殿 利息 で ござる キャスト。 殿、利息でござる! : 作品情報

殿、利息でござる!|映画のキャスト出演者情報や原作をご紹介!

殿 利息 で ござる キャスト

『殿、利息でござる!』は 2016年に公開された、日本映画です。 『國恩記(こくおんき)』という古文書に残されたお話を基にして書かれた評伝、 『穀田屋十三郎』(磯田道史著『無私の日本人』に収められた一編)が、原作です。 脚本は、監督の中村義洋と鈴木謙一が、共同執筆しました。 江戸中期の仙台藩を舞台に、小さな宿場町で暮らす人々を中心として描かれた、笑って泣ける情味豊かな物語です。 造り酒屋の穀田屋さん(阿部サダヲ) 穀田屋十三郎(こくだや じゅうざぶろう)さん。 映画の序盤、藩のお代官に 訴状を突き付けようとしました。 居合わせた菅原屋さんの機転で、なんとかその場は収まります。 が、お代官や肝煎の剣幕から察するに、事態は相当ヒリヒリしておりましたね。 菅原屋さんから「死ぬつもりですか?」と問われるのですが・・・。 穀田屋さんを見ていると、 目は口ほどに物を言うという成句を思い浮かべてしまいます。 「伝馬」をなんとか出来ないか。 菅原屋さんの知恵を借りようとする時の、十三郎さんの 目の輝きと言ったら・・・! まるで、小さな子供が目をキラキラさせているかのようなのです。 その後、その目は何度も輝きを失い、そしてまた、何度でもキラキラと輝きます。 十三郎さんには、事情がありました。 葛藤や誤解の おおもとでもあった 冥加訓。 『殿、利息でござる!』の、重要なキーワードのひとつだと思います。 宿場のためになることを 誠心誠意話せば、きっと分かっていただけるはずと、心を尽くす十三郎さん。 阿部サダヲさんの、抑えた演技が絶妙でした。 茶師の菅原屋さん(瑛太) 菅原屋篤平治(すがわらや とくへいじ)さん。 「町一番の知恵者、切れ者、ご意見番、などと言われております」と、 京から迎えたばかりのお嫁さんに自称します。 うぬぼれ屋さんなのかと思いきや・・・。 風のように自由な気性の、頭脳派。 私は、老若男女このタイプにめっぽう弱いので・・・。 菅原屋さんには、ついつい注目してしまいました。 あの手この手で策を練りますが、意外にも 意に沿わない状況にハマったりもするのです。 (お嫁さんの) なつさんとのコミュニケーションも、実に微笑ましくて。 好きだなあ。 頭脳派ですが 熱血漢でもある、菅原屋さん。 瑛太さんの持ち味も光る、熱演でした。 造り酒屋でもあり質屋でもある、浅野屋さん(妻夫木聡) 浅野屋甚内(あさのや じんない)さん。 穏やかな口調で、貸した金を利息共々むしり取る、守銭奴と陰口されている人です。 浅野屋さんは、吉岡宿の人たちから「ケチ、しみったれ、守銭奴」と呼ばれていることを知っていました。 親子二代の金貸しで、お父さんの言葉をしっかりと受け継いでいる、二代目の甚内さん。 浅野屋さんのことを思うと泣けてきます。 妻夫木聡さんが、巧妙すぎる演技で魅せてくれました。 肝煎(寺脇康文) 遠藤幾右衛門(えんどう いくえもん)さん。 肝煎(きもいり)とは、いわゆる庄屋さん。 村民を代表する村役人のことですが、お上からのお触れを民に徹底させたり、伝馬役や年貢の取り立てなど、お上の業務の下請けも担っていました。 十三郎さんも「あの男こそ、お上の手先」と敬遠していたのですが・・・。 肝煎の奥様も素敵な人でした。 ユーモラスであったかい肝煎を、寺脇康文さんが好演しました。 大肝煎(千葉雄大) 千坂仲内(ちさか ちゅうない)さん。 村を代表するのが 肝煎ならば、その上の、約40ほどの村々を束ねるのが、 大肝煎(おお きもいり)と呼ばれる村役人です。 お百姓さんの中で、最もお上に近い存在でした。 肝煎は「お上に ご注進でもされたら、首が飛ばされるぞ」と、ひとまず思い止まるよう提案します。 