奥 二 重 メイク。 現役美容整形外科医に学ぶ!奥二重とは?二重との違いって?奥二重さんのお悩みからメイクまで全て解決しちゃいます★

一重さん・奥二重さんのアイメイク特集

奥 二 重 メイク

私は昔からぱっちり二重の方を見ると、可愛らしいな~、羨ましいな~という目で彼女たちを見ていました。 そんな私は生まれてからずっと奥二重で、写真なんかに写ると目が線のようになっているのがとても悩みでした。 しかしメイクをするようになってからは目が大きいね、可愛い目だねと言われることが多くなり、メイクの力って本当に凄いんだなと実感しています。 今回は私のように目の細さで悩む女性に、目細工やアイプチを使わなくてもできる大きな目になるメイクを紹介していきたいと思います。 最近は、アイプチやアイテープなどたくさんの二重アイテムが出てきています。 そこで、二重にせずともメイクで目を大きく見せる方法、また元の奥二重を活かして奥二重美人になる方法を教えたいと思います。 奥二重のアイメイク 二重ほどはっきりしてはいないけど、一応目じりにかけては二重に見えるという奥二重。 ちょっとうらやましがられることもあるけれど、それなりにアイメイクで悩むという方はいませんか? 二重メイクや一重メイクの動画はたくさんあるのに、奥二重のメイクはそれより量が少ないかも。 ここでは、私も実践している奥二重専用のメイク方法をご紹介していきます! 奥二重の悩みは、せっかくキレイにしたアイメイクがもろもろ「埋没」してしまうことではないでしょうか。 例えばアイライナー。 キレイに引いたのに、目を開けると二重幅と重なってほとんどみえなくなっていたという失敗も多いです。 目を閉じるととても素敵なのですが、出来上がってから気づくパターンですね。 じゃあアイライナーなし!?というのも心もとない。 私のアイメイクはこれを回避できます。 また、アイシャドウも埋没してしまうことはありませんか? 目をつむってアイシャドウを載せている時には良い感じなのに、やっぱり目を開くと「あれ!?どこいった!?」状態に・・・。 奥二重のしわに合った方法でメイクをすれば、目元のキラキラが寝ている時だけになるということもありません。 これらは全部忘れましょう。 体験談です。 また、20代の方には寒色系はおすすめできません。 おばさんっぽくも見えます。 そこでメイク初心者でも簡単な ナチュラルなブラウン系を使用してみてください。 グラデーションもいいですが、2色までにしましょう。 ここで注意ですが、鏡を何回もチェックし、少しずつ中間色を足していきましょう。 目尻にのせるアイシャドウはチップがおすすめです。 この目尻のアイシャドウが結構重要です。 目を大きくさせるのも小さくさせるのもここです。 濃いブラウンといっても黒に近いものはおすすめできません。 逆に小さく見えます。 肌の色とアイシャドウがパキっとわかれてしまう部分は指などで馴染ませてください。 目が小さい、細いと感じる方におすすめしたいシャドウの色があります。 それば暗めのブラウン、ブラウン、明るいブラウンです。 でも明るさなんて人それぞれだし、どれを選んでいいかわかりませんよね。 そしてこんな感じのシャドウの中で一番明るい色をアイホール全体に塗ります。 そのあと次に明るい色を黒目の上部分だけにぬっていきます。 このとき黒目の上の瞼にだけぬると、おかしな感じになるのですが後で伸ばせるのでそのままにしておきましょう。 そしてその次に暗い色を目尻の上の瞼にポンと置きます。 ここら辺になってくるとかなり濃い色なので、少し手に付けて軽く押さえるだけで色が付きます。 そしてそのまま全体を指でなじませていきます。 するとパッと見、目頭から目尻にかけて徐々に暗い色になっていっていると思います。 それで正解です! よくシャドウの暗い色で目を囲ってしまう方もいるのですが、実は目が細い、目が小さいと悩む方が目を暗い色で囲ってしまうと範囲を強調してしまうので余計に目が小さく見えてしまうんです。 それに比べ、先ほどのように目尻の上の瞼に暗い色を置くことで、目尻はもう終わっているのに、まだ続きがあるような錯覚を起こさせ目が大きく見えます。 ポイント! アイシャドウは、まず目を閉じて埋没してしまうエリアを探し、眉毛の下、埋没しない当たりの目尻側を中心につけたら、目を何回か開いてみてチェックをします。 その後、ぼかすようにして瞼の上にも軽く付けます。 これでグラデーションをするのもキレイでおすすめですよ。 このアイラインも気を付けることがあって、それは引き方と色です。 引き方は目の上全体を引くのではなく、目じりと黒目の上だけに書いていきます。 この時目の上だけに線を書くのではなく4ミリほど目からはみ出て書くようにしましょう。 