暗黒界 未界域。 【遊戯王】デッキレシピ:ベスト4 / 未界域 / しい

遊戯王 未界域暗黒界デッキレシピ未界域(みかいいき)【ビートダウン】

暗黒界 未界域

久しぶりの遊戯王デッキ紹介のブロマガです 生放送自体はしていましたが、デッキレシピはサボってました。 ごめんなさい 今回のデッキは暗黒未界域のデッキ、未界域は海外新規のテーマで来日前から恐るべき展開力が問題となっていました。 共通効果は手札をランダムに捨てさせ、自分以外だと特殊召喚、はずれるとそのまま捨てられてしまいますがその時は固有効果が発動します! 手札から捨てられると場のカード破壊 暗黒界の術師スノウ 3 手札から捨てられると暗黒界サーチ 暗黒界の尖兵ベージ 2 手札から捨てられると蘇生 暗黒界の狩人ブラウ 2 手札から捨てられると1ドロー 増殖するG 3 相手が特殊召喚するたびドロー トーチゴーレム 1 相手の場に特殊召喚、自分の場にはトークン2体 灰流うらら 2 デッキからの特殊召喚、サーチ、墓地肥やし阻害 魔法 手札抹殺 1 お互い手札を全て捨てその分ドロー 罠 未界域の危険地域 3 3ドローして未界域を含む2捨て、未界域を捨てられないと手札を全てデッキに戻す 無限泡影 3 モンスター効果無効化、場ががら空きなら手札から使える。 セット状態で使うと同じ縦列の魔法罠効果封じる エクストラ 双穹の騎士アストラム 1 リンク召喚したこのカードは対象に取られず他のモンスターを攻撃対象に取れなくするうえ、相手によって墓地に送られるとデッキバウンス。 特殊召喚されたモンスターと戦闘するとき攻撃力を爆上げ。 ヴァレルロードドラゴン 1 対象の攻守500ダウン。 攻撃した相手をリンク先に奪う ヴァレルソードドラゴン 1 対象を守備表示にして自分は2回攻撃。 攻撃した相手の攻撃力を半分吸収 鎖龍蛇スカルデット 1 リンク素材の数に応じて効果が追加 召命の神弓アポロウーサ 1 リンク素材の数に応じて攻撃力アップ。 攻撃力を下げてモンスター効果無効 混沌の戦士カオスソルジャー 1 レベル5以上のモンスターをリンク素材にすると対象と破壊耐性。 相手を戦闘破壊すると効果を3つから選んで発動 トライゲートウィザード 1 相互リンク数に応じて効果追加 トロイメアユニコーン 1 デッキバウンス トロイメアフェニックス 1 魔法罠破壊 アカシックマジシャン 1 リンク先バウンス。 カード名をひとつ言って、リンク先のリンクマーカーの数だけデッキをめくり当たれば手札へ他のカードは墓地へ セキュリティドラゴン 1 相互リンクの数だけバウンス I:Pマスカレーナ 1 相手ターンにもリンク召喚できる アンダークロックテイカー 1 相手をリンク先の分弱体化 リンクリボー 1 相手が攻撃したとき、自身をリリースして攻撃力を0に。 レベル1をリリースして蘇生 リンクスパイダー 1 リンク先に通常モンスターを特殊召喚 このデッキがきちんと回っているところを動画にしてyou tubeに上げました! ゆっくりコルトで検索!!

