ご意見ありがとうございます 目上。 日本の方に意見や考え方を伺う時に使う丁寧な日本語

「進言(しんげん)」とは?意味や使い方を例文付きで解説

ご意見ありがとうございます 目上

ご助言の意味・使い方・類語• ご助言を使用するときに注意したいポイント• 上司からアドバイスを受けたときの対応やメールでのお礼の伝え方 「ご助言」の意味と使い方 目上の人からアドバイスや指導してもらったときに用いられる「ご助言」。 聞きなれない言葉なので、いまいち正しい意味や使い方を理解できていないビジネスパーソンも多いのではないでしょうか。 まずは「ご助言」の意味と使い方を詳しく解説します。 「ご助言」を使用した例文もご紹介するので、ぜひ参考にしてくださいね。 「助言」の敬語 「 ご助言」は、相手に対してなんらかの指導やアドバイスを行う言葉「助言」の敬語表現です。 「ご+助言」にすることによって、丁寧な表現となっているので相手への敬いを伝えられます。 【助言(じょげん)の意味】 かたわらから言葉を添えて助けること。 また、その言葉。 口添え。 じょごん。 引用: 目上の人からのアドバイスをいただくときに使う 「助言」には提案や助けを出す意味があるため、あくまでも目上の人からアドバイスをいただくときに使用される言葉です。 目下の人間が上司や先輩の対して、「~~の件について助言させてください」と使ってしまうと、 失礼な印象を与えてしまうので注意しましょう。 ビジネスシーンでの「助言」は、より高度かつ専門的な知識や常識を持っている 上司からのアドバイスをいただくときに使用されます。 提案や助けを出す「助言」に、丁寧語の「ご」を付け加えらた敬語表現• ビジネスシーンでは、上司からのアドバイスをいただくときに使用される• 目上の相手に「助言」を使うと失礼にあたる 「ご助言」の例文 「ご助言」を聞きなれていないビジネスパーソンのなかには、使い方がわからない方も多いはず。 意味を正しく理解したうえで使うためにも、「ご助言」を用いた例文を紹介します。 ビジネスパーソンとしての言葉のストックを増やすためにも、ぜひチェックしてくださいね。 <「ご助言」を使用した例文>• お忙しいところ恐縮ですが、ご助言をいただけないでしょうか?• ご助言を賜りたく、ご連絡した次第です• ご助言を仰ぎたいのですが、今お時間大丈夫でしょうか? 「ご助言」の類語 上司からアドバイスや指導を受けたあとに使えるのは、「ご助言」だけではありません。 次に「ご助言」と似た意味を持つ言葉を5つご紹介します。 細かなニュアンスが異なる言葉もあるので、使用する相手やシーンによって上手に使い分けてくださいね。 類語1.ご教示 「 ご教示(ごきょうじ)」は、相手から知識や方法などを教え示されること。 「ご教示いただきたく存じます」「ご教示いただけますでしょうか」といったように、謙譲語と一緒に使用することで目上の相手にも用いることが可能です。 ご助言がアドバイスを乞う言葉であるのに対し、ご教示は業務内容や仕事の進め方などを 具体的に教えてもらうときに使用します。 類語2.ご助力 「 ご助力(ごじょりょく)」は、相手から力を添えて助けてもらうこと。 言葉でアドバイスを乞う「ご助力」とは異なり、 実際に協力してもらった場合に使用します。 <「ご助力」を使った例文> 本案件の進行のために、ご助力くださった皆様に心より感謝申し上げます。 類語3.ご尽力 「 ご尽力(ごじんりょく)」は、力を尽くして相手が手助けしてくれること。 目上の人がわざわざ手伝ってくれた場合や労力を割いてくれたときに使用します。 協力を仰ぎたいときのお願いフレーズとして「ご尽力いただけませんか」「ご尽力をお願いしたいです」としても使用できます。 類語4.ご教授 「 ご教授(ごきょうじゅ)」は学術や技を教えてもらうこと。 比較的専門性の高い技術や知識を長期間教えてもらう場合に使用します。 類語5.ご指導 「 ご指導(ごしどう)」は、文字どおり目的に向かって指導やアドバイスを受けること。 