そうすることで目を横に大きく見せる事ができます。 そして黒目の上だけ、ラインを書き足すことで目をクリっとした印象にすることができます。 次は色ですがアイラインの色って何色を使えばいいか分からないですよね。 おすすめなのは、 瞳の色に合わせる事です。 よくブラウンの目の人が目を大きく見せるために黒いラインを入れているのですが、それは逆に目とラインの色が違うことで違和感をうみ、より目を強調させてしまうので自分の瞳にあった色を選ぶほうがいいです! 私は濃すぎないメイクが好きなので、こんな風にナチュラルに大きく見える目を作るようにしています。 私がよく参考にしている人がいて、それは渡辺直美さんです。 あの方は全体的に濃い色を使われているのですが、メイクのやり方は私が先ほど書いたものとほとんど一緒です。 あの方も化粧をしていないときは目が細く見えますが、メイクをばっちりすることで目が大きくなっていますよね。 なのでメイクしているときに分からなくなった方は渡辺直美さんの写真などをみながらやってみるといいと思います! ポイント! アイライナーは、まつ毛の上に引くと奥二重では意味がなくなってしまいます。 そのため、引くべきはズバリ「まつ毛とまつ毛の間」!引くというよりは、まつ毛とまつ毛の間を埋めていくというイメージですね。 全くアイライナーを引かないと目力がなくなってしまいますが、この方法なら非常にナチュラルで、しかし目力はある目元になります。 下まつ毛の間は個人的には埋めない方が感じが良いと思うのですが、引くのであれば目尻のみにしておくと良いでしょう。 まつ毛の間をアイライナーで埋められたら、目尻では二重幅が広くなるので、垂れ目でも跳ね上げでも、好きなようにまつ毛の上にラインを引いてみましょう。 これで自然なアイライナーが完成です! 最初はまつ毛とまつ毛を埋めるようにするのは難しいと思ったのですが、毎日メイクをしている女性なら結構簡単にできるはずです。 私は今ではすっかりこのメイク方法が日常的になり、自分の奥二重が好きになりました。 二重幅が消えないので一重に見えないですし、それを活かしたメイクができるのでナチュラルで評判も良いのです。 もっとしっかりメイクしたい!という方には向かないかもしれませんが、ナチュラルメイクを目指すならおすすめしたいですね。 奥二重は、一重とも二重とも違うアイメイクの悩みを抱えています。 その確たるもの、「埋没」回避方法はいかがでしたか?我流なので、ここから更に自分の目元に合う方法を開発してみてもらえるとより魅力的な目元になるでしょう。 私も動画の真似から入ったので、そこから自分流にしていくのは効果的です。 他の方のアドバイスも参考になります。 アイラインはブラックでも茶色でもOKですが、落ちにくいものにしましょう。 奥二重の人は重なっている部分の瞼が擦れることでアイラインがとっても落ちやすいです。 目尻をナチュラルなブラウン、まつげの間ははっきりとブラックというように色をわけてナチュラルメイクをしても可愛いです。 ここでのポイントはまつ毛の間を埋めることです。 あくまでも奥二重を利用するので、瞼には載せないよう気を付けましょう。 私は奥二重なのでぱっちり二重の方にはとてもうらやましさがあり憧れます。 どちらかというと一重や奥二重の方は少しお顔がきりっとつんとしたイメージが強いです。 それに比べてぱっちり二重というだけで目元に優しさや甘さが出て特だなと感じます。 このような一重や奥二重の方が少しでもぱっちり二重の方が持つ柔らかな印象に近づけるように普段のメイクに工夫を付け足していくことが重要です。 このメイク方法がおすすめの理由 やはりぱっちり二重の方はもうその時点で目に力があるので、簡単でシンプルなメイクだとすっぴんメイクといったナチュラルさを持て、逆にラメや濃いシャドウを使えば目元がさらにぱっちりとしてお顔は十分に映えます。 ですが、一重や奥二重の方がぱっちり二重の方と同じようなメイクをしてしまうと目元を余計きつく見せてしまうことがあります。 こういった方は普段のメイクに何点か工夫を付け足してくことできりっとした印象を柔らかくあたたかなかわいいイメージを持つことができます。 メイク方法 ずばり私個人の考えですが、一重や奥二重の方は顔全体に工夫を施すことで印象が変わってきます。 まず使用するベースの化粧品はマットタイプのものを選ぶと良いです。 はじめにお肌には青や緑の入ったカラーコントロールベースの下地を使うと肌に明るさや透明感がでてそれだけでもお肌がきれいに見えます。 アイシャドウ そして一番重要なのは 目元です。 アイシャドウはラメがあるキラキラしたものを使用してしまうと目元が膨張したように余計きつく見えてしまいます。 