「ならば、なんとしてでも説き伏せねば」 覚悟を決めた十三郎さん。 肝煎も大肝煎も、今でいう 中間管理職だと思うのです。 もしかしたら、もっとキビシイ立場かも知れません。 大肝煎にも、名場面がたくさんありました。 菅原屋さんから ある言葉を突き付けられる場面や、嘆願にまつわるあの場面この場面。 千葉雄大さん。 とても素晴らしい演技でした。 相役のお代官、橋本さま(堀部圭亮) 橋本権右衛門(はしもと ごんえもん)さま。 相役(あいやく)とは、一人でできる役職を二人以上が担当すること。 つまりこの時代、武士が余っていたのでした。 意を決した大肝煎は、みんなで相談した上でまとめ上げた 嘆願書をたずさえて、代官所へ出かけます。 序盤で、十三郎さんが直訴しようとした、あのお代官。 嘆願書に目を通し、真剣な面持ちの大肝煎を見て、「相役の橋本どのに相談せい」と、まさかの丸投げです。 お代官とはいえ、言葉を選ばすぶっちゃけるなら、藩の中では、しょせん下っ端。 板挟みの苦しい立場なのは、わからないでもありません。 うーん。 やりきれない。 相役の橋本さまがいる代官所は、とても遠かった。 嘆願書に目を通し、大肝煎に「面を上げられよ」と、声を掛ける橋本さま。 「さてさて。 これは古今、聞いたことがない願いじゃ。 だが、私が必ず、上へ取り計らおう」 と、請け合ってくれるのですが・・・。 世の中は、トントン拍子には行きません。 二転三転、紆余曲折。 いろんな事が起こります。 橋本さまの数ある名台詞を、ひとつ。 「なんということか。 これは放ってはおけぬ。 よし、嘆願を書き直そう」 そして、萱場さまに直談判するのです。 なんと気持ちのいい人でしょう。 藩の行く末、民の行く末を案じるお代官、堀部圭亮さんの力演が光ります。 出入司の萱場さま(松田龍平) 出入司(しゅつにゅう つかさ)とは、藩の財政を司る役職ですが、時には奉行衆以上の権限を与えられており、その権力は絶大でありました。 萱場杢(かやば もく)。 切れ者なのですが、血も涙もないイヤな人です。 心持ちの悪~い、イヤ~なキャラクターを、感じ悪く演じるのって、実に難しい事だと思うんです。 これでもか、と無理難題を押し付ける、悔しくて腹立たしい萱場杢を演じきった、松田龍平さん。 最高でした。 お殿様(羽生結弦) 仙台藩七代藩主、伊達陸奥守重村(だて むつのかみ しげむら)さま。 言うまでもなく、藩内で一番偉いお方です。 夢物語をした翌年、同志が集まりはじめた明和四年(1767年)。 その年、お殿様は25才。 「 従四位上・左近衛権中将という官位が、どうしても欲しかった」と劇中ナレーションがありました。 行政のトップである奉行衆たちが、頭を悩ませているシーンが続きます。 他藩への対抗意識から生ずる、江戸の老中への付け届け。 ご機嫌取りのお手伝い。 仙台藩の財政は、火の車だったようです。 吉岡宿の人たちを苦しめている伝馬役。 悪いのは仙台藩にも見えますが、仙台藩だけが悪い訳ではありません。 世の中の仕組みが悪いのです。 江戸幕府が悪いようにも感じますが、幕藩体制が崩壊した現代でも、よく分からない仕組みは存在しています。 室町時代のあと、戦乱の世を経て、戦のない泰平の世でもあった江戸時代。 その辺りの矛盾が、なんだか悔しくもあり、やりきれない気持ちが悩ましい、この作品。 若くして藩主になった、伊達のお殿様も、もしかしたら葛藤を・・・、なんて深読みしてしまいます。 そんなお殿様を、見事に演じた羽生選手は、やっぱりすごい。 先代の浅野屋さん(山崎努) これから『殿、利息でござる!』をご覧になるなら、浅野屋さんの事は秘密にしますね。 さすが、山崎努さん。 迫真の名演技でした。 浅野屋きよさんを演じた、草笛光子さんも、とても素晴らしかったです。 仙台藩でのお話ですが、きっと他にもあるのでは!? あったらいいな、と心から思いました。