次の

大会優勝した【未界域暗黒界】デッキ考察

暗黒界 未界域

こちらの記事ではCSに使用した未界域デッキの詳しい解説、プレイする際に意識していることなどを書いていきます。 1.1人回し編 まずは基本的な1人回しで考えていることなど書いていきます。 基本知識• 未界域を使う順番• 回す際に意識すること• 魔法の使い方• Gを打たれた際のライブラリアウト ・ 基本知識 まず未界域暗黒界というデッキは、 未界域の効果で暗黒界や手札から捨てられて効果のあるカード群を切り手札を減らさずに場のモンスターを増やすことでリンクを伸ばし展開していく。 というデッキです。 なのでデッキの大半は「切るカード(未界域)」(以下A と「切られるカード(暗黒界等)」(以下B の2種類で構成されており当然手札もその2種類で埋まることが大半です。 10枚程度その他のカードが入っています。 どちらかを引きすぎても事故につながりますが、基本的に未界域は切られたときの効果も持っているので未界域を多くする構築の方がより事故は減ります。 そして切られる側の最も重要なカードが 「暗黒界の術師 スノウ」で、切られることによって同名カードを加えることができ切られる側の安定供給に繋がります。 似た役割として 「暗黒界の グラファ」が墓地に落ちている際の 「暗黒界の尖兵 ベージ」もリンクモンスターを絡めグラファを墓地へ送ることで使い回しが効くので切られる側の安定供給に繋がります。 なので理想の動きとしてはスノウからスノウの動きを繰り返し、最後にベージを加え 「ライトロード・・キュリオス」の効果でグラファを落とすことです。 これによってBの供給を切らすことなくデッキを回すことができます。 あくまでも理想なので毎回この動きを目指すわけではなく、スノウでグラファをサーチしたりしてアクセスすることもあります。 こうしてリンクを伸ばしていきトポロジックやアポロウーサや深淵で制圧を目指します。 のは自分はランダムなのでベージをグラファで戻し起動することが大半です。 基本の展開ですが左エクストラゾーンスカルデット、モンスターゾーン左からフェニックストラゲで41無効を狙います。 上振れると上がウーサになります。 またなどで相手のデッキが見えた際は無理にトラゲまで行かず深淵で止まることもあります。 下ぶれて当てられすぎた場合でシラユキを絡められない時は、マスカレーナでメインフェイズにウーサを出しつつをしたりすることもあります。 ・ 未界域を使う順番 結論 使う順番は特にない 理由 条件によって複雑に変化するから なぜこの結論に至るかというと、墓地効果効果使用未使用、デッキに何枚残っているか、手札の未界域の枚数、先行後攻、対面しているデッキタイプ、等の様々な条件によって使うべき未界域の種類は変化するからです。 使う際の一定の基準は存在していてこれに基づいて判断していきます。 まず手札の未界域が2枚の場合 全て効果未使用で手札の未界域が2枚の場合はこの順で使うことが多いです。 簡単に言うと 切られたときの効果が強いのが優先度が低く、効果が弱いのが優先度が高いです。 その中でもは星が4なため頭ひとつ抜けて優先度が高いです。 たとえば手札にとがあるとき、から使ってを切って特殊した場合、ドローで未界域を引かないと未界域がなくなって展開が止まります。 画像はイメージ図です。 実際は星4を引いているとデュガレスに繋げてデッキを回すことは可能ですが、デュガレスはエクストラゾーンを埋める上誘発を食らいやすいので序盤では使いたいカードではありません。 から使ってを切った場合はの効果で更にワンドローでき、そこからブラウやシャドールビーストを切ったもうワンドローできるので未界域に繋がる可能性が全然違います。 つまりから使った場合自分で未界域の試行回数を減らすプレイとなります。 は星4なためエクシーズにつなげることができ場に出す優先度は高いのですが、効果未使用の場合効果が未界域につながる可能性が高いので効果使用の優先度は下がります。 手札の未界域が3枚以上の場合は基本的に場に出て強い星4のから使います。 他に大きな基準としては デッキ内の残り枚数があります。 墓地効果を全て使ったあとならばデッキにより多く残っている未界域から使います。 未界域は被ると当たる確率が格段に上がるのでデッキの残り枚数を意識してプレイすることで被る確率を極力減らせます。 