アイシャドウにはマットタイプを使用し、塗る範囲も瞼全体には塗らずアイラインを引く部分にだけ塗っていきます。 アイライン 一重さん、奥二重さんは、目の縦幅が少ないのがお悩みですよね。 二重のりで二重を作って縦幅を出すこともできますが、二重のりの使い方も難しいもの。 でもちょっとしたアイラインの使い方で、目の縦幅を出して、丸い目に見せることができますよ。 しかも1分で終わります!二重のりを使うよりも手早くできる!アイラインを入れるだけで、たった1分で丸い目を作りましょう。 用意するものは、アイライナーだけ!• はっきりとラインを入れたいときは、ブラウンのペンシル状ジェルアイライナーを使います。 ナチュラルに見せたいときは、二重ライン&涙袋ラインに使える薄ブラウンのアイライナーを使います。 使い方 下まぶたの黒目の下に、まつげの隙間を埋めるようにラインを入れます。 「下まぶたにもアイラインを入れると、顔がキツく見えない?」と不安かもしれませんが、ラインを引く長さが1〜2cmととっても短いので、大丈夫です! ラインの長さが短いので、ゆっくりラインを引いても1分で終わる!まつげの隙間に点を描くようにラインを入れると、不自然にならずに仕上がりますよ! ちょっとラインが太くなってしまったときは、綿棒でぼかしましょう! 黒いアイライナーは避けること 黒いアイライナーしか持っていないけど、代用できる?という疑問が湧いてきそうですよね。 黒いアイライナーを使うのは、ちょっと避けましょう! ここで黒いアイライナーを使ってしまうと、線引いてますよね?という感じが出過ぎてしまって、不自然な仕上がりになります。 黒のアイライナーには、目が小さく見えてしまうというがっかりする効果も…。 「黒い服には引き締め効果がある」って言いますよね。 実は目もとも同じ。 黒いラインで目を囲むと、逆に目が小さく見えてしまうんです。 黒ではなくブラウンのアイライナーを使うことで、目を大きく見せましょう! ちょっとオシャレにしたいときは、カラーアイライナーを使いましょう!線を引く範囲が狭いので、カラーアイライナーに抵抗がある方でも気軽に使えますよ!濃いめのピンクやボルドーなど、ちょっと奇抜な色にもチャレンジしやすい! 二重のりを使っている方は、目がぱっちりと開くので、上側には目を大きく見せることができていますよね。 下まぶたにラインを入れると、下側にも目を大きく見せることができちゃいますよ。 目を大きく見せるためには、下まぶたにも注目してメイクすることがとっても大事!!下まぶたにもちょんちょんとラインを入れるだけで、あなたの目はさらに大きくなりますよ。 たった1分で終わるアイラインを入れて、パッチリ目に見せちゃいましょう! ポイント 前述したように、アイラインは黒よりかは茶色を使うと柔らかいイメージになります。 線を引くという感じではなくまつげの間を埋める感じで薄く引いていくのがポイントです。 これだけでやわらかいイメージがだいぶついてきます。 私もメイク初心者の頃は何も知識がなく、アイシャドウはラメがたくさん入ったものを瞼全体に塗りアイラインも黒で太く引いていました。 それが一番ぱっちり二重に近づくのではと勝手に考えていたからです。 ですが、ある時ぱっちり二重の友人とツーショット写真を撮りそれを見たときにはじめて間違ったメイクをしていると気づきました。 目元がとても腫れぼったく見えていたのです。 そこからネットで一重や奥二重タイプの目元メイクを個人で勉強しました。 そこで至ったのがパーツごとに工夫を施していくことです。 チークも血色の良いマットタイプをにっこり笑ったときに盛り上がる部分に塗るだけでアクセントがでます。 また全体的にマット感を出しすぎたなと思う時はプルプル感がでるリップを塗ると愛嬌が増します。 腫れぼったい場合は上瞼にマスカラがつきやすくなります。 また、マスカラはボリュームよりもロングのものを使用がオススメです。 下まつ毛はぜったいにマスカラをしましょう。 上まつ毛がナチュラルな分、下まつ毛は目尻の方はしっかりと塗ります。 これらをすることで写真映りがよくなり、不自然な二重やケバいメイクに見られないため、話しかけやすい印象を与えます。 ポイントは下瞼へのアイシャドウ、アイラインでまつ毛の隙間を埋める、下まつ毛にもマスカラです。 初心者の方でもやりやすいメイク方法です。 比べてしまうわけではないですが、目元はやはり人それぞれです。 自分の目のタイプを少しでも把握することで使用する化粧品も変わりますし、いまお伝えした工夫を施すだけでメイクの映え方が見違えてきますのでぜひお試し下さい。 アイメイク関連記事:.

