ヒカル 宮迫。 【悲報】ヒカル「宮迫さん、紳助さんに繋がる踏み台になってくれてあざしたw」

宮迫とのコラボから見るYouTuberヒカルの立ち位置、 炎上イメージがいつのまにか“火消人”に

ヒカル 宮迫

芸能人コンサルのヒカルくんに、本気でチャンネルのアドバイスを貰ったら天才だった 1月29日にスタートしたYouTubeチャンネル「宮迫ですッ! 」の登録者数は、現在92万人(5月20日時点)。 YouTuberにとっての大きな目標の一つである「100万人」が目前に迫っている。 そこで宮迫は「100万人登録をした後のことを考えてなかった」と明かし、大台到達後、どのように立ち振舞うべきか、チャンネル登録者数400万人に迫っているヒカルに助言を求めた。 ヒカルによると「宮迫さんはYouTubeにめっちゃ向いている」とのこと。 ヒカルは、YouTuberに求められる条件の一つとして「多才であること」を挙げ、「色んなことができたほうがマンネリ化しないから」と理由を説明した。 その上で、「宮迫さんは歌を歌えるじゃないですか。 コントも出来るじゃないですか。 しゃべりも出来るじゃないですか。 人との絡みも出来るじゃないですか。 全部こなせるんですよ。 これってめっちゃ強いんですよ」と力説。 ヒカルから思いのほか褒められた宮迫は、「あれ?……俺、すごいな!(笑)」と照れ臭そうに笑った。 とはいえヒカルは、宮迫が今のやり方を続けるのであれば、100万人達成後に伸び悩むのではないかと示唆。 しかし、「宮迫さんにはえげつ(な)い奥の手が残されてるんですよ」として、「芸能人とコラボすること」を提案した。 続けて「僕もたまに芸能人の方と絡ませてもらっているんですけど、所詮、YouTuberなので、人脈も少ないと。 絡み方もプロに比べたらものすごい下手くそだし遠慮もしちゃう」と述べ、「ただ、宮迫さんはほぼすべての芸能人と対等にしゃべれるんですよ」と説いた。 現状、宮迫のチャンネルに出演した芸能人というと、オリエンタルラジオの中田敦彦と三又又三、グラビアアイドルの橋本梨菜くらいしかいない。 宮迫なりの各所への配慮もあって、積極的にタレントとのコラボを行ってこなかったのだ。

次の

ヒカルと大スター宮迫の二日におよぶテレビCM撮影に完全密着!!!【#ヒカル】

ヒカル 宮迫

靴が3日で2億円売れてsold out!大スター宮迫とヒカルのテレビCM出演が決定しました! 4月4日に投稿した動画で、衣類と靴のネット通販を行う上場企業「ロコンド」と交渉し、自身が運営するアパレルブランド「ReZARD」とのコラボシューズを販売する商談をまとめたヒカル。 契約を取り付けるだけでなく、ヒカルはロコンドの田中裕輔社長に「自分と宮迫を起用したテレビCMを打って欲しい」と直談判。 まったく想定外の提案に田中社長は困惑しながらも、ヒカルの熱意に根負けして「シューズが売れたら」という条件付きで、承諾していた。 結果としてコラボシューズは、ロコンドが運営するECサイトのサーバーが一時ダウンするほど飛ぶように売れて、販売開始3日後には売上2億円を突破。 ここまで突出した売り上げを残したからには、さすがに田中社長も無視はできない。 今回の動画でヒカルが宮迫と共にロコンドを訪れて、再びCMの話を切り出すと、田中社長は「これはやらざるを得ないです」と首を縦に振った。 ここからヒカルはさらなる攻勢に出る。 「 最初から 売り切る自信があった」と言い、次なる展開として黒を基調とした別デザインの第2弾シューズの販売を発表。 また、CMソングも既に出来上がっているとのことで、曲調は、宮迫がかつて山口智充と共に活動していた音楽ユニット・くずの楽曲に寄せたテイストにしたのだとか。 このために宮迫は、久しぶりに山口と電話で連絡を取り、「全然いいですよ。 大いにやってください」と快諾を得たらしい。