強く励ますことを意味する「 ご鞭撻(ごべんたつ)」と一緒に、ご指導ご鞭撻というフレーズで使用されることも多い言葉です。 <「ご指導」を使った例文> 今後とも変わらずにご指導ご鞭撻のほど、よろしくお願いいたします。 ご教示:相手から知識や方法などを教え示されること• ご助力:力を添えて、助けてもらうこと• ご尽力:力を尽くして、相手から手助けしてもらうこと• ご教授:技や知識、学術について教えてもらうこと• ご指導:ある目的に向かって指導やアドバイスを受けること 「ご助言」を使うときの注意点 上司からアドバイスや指導を受けたときに使用できる「ご助言」は、ビジネスシーンで非常に役立つ言葉です。 しかし、「ご助言」の使い方を間違えてしまうと、知らず知らずのうちに相手に失礼な印象を与えてしまうこともしばしば……。 誤解を防ぐためにも、「ご助言」は使い方に十分気を配りましょう。 次は、「ご助言」を使うときに意識すべき注意点を解説します。 注意点1.社外の人相手には使わない ビジネスシーンでは社内にいる先輩や上司はもちろん、社外の人からアドバイスや指導を受けることもありますよね。 感謝の気持ちを伝えるときについ「ご助言ありがとうございました」とお礼を言っている人も多いのではないでしょうか。 しかし、 社外の相手に対しては「ご助言」を使うのはNG。 重要なビジネスの場面で、社外の人間にアドバイスを求めてくるような無責任な人間だと誤解される可能性もあります。 社外の相手にアドバイスや指導をいただいた場合には、先ほどご紹介した「 ご尽力」を使うのがおすすめです。 <社外の相手にアドバイスをいただいた場合の対応>• 注意点2.「ご助言」はお礼のときに使うと失礼になる場合もある 「ご助力」はあくまでアドバイスをいただくときに使用する言葉です。 上司から指導やアドバイスを受けたあと伝えるお礼文として「ご助力」を使ってしまうと、「自分の指導は不十分だったのか?」と気分を害する人も少なくありません。 もちろんすべての人が失礼だと感じるわけではありませんが、ビジネスシーンでの予想外のトラブルを防ぐためにも誤解を招く表現は避けた方が賢明です。 お礼を伝えるときに「ご助力」を取り入れる場合には、感謝の言葉を別に付け加えるとよいでしょう。 上司からアドバイスを受けたときのお礼・返事の仕方と注意点 上司からアドバイスや指導を受けたあとの対応は、今後の関係性にも大きな影響を与えます。 ビジネスパーソンとして成長していくためにも、上司からアドバイスを受けたあとの対応についてマスターしていきましょう。 次は、上司からアドバイスを受けたときのお礼や返事の仕方を解説します。 上司からのアドバイスにはすぐに「お礼の言葉」を言う 上司からアドバイスを受けたあと、もっとも重要なのは「 すぐに感謝を伝えること」です。 当たり前のことだと感じる人もいるかもしれませんが、意外と徹底できていないビジネスパーソンも多いんですよ。 上司からのアドバイスの内容に異論がある場合はどうする? 目上の人だからといって、上司からのアドバイスや助言が必ずしも正しいとは限りませんよね。 「上司に意見するなんて絶対にだめ!」と考えている人も多いですが、できるビジネスパーソンは上手に異論を唱えるためのフレーズや伝え方を身に付けているものなのです。 上司からの助言に異論がある場合には、 相手との軋轢を生まないように最大限配慮したうえで、まっすぐに意見をぶつけましょう。 あいまいな表現を使ってしまうと、自分の意思や考えが伝わらずにかえって好まれない場合も多いのです。 <上司への異論の伝え方>• 上司からアドバイスを受けた後はどうする? 上司から指導やアドバイスを受けたあと、お礼を伝えるだけでは不十分です。 次は、上司からアドバイスを受けたあとの行動について解説します。 上司からのアドバイスの内容を実行することに意味がある せっかく上司からアドバイスを受けたにもかかわらず、 実践・実行しなければ意味がありません。 行動に移していないことが相手にわかってしまうと「自分のアドバイスは必要なかったのかも……」と感じてしまう人もいるので注意してください。 上司からアドバイスを受けたあと、重要なのは 早めにアドバイスを実践すること。 やる気や熱意を上司に伝えるためにも、アドバイスを受けたあとはすぐに実行に移しましょう。 アドバイスを実行した後は上司へ「報告」する 「報(告)・連(絡)・相(談)」といった言葉があるように、ビジネスシーンでは結果や経緯を共有することが非常に重要です。 上司からアドバイスをもらった場合には、実行に移したあとに どのような結果に繋がったのかをしっかり報告しましょう。 報告内容がポジティブでないものだったとしても、アドバイスをくれた相手にはきちんと結果を共有するべきなのです。 <助言をもらったあとの報告>• 先ほどご相談〜~の件ですが、いただいたアドバイスを実践した結果無事に問題解決いたしました。 ありがとうございました。 上司のアドバイスにお礼をする際は「失礼な印象を与える言葉」を避ける 先述したように、上司からのアドバイスや指導に お礼をする際に「ご助言」を使用するのはNG。 失礼な印象を与えてしまう可能性もあるので、別の言葉に言い換えた方が賢明です。 次は、上司のアドバイスに対してお礼を伝える場合の言葉を解説します。 失礼な印象を与えない万能フレーズをマスターしていきましょう。 1.「お助けいただきありがとうございます」 力を貸してくれた上司にお礼を伝えたい場合には、「お助けいただきありがとうございました」が最適です。 「お手伝いありがとうございます」よりも丁寧な言い方に聞こえるので、受け手によい印象を与えられる言葉です。 人によっては「手伝う=補助や補佐と思われている」と感じる人もいるため、上司には使わないように注意してくださいね。 2.「勉強になります」 アドバイスを受けたあと、とっさに「参考になりました」「参考にさせていただきます」と返答しているビジネスパーソンも多いはず。 一見丁寧な表現にも思える言葉ですが、上司によっては「参考程度の意見だと認識された」と受け取る人もいます。 参考意見ではなく、非常に有益で貴重な意見であると伝えるためにも「勉強になります」と伝えた方がよいのです。 3.「ご指導いただきまして、ありがとうございました」 あらゆる場面で使用できるフレーズが「ご指導いただきまして、ありがとうございます」「ご指導に感謝申し上げます」です。 ポジティブなアドバイスはもちろん、注意やお叱りを受けたあとにも使用できます。 上司からアドバイスを受けたときのお礼メールの書き方と注意点 上司からアドバイスをもらったあと、直接お礼を伝えることははもちろん、メールでお礼を伝えることも多いのではないでしょうか。 最後に、上司からのアドバイスに対するお礼メールについて解説します。 例文を参考に、正しい書き方や注意点を確認していきましょう。 注意点1.敬語を意識する アドバイスに対するお礼メールに限られたことではありませんが、誤字脱字や誤った言葉遣いには要注意。 社会人の基本中の基本として、 正しい言葉遣いでのメールを作成しましょう。 「自分への尊敬語」「上司相手への謙譲語」など、うっかり間違えやすい敬語の誤用を防ぐためにも、送信前には 一度読み返すことを癖づけましょう。 注意点2.アドバイスの結果も述べる 先述したように、上司からアドバイスを受けたあとは 結果の報告がマスト。 アドバイスを受けたままで終わってしまうと、相手に失礼な印象を与えてしまうので注意しましょう。 仕事への熱意を伝えられるチャンスでもあるので、感謝・結果の報告・今後の意気込みを盛り込んだメールを送りましょう。 下記は、上司からアドバイスに対するお礼メールの例文です。 内容を適宜変更しながら、自分なりのお礼メールを作ってみてくださいね。 感謝の気持ちを仕事でお返しできるよう、今後も精一杯頑張ります。 これからもご助言を仰ぐことが多いかと存じますが、引き続きご指導ご鞭撻のほど宜しくお願い申し上げます。 本当にありがとうございました。

次の

「ありがたい」を目上に伝える際の敬語表現とメールで使える例文7選

ご意見ありがとうございます 目上

「こちらこそ」の失礼のない正しい使い方の一つは、「同じ意見」を表現したい時になります。 そのため、特定の意見ではなかったとしても、相手が言及している考えと自分の考えが一致しているときに、「こちらこそ」を正しい使い方で使用できます。 相手側が「ありがとうございました」と自分や自分の会社に対して言ってきた時に、「こちらこそ」で自分や自分の会社も「同じように」相手に感謝していることを失礼なく、表現できることになります。 この正しい使い方をマスターすれば、「こちらこそ」を適切に使えます。 相手の考えと同じ考えを表現したい時に、正しい使い方として「こちらこそ」を使用しましょう。 「こちらこそ」という言葉の正しい使い方がされているので、違和感のない会話ができます。 「こちらこそ」の失礼のない正しい使い方は、「同じ意見」を言う時ですが、同じ意見であったとしても「上回る気持ち」を伝えたい時に、「こちらこそ」を使用することができます。 相手が「ありがとうございました」と感謝をしてきた時に、相手よりも深い感謝を伝えたいと感じて、「こちらこそありがとうございました」や「こちらこそ本当にありがとうございました」という「こちらこそ」の失礼のない正しい使い方をすることができます。 この失礼のない正しい使い方で「こちらこそ」を会話に取り入れれば、相手と同じ意見を伝えることができるだけでなく、相手よりも上回る気持ちを表現できます。 「こちらこそ」の、この正しい使い方で感情表現が豊かになるはずです。 「こちらこそ」が正しい使い方で使用されている例文の一つが、「こちらこそお世話になりました」です。 「こちらこそお世話になりました」という例文の「お世話になりました」には、「面倒をみてもらいました」という意味があります。 しかし、この例文には「お世話になりました」と「こちらこそ」が同時に使用されているため、相手側が自分たちに対して面倒見てもらったと感じている時に、自分たちも面倒を見てもらったことへの感謝を表現していることになります。 「こちらこそ」の使われているこの例文で、持ちつ持たれつの関係を表現することができます。 どちらかに依存しているのではなく、お互い支え合うことを表現することのできる便利な例文です。 「こちらこそ」が使われている例文の一つに、「こちらこそありがとう」があります。 「こちらこそありがとう」の後に、「ございます」や「ございました」を付け足すことによって、自分も感謝をしている事を表現できます。 「こちらこそありがとうございます」では、現在自分が感謝をしているのを表現できるのに対し、「こちらこそありがとうございました」では、過去の出来事に関して感謝をしていることになります。 どちらであったとしても、「こちらこそ」が自然な言い回しで使用されています。 相手だけではなくて、自分にも感謝をする理由があると感じているのであれば、迷うことなく「こちらこそありがとうございました」を使っていきましょう。 就活している時にも「こちらこそ」を会話の中に積極的に取り入れることができます。 就活している時には、目上の人に対して失礼にならない言葉遣いをしなければならない、という注意点を忘れてはなりません。 そのような緊張する就活をしている時であったとしても、「こちらこそ、本日はお忙しいにもかかわらず、お時間を頂き誠にありがとうございます」と言うことができるでしょう。 「こちらこそ」が使われた、非常に深い敬意が示されている例文です。 「こちらこそ」が使われているこの例文を使用すれば、就活に携わっている目上の人に対する敬意と感謝を同時に表現することができるようになります。 自分のイメージアップをはかるためにも大切な、「こちらこそ」の使い方になります。

次の

「ご指摘」の意味とは?ビジネスメールでの使い方と敬語表現

ご意見ありがとうございます 目上

- 正しい表現方法とは【ビジネス用語】 目上の人に「参考になります」はNG? 「参考」という言葉の意味を調べてみると、「他人の意見や他の事例・資料などを引き合わせてみて、自分の考えを決める手がかりにすること」や「考えたり決定したりする際に判断材料の一つとすること」と記載されています。 前者のように、「あなたの意見が手がかり(ヒント)になりました」という意味で捉えられれば、さほど問題ないように思いますが、後者の場合ではどうでしょう。 「判断材料の一つとする」と言うと、 「(自分の考えは既に決まっているので)あなたの意見は足しにします」「参考程度に聞いておきます」といったニュアンスが感じられ、上から目線のような印象を相手に与えかねません。 ゆえに、目上の人に対して使用するには失礼な表現と言えるのです。 目上の人に対しては、 「勉強になりました」という表現が正しい敬語となります。 「勉強」という言葉には「学ぶ」「経験を積む」といった意味があることから、「あなたの意見を聞いて知識が増えました」というニュアンスが強く、相手に良い印象を与えることができます。 また、 「学ばせていただきました」という表現を用いると、より謙虚な印象を与えることができます。 ただし、身近な上司や先輩に使うと、やや堅苦しく大げさな表現に感じられてしまいます。 「学ばせていただきました」は、自分よりも遥かに豊富な知識を持つ人物に対して用いると良いでしょう。 大変勉強になりました。 ・先日の講義、しっかりと学ばせていただきました。 「勉強になりました」と口にするのは簡単ですが、あまり多用すると社交辞令のように聞こえてしまいますし、実際に行動に移さなければ「口先だけか」と思われても仕方ありません。 他人の意見を素直に取り入れ、手本を自分のものにすべく努力を重ね、自身のスキルアップにしっかりとつなげていきたいものですね。

次の