デッキの残り枚数に関しては貪欲な壺でも意識するのですが、それはドロソの打ち方の項目で詳しく記述します。 これらの大きな基準をもとに手札やフィールドなどの細かい要素を加えて状況にあった未界域を選択しプレイしていきます。 ・ 回す際に意識すること 手札枚数について 調整や1人回しをしていて始めに感じたのは 手札3枚の状態で回していても最終的には当てられ続けて負ける ということです。 なので展開をする際は手札を常に4枚以上にするように意識します。 このデッキではAでBを切ることによってハンドを減らさずに展開できますがそれだけでは減らないだけで増えることはありません。 そこで手札を増やすカードとして 「鎖龍蛇 スカルデット」「貪欲な壺」「終わりの始まり」を使います。 条件付きですが 「No 60 刻不知のデュガレス」もやBを切ると手札が増えます。 手札が3枚以下になった際はこれらのカードを駆使して手札を4枚以上に持っていきます。 ここまでさも当たり前のようにドロソを引く前提で話していますが、スカルデッドまで行ければ確率的にはかなりの確率でドロソを引きます。 スカルデットのリンク数は4。 AでBを切り展開していきスカルデッドの効果を使うと最高でAで4枚Bで4枚初期手札5枚スカルデットで4枚で計17枚デッキを掘ることができます。 このデッキにはA B以外のカードは ドロソ4枚、終末、ゼピュロス、シラユキ、ベージ、グラファ、おろ埋、手抹、誘惑、取引 以上です。 このうち 終末ゼピュロスおろまい手抹誘惑取引 はドロー及びサーチに繋がるカードで引いたらプレイするか伏せるかで未界域で切られることはほぼありません。 なので 以外の未界域、ベージ、グラファ、シラユキ、を切る、もしくは未界域が当てられない限りはハンドは減りません。 そして未界域には切られた際にモンスターを供給する効果を持つものがあるので手札は減っても場のモンスターを増やすことができます。 そうしてデッキを掘っていくとスカルデットの効果を使う際に、平均して14枚程度デッキを掘ることができるので高い確率でドロソを引くことができます。 なので基本流れとしてはエクストラから出せる手札を増やすカードのスカルデット、デュガレス、を使いドロソにたどり着きデッキを回しきります。 ・魔法の使い方 このデッキには魔法が以下6種類入ってます。 「終わりの始まり」 「貪欲な壺」 手札を増やせる魔法でありゲーム中に2度はうちたいですが、被りは厳しいので合わせて4枚です。 終わりの始まりを打つ際に意識することは 効果使用済みのカードを除外する ビッグフッドを残す 墓地に一枚しかないカードは除外しない(ゼピュロスビーストエクストラのモンスターを除く の3点です。 効果使用済みのカードは積極的に貪欲で戻すことはないので除外します。 残す未界域モンスターに関してはチュパは積極的に戻したいため、ビッグフッドはデッキに1枚しかないためです。 墓地に一枚しかないカードを除外しないのは貪欲の択をより増やすためです。 貪欲な壺を打つ際に意識することは 効果未使用のモンスターを戻す ビッグフッドを戻す 手札にある未界域を戻さない デッキの中の数が少ない未界域から戻す デッキの中のA Bのバランスを考えて戻す の5点です。 上二つに関しては特に説明することはありません。 手札にある未界域を戻さない、デッキの中の数が少ないものから戻す、については詳しく話す必要があり、単純に少ないものから戻していけばいいというわけではありません。 なのでデッキに0枚だからといって必ず戻すということではなく、手札に持っている場合は戻して即ドローしてしまい被る可能性があるので戻すことは少ないです。 デッキの中のA Bのバランスを考えて戻すということについては、手札がBしかないからといってAを5枚戻すと展開していく過程で、Bが手札に極端に少なくなり手札4枚以上を維持するのが難しくなるケースが発生するのである程度Bを戻す必要があります。 「手札抹殺」「暗黒界の取引」 手札抹殺と暗黒界の取引を打つ際に意識することは 相手のドローを進めてしまう 相手の墓地にカードがいく この2点です。 ドローを進めると新たな誘発を引かれるリスクが、墓地にカードがいくと墓地効果を使われるリスクが発生するので基本的にアザトートが決まってない場合はこれらのカードは打ちません。 相手のデッキが分かっている場合は気にせずプレイすることも可能です。 