は「つおい(強い)」人と戦うことと、ウンチつつき、パトカーや白バイ破壊。 「 ほよよ」「 んちゃ」「 キーン」「 バイちゃ」などといった独特の言葉(アラレ語)を使う。 地球や月をも壊す怪力の持ち主となっており、特技は「 地球割り」。 通常時の最高走行速度はマッハ1. 5(推定時速1800km)だが、本気モードだとマッハ3(推定時速3600km)にスピードが倍加する。 必殺技は口から発射される凝縮エネルギー弾「 んちゃ砲」を始めとする各種「あいさつ砲」。 頭部は初期のみ胴体と有線で繋がっていたが、後に分離したままの行動も可能になる(取り外した頭部をラジコンなど、別の機械に搭載することも可能)。 村人の前で自ら頭を外したりするが、村人もおとぼけばかりなため変わった特技程度の認識でロボットだと気付かれていない。 千兵衛の「ドクタースランプ」ぶりを代表する作品であり、同時に生みの親である千兵衛に対してあまり敬意を払っている様子がないが、他の村人がそろって疑問視する千兵衛の発明品を無条件で信用している。 千兵衛の事は「ハカセ」と呼ぶ。 エネルギー源は海水を原料とした液体「ロボビタンA」で、哺乳瓶から飲む。 切れてしまうと完全に機能が停止してしまうため、周りからは死んだ様に見える。 携帯用の錠剤版もある。 なお初期には人間の食べ物を摂ると腹痛を起こしていたが、その後千兵衛がそれを体内から出して食べる事に味をしめ、支障なく腹に収まる様に改良された。 キャラメルマン7号との戦いの後で修理したとき排ガス除去装置を付け忘れられた為おなら(排ガス)で空を飛ぶことができたが再修理で飛べない状態に戻った。 1980年トビウオ3日に完成。 生まれたときは千兵衛によって13歳とされ、まわりの人物には「1967年生まれ」と説明されている。 原作およびアニメ第1作180話で自動車免許を取得した際、免許証の生年月日は「1967年とびうお31日生」となっている。 村人には「今まで体が弱くて病院に入院していた千兵衛の妹」と紹介され、村の中学園に編入学する(彼女が冒されていた病気は、千兵衛いわく記憶喪失病)。 千兵衛の祖父が訪ねてきた際にアラレの年齢だと千兵衛の両親の没後5年経ってからの誕生ということになる旨を指摘され、慌てた千兵衛は「特大キャラメル」のおまけだったと言ってごまかしている。 初期設定では身長139cm。 物語初期は4頭身ほどであったが、画風の変化に伴い身長が縮んでいっている。 鳥山は「漫画のコマの中に動く全身を収めようとすると自然に小さくなっていった。 自分では指摘されるまで全然気付かなかった」と話している。 後に千兵衛が「アラレのボディには、体型が一定でない複数のスペアがある」と後付の言い訳をする場面も描かれた。 第2回ペンギングランプリで優勝したため、最終回時には高校三年生兼ペンギン村村長になっていた。 第2作では第2回ペンギングランプリ自体がなかったため村長にはなっていないが村長代理として大活躍したことがある。 原作のカラー画およびアニメ第1作では髪が紫色だったが、アニメ第2作では茶髪になった。 また、コスプレを趣味とするためコスチュームのバリエーションも豊富で、セーラー服とブルマーを組み合わせた姿にマントをまとったり、浦島太郎やネコ耳姿になったりしている。 着ぐるみを着ることも多い。 手袋とブーツはマストアイテム。 手先も器用なので裁縫は得意だが、その他の家事は苦手。 掃除をさせればあちこち破壊し、料理をさせれば口に出来ないような物を作ってしまう。 元々このキャラは特に考えられていたわけではなかったが、当時担当であったから女の子を出せとしつこく言われ、仕様がなくアラレを考えたところ、鳥嶋からその子を主人公にしようと強引に決められたというエピソードがある。 アニメ第1作の次回予告のナレーションでは、「うほほーい! みんな面白かった? 」で始まって「絶対見てちょ! バーイチャ! 」で締めている。 アニメ第2作では則巻千兵衛によるメイド用ロボットが当初の設計だったため長身だったが、落雷の影響でこの姿になったことになっている(視力もこの失敗に関係があるとされる)。 また、ガジラを使ったアイスクリーム作り(正確にはガジラ体内にある特殊な乳酸菌)で特許を持っている(『んちゃ! アラレのおしおき! アイデア泥棒をやっつけちゃえ! 』より)。 『ドラゴンボール』では心がきれいだと判断され、に乗ることができる。 また、『ドラゴンボール』のゲームやデータカードダスにも多く出演している。 『ファミコンジャンプ 英雄列伝』では16人のヒーローの1人として登場している。 おなかの中に「 C 則巻千兵衛」と書いてある(『コミックでわかる著作権』より)。

