河合奈保子 妹。 “秀樹の妹”河合奈保子、訃報に悲痛「あまりにもショック過ぎて」

『秀樹の妹』河合奈保子「ただただ感謝」…96年結婚、豪在住/芸能/デイリースポーツ online

河合奈保子 妹

Contents• 河合奈保子【プロフィール】 本名 金原奈保子 生年月日 1963年7月24日 出身地 大阪府住吉区 血液型 O型 河合奈保子の【来歴】デビューのきっかけ・現在の活動 【デビューのきっかけ】 1963年に会社員の父親の長女として大阪府で誕生。 1歳のころに大阪の八尾に引っ越し、2歳の時に東京の世田谷区に引っ越す。 父親が転勤族だった為、幼少期は引っ越しの多い生活を送っていた。 中学2年生の時に、「スター誕生」に応募するも落選。 高校生で西城秀樹主催の「HIDEKIの弟妹オーディション」に応募しデビューのきっかけを得る。 デビュー後は歌手としてブレイクする。 【これまでの来歴・出演情報】 デビュー後は、数多くのヒット曲を出す。 アイドル歌手としての活動だけでなく精力的に数多くのドラマやCMに出演。 たくさんのサスペンスドラマに出演。 主に西村京太郎・山村美沙サスペンス。 NHK紅白歌合戦にも6年間連続出場を果たす。 【事故・事件】 1981年。 東京都渋谷区にあるNHKホールで人気歌謡番組「レッツゴーヤング」のリハーサルに参加していたが、リハーサル中にステージからセリに転落。 第一腰椎圧迫骨折・頭部座挫傷の全治2か月のケガを負った。 【2017年10月現在の活動】 1996年にヘアメイクアップアーティストの金原宣保氏と結婚した後は長期休業という形に入っており、2017年現在、目立った活動はしていない。 point 582 1 河合奈保子の【性格・エピソード】 性格は天真爛漫で素直な性格の持ち主だと言われています。 その天真爛漫で素直な性格であったからこそ、たくさんの幅広い世代に愛されたのはいうまでもないですね。 アイドル歌手として華々しくデビューし活動していた河合さんですが、当時は水着での撮影が多かったようで歌手であるのになぜ、水着を着て撮影をしなければならないのか?とアイドルとしては悩んだ日もあったそうです。 【噂話その1】河合奈保子の旦那様は在日韓国人? アイドルとして人気だった河合奈保子さんが人生のパートナーとして選んだのはヘアメイクアーティストの金原宣保さん。 美容室FACE-Tの設立者でもありオーナーでもあります。 宇多田ヒカルさんなどを輩出したと言われていますね。 その金原さんが、実は在日韓国人ではないか?という噂が浮上しています。 在日韓国人でないか?と噂されたのは、金原という苗字が関係しているのではないか?とのことですがただ単に在日韓国人の方の苗字に金原姓が多いからと、まあ単純な理由のようですね。 ですがウィキペディアなどに日本のヘアメイクアーティストとして紹介されていますので事実は違うのではないかなと考えられます。 point 360 1 【噂話その2】河合奈保子の元カレは香港スターのあの人? 河合奈保子さんは小さいころから胸が大きかったため、それがコンプレックスとなり男性に対してもオクテだったと言われ、現役時代に恋のお話のような浮いたものはほとんどありませんでしたがあの、ジャッキーチェンが彼氏なのではと囁かれたことがありましたが知っていますか?香港スターのジャッキーチェンです!あんな大スターと付きあっていたなんて羨ましいかぎりではありませんか。 ですが、河合さんが付き合っていますと認めたことはありません。 もちろんジャッキーも。 ジャッキーは当時、すでに結婚していましたし。 ではなぜ、2人が付き合っていると噂になったのでしょうか?ジャッキーと河合さんは愛のセレナーデという曲でデュエットしていますのでそれが元になって、当時、浮いた話が一つもなかった河合さんにつながってしまったのではないかとの見解になっているようですね。 point 442 1 まとめ こうやってみると、河合さんが素敵な女性だとわかります。 浮いた話も特になく旦那様と現在は、海外で生活されてらっしゃるみたいです。 笑顔がとてもキュートな河合さんの復活はないのでしょうか?楽しみに待ちたいと思います。

次の

“秀樹の妹”河合奈保子「言葉がでません」現在は豪在住、2児の母/芸能/デイリースポーツ online