「」 落とす主な択は、 ゼピュロス、ビースト、ゴキポール、の三択です。 ゼピュロスは星4を供給しながら場の未界域を使いまわせるので序盤で落とす優先度がかなり高いです。 ビーストは中盤でを引いた際におとしてドロソを掘りにいきます。 ゴキポールは手札にを供給できるので、場に未界域がいなく手札に未界域が一枚しかない最序盤に落とす優先度が高いです。 他にもシラユキやグラファが落としたいカードになりますがこの2枚は直接ハンドを増やせるわけではないのであまり落とさないです。 ベージがいる場合はグラファを落とすことが多いです。 「闇の誘惑」 このカードは手札のA Bのバランスを整えるカードで、基本的に即打ちはせずにセットしておくことが多いです。 Aが被ったときやA Bどちらかにハンドが偏ったときに使うことで理想のバランスを保った状態で展開し続けることができます。 またサイド後では即打ちしてシステムダウン冥王結界波レッドリブートを引きにいくことによってイーウィンの手助けをするカードになります。 2枚の構築をよく目にしますが個人的には3枚確定のカードです。 ・Gを打たれた際のライブラリアウト Gを打たれた際に意識することは リンク2を積極的に使いスカルデットと共に貪欲な壺で戻す グラファベージのループ完成を一番に目指す この2点を意識すれば基本的にはライブラリアウトは難しくありません。 リンク2を挟み展開することで相手のドロー枚数を増やすことができ、この際にスカルデットを素材に使い墓地へ送っておくことで貪欲で一緒に戻すことができます。 またスカルデットを使い回すことで手札抹殺へのアクセスを格段に上げライブラリアウトにより近づきます。 グラファベージのループを完成されることを目指すのは、このループが完成すればAの効果一回で3回のをすることができ、通常の展開の3倍の速度で相手のデッキがなくなります。 この2点を意識すれば簡単にライブラリアウトすることができ、40枚のデッキであれば手札抹殺を使わなくても余裕を持ってライブラリアウトできます。 このために採用しているわけではありませんが貪欲な壺を採用していることでライブラリアウトのハードルは劇的に下がっています。 以上で1人回し編は終了です。 1人回しの際はこんな感じのことを考えながらやっているよ、という紹介でした。 回しているうちに気づきが多く考えることが増えていったので1人回しがかなり楽しいデッキです。 2 .対人編 続いては対人の際に考えてることについて考えていきます。 ・先行 対人といっても相手ができることが誘発を打つことだけなので基本的に考えることはありません。 できるだけ早くアザトートを目指しましょう。 アザトートを目指さないハンドではアポロウーサから入りドロソに対するうららなどを弾きますが、実戦でやったことはないぐらいレアケースになります。 実戦では余裕を持ってアザトートに行くか、余裕がなくてデュガラスからなんとか回すか、の2択になります。 ・後攻 後攻ではや取引などで積極的にビッグフッドややグラファを切って相手の盤面に触りにいきます。 その他にはトロイメアやゼロヴォロスなどで相手の盤面を触ることもあります。 後攻では相手の妨害を受けるため先行のようにリンクを10以上伸ばせることは少ないため、基本的にはトロイメアでリンクを伸ばして妨害を踏みつつゼロヴォロスで盤面をリセットしたあとにウーサや深淵などで蓋をして返すことが多いです。 罠が少ないもしくはないデッキに対しては、後攻でも積極的にアザトートを狙いにいき成立後は打点を並べてワンキルします。 後攻でGを打たれた場合は普通に動いてワンキルを狙いにいきます。 こちらには誘発が入っていないためあいての展開がフルで通ることが多く、後攻でGで止まってしまうと返しのターンでワンキルされることがほとんどなため動かざるを得ないという形です。 ターンを返しても死なない可能性が高い罠ビート系統に関しても、ドロソや展開などで妨害がさらに増え物理的に手札の数を超えられる可能性が高いのでやはりGを打たれても動きます。 各デッキに対する細かい意識することは3の各対面意識によって解決します。 5,000字を越えたのでここで一度ブログを区切ります。 後半ではレシピの詳しい解説、各対面に関する詳しい内容、について書いていきますのでそちらも合わせてお読みください。 ここまでありがとうございました。 Dchannel121.