次の

「アラレちゃんが眼鏡をかけている理由」都市伝説|都市伝説JAPAN

アラレちゃん 登場人物

アラレやガジラの服装をコーディネートした時には、オバケのような物になってしまっている。 父親と大好きなイチゴを巡って大喧嘩し、家出をしており、ワルになるために様々な方法を試していたが結局ワルになれずに帰宅している。 アラレの【んちゃ砲】に勝る攻撃手段もなく、戦闘描写も全くないことから戦闘能力は皆無。 そのため、 ニコチャン大王やニコチャン家来よりも弱いので順位も最下位。 ニコチャン大王に忠実だがたまに大王のわがままに耐えれず怒ったりしている。 宇宙船操縦の免許を所持している。 戦闘力もあまり高くなく、この順位。 大王よりも戦闘力は低い。 99個の星を征服しており、宇宙の王者を自称している。 地球に訪れた際にガっちゃんとアラレをサンプルとして捕まえるがガっちゃんに宇宙船を食べられてしまっているのでそのまま地球に住んでいる。 その後は、宇宙船を買うためにアルバイトを行っているが千兵衛の作った宇宙船を貰い、ニコチャン星に帰っている。 99個の惑星を征服しているが戦闘力もそこまで高くないと思われている。 ガっちゃんに宇宙船を食べられてしまっているのでガっちゃんよりも戦闘力は低い。 さすがにニコチャン家来よりも戦闘力は高い。 タロウやあかねと一緒に行動しており、不良のような振る舞いをしているがバカにされている。 素直で純粋な性格でタロウとは兄弟ながらあまり似ていない。 ヒヨコという少女に一目惚れしており、10年後にはヒヨコと結婚している。 タロウよりも戦闘力は低く、弱い。 だが、 頑張ればニコチャン大王に勝てると思われるのでニコチャン大王よりも戦闘力は高い。 ペンギン村の警察署に勤務している人物でガラの先輩警察官。 ガラと一緒に行動しているがアラレやガジラに常に翻弄されている。 ガラの方が後輩だが戦闘力はガラの方が高い。 もちろんアラレやガジラよりも戦闘力は低い。 ペンギン村の警察署の署員でパゴスと一緒に行動している。 パトカーや白バイで移動しているがガジラやアラレに破壊されている。 アラレやガジラにパトカーを常に破壊されているので2人よりも戦闘力は低いが一緒に行動しているパゴスよりは戦闘力は少し高い。 ピースケと一緒に野球部に所属している人物。 バイクに乗っていることが多く、高校卒業後には警察官になっている。 鶴燐に一目惚れしており、10年後には鶴燐と結婚している。 戦闘描写も少なく、わかりづらいが戦闘能力は低いと思われる。 アラレはもちろん、スッパマンやショッパマンよりも戦闘力は低い。 だが、ピースケよりは強い。 正義学園を卒業し、土星の平和を守ることになっており、スッパマンのパトロールを参考にする為にペンギン村にやってきている。 320年ぶりにスッパマンと再会している。 戦闘描写などは無く、正確な戦闘能力を図ることはできないがスッパマンの弟ということでスッパマンよりは戦闘力は低いと思われる。 