河合奈保子 妹

人物 [ ] 所属事務所は、レコード会社はに所属していた。 の歌手・の一人である。 本名は「かわい なほこ」だが、芸名では「かわい なおこ」と読ませている。 シングル売上記録は「」「」「」「」()の順。 歌以外にも・・・を演奏し自作曲(作詞作曲)も発表した。 雑誌のやに登場していた。 1996年2月1日、記者会見にてとの婚約を発表。 同年2月6日に婚姻届を提出。 翌1997年の第一子出産を契機に芸能活動を停止する。 夫との間に2児あり。 略歴 [ ] デビューまで [ ] (現:)出身。 1963年7月24日、のにおいて会社員の父親の長女として誕生(2400グラムの未熟児)。 誕生時、両親は大阪府枚岡市 現:東大阪市 に居住していた。 1歳時の8月に大阪府八尾市に引っ越し、2歳時の10月には東京都世田谷区に籍を移した。 3歳年下の妹がいる。 幼児のころ父親の職業に転勤が多く、幼稚園は東京都調布市の染地幼稚園、大阪府箕面市の箕面自由学園幼稚園、大阪府東大阪市の若宮保育園の3施設に通った。 入学と同時にピアノを習い始めた。 時代はクラブに所属、中学2年の秋に系列『』に応募するが、この時は書類選考の段階で選外となる。 に私立大阪女子学園高等学校(現:)に進学する。 アイドル歌手時代 [ ] 1979年12月、が自社の看板スターであるの名を冠して主催した新人発掘コンテスト「」に応募。 河合がオーディションを知ったのは締切の直前で、応募書類とデモテープを作成して送ったのは締切前日だった。 オーディションの選考過程も紙一重で、の「理想の声に近づく本」によれば、大阪の地区予選も一旦は最終審査に残らず、当初の定数1名に対して特別に2人目の代表として選出された(最初に選考され、河合と共に決勝大会に進んだもう一人の大阪代表は後の)。 翌にで開催された決勝大会で優勝する。 オーディション応募テープでは「」を、決勝大会では「」を歌った。 同月末に上京して歌レッスンを受けた後、1980年に「」で「西城秀樹の妹」という触れ込みとともに、アイドル歌手としてデビュー。 この過程で定時制に編入し、後に卒業した。 そのオーディションの決戦会場は、中野サンプラザ 東京都中野区 であった。 なお、歌手デビュー当時のキャッチフレーズは「 ほほえみさわやか カナリー・ガール」であった。 2枚目のシングル「」がヒットとなり複数の音楽祭で新人賞を受賞する。 デビュー2年目の16時頃、での『』のリハーサル中、誤って4m下のに転落し第一圧迫の重傷を負う。 約2ヶ月間の療養の後、同年放送の『』より復帰を果たす。 同年のに「スマイル・フォー・ミー」で初出場しトップバッターを務めた。 翌年4月頃まで療養のためにを腰に装着して芸能活動を行う。 に初出場した際は、転落事故からの復帰直後で、かつ事故現場のだったが、本人によればリハーサルは恐怖感が先に立ったものの、本番の出番寸前に不安や緊張が全て消えたという。 1983年12月6日より盲腸の摘出手術で東京・渋谷病院に入院し、同年12月14日に退院した。 12月18日まで休養し、翌12月19日の「夜のヒットスタジオ」で復帰を果たした。 歌唱中、マイクロフォンは左手で持つことが多かった。 ライブコンサートは1980年代の後半まで行われた。 からまで7月24日の誕生日に東京のEAST野外ステージで行われたバースデイライブなどが行われ、EASTライブは6回全てが映像ソフト化されている。 父親は大のであったが、1985年3月25日に神奈川県民ホールで行われたのファン感謝デーにゲストとして出演した。 イベントでは自身の持ち歌2曲と、選手とのデュエットコーナーで「もしかしてPART2」をと共に披露した。 この時期のチーフプロデューサーは芸映の香川洋三郎。 アイドル以外の仕事へ [ ] 発表のアルバム「デイドリーム・コースト」では録音から制作に参加、それを契機に音楽の制作面にも関与する。 、ベストアルバム「NAOKO 22」のボーナストラックという形で自作曲を発表、コンサートでも次第に自作曲の割合が増え、には初の全作曲オリジナルアルバム「スカーレット」を発表。 4月のの交通安全キャンペーン「」のキャンペーンソングの歌詞募集の選考し、その詩に自ら作曲した『やさしさの贈り物 』を「かたつむり大作戦」の会場から歌唱した。 またこの時期はやにも積極的に出演した。 1985年のアニメ映画『』では主題歌と共にとして出演。 には、ミュージカル『THE LOVER in ME 〜恋人が幽霊』に出演し、同作品では作曲も担当した。 テレビドラマでは、『』、『ママじゃないってば! 』に出演。 にで行われた「」で、メインパビリオンであるスカイマックス未来館の館内環境音楽を担当した。 1989年からには、ザ・ジェントル・ウインド名義のセッションアルバム「Tears of Nature」、「Gentle Voice」で全作曲を担当すると共に、奏者兼バックグランドとして参加し、らと共演したこともあった。 日本作曲家協会に所属していた。 芸能活動停止・長期休業 [ ] 、にてとのを発表。 同年に結婚。 翌の第一子出産を契機に芸能活動を停止する。 6月、芸映プロ公式ウェブサイトの所属タレント一覧から項目が削除されたが、このとき芸能事務所から所属に関する発表はされなかった。 4月26日、限定で自作ピアノ作品集「nahoko 音 」を発表した。 同年には化もなされ、同時に公式ウェブサイトが開設された。 付ののブログに6年ぶりに再会した記事が写真付きで掲載された。 放送のにおいて既に芸映に所属していない事が報じられた。 4月、楽曲提供したのCMが関西地区で放映された。 2010年発売の発行の雑誌「」2010年11月9・16日号で「独占取材」という形で、オーストラリアでの近況についての記事が掲載された。 この中で自身の現在のことと将来のことに関して「今は専業主婦がメインだが、音楽活動が出来ることになれば皆さんの前できちんとご挨拶できたら良いです」という旨のコメントを寄せている。 、かつての所属事務所・芸映の先輩歌手で、河合が芸能界デビューのきっかけともなった西城秀樹が63歳で逝去。 河合は現在在住先の豪州から「余りにもショック過ぎて、言葉が出ません。 秀樹さんにただただ、多くの感謝の気持ちをお伝えしたい想いで一杯です」と、久々に公の場で追悼のコメントを発表した。 エピソード [ ] この節はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2010年8月) 特徴 [ ]• デビューの年の秋に開かれたファーストコンサートでは、直前まで不安定さが懸念されたものの、本番では歌踊り共に無難にこなした。 デビュー当初からライブや歌番組、特に賞番組に於いて感情を表に出して歌えなくなることはほとんどなかった。 この点に関して本人は「泣くと歌が歌えなくなるから」と答えている。 デビュー後しばらくの間、仕事以外では全く化粧をしなかった。 アイドル時代、少なくとも首都圏での仕事や全国向けテレビ・ラジオ放送においては、を使わなかった。 ただし、関西の生活文化の話題は普通にしており、1980年当時、において「大阪の実家では節分にはその年の方角(吉方位)を向いて巻き寿司を食べる習慣がある()」と発言している。 近視で芸能活動以外はほぼ眼鏡をかけていた。 その他 [ ]• デビュー間もないころの『』1980年44月号p. 315のインタビューで「太ってるから水着は本当に恥ずかしい」と話しているが、デビュー当時から河合を撮り続けた写真家の黒坂了司によれば、「水着撮影を嫌がったり、胸を気にすることはなかった」とのこと。 元ののが、高校時代から河合の強烈なファンであった。 しかし斎藤はなかなかサインを手に入れることができず、日本橋三越のサイン会でようやく入手したという。 テレビや雑誌等で好きな食べ物を聞かれると「お好み焼きとたこ焼き」と答えていた。 小学生の頃の夢はさんになる事だった。 タイムカプセル用にテープへの録音も行われ「近所の小さい子がお姉ちゃんと慕ってくれるのが嬉しい。 だから保母さんになりたい。 」と将来の夢を語っていた。 所属(当時)のは彼女のファンで、河合奈保子の肖像画(油絵)を中学一年の時に描いて学校で金賞を獲った。 芸映友の会ファンクラブ発表のテレフォンガイドでは1982年夏のツアースケジュールなど、本人がアナウンスした回があった。 2016年9月17日に行われたトリビュートイベント「〜再会の夏〜 奈保子ファンミーティング in SARAVAH東京」ではバックコーラスを務めたMILKの元メンバーも参加していた。 写真集「Scarlet」には彼女自身が撮影した写真を何枚か採用している。 デビュー前は左右の八重歯があったが、デビューに際して左は抜歯し、右だけを残した。 音楽 [ ] 概要 [ ] 河合の音楽面でのトータルプロデュースは1986年〜1988年まではが、1989年〜1992年迄はがそれぞれ務めた。 1993年発表のアルバム『engagement』ではと河合奈保子の共同プロデュースとなっている。 また、1985年から1988年まで宮島律子とM Rie(宮島理絵)のユニットMILKがバックコーラスを務めたことがあった。 シングルは1980年から1994年までの間に36枚が発売された。 非売品ではあるが1986年3月に「《農協共済の歌》しあわせの輪をひろげよう」というシングルもリリースしている。 アルバムは1980年から1993年までに、オリジナル盤はミニアルバム1枚を含む計19作品、ライブ盤は4作品発売された。 またベスト盤は2007年までに16作品とCD-BOX3作品がそれぞれ発売された。 この他にとのデュエット盤が1作品発売されている。 『』には1981年から1986年まで、6回連続で出場していた。 10位 13th 全作曲:河合奈保子 4位 14th 7位 15th 15位 16th 66位 17th 66位 18th 10曲中5曲の作詞作曲:河合奈保子、プロデュースも河合本人。 - roots maker records 19th 全作曲 ピアノ作品集 限定。 「」から「」までの全シングルA面曲と、アルバムから3曲(ハリケーン・キッド、LOVE、別世界)の全12曲を収録。 「」、「大きな森の小さなお家」、「」はAlbum Version、「」はSingle Versionで収録。 7位 4th のみのリリース。 『プリズム』とは構成が異なる。 - 5th カセットテープのみのリリース。 企画・構成:による春の旅のイメージを奈保子の歌とナレーションで綴ったもので、・えつこ兄妹による新録2曲が収録されている。 新録2曲のほか、発表済みのシングル曲とアルバム収録曲を合わせ9曲で構成されている。 カセット本体は通常のカセットケースの2倍サイズの化粧箱に収められ、16ページの写真集も付属した。 なお、化粧箱内のカセット位置決め用スポンジは30年以上を経た現在では劣化が進み、粉状に崩れてしまうので開封時は注意が必要である。 7位 6th 2枚組ベスト。 初のオリジナル自作曲「夢かさねて」収録。 7th CDのみのリリース。 - 17th 1980〜86年迄のA面曲からセレクトしたベストアルバム - 209位 日本コロムビア 18th 2枚組ベストアルバム 河合奈保子単独名義の全シングルA面曲と、デュエットで発売したシングルA面曲も収録。 レコードジャケットのレプリカ付属している。 141位 21st 2枚組ベストアルバム ファン投票による選曲のベストアルバムで、Disc 1はシングルA面の上位曲、Disc 2はB面およびアルバムからの上位曲を収録。 Lady Naoko in Concert BEST ALBUM(1982年11月21日)- BRILLIANTの短縮廉価版• Daydream Coast(1984年8月28日)- イメージビデオ• STARDUST GARDEN 〜千・年・庭・園〜(1985年3月21日)- イメージビデオ• Scarlet(1986年12月10日)- イメージビデオ• アース・アーク・芸映フェスティバル 武道館が燃えた! (1987年1月25日)- 当時の芸映プロ及び系列事務所所属タレント総出演のチャリティーイベントライブ• NAOKO THANKSGIVING PARTY(1988年11月21日)- EAST'88FINAL、LDのみ• THE LOVER in ME 〜 ALONE AGAIN(1992年2月21日)- 同名ミュージカルのライブ• Pure Moments 〜 NAOKO KAWAI DVD COLLECTION(2002年3月30日)- 映像ソフト総集編• 河合奈保子プレミアムコレクション~NHK紅白歌合戦&レッツゴーヤングetc. ~ 2017年8月30日 - 初のレッツゴーヤング映像化作品 タイアップ曲 [ ] 楽曲 タイアップ 収録作品 エスカレーション 映画『』挿入歌 シングル「」 MANHATTAN JOKE 東宝洋画系映画『』主題歌 シングル「」 君は綺麗なままで 『』CMソング シングル「」 十六夜物語 系『』エンディングテーマ シングル「」 やさしさの贈りもの ・交通安全キャンペーン『』キャンペーンソング シングル「」 Harbour Light Memories イメージソング シングル「」 系『 西村京太郎トラベルミステリー・美人OL探偵と窓際刑事』エンディングテーマ 悲しみのアニバァサリー 〜Come again〜 ミュージカル『THE LOVER in ME 恋人が幽霊』劇中歌 シングル「」 美・来 『BEAUTY CLINIC』イメージソング シングル「」 眠る、眠る、眠る テレビ朝日系『』エンディングテーマ シングル「」 霧情 系『』エンディングテーマ Golden sunshine day 製作・系『』エンディングテーマ シングル「」 ちょっとだけ秘密 TVCM テーマソング シングル「」 エンゲージ テレビ東京系ドラマ『サスペンス劇場』オープニングテーマ シングル「」 夢の跡から シングル「」 楽曲提供 [ ]• 「Motion Poet」作詞:ミッキー吉野 作曲:河合奈保子 編曲:ミッキー吉野 参加作品 [ ]• Tears of Nature(1989年10月1日)- the Gentle Wind名義、全作曲、Key・バックボーカル参加• Gentle Voice(1990年11月21日)- the Gentle Wind名義、全作曲、Key・バックボーカル参加• THE LOVER in ME 〜First Christmas(1990年12月8日)- 同名ミュージカル使用曲から成るアルバム• 雨のてん・てん(1985年6月)-• エトワール幼稚園 園歌(1994年)作詞: 作曲: 出演 [ ] ラジオ [ ]• ハンドインハンドミッドナイトパーティ・(1980年10月2日 - 1981年4月2日、)- 初期は、後にスカイと共演• (1981年3月7日 -、 )- と共演 全国ネットでは初の冠ラジオ番組。 ランナウェイ サウンドレポート(1981年4月6日 - 1982年4月30日、)- 初期は、後にアナと共演。 二郎と奈保子のハイ! 歌謡曲(1983年、TBSラジオ)- TBS・アナと共演• ウキウキサンデー奈保子でスタート(1983年10月9日 - 1985年3月31日、)• 奈保子におまかせ・フレンドシップ(1984年、綜合放送(30分枠地方民放局向け番組))- 高知・山形・中部日本・山陽・中国放送• 奈保子のひとりごと(1984年、)• (1984年7月3日 - 1989年、毎週火曜日、毎日放送)- 、長井展光アナと共演。 番組構成上、リスナーからの投稿が重要な位置を占めており、投稿ハガキ採用者にはヤングタウングッズがプレゼントされた。 (1985年5月26日 - 1986年4月6日、文化放送)- と共演。 河合が隊長、吉が副隊長という位置づけであった。 ミュージック倶楽部・奈保子の少しだけハイヒール(1985年10月7日 - 1988年9月26日、)• 奈保子のいい朝してますか(1986年4月13日 - 1987年4月5日、文化放送)• 河合奈保子のスーパーギャング(1986年8月1日、TBSラジオ)• ・奈保子のときめきトワイライト(1986年10月6日 - 1990年4月8日、帯番組、TBSラジオ) 平日は10分、日曜日放送分はSunday Partyと称され30分番組であった。 大阪レジスタンス「公開らくごラマ」 昭和63年度日本民間放送連盟賞ラジオ娯楽部門最優秀賞受賞作品。 ミッド・ナイト・マガジン(1987年5月22日・7月20 - 24日、TBSラジオ) 1987年5月18日から22日までは特大号として当時のトップアイドルたちが日替わりで出演した。 テレビ [ ] レギュラー出演 [ ]• 1984年• 「走れ青春42. 195キロ 涙と汗のマラソン野郎」(4月11日、開局20年記念特別企画)• 1986年• 「指のほくろ」(11月16日、TBS系東芝日曜劇場)• 1987年• 「ラストゴングが鳴るまで」(6月6日 - 27日、全4回、NHKドラマ人間模様)• 1988年• 「」(7月19日、テレビ朝日系火曜スーパーワイド)- 八木明日美 役• 1989年• 「」(4月18日、テレビ朝日系火曜スーパーワイド)• 「」(11月18日、テレビ朝日系土曜ワイド劇場)- 双ヶ丘麻友子(ならびがおかまゆこ)役• 「」(12月26日、テレビ朝日系火曜スーパーワイド)• 1990年• 「」(6月26日、テレビ朝日系火曜ミステリー劇場)- 永山桃子 役• 「」(11月22日 - 12月6日、全3回、テレビ朝日系)• 1991年• 「」(5月25日、テレビ朝日系土曜ワイド劇場)- 郡アヤ子 役• 「」(9月12日、日本テレビ系木曜ゴールデンドラマ)• 「」(9月24日、テレビ朝日系火曜ミステリー劇場)- 井岡あや子 役• 「」(10月16日 - 1992年3月25日、全23回、テレビ朝日系)- 風見愛子 警部補 役• 1992年• 「」(1月3日、テレビ朝日系新春大型5時間時代劇スペシャル)- 役• 「時代劇特別企画・忠治旅日記」(2月24日、TBS系)- お直 役• 「」(3月26日、テレビ朝日系時代劇スペシャル)• 「 」(5月4日、フジテレビ系旅情サスペンス)• 「」(10月14日 - 1993年3月31日、全23回、テレビ朝日系)- 風見愛子 警部補 役• 「」(11月8日、フジテレビ系花王ファミリースペシャル)• 1993年• 「」(7月13・20・8月3日、全3回、テレビ朝日系結婚・私が好きですか)• 「 5 結婚前に清算すべきこと」(7月31日、テレビ東京系映画みたいな恋したい)• 1994年• 「 」(1月5日 - 2月18日、全33回、TBS系花王愛の劇場)- 帯ドラマ初出演にして連続ドラマ初主演の作品• 「」(4月8日 - 7月15日、全15回、NHK金曜時代劇)- 途中よりサブレギュラー• 「」(5月1日、TBS系ドラマBOX)• 「 和歌山風清の焼きおにぎり! 」(7月3日、フジテレビ系花王ファミリースペシャル)• 1995年• 「サスペンス 死の誕生パーティー」(3月20日、TBS系月曜ドラマスペシャル)• 「」(10月17日 - 1996年3月5日、全16回、日本テレビ系)- 小夏 役 連続ドラマゲスト [ ]• 「38話:裁きは終わりぬ」(1991年7月28日、テレビ朝日系)• 「 第19話:悪が群がるカステイラ・長崎」(1993年9月20日、TBS系)- お糸 役• 「(第3シリーズ)18話:奇妙な新婚旅行!? ・19話:長崎空港の謎の女」(1994年8月11・18日、TBS系)• 「HOTEL(第4シリーズ)16話:謎の天才料理人!? ・17話:超鉄人! 料理対決」(1995年7月27日・8月3日、TBS系) アニメ映画 [ ]• 「」(1985年7月13日、)- ロゼッタ 役 ミュージカル [ ]• 「THE LOVER in ME 〜恋人が幽霊」(1989年10 - 11月)• 「THE LOVER in ME 〜ファースト・クリスマス」(1990年12月 - 1991年1月)• 「THE LOVER in ME 〜 ALONE AGAIN」(1991年12月)• 「ヤマトタケル」(1994年・1996年、イマジンミュージカル) バラエティー番組 [ ]• CM [ ]• 第一回ヒデキの妹オーディションの後援企業。 CM出演は同オーディションの副賞でもあった。 - 当初はと共演、後に単独出演• デザート(プリン、ゼリエース、フルーチェ合同)• プリン• レンジグルメ• 花さぬき - 単独出演、と共演• 鶏そぼろご飯• むぎ茶 - 単独出演、子役時代のと共演• とんがりコーンCMソング 君は綺麗なままで(NAO&NOBU名義)• ・ 当時日本コロムビアの親会社であったため出演• 家具調こたつ• 電気暖房器具総合カタログ「あたたかさは、美。 からまん棒(洗濯機)• ゴミパック(掃除機)• (シャンプー)• 中一時代(学年別雑誌)• 建更まもり5型(共済積立保険)• コロナ• コロナホームIII(24時間給湯システム)• (2010年) インストゥルメンタル曲が使用されており、画面右下に「河合奈保子」とクレジット表記されている。 本人の出演は無し。 書籍 [ ] 写真集 [ ]• 別冊近代映画 河合奈保子特集号(1981年1月15日発行、近代映画社)• そよ風のメッセージ(1981年6月26日発行、)• KAWAI奈保子フォトメッセージ(1981年8月5日初版、近代映画社)• ときめきのメッセージ(1981年10月15日初版、ワニブックス)• ほほえみステップ(1982年3月27日発行、音楽専科社)• 別冊近代映画 河合奈保子スペシャルPART3(1982年7月1日発行、近代映画社)• さまーひろいん(1982年8月1日初版、ワニブックス)• チェリーピンクのプチハート(1983年2月23日発行、音楽専科社)• NAOKO IN BANGKOK 河合奈保子写真集PART4(1983年4月5日初版、近代映画社)• 素敵な時間(1983年10月20日初版、ワニブックス)• らすと・ぷれりゅうど(1984年1月20日発行、音楽専科社)• NAOKO IN AUSTRALIA 河合奈保子写真集PART5(1984年4月15日初版、近代映画社)• NAOKO 5TH ANNIVERSARY(1984年10月25日初版、ワニブックス)• LOVELY SUMMER(1985年7月6日発行、音楽専科社)• 奈保子 河合奈保子写真集PART6(1985年7月15日初版、近代映画社)• NAOKO TRANS AMERICA 河合奈保子写真集PART7(1986年1月15日初版、近代映画社)• Sunshine Venus(1986年3月25日発行、音楽専科社)• 別冊スコラ(36)河合奈保子写真集 スカーレット(1986年12月25日初版、スコラ)• Treffen(1987年12月25日初版、ワニブックス)• 月刊平凡 GOLDEN BEST!! Vol. 1 河合奈保子写真集 再会の夏(2016年8月31日初版 マガジンハウス) エッセイ他 [ ]• 夢・17歳・愛 心をこめて奈保子より(1981年3月1日初版、ワニブックス)• アイドル百科3 河合奈保子(1982年12月20日初版、勁文社)• わたぼうし翔んだ 奈保子の闘病スケッチ(1983年5月20日初版、ワニブックス)- 1981年の転落事故の療養記• 大人の始発駅 過ぎ去る愛を言葉に(1984年6月10日初版、ワニブックス) 関連書籍 [ ]• 理想の声に近づく本-大本式ヴォイス・トレーニング(著、1988年3月20日初版、シンコーミュージック) 実績の一例として、ボイストレーナーから見た河合奈保子の初期の軌跡に言及。 オーディション選考経緯、歌手デビュー前のトレーニング、ファーストコンサート、転落事故復帰に関する所感、等々。 (全4巻、1985 - 1987年初版、中西裕著、ジェッツコミックス) 1980年代アイドルパロディコミック。 受賞歴 [ ]• 1980年• 第7回ABC歌謡新人グランプリ 審査員奨励賞(10月2日、(放送10月10日))- ヤング・ボーイ• 第10回 熱演賞(10月9日)- ヤング・ボーイ• 第13回 銀賞(10月16日)- ヤング・ボーイ• 第7回横浜音楽祭 新人賞(10月22日)• 第6回あなたが選ぶ 優秀新人賞(11月11日)- ヤング・ボーイ• 新人賞(11月26日ノミネート)- ヤング・ボーイ• 第7回 優秀新人賞(12月2日ノミネート)- ヤング・ボーイ• 1981年• 第18回 グラフ賞(2月16日、放送2月21日)• 第7回 金の鳩賞(8月20日)- スマイル・フォー・ミー• ゴールデン・アイドル賞(11月25日ノミネート)- スマイル・フォー・ミー• 1982年• 金賞(11月24日ノミネート)- けんかをやめて• 第9回FNS歌謡祭 優秀歌謡音楽賞(12月7日ノミネート)- けんかをやめて• 1983年• 第2回 ポップス部門入賞(7月1日)• 金賞(11月23日ノミネート)- エスカレーション• 第10回FNS歌謡祭 優秀歌謡音楽賞(12月6日ノミネート)- UNバランス• 第9回あなたが選ぶ全日本歌謡音楽祭 最優秀アイドル賞(10月25日)- UNバランス• 1984年• 第10回日本テレビ音楽祭 日本テレビ特別賞(9月6日)• 第11回横浜音楽祭 音楽祭賞(10月17日)• 第15回 放送音楽プロデューサー連盟賞(11月20日)- 唇のプライバシー• 金賞 - 唇のプライバシー、優秀アルバム賞(11月28日ノミネート)デイドリーム・コースト• 第10回あなたが選ぶ全日本歌謡音楽祭 最優秀歌唱賞(10月30日)- 唇のプライバシー• 第11回FNS歌謡祭 優秀歌謡音楽賞(12月4日ノミネート)- 唇のプライバシー• 1985年• 第12回横浜音楽祭 音楽祭賞(11月8日)• 第11回あなたが選ぶ全日本歌謡音楽祭 審査員奨励賞(11月12日)- ラベンダーリップス• 金賞(11月20日ノミネート)- デビュー• 1986年• 第13回横浜音楽祭 音楽祭賞(11月7日)• 1987年• 第7回 優秀作曲者賞(10月)- 十六夜物語• 第9回プラハ国際音楽祭 最優秀歌唱賞・3位入賞・書記長賞(10月26日)- 十六夜物語• 1990年• 第27回ゴールデン・アロー賞 演劇新人賞・最優秀新人賞(2月26日、放送3月11日)- THE LOVER in ME 恋人が幽霊 脚注 [ ] []• (2002年(平成14年)10月から2010年(平成22年)9月までの社名はコロムビアミュージックエンタテインメント)• - 2013年9月26日、日刊スポーツ• ただし、2017年現在のkahoは「今は音楽活動よりも学業を最優先して欲しい」という実母・河合の強い希望も有り、主立った歌手活動は停止中の状況である。 - 2015年10月24日 livedoor NEWS• 『わたぼうし翔んだ 奈保子の闘病スケッチ(ワニブックス刊 1983年)』• 「音楽専科増刊 河合奈保子 そよ風のメッセージ」p. ファンクラブ会報のスケジュール表より。 GQ 2018年9月10日• 1988年発売の『悲しい人』のB面に収録• この際に在住であることもテレビでは初めて報じられた。 ZAKZAK 2018年5月19日記事• 『理想の声に近づく本』(大本恭敬著 シンコーミュージック刊 1988年)• 「アサヒ芸能」(徳間書店)2013年8月8日号• 1990. プロ野球大事典. 231. 「」1981年6月9日号p. 50-53• 「音楽専科増刊 河合奈保子 そよ風のメッセージ」p. 『アイドルコミックス・実録まんが岡田有希子』 1984年• 「音楽専科増刊 河合奈保子 そよ風のメッセージ」p. 10 関連項目 [ ]• - 河合のコンサートのバックコーラスを務めた「マキシム」による河合奈保子シングルメドレーをオリジナルで発表したもの。 1981年10月発売。 - 同じ年にデビューした歌手 外部リンク [ ]• - 本人のオフィシャルサイト• - 日本コロムビア内のサイト.

次の

『秀樹の妹』河合奈保子「ただただ感謝」…96年結婚、豪在住/芸能/デイリースポーツ online

河合奈保子 妹

歌手・西城秀樹=本名・木本龍雄=さんが16日に急性心不全のため亡くなった。 63歳。 秀樹さんに、ただただ、多くの感謝の気持ちをお伝えしたい想いでいっぱいです」と追悼のコメントを寄せた。 河合は、当時西城さんが所属していた芸能プロダクション「芸映」が主催した「HIDEKIの弟・妹募集!!全国縦断新人歌手オーディション」で優勝し、芸能界デビューした。 81年の「スマイル・フォー・ミー」でNHK紅白に初出場。 82年の「けんかをやめて」が代表曲となった。 大きな瞳に八重歯の愛くるしい笑顔で清純派アイドルとして人気を集め、グラマラスボディーでグラビアにも進出した。 1996年2月にヘアメークアーティストのKさんと結婚。 95年9月、自身が出演したCMでKさんがメークを担当したのがきっかけで、交際わずか5カ月でのゴールインだった。 96年2月1日にはKさんとツーショットで結婚会見を開き、「お会いした瞬間に今までにない光がチラッと…。 Kさんについて、「人を思いやる心、家族に対しても深い愛情を持ってらっしゃる」と幸せいっぱいに語った。 心からおめでとうと言いたい」と結婚を祝福していた。 結婚を機にオーストラリアに移住し、2児の母。 芸能活動は休業状態となっている。 13年に歌手デビューしたkahoは娘。 引用元:.

次の