次の

☆カードラボ 遊戯王デッキ研究ラボ「未界域」デッキ紹介☆ / レスキューラビッツのブログ

暗黒界 未界域

いつも使ってるやつがどうにも使い辛いので興味のあったnoteで作ってみました。 全文無料です。 今期も終了したのでよく聞かれていた未界域についてあくまで僕個人の意見ですが黒板の落書き程度に羅列して行こうと思います。 未界域というデッキ自体が抽象的なデッキなのでふんわりとしたニュアンスの文章となっていますがご了承ください。 ・基本戦略 手札を常に4枚or5枚以上の状態で未界域を発動して外れる確率を最低限に抑え場にモンスターを供給し続けて盤面を形成して行くことになります。 あまり捨てたくない終わりの始まりなども伏せずに手札に持ちながら未界域を起動していく勇気も時には必要となります。 僕の構築ですと先行はアポロ深淵マスカレーナエクストリオを目指し、後手は手数でのワンキルを目指します。 転生炎獣の深淵やシャドールのミドラーシュの様な永続的な置物には弱いですが、オルフェゴールやオルターガイストの作る妨害には未界域を連続して場に送り出せさえしたら盤面を踏み越えてワンキルが可能なのと爆増してるドラグーン系統にはバグースカで抗うことができます あくまで回ればの仮定ですが メインの段階だとドロールやロンギヌスの様なカードの採用はほぼないため盤面にワンキルの布陣を作りメイン終了でニビルを使わせ再度ワンキルの盤面を作るようなパワープレイも可能です。 未界域の長所でもあり短所でもあるのですがこのデッキは固定のルートが存在せず全ゲーム展開が場当たり的になります。 なので展開ルートの様な物はありません。 回し方のメソッドの様な物も特筆することはなく手札枚数をキープしながら未界域を出すの一言につきます。 ・構築に関して 一番最後に使ってたレシピに基づき記載していきます。 メインデッキ 【ビッグフット】 未界域最大打点。 先行時に効果を使うことはニビルを破壊 泡影ケアの都合上やることはほぼないです するぐらいで基本は後攻時の置物の破壊とワンキルにむけての打点確保です。 虚無空間中でも未界域の効果の発動は可能なのでビッグフットかグラファが当たるまでひたすら効果を発動し続けることで拾える試合もあると思います。 ジャッカロープと種族が被っているのでキュリオスに行く際は注意が必要です。 【ネッシー】 未界域専用のサーチ持ち。 基本的には最後まで起動を置いておく事になります。 サーチに関しては手札次第としか言えないため割愛 【モスマン】 重要なレベル4未界域その1 捨てられた際の効果は手札が続きそうなら破棄することもちらほらあります。 メインのGつっぱ中はデッキを減らせれることもあり割と積極的に起動、2本目からはドロールの被害具合により変わるため手札次第となります。 ゴキポールの唯一のサーチ対象なのでデッキに1枚は残しておくのが吉です。 【チュパカブラ】 重要なレベル4未界域その2 捨てられてもリンク数を伸ばせる一方初動で外すと損するため、欲を言うならあまり複数枚の採用はしたくないですが今期はドラグーンに対してのバグースカとデッキの回転率が前期より大幅に落ち未界域の総数を増やす必要があるため3枚採用がいいと思います。 後半のリヴァイエールと深淵に繋げるまで効果を使わずにいられるのがベストです。 暗黒界と同じ悪魔なのでキュリオスをに行く際は注意が必要。 【ジャッカロープ】 初動で使いたい優秀な未界域。 失敗してもリンク数を損せず墓地の枚数を増やせるのと好きなレベルを場に出せるため潤滑油的な役割をしてくれます。 後半のリヴァイエールに繋げる際にデッキ内にツチノコが残った状態だと確定でレベル3を場に供給することができます。 【ツチノコ】 こちらも初動でリンク数を失わない未界域。 基本は捨てられた際には効果を使うのですが、手札抹殺後のスノウやネッシー効果へのうららを避けたり、ツチノコチュパカブラみたいな手札だと効果破棄を選択することもあります。 ジャッカロープ同様後半まで効果が残せているとリヴァイエールへと繋ぎやすいです。 【グラファ】 今期はGを打たれた際のデッキレスと相手への盤面鑑賞が主な役割です 特に伏せられた墓穴の指名者は未界域に使われると手札効果も止まるため是が非でも阻止したい。 今期は前期程重要では無いため初動の闇の誘惑で除外しても問題ない事が多いです。 【スノウ・ブラウ】 未界域で捨てられたても損せずリンク数を稼ぐ為にどちらもフル投入がいいと思います。 