次の

[顔型別・美人顔メイク特集]「奥二重&面長さん」は目は丸く&顔の横幅を意識!

奥 二 重 メイク

目ガタチ別のアイメイクを身に着ければ、印象操作は自由自在 「目のカタチはいろいろなのに、雑誌で見るアイメイクのハウツーはキレイな二重幅のモデルさんばかり。 自分はどうしたらいいんだろうと悩む方は、私のメイクレッスンでも多くいらっしゃいます」と長井かおりさん。 多くの悩める子羊ちゃんを見てきたという長井かおりさんは「二重至上主義はもう卒業してもいいと思う」とキッパリ!「二重じゃなくてもキレイな女優さんっていっぱいいらっしゃるでしょ。 それは周囲がその人の魅力を見つけてくれているんです。 コレって、私たちだってできることですよね。 自分の目のカタチをきちんと見極めて、それを最大限生かす方法でアイメイクにトライする。 それだけで印象はグッと変わるし、今まで出会ったことのない自分に会えるチャンス。 この中で、自分の目はどれに近いのかを、鏡とにらめっこしながら見極めてください。 二重幅がほんのり見えるが、その上のまぶたの腫れぼったさを感じがち。 彫りをつくるのが重要。 目尻側は比較的まぶたがかぶりにくいため、目尻メイクが重要に。 抜け感づくりがやや困難 カラーライナーや淡いカラーも、目の大きさを保ったまま自在に楽しめるタイプ。 ただし、太めのアイラインや、濃いめのシャドウを幅広に入れてしまうと、抜け感がなくなってしまいがち。 目尻のまつ毛をどうはみ出させるか、またはアイラインの角度で、ツリ目やタレ目印象も自由自在に楽しめる。 上に太いラインを引く人もいるが、目を閉じたときに怖くなるのでNG。 二重幅が狭く、まぶたが重く見えることがあるため、まぶたの彫りも重要。 まずは両目に同じようにアイラインを入れ、鏡を見ながら小さく見える方にラインを足し、確認していく作業が必要。 お肉かぶりが原因の場合も。 8月24日に『美しくなる判断がどんな時もできる』(ダイヤモンド社)を発売。 撮影/岩谷優一(vale. /人物)、武藤誠(静物) ヘアメイク/長井かおり スタイリング/川﨑加織 モデル/福田明子、谷口蘭、工藤陽美、静麻波、山下永夏、田辺かほ(VOCE専属) 取材・文/前田美保 構成/河津美咲.