だが、警察官のガラとパゴスよりも戦闘力は高い。 タロウが警察官になった時にはパトカーの運転を注意していた。 極度の潔癖症でアラレが手にしたあるモノに敵わなくて敗北している。 アラレに敗北しているのでアラレよりも戦闘力は低く、ポリー・バケッツよりも戦闘力は低いと思われる。 だが、エリート警察官なのでガラやパゴスよりも戦闘力は高い。 不良ではあるがまともな考えを持っている人物。 千兵衛をよくからかっていた。 突詰と恋人同士になっており、10年後には結婚している。 戦闘描写も全くなく、戦闘能力は測りづらいがタロウ以上の戦闘力を持っていると思われる。 だが、スッパマンやブビビンマンよりは戦闘力は低い。 ペンギン村にやってきてすぐ、アラレと出会っており、アラレの圧倒的な戦闘力の高さを目の当たりにしてすぐに挫折している。 アラレを見て挫折していることからアラレよりも戦闘力は低いことは確実。 さらにスッパマンやパーザンよりも弱い。 スッパマンとそっくりだが仲が悪く、常に喧嘩をしている。 スッパマンに間違えられるということで服を着なくなった様子。 戦闘能力もスッパマンと同じくらいだがスッパマンの方が悪知恵が働くのでスッパマンの方が強い。 正義の味方を自称しているがその行動は正義の味方からは程遠く、かなり陰湿なものが多い。 普段は、テレビレポーター『暗悪健太』として行動しており、正体がバレないようにしているがペンギン村のほとんどの人物にバレてしまっている。 自分より相手が強いことがわかると相手にへつらうという卑怯な性格をしている。 アレー彗星が地球に来るという話を聞いた時にはタイヤを高値で売り、大型ロケットを破壊し、小型宇宙船を盗み自分だけ逃げていた。 最初は、一軒家に住んでいたが出掛けている間にオボッチャマンに家を取られてしまっている。 正義の味方を自称しているが全く正義ではなく、卑怯な人物。 戦闘能力も全然高くなく、アラレやガっちゃんと比べると2人方が遥かに戦闘力が高い。 犬猿の仲のパーザンよりは戦闘力は少し高いと思われる。 学校の先生をしており、アラレたちの担任になっている。 装甲車をマイカーとしているが頭が大きすぎて頭だけ外に出ている。 【愛の頭突き】という得意技を持っており、驚異的な威力を誇っている。 だが、千兵衛やポリー・バケッツよりも戦闘力は低く、アラレよりも戦闘力は遥かに低い。 ペンギン村でも一番を争うほどの美女。 天然ボケな性格だが怒るとかなり怖い。 戦闘描写もなく、戦闘力もあまり高くないと思われている人物で千兵衛よりも戦闘力は低い。 だが、スッパマンがアホすぎるのでスッパマンと比較すると戦闘力は高いと思われる。 千兵衛を強引に捕まえようとしたり、強引な性格が目立っていた。 他の警察官と同じようにアラレやガジラに翻弄されていた。 ガラやパゴス以上の戦闘力を持っているがアラレたちに翻弄されているので戦闘力はアラレ以下。 次のページでは、 アラレちゃん強さランキングTOP30を発表!! 千兵衛も登場! スポンサードリンク.