次の

ヒカルが宮迫とコラボし炎上を消火させる

ヒカル 宮迫

宮迫はいつもいくお店に「いつものタイミングで普通に買いに行っただけやねん」と言い、 自転車に何袋もポリ袋をぶら下げていたのは、お米を小分けにしてもらっただけで、しかも他の買い物のぶんもあったと説明します。 記事の締めの「笑えないよ」との表現については、 笑われへんよ。 普通の買い物やから と訴えました。 ちなみに購入したのは8キロではないらしく、「もうちょっと買ってる」とのこと。 3人家族で男子大学生のいる宮迫家では、10キロ単位で買っているそうです。 動画に共演した「」(登録者数380万人)は、 宮迫さんが自分で買いに行く人なんやっていうので、逆に高感度上がりましたけどね と話します。 どういう意図でFLASHの記者が記事を書いたのかを不思議がる宮迫に、ヒカルは電話を掛けることを提案し、「YouTubeってそういうもんっすよ」とけしかけます。 「宮迫というもいのなんですけども」と名乗ると、相手は「あっはい!」と驚いた様子。 宮迫が「高級米」というのはお店に確認したかを尋ねると、記者は「確認しました」と答えます。 宮迫が「何って言われました?」とさらに聞くと、 記者は、「銘柄ですね・・・」と答えたと思いきや「銘柄ではなくて・・」としどろもどろ。 宮迫は「普通のあきたこまちです。 高級米ではないです」と釘をさします。 量に関しても、宮迫は10キロぐらい買うのは一般的で、普通に買い物をしていただけだと主張。 コロナ騒動のさなか こんなことをやっててどう思ってんですか。 何かその言い訳はあるんです? と問いただすと、記者は「いろんなご意見を頂戴しております」と、他にも苦情が来ていることを匂わせました。 冷静な口調で謝罪を求める宮迫に対して、記者は「買い溜め」かどうかは解釈の違いと考えている様子。 (宮迫)8キロは買い溜めなんですね? あながたの感覚では?(中略) (記者)・・・ええ。 (宮迫)マジか・・・ (記者)ちょっと多いんじゃないのかなって考えてああいう形で・・・ (宮迫)あなた家族いるんですか? (記者)はい、おりません 一人暮らしの記者の感覚では8キロは多いということのようです。 上司は「謝罪はできかねる」 その後、電話の相手は記者の上司に交代。 上司は ウチとしては買い溜めという表現について間違っていたとは思ってはいないんで、謝罪はできかねるんですが 記事の内容は間違ってはいないので、謝罪はしないというスタンスのようです。 買い溜めに関しても、「溜めた」ことは事実と解釈しているようです。 「そこ(買い溜め)の部分は言葉のニュアンスもあって」と笑う上司に 宮迫は「何笑てんねんな。 笑てる場合ちゃうねん。 こっちは傷つけられとんねん」と語気を強めます。 しかし上司は謝罪する気はまったくないようで、 こちらからしたらそれはすいません。 我々はそう思ってますんでとしか申し上げようがない と議論は平行線。 量に関しては、上司も「正直多いと思いました」と感想を述べましたが、この上司も最初の記者と同様、一人暮らしとのことでした。 (上司)そうですね (宮迫)あきたこまちが・・・ 上司は「我々はそう思ったから書いた」と主張します。 悪く書いてる記事だとは思ってなかった 上司は 宮迫さんのことを悪く書いてる記事だとこちらはまったく思ってなかった と話し、納得できない様子の宮迫に「受け取り方はいろいろ」と主張します。 新型コロナで世界中が大変な状況になっていることを踏まえ、宮迫が FLASHさんもお国のためにちょっと考えて、今俺のそんな情報どうでもいいですから とすると、上司は「そんなことない」と言い、 お国のために別にあの雑誌を作ってるわけではない(中略) それは宮迫さんのお考えです などとやはり平行線のまま。 こうした記者たちの対応にうんざりした様子の宮迫は、 「こんな感じで、話してもどうにもならない」とぼやきます。 一方の上司は「不完全燃焼」だと言い、宮迫と会って話をしたいそぶりを見せましたが、宮迫は早々に電話を終えました。 宮迫は「見ていただいた方に判断してもらって」と言いつつも、「ただただ気分が悪かった」と感想をポツリ。 ヒカルも「笑えないレベル」と述べ、「そういうところの書く記事を信用しないようにしてほしいですね」と視聴者に呼びかけています。 FLASHへの批判が殺到 動画は4月1日22:20現在約16万回再生されており、高評価2万、低評価720。 高評価率96. 6%と高い評価となっています。 コメント欄は FLASHへりくつばっかり。 大嫌いこういう言い方する人。 宮迫さんは冷静に会話してるのに返答は屁理屈ばかり、挙句の果てに逆ギレしだすしなんなの?頭おかしすぎない?さすがに笑えないよ…。 Flashの記者のレベルが低すぎ 世界中が苦しんでいるのに FLASHへの批判で埋め尽くされています。

次の