次の

羽生結弦のNGシーンも解禁!阿部サダヲ&瑛太は撮影秘話を語る 映画『殿、利息でござる!』公開直前トークイベント

殿 利息 で ござる キャスト

監督は「白雪姫殺人事件」や「予告犯」などの中村義洋氏、原作は「武士の家計簿」で知られている歴史家・磯田道史氏の「無私の日本人」に収録されている作品【穀田屋十三郎】を映画化したものです。 舞台となるのは江戸中期の仙台藩、その7代藩主『伊達重村』役は、仙台出身のフィギアスケーター・羽生結弦さんが演じます。 この映画は町の存続のためとはいえ、お上に銭を貸し付けて利息をまんまとかすめ取ることがテーマなのですがそれはいかなるやり方なのでしょうか。 なんだか面白そうですね。 今回の記事は、 スポンサードリンク 【殿、利息でござる!】のあらすじと感想 思いつき 1766年 明和3 京都から嫁を連れて帰ってきた茶師の菅原屋篤平治は我が町・吉岡宿の相変わらずの貧乏ぶりに心を痛めていました。 貧乏の一番の原因は吉岡宿がお上の物資を宿場から宿場へ運ぶ「伝馬役」と言うお役目を負っていたからです。 「伝馬役」てま使う馬を調達したり馬の飼い葉経やにんく代、その他の費はすべて住人たちの自腹だったのでそれは大変な負担でした。 そのために夜逃げする人が絶えず、人が減ればその分の負担は増すという負のスパイラルが出来ていたのでした。 それは、造り酒屋の穀田屋十三郎も同じで、なんとかならないものかと思い悩んでいました。 二人が煮売り屋のときの店で飲んでいるときに 菅原屋がふと思いついたことを言いました。 「銭をお上に貸してその利息を頂戴すればどうだろうか」 その内訳は、今、なぜだかお上は金に困っています。 そこでひとり5百貫、10人で5000貫つまり1000両 現在の貨幣価値にすると3億円 を集めてお上に貸して、利息として毎年1割の100両を貰い、それを伝馬役と費用に充てるというものです。 しかも、これは投資ではなく寄付なので誰も徳はしないというオマケまであるのです。 ただの思いつきで本気で言ったわけではなかったこのアイデアが、あっという間に吉岡宿中に広がり今や公然の秘密となってしまいました。 千両 やがて発案から3年がたち、吉岡宿の人びとは家財道具や着物などを売り払い、節約に節約を重ね、やっと5000貫に大金を作りました。 町の顔役の肝煎から大肝煎を経て代官の橋本権右衛門にお上への訴状をお願いに上がりました。 なぜこんなに銭の価値が下がってしまったのかというと、それは仙台潘の殿様の伊達重村が島津潘への対抗意識から、官位を欲しがったためでした。 官位を賜るためには莫大なお金がいるのです。 そのため潘の役人たちは金策に奔走していました。。 そしてついには、自分達て銭を鋳造することを思いついたの。 そのせいで銭の価値がさかり800貫も余分に出すハメになったのです。 金策 800貫と言えば現在の4800万円にあたります。 もう全て出し尽くした吉岡宿の人びとには無理な金額です。 万策尽きたところへ、金貸しと造り酒屋を営む浅野屋甚内から自分がもう500貫出すという申し出がありました。 しかし、既に1500貫も出した浅野屋にこれ以上は店を潰すことになってしまいす。 ありがたい申し出ではありますが、断りに行くと浅野屋任内はそこで、初めて父の教えを語ったのです。 (実は浅野屋甚内は穀田屋十三郎の弟でした。 浅野屋の長男である十三郎は穀田屋へ養子に出され、次男の甚内が跡継ぎとなったのです) 先代の浅野屋甚内の教えとは「冥加訓(みょうがくん)」と言う、中国からきた儒教の流れをくむ陽明学からの教えで、 『善を行えば天道にかない神仏の助けがあり、悪を行えば天に見放されて罰が与えられる』 というものです。 先代の浅野屋はケチとかしみったれ、守銭奴などと言われていましたが、利子を取り立てるのは金を持っている者からで、貧乏人からは踏み倒されても請求しなっかたのです。 そしてなんと先代は、菅原屋たちの『お上に銭を貸す』という発案よりも40年以上前から、同じことを考えていて一人でコツコツと銭を貯めていたのです。 浅野屋甚内は、先代が亡くなるときにこのことを告げられて、しかもこれらのことはすべて世間には秘密にし、いつか満願かなう時まで続けるようにと言う遺言でした。 