スノウは基本スノウを加え半永久的にコスト確保しつつデッキを回転させるのが主な役割で手札の未界域が少なくなったりした際にはブラウを加えるなど非常に大事なエンジンパーツとなります。 未界域の少ない暗黒界寄りの手札で動きを担保する為に取引を加えることもあります。 終わりの始まりやシラユキで除外する際は1枚ずつは優先的に除外しておくことで、リヴァイエールから場に出して墓地のグラファで手札を増やすことができます。 【ベージ】 暗黒界エンジンで唯一リンク数を稼げます。 レベルが4と優秀なので序盤のキュリオスとデュガレス、後半の深淵、後手のバグースカなどゲームのどの段階で場に出ても仕事があります。 グラファと合わせる事ですベージが捨てられる度に無限にリンク数を稼ぐことができ、またその過程で相手のGのドロー枚数を大幅に進められるのもこのカードの強い要素になります。 ただ前期の未界域程ベージである重要度が低いため採用枚数は1枚に今期は抑えています。 【シャドールビースト】 終末、おろかな埋葬、キュリオスの選択肢であり未界域で捨てられる際はブラウと同じ働きをします。 またレアケースですがデッキ内唯一の一体アドバンス召喚で出せるモンスターなのでエクストラモンスターゾーンに出したデュガレスを生贄にしてエクストラモンスターゾーンを空けてキュリオスに行けたり、ドロールで止まった後に影依融合をケアしてエクストラから出たモンスターを生贄にセットすることがあります。 【ゼピュロス】 こちらも終末、おろかな埋葬、キュリオスの選択肢であり未界域で捨てられてもその未界域を回収し損無くリンク数を伸ばすことができます。 未界域を枯らさずに場にレベル4が用意できるためデッキを回す上で非常に重宝しキュリオスに行く際の種族被りもない優秀な潤滑油要素です。 【終末の騎士】 主に落とすのはビーストとゼピュロスでG中などたまにグラファを落とします。 召喚を使いなおかつヴェーラーや泡影で手札枚数を減らしてしまうことになるため弱いところも目立つのですが損なくレベル4を場に送り出せる可能性があるのととにかくゼピュロスを落とす動きが協力なため採用しました。 【シラユキ】 デッキのエンジン要素。 リンク数の確保だけでなく超雷やミドラーシュの様なシステムモンスターにも強い痒いとこに手が届く存在です。 先行時はキュリオスで落としておき裏にする効果を1回、マスカレーナとリンクして墓地に送り再度自己蘇生することで裏にする効果を2回使い多段の妨害確保に使います。 まだG中に自己蘇生とリンクを行うことでドロー枚数をかさましできるのも強力です。 先に墓地に送っておくことでキュリオスやスカルデット、また相手によってはデュガレスへの泡影やヴェーラーをチェーンで除外することで無理やり通せることもデッキを回す上で重要になってきます。 リヴァイエールで出すために暗黒界モンスター各種1枚ずつや終末デビフラなどは優先して墓地から除外して行きます。 貪欲な壺を採用してる都合除外カードにも気を配る必要が今期はあります。 【ゴキポール】 おろかな埋葬、キュリオスの選択肢。 暗黒界寄りの時に確定で未界域が欲しい時にモスマンを加える用。 代えが効かない種類のカードになるので個人的にはあった方がいいと思っています。 【デビルフランケン】 親友。 今期はガンブラーがいないため先行展開に不安が残るのですがエクストリオまで添えるとほぼ返されることはないと判断し採用してます。 泡影とヴェーラーから避けるためにカンゴルゴームの先出し、墓地にシラユキを置いて避けてリヴァイエールで再度場に出し効果を使うなどして無理やり通しに行く価値のある1枚なので全力で効果を通しにいきます。 【おろかな埋葬】 デッキの潤滑油。 温存する意味も薄いため引いたらなにかしらをさっさと落とします。 【貪欲な壺】 前期から終わりの始まりが制限になり代わりに採用した手札補充用です。 終わりの始まりよりドロー枚数こそ少ないものエクストラデッキを再利用できるため深淵のおかわりやニビルで吹き飛んだアポロウーサや使い終わったカンゴルゴームを戻して無理やりデッキレスを狙うなど貪欲にしかできない仕事も多いです。 ロンギヌスをすり抜けるのも終わりの始まりにはない強みです。 【手札抹殺】 チカラアバレゴリラデッキレス 時々なる手札が2011年にタイムスリップした際などにパワーカードになります。 アドバンテージ面で有利なら割と気軽に打ってデッキを回していきます。 キュリオスで回収し2度発動してデッキレスを狙うことも多々あります。 【闇の誘惑】 デッキの潤滑油。 