次の

Dr.マシリト (どくたーましりと)とは【ピクシブ百科事典】

アラレちゃん 登場人物

の漫画『』の登場人物。 概要 博士号を持つ科学者で本人曰く「天才」で、実際にも発明品で証明されてはいるが、作るものや言動には詰めが甘かったりどこか抜けているモノが多い。 またスケベで性的欲求の解消の為にをすることが多い みどりと結婚するまでだった可能性が高い。 そのため村の住民たちからも一応科学者としては知られていて、発明家として村では有名だが「ドクタースランプ」の異名を持つ(作品終盤では一時期出番が激減気味だったため、科学者であることを村民も忘れかけていた)。 完成させたものは、海水から造られる「ロボピタンA」、破壊された家でも一瞬で修復可能な「変身ポンポコガン」、タイムストッパー、タイムマシンなど、確かに才能は計り知れないものがある。 アニメでのとのコラボ回では時間こそかかったがを修理している。 また「」69話にてアラレやと共に再登場するが声優はアラレが1作目のに対し千兵衛とマシリトは2作目の声優である屋良とが担当した。 老けて見えるが、 連載開始時は28歳だった。 連載開始時は、当時流行りだったヘアをしていた。 ちなみにには「アタマ」と言われ、には扱いされている。 第1期のアニメでは実際にガッちゃんが潜り込んでいたこともある。 途中、自ら製作したにトラ刈りにされ、その後は短髪で通している。 (また自身が発明した「みらいカメラ」で写した10年後の世界では41歳にして側頭部と後頭部を残して禿げていたが・・・「ドラゴンボール超」では短髪のままで禿げていない。 ) 一目ぼれした先生の前や発明が成功した際に劇画調の二枚目によく変身する(周囲からも驚かれ、あまり物事に動じないアラレやガッちゃんすらもビックリするほどの変身である)が、3分間しかもたない。 本人曰く「普段はギャグの姿でシリアスになればこの姿」との事で、本来の基本は整った容姿である事が示唆されている。 みどりとは後に結婚し、と、名前不明の次男坊 単行本16巻参照 の3児をもうける(ちなみに、ターボは当時の鳥山の愛犬の名前)。 が高校に進学した際、ペンギン村の村立高学園に入試がないことを知らなかったことから、生来のペンギン村の住人ではなく、ペンギン村に居住したのは博士号を取得した後であると思われる。 性格 スケベでだらしないが、純粋で心優しい男である。 アラレちゃん達の引き起こす騒動の被害者役だが、それでもアラレちゃんとガッちゃんを家族として見守っている器のでかい博士である。 大好きなみどり先生のことになると見境がなくなり、途端に頓珍漢になることもあるが、 みどり先生のためならばと、全力で潜水艦すら作ってしまうエネルギーを持つ。 なお料理は手早くどでかカップメンで済ませる効率重視派である。 (ただし、みどり先生の作ったものであれば弁当だろうがカップ麺だろうがものすごく大事に食べる) 同じくスケベな隣人の中国人発明家・摘鶴天とはスケベ同士意気投合した程である。 余談 連載開始当初は主人公だったが、編集者の意向で主役をアラレちゃんに交代させられたのは有名な話である。 とは言ってもキャラクターの存在感が薄まることはなく、破壊的なボケを連発するアラレちゃん達に対するツッコミ役に落ち着いた。 ただしアニメ第1期ではアラレと同じく1話から最終回まで全話出演しており、エンディングのクレジット一覧では名前が一番上になっているのでアラレと同じ主役扱いとなっている スケベなくせに 実は「子供の作り方」はあまりよくわかっていない事が判明。 それなのにみどりとの間にいつの間にか子供を授かったという。 ちなみにみどりも同様で あまりよくわかっていない。 この事を聞いた空豆タロウの両親は実に困惑している。 断っておくがターボとニトロは紛れもなく二人の実子である。 なお、みどりと結婚前は一切女性の性器を見たことがないので、女性器を作れずアラレの股間部には何もついていない。 一体田舎でありながらどうやって生活費を稼いでいるのかが謎だったが、どうやら 発明品を売っているらしい。 また、両親を早くに亡くしているが、その遺産もあった 本人曰く「リッチ」。 なお、父親も発明家である。 痩せぎすで近眼と外観は千兵衛にさほど似ていないが、 スケベ具合は間違いなく親子。 あ、 鳥山作品に出てくる科学者でスケベじゃないのはくらいとか言うな。 また、アラレたちのツッコミ役で常識人的な面も見せるが、ペンギン村というド田舎の環境に加えて本人も天才科学者のくせにアホなため、やはり価値観や考え方にはボケたところを見せる事も多い。 ちなみに遠く離れた田舎に住む祖父がいるのだが、 やや近代化が進んでいるよりも上回るド田舎である。 関連イラスト pixivision• 2020-07-18 17:00:00• 2020-07-18 12:00:00• 2020-07-17 17:00:00• 2020-07-17 14:00:00• 2020-07-17 13:00:00 人気の記事• 更新された記事• 2020-07-18 17:40:13• 2020-07-18 17:40:02• 2020-07-18 17:39:39• 2020-07-18 17:39:22• 2020-07-18 17:39:13 新しく作成された記事• 2020-07-18 17:40:04• 2020-07-18 17:20:12• 2020-07-18 17:05:55• 2020-07-18 17:03:42• 2020-07-18 17:03:34•

次の