次の

奥二重さん向けアイメイクのやり方&アイテム!基本を学んでデカ目に♡

奥 二 重 メイク

形成外科、美容外科医。 湘南美容外科勤務。 埼玉医科大学総合医療センター形成外科・美容外科 非常勤助教。 2006年慶應義塾大学医学部卒業。 2008年東京大学医学部附属病院形成外科・美容外科に入局。 2012年大塚美容形成外科千葉院院長。 2013年より現職。 奥二重と二重は、どこが違う? 簡単に言うと、二重まぶたとはまぶたの薄い皮膚とその下の挙筋腱膜が、ある部分だけ癒着している(くっついている)状態のこと。 そのために、まぶたが開くと皮膚が筋肉と一緒に目の上側に引き上げられ、皮膚がくびれて二重のラインができるのです。 奥二重でもこのしくみは同じです。 奥二重は、二重のラインはあるのに一重のように見える状態のこと。 その要因としては、 1. まぶたの厚みやたるみが二重のラインにかぶってしまうこと 2. 二重のラインが狭かったり、浅かったりすること が挙げられます。 日本人では、約60%が二重まぶたの持ち主だと言われていて、その中には奥二重も含まれています。 どのぐらい皮膚がかぶさっていると奥二重なのか、という数値的な基準は特にはありません。 このため、医師や専門家が「ちゃんとした二重まぶた」だと思っても、本人は「これでは二重まぶたじゃない」「二重まぶたって、もっとぱっちりしているもの」と悩んでいる人もいるのです。 それほど、二重と奥二重の違いは微妙なものなんです。 まぶたのしくみとタイプ まぶたは、どういうつくりになっている? まぶたって、どんなつくりになっているか知っていますか? 実は、体の中で一番薄い皮膚というのがまぶたの皮膚なんです。 その周りには目の開け閉じに必要な大切な筋肉があります。 まずまぶたの皮膚のすぐ下に、まぶたを閉じるための「眼輪筋(がんりんきん)」という筋肉があり、目の周りをドーナツ状におおっています。 その奥には、「瞼板(けんばん)」という硬い線維性組織があって、まぶたの芯のようになっています。 その後ろには、まぶたを開ける筋肉の「眼瞼挙筋(がんけんきょきん)」と「ミュラー筋」がついています。 その他、眼瞼挙筋の上には薄い膜に包まれた「眼窩脂肪(がんかしぼう)」がついていて、眼輪筋の下にも少し脂肪がついています。 薄い皮膚のまぶたですが、筋肉や脂肪により目は守られているんです。 ぽってり厚いまぶたと、すっきり薄いまぶたの人がいるのはなぜ? まぶたの内側には、眼輪筋下脂肪と眼窩脂肪の2種類の脂肪があります。 その量は人によって違います。 眼窩脂肪は、体でいうと内臓脂肪のようなイメージで眼輪筋下脂肪よりも奥の方にあります。 まぶたがぽってり重たく見えている時、まぶたのすぐ内側にある皮下脂肪が厚いせいだと思われがちですが、実は皮膚、眼輪筋、眼輪筋下脂肪そして目の奥にある眼窩脂肪の厚みや量、そして骨格とのバランスに左右されています。 また、眼窩脂肪は年齢とともに減ってくるので、年を重ねるとまぶたの状態が変化してきます。 若い頃は奥二重気味だったのに、年齢とともにはっきりした幅広型の二重や三重になる人がいるのもそのためです。 まぶたのタイプと遺伝 二重は遺伝するの? 遺伝の法則をもとにすると二重まぶたのほうが遺伝しやすく、二重の両親から生まれた子どもは、高い確率で二重まぶたになると考えられます。 ところが、実際には両親ともに二重でも子どもが一重だったり、逆に一重の両親から二重の子どもが生まれるケースも珍しいことではありません。 日本人と白人の二重は、全然違う ホリの深い欧米人(白人)のような、くっきりした二重まぶたにあこがれる人も多いのでは? 確かに、白人はほとんどが二重に見えます。 でも白人の二重は、日本人のようなまぶたの皮膚とその下の筋肉の癒着によってできるものとは違います。 白人はまぶたの眼窩脂肪がとても少ない上、眉間の骨が突出していて、目の上のくぼみが大きい状態です。 このため、目を開けたときにくっきりした二重まぶたに見えるのです。 つまり、白人のまぶたは、まぶたそのものは一重なのに二重に見えているのです。 また年齢とともに皮膚がたるんでくると、一重に見える人が多くなります。 奥二重の魅力 目が腫れぼったく見えたり、小さく見えたり、時には眠そうに見えたり…とさまざまなお悩みを抱える奥二重さん。 アイラインを引いてもほとんど見えなかったり、アイシャドウの色が映えなかったりと、とにかくまぶたで隠れてアイメイク効果が薄れてしまう奥二重さんにとっては、日々のメイクも悩みがつきません。 くっきり二重に憧れる女性は多いかもしれませんが、奥二重さんには魅力がいっぱい! 二重で目が大きい人はまぶたの脂肪が少なく老けた印象になりやすいのですが、奥二重だと若々しく見えるのです! また奥二重さんは、メイクや表情によってかわいくもクールにも変身できるのも大きな魅力のひとつ。 それは、角度によって表情が違って見えるから。 それでもぱっちり二重になりたい!というあなたへ とにかくぱっちり二重になりたいなら、ふたえまぶた化粧品や、美容整形でくっきり二重に近付けるという方法もあります。 手軽に使えるふたえまぶた化粧品は、液体やテープなど、まぶたのタイプに合わせて選べることも魅力の一つ。 奥二重の美容整形は、自然にあるまぶたのくびれラインより上の位置に糸を埋め込むなどの方法があります。 他には、つけまつげを使って二重にするというテクニックを身につけて実践している方もいます。 医学的に実証されてはいませんが、つけまつげの重みでまぶたの組織が引き伸ばされることにより、普段よりも薄くなったまぶたにくびれが入り、二重になりやすくなるというメカニズムのようです。 形成外科手術書(改定第4版):実践編 鬼塚卓彌著 南江堂 2. セレクト美容塾・眼瞼 改定第2版 美容塾編著 克誠堂 3. ネッター解剖学アトラス 原著第6版 F. Netter著 南江堂 4. グラフィックス フェイス 臨床解剖図譜 Ralf J. Radlanski, Karl H. Weaker著 クインテッセンス出版.

次の