被ってる未界域を飛ばし未界域の確率を上げたり、未界域だらけや暗黒界まみれの手札を入れ替えれるのでとてもシンプルに使いやすい健全な手札交換カードとして使います。 【成金ゴブリン】 デッキに入れたいカードがなく変なカードを入れてもデッキの回転率を落とすため惰性で入れていました。 デッキを回す上では勅命や魔封じにかかる以外は特に問題はないのですが回復させたライフのせいでワンキルが難しくなるためここは改良の余地がある部分だと思っています。 【暗黒界の取引】 スノウからサーチ可能な準潤滑油 損なく打てることも多くデッキを回せるのですが相手に手札を整えられるため使わないでいいなら使わないで起きたい1枚です。 ただそれを考慮しても便利以上の働きをしてくれるため2枚採用しました。 【終わりの始まり】 手札補充の要。 発動にさえ成功したら概ねデッキは回りきると思います。 特に説明もなく単純なドローソースです エクストラデッキ 【エクストリオ】 デビフラ用かつサイドからのエクストラモンスターの入れ替え要因。 効果の性質上メインデッキをある程度残しておく必要があるのでそこにだけ注意しておけば後は特筆することはありません。 シラユキを素材にし辛いため要求値は高いですがGつっぱの際にアポロウーサに対しての効果無効系を2枚吸収できるためドロールに対して多少抗いやすくなっています。 実際に数本シングル単位でカンゴルゴームのおかげで拾えたので採用してよかったと思います。 【デュガレス】 エクストラデッキの大事なエンジン。 全ゲームほぼ使います。 レベル4を2体をほぼ強欲な壺に変換できます。 また蘇生効果でデビフラを蘇生したり、アクセスコードやゼロヴォロスを打点倍にしてワンキルしたりと非常に小回りの効く便利屋です またドロー効果のデメリットになるドローフェイズスキップが自分のデッキレスを防ぐメリット効果に変わることもあります。 【バグースカ】 元々前期からはサンダー等へのドロール中の妥協地点としてサイドなどで採用していたのですが、今期はドラグーンという誰でも簡単制圧モンスターがどのデッキにも基本入っているため価値が上がってます。 ドラグーンの処理だけでなくサブテラーやドラゴンメイドの様な深淵の効かないデッキにも強くパンクラから魔封じを守るために閃刀姫へ出したりなど協力なシステムモンスターです。 【深淵】 スーパーマウントモンスター。 【リヴァイエール】 いぶし銀的な働きをする便利屋さん。 【スカルデット】 主にデビフラを探しに行くのとGつっぱで使用します。 あまり使用頻度は高くないのですが代えの効かないカードなので採用しておいて損はないと思います。 【アポロウーサ】 展開のお供。 キュリオスから直で行けるなど召喚条件も緩く誘発を速い段階で牽制できるため非常に便利です。 誘発で止まる落とし所としても優秀でシラユキやマスカレーナからの妨害で守りやすくデッキ的な相性もいいです。 ほぼ全試合プレイし特筆することはないですがテキスト通りの仕事をこなしてくれますわ。 【ゼロヴォロス】 後手のエースです。 シラユキを採用している都合打点がとんでもない事になり、10000を超えることも頻発するので成金で回復されていてもドラグーンや雷神の上からどついてライフをゴリ押して殺すことも多々あります。 除外効果も強力でマスカレーナシラユキと相性が良く罠系相手にもシラユキと合わせて盤面を一掃してからワンキルなど非常に優秀なカードです。 【アクセスコードトーカー】 ゼロヴォロスとタメを張る後手のエースです。 ゼロヴォロスにも言えますが効果無効系には弱くバトル中に泡影で打点を戻されることがあるのでワンキルの際には打点を多めに並べる必要があります。 またロンギヌスにも弱いため2本目からは注意する必要があります。 【キュリオス】 エクストラのメインエンジン。 デッキを潤滑させながら墓地を肥やせるのも地味に強くこの効果で追加ボーナスを期待することも可能です。 盤面に維持しながら展開することでニビルに睨みをきかせることができ、後手で相手の除去に対しても強気にプレイが可能な本当に優秀なモンスターです。 【ユニコーン・フェニックス】 マスカレーナからの妨害枠。 特にこのデッキ特有の使い方はないです。 【マスカレーナ】 相手ターンに妨害を作れる数少ないリンクモンスター。 また素材になったモンスターが効果破壊体制を持つので雑に未界域を並べマスカレーナ経由のアクセスコードやゼロヴォロスを作ることでドラグーンを実質無力化出来たりもします。 打点の低さとメインのみという効果の制約もシラユキが睨みをきかせることで相手の要求がさらに上がり突破他のデッキに比べると困難です。 