それは『つつしみの掟』として代々受け継がれています。 今こそ先代の願いを果たす時だと思い、店を潰す覚悟もあると言いました。 ここまでの覚悟を見せられては断るすべはありません。 500貫はありがたく頂戴することになりました。 また穀田屋十三郎が昔から疑問に思っていた、長男の自分が養子に出され、次男の甚内が跡継ぎとなった訳も知りました。 甚内は目がすごく悪かったのです。 それこそ夜は目が見えないくらいに。 「こんな者を養子には出すことはできない」 先代、浅野屋甚内の心を鬼にした決断に泣かされた十三郎でした。 【つつしみの掟】 一、喧嘩、口論は相つつしむ 一、こたびの嘆願について、口外することをつつしむ 一、神社仏閣へ寄進し折も、その名を出すことを、つつしむ 一、往来を歩く際は、礼を失することにならぬよう、これをつつしむ 一、振る舞いなどの寄合では、上座に座らず、末席にて、つつしむ 大願成就した暁には尚もつつしみ、 かつ子々孫々に至るまで固く守らせ、 これをつつしむ 利息でござる 吉岡宿からの千両は滞りなく納められ、褒美の金を賜ることになりました。 しかしその場に浅野屋甚内はいませんでした。 出入司の萱場杢になぜ朝野屋はいないのか尋ねられて、思わず『冥加訓』の、牛馬の背に乗って牛馬を苦しめたり、かごに乗ってかごかきを苦しめてはいけないという教えに従い、来ないのだ言ってしまい、打ち首ものの発言でドキドキでした。 褒美の金を浅野屋の立て直しに使ってもらうことにみんなで決め、浅野屋に持って行くと受け取ってくれません。 押し問答をしていると、そこへとんでもないお方がやって来たのです。 うろたえるみんなを無視して上座へ座ったその人は 「重村である」 と、のたまいました。 そして、紙にサラサラっと何かしたためて 「そちは酒屋であろう。 これを酒名として使え。 酒屋を潰すことあいならん」 「冥加訓の教えに従い、わしも倹約せねばな。 城まで歩いて帰るぞ!」 サッと来てサッと去って行ったのは、ときの仙台藩主「伊達重村」でした。 墨痕も鮮やかな「霜夜」「春風」「寒月」をしたためた三枚の書は、殿さまが書いた文字だということで評判になり浅野屋の名物となりました。 その後、毎年「百両づつ」の利息を受け取り、吉岡宿は元気を取り戻したということです。 実話と言うことで、たいした方々がいたのだなあと感心しました。 「つつしみの掟」というものが本当に存在し、そのために今まで誰にも知られることがなかった・・・なんて奥ゆかしいのでしょうか。 できれば自分もそうありたいと思います・・無理か(笑) しかし、ちょっと裏切られた感もありました。 主演が阿部サダオさんだという予告で、絶対にコメディだと信じて観に行ったら案に相違してかなりシリアスなものでした。 西村雅彦さんの遠藤寿内役などちょっとは笑える要素もありましたが、もう少し笑いを盛り込んで欲しかったかもです。 羽生結弦さんの殿さまは凛々しくてとってもすてきでしたよ! キャスト 穀田屋十三郎・・・阿部サダオさん 菅原屋篤平治・・・暎二さん 浅野屋甚内・・・妻夫木聡さん とき・・・竹内結子さん 遠藤幾右衛門・・・寺脇康文さん 穀田屋十兵衛・・・きたろうさん 千坂仲内・・・千葉雄大さん 早坂屋新四郎・・・橋本一郎さん 穀田屋善八・・・中村賢さん 遠藤寿内・・・中村雅彦さん なつ・・・山本舞香さん 加代・・・岩田華怜さん 橋本権右衛門・・・堀部圭亮さん 穀田屋音右衛門・・・重岡大穀さん 伊達重村・・・羽生結弦さん 萱場杢・・・松田龍平さん きよ・・・草笛光子さん 先代・朝野屋甚内十三郎・・・山崎努さん 監督・・・中村義洋氏 原作・・・磯田道史氏 スポンサードリンク 羽生結弦さんの演技力 フィギアスケートとは勝手が違うので、どんな演技をするのか楽しみに観に行きました。 盛大な大根ぶりを期待していましたが、なかなかどうして上品で育ちのいい凛々しい殿様ぶりでした。 パンフレットを読んでみると、共演者の方たちの評判も良く、セリフもキチンと入っていて堂々としたものだったそうです。 さすがに世界を制する金メダリストですね! スケーターを引退したら俳優を目指すのかも・・・ 評価 私個人の評価です。 コメディ仕立てと思っていたけれどハズレでしたが、かなり面白っかたと思います。 まとめ 今回の記事は、.

