テスラ トラック。 テスラの“サイバートラック”衝撃の全貌がここで明らかに

テスラの「サイバートラック」が注文20万台オーバー。生産開始は2021年

テスラ トラック

台湾で6月1日、テスラの半自動運転機能「オートパイロット」をオンにしたクルマが、高速道路で横転したトラックに 衝突するという事故が起きました。 自動運転技術については非常に多くのメーカーが取り組んでいるものの、現時点ではあくまで「ドライバー補助」に過ぎません。 オートパイロット使用中のテスラ車の事故は、これまでにも複数報告されていますが、今回の事故はそれらと少し異なる点があります。 テスラはこれまでにも、オートパイロットシステムに運転を任せている間もドライバーは道路から目を離してはいけない、と公式に伝えてきました。 今回、事故を起こしたテスラ車のドライバーは、台湾の国道1号線で横転したトラックからオートパイロットが回避できないことがわかった時に 「ブレーキを踏んだ」と主張しています。 この主張は、タイヤから煙が出ている映像によって裏付けられています。 幸いなことに、ドライバーは生き残って自分の主張を伝えることができました。 現時点では事故原因に関する詳しいはありません。 しかし、そもそもテスラのオートパイロットは、横転したトラックを回避すべきでした。 事故直前、障害物を正しく認識できていなかった可能性があり、だとすればソフトウェアに致命的な欠陥があるということになります。 先述の通り、オートパイロット中の事故は過去にも複数件発生しています。 今回の台湾での事故が、これまでのケースと少し違うのは、ドライバーが 「完全に不注意ではなかった」という証拠があることです。 さらに不可解なのは、トラックのような大きな障害物に対し、 「回避システムが作動しなかった」ということ。 もしオートパイロットに不具合が生じていたのであれば、悲惨な事故が繰り返される前に修正されることを願います。 4 Comments• ゾンビ 手動運転の前車が全てスムーズに回避しているのに、AP(自動運転)のテスラ車だけが回避できずに衝突した。 中途半端な自動運転機能(AP)を過信するあまり前方注視が疎かになるのが原因だ。 即刻、APの中止を求めるのが良い。 東名高速の綾瀬での事故や中央道岡山での死亡事故と、全く同じことが繰り返されている。 はやぶさ 横転したトラックに衝突て、今の日本の自動ブレーキ付きの車なら簡単にとまれているのと違うのかな。 自動運転は何でもかんでも検知してると走れなくなるのである程度無視して走行しています。 緊急ブレーキシステムとは相反するシステムなんですよね。 Ugougo どの距離で検知したかにもよりますが、110キロの速度で止まるクルマは今のところ無いでしょう。 例え110キロで止まれるとカタログにあったとしても、ソレは新車の状態の時で、タイヤの摩耗、ブレーキデイスクの摩耗、そして天候・雨や雪等の場合等でカタログ通りには止まりません.

次の

ボルボ、ベンツ、三菱らトラックにEV搭載へ 航続距離とメリットはあるのか?

テスラ トラック

Tesla• は11月21日(現地時間)に、初のピックアップトラックを発表した。 6人乗りの「サイバートラック」だ。 同社は、超硬質ステンレス鋼と防弾ガラスで作られたトラックのボディを貫通できるものはないと言っていたが、。 2021年後半に生産を開始するこのトラックが持つという機能を紹介する。 テスラは、同社初のピックアップトラック 「サイバートラック(Cybertrack)」 を発表した。 テスラのCEO、イーロン・マスク(Elon Musk)は11月21日の夜、「トラックはとても長い間、まったく変わっていない」と述べた後、この斬新なデザインのトラックを紹介した。 サイバートラックの価格は、後輪駆動のシングルモーターモデルが3万9900ドル(約434万円)から、全輪駆動の3モーターモデルが6万9900ドル(約760万円)。 自動運転機能はオプションで7000ドル(約76万円)だ。 生産開始は2021年後半を予定している。 今や電気ピックアップトラックを販売するメーカーはテスラだけではない。 は電動式のF-150を開発しており、は最近、電動で4輪駆動のB2ピックアップトラックを発表、価格はサイバートラックよりも安い。 そして、も電気ピックアップを開発している。 テスラはサイバートラックを「これまで当社で開発した中で最も強力な道具」と。 その理由を見てみよう。

次の

テスラCEO、電動トラックの量産開始指示 米報道 (写真=ロイター) :日本経済新聞

テスラ トラック

Tesla• は11月21日(現地時間)に、初のピックアップトラックを発表した。 6人乗りの「サイバートラック」だ。 同社は、超硬質ステンレス鋼と防弾ガラスで作られたトラックのボディを貫通できるものはないと言っていたが、。 2021年後半に生産を開始するこのトラックが持つという機能を紹介する。 テスラは、同社初のピックアップトラック 「サイバートラック(Cybertrack)」 を発表した。 テスラのCEO、イーロン・マスク(Elon Musk)は11月21日の夜、「トラックはとても長い間、まったく変わっていない」と述べた後、この斬新なデザインのトラックを紹介した。 サイバートラックの価格は、後輪駆動のシングルモーターモデルが3万9900ドル(約434万円)から、全輪駆動の3モーターモデルが6万9900ドル(約760万円)。 自動運転機能はオプションで7000ドル(約76万円)だ。 生産開始は2021年後半を予定している。 今や電気ピックアップトラックを販売するメーカーはテスラだけではない。 は電動式のF-150を開発しており、は最近、電動で4輪駆動のB2ピックアップトラックを発表、価格はサイバートラックよりも安い。 そして、も電気ピックアップを開発している。 テスラはサイバートラックを「これまで当社で開発した中で最も強力な道具」と。 その理由を見てみよう。

次の