【アナコンダ】 雑に下に矢印を用意できるモンスターで、デュガレススタートで上のエクストラモンスターゾーンを空けたい時によく使います。 シラユキとゴキポールを闇にできるためキュリオスに繋げやすく小回りのきく1枚です。 サイド後は超融合や影依融合などを落とせ盤面解決やミドラーシュでの蓋など仕事が大きく増えます。 【ホープゼアル】 禁止カードのショックルーラー以上の制圧が可能です。 環境序盤のサンダーに対してのドラゴスタペリアでエケストリオが一緒に吸われることに懸念し一時期採用していました。 マスカレーナを添えてゼロヴォロスで更地にしてからのワンキルを目指します。 キュリオスさえ出ればデストルドーを落とすことで成立します。 ただエクストラを2枠使うのと、キュリオスが着地してる前提の場合デッキが回りきる可能性も結構高く現状未界域が必要としてる問題点の克服にも寄与しないため採用を見送りました。 セレーネとマジックテンペスターを用いた先行でワンキルを目指すタイプの未界域だとより有効に使えて採用の意義もあると思ってます。 サイドデッキ 【増殖するG】 絶対3〜 【ドロール】 関西で地味に多いSPYRALとミラー様。 基本的には未界域は展開させないカードより展開を返すカードの方が相性はいいと思っているのですが上記の2デッキは展開を返すのは困難だと思い2枠使いました。 【ニビル】 リリーサ系統のデッキに対して一番リターンがあり、なおかつデッキの性質上誘発は無視して最大展開をどのデッキもしてくるのでサンダーやオルフェゴールの様な本来は効力を発揮するか微妙な相手にも強く使うことができるため採用しました。 展開途中で引いてもスカルデットや生贄で場に出すことで打点に最悪変換できるのも評価できるポイントです。 【ビッグフット】 サイド後はロンギヌスのことやサイドチェンジで触るカードの都合デッキの回転率が下がるため未界域を追加したくその中で1番環境的に強いと思われるビッグフットを1枚採用しました。 別にこれと言った仮想対面があるわけでは無かったので必要なものがあるなら入れ替える枠だと思ってます。 関西屈指の強豪プレイヤーであるきょろろさんがオルフェゴールのサイドに採用されてましたがそれとはまた採用理由は異なります。 【超融合・スターヴ・アースゴーレム】 ドラグーンオルフェの増加が予想される中で影依融合ではパワー不足な感じがしてよく採用されている超融合を採用しました。 マスカレーナドラグーンと2妨害をあわよくば返せるのとドラグーン単体でも未界域を一体出せば吸えるため打てないゲームにはなることはなく、またバトル中に発動することでGのドロー枚数を抑えつつドロール中でも殺しきるカードとしても使えるため採用を決定しました。 それに伴いSPYRALと未界域の先行展開でも妨害を多く剥がすことのできるアースゴーレムにも1枠割くことにしました。 【グリフォン・魔封じ】 ペンデュラム系統への先行用カードとして採用したのが始まりで、他にもSPYRALなどの展開系へのドロールへの落とし所込みで止まる用です。 また閃刀姫の様な相手の選択権がある際に先後どちらを取るかわからない相手にも1枠メインに入れることでエクストラデッキからキュリオスとグリフォンを使うことでアクセスができるため入れ替え枚数を最小限で効果的なメタを用意できるのも採用を後押ししました。 【ハーピィの羽根帚】 雑に相手の妨害の後ろを剥がします。 このカードをデッキトップに乗せる悪い人がいるらしいですね。 ドラゴンを入れておくことでおろかな埋葬などからバベル破壊が狙えたり小回りが効くようになります。 ロンギヌスにも強くドロール中にミドラーシュをアナコンダから作り盤面を固めるなど使い勝手が非常にいいです。 ただ要求されるサイドのスロット数が多く今回超融合を採用した都合枠が用意できずに不採用になりました。 いつでも戻す可能性がある枠です。 【強貪】 後手の手数確保用。 後手は飛んで困るカードがほぼないため単純に手札補充カードとして使います。 ただロンギヌスに引っかかるため今回は採用を見送りました。 【精神操作】 トポロジックボマーやシズクを奪取し盤面をこじ開けつつ自分のリンク数を伸ばし後手からのワンキルを補助してくれる未界域との相性のいいサイドカードです。 ただオルフェゴールにもドラグーン入りの増加の予想や効力にムラがあるSPYRALの登場に加えて転生の様な効果的な相手も減ることが予想されたので今回は採用を見送っています。 以上です。 ご精読ありがとうございました。

次の