コーラ トイレ 掃除。 コーラが掃除に超使える!コーラの活用法9選

トイレ掃除には重曹とクエン酸!便器・床・見落としやすい場所のお掃除方法

コーラ トイレ 掃除

Contents• トイレの便器が黒ずむ原因 カビや雑菌によるもの トイレが黒ずむ原因はカビなどの微生物や雑菌、ホコリによるものです。 水道水に鉄分が多く含まれていると、水アカの汚れに鉄分が蓄積し酸化して黒ずんだり、尿石がこびりついて黄ばみ、そのあと黒ずんでしまいます。 尿石のこびりつき 尿石は小水から出る成分で、リン酸カルシウムなどの無機汚れとタンパク質が分解してできた尿素などの有機汚れが強く結びついてできたものです。 これが便器に付着したまま放置しておくと落としづらい頑固な汚れになり、黄ばみの原因となってしまいます。 水アカが固まる 水アカは水道水に含まれるケイ酸塩などが少しずつ蓄積した汚れで、放置すると落ちにくくなります。 使わないことも原因のひとつ 黒ずみに気づいたときに即掃除すれば比較的落ちやすいですが、そのまま放置しておくとトイレブラシなどでこすっても落ちなくなる場合があります。 汚れを付着させないための予防 意識して水を流すことで便器を洗浄 トイレを使わなければきれいな状態を保てると思われがちですが実は正反対。 使われていないトイレのほうが便器の水たまり部分にリング状の黒ずみができてしまいます。 毎日使うトイレは汚れが目につきやすく、こまめに掃除を行うことでカビや雑菌の繁殖を防ぐことができます。 その反面、使わないトイレは汚れに気づかすそのまま放置してしまい、掃除回数が減ることになります。 普段使わないトイレでも2~3日に1回、少なくとも週1回は便器の掃除をするようにしましょう。 トイレタンクに重曹 トイレタンクには常に水が溜まっていますが、ここにカビが発生すると便器の黒