次の

『殿、利息でござる!』大ヒット上映中!

殿 利息 で ござる キャスト

今回紹介している「殿、利息でござる!」はU-NEXTの見放題作品で視聴が可能です。 また、無料期間であっても登録でポイントが還元されるため見放題作品に含まれてないような新作映画も視聴することが可能ですよ。 映画「殿、利息でござる!」をもっと楽しむ!視聴前に知って起きた情報をおさらいします。 さびれ果てた小さな宿場町・吉岡宿で、町の将来を心配する十三郎 阿部サダヲ は、知恵者の篤平治 瑛太 から宿場復興の秘策を打ち明けられる。 それは、藩に大金を貸し付け利息を巻き上げるという、百姓が搾取される側から搾取する側に回る逆転の発想であった。 計画が明るみに出れば打ち首確実。 千両=三億円の大金を水面下で集める前代未聞の頭脳戦が始まった。 見どころ1つ目は、村人の知恵とたくましさに注目です。 重い年貢を課せられてどんどん疲弊していく町人でしたがあきらめませんでした。 劇中に出てくる町人の知恵とたくましさに勇気がわく作品であること間違いなしです。 見どころ2は一筋縄ではいかない資金集め。 必要な金額は現在の貨幣かつで言うところの約3億円。 1つの村で集めるにはかなり大変な数字です。 一筋縄で行かない資金集めに翻弄する姿も見どころの1つですよ。 見どころ3つめはスカッとするストーリー。 莫大な資金集めになんども挫折を繰り返します。 ですが、最後の最後で待っていたのは思わぬ結末でした。 スカッとするストーリー展開に元気になる作品です。 映画「殿、利息でござる!」を観た人の感想 「殿、利息でござる!」 日本昔ばなし感が半端ない教訓めいたお話やな…と思ったら、まさかの史実だってよ! 主役っぽくない阿部サダヲ、アイデアマン瑛太、これで新人賞取った千葉雄大、めっちゃ怖い松田龍平、高貴すぎる羽生結弦、逆に狂人やんと思えてくる妻夫木聡など楽しい仲間がたくさん!! — あずきごはん ドラマ感想 komadorama 『殿、利息でござる!』視聴。 自分の利益を度外視して町の存続に奔走する農民たちの姿を描き切った。 実話を基にしつつきちんとエンタメ性も確保した快作。 300年以上前に既に同志がいた。 しかも仙台に。 自分たちの働きに普遍性を見た気がする。 — 竹迫 え(癒し系バイオレンス牧師) takepas 『殿、利息でござる!』松竹映画 江戸時代の東北地方で起こった実話を元にした作品。 献金によって財政難の宿場を立て直そうと人々が奮闘する物語。 お金が関わる大事業は、対立を生むが、時に温かい絆をも生む。 小さな藩で起こった大きな奇跡は、今を生きる自分に色々な刺激を与えてくれるものだった。 特に山崎努のサカヤキ部分の細かいシミ。 ほぼ特殊メイク。 ちゃんと金がかかってる。 — 松#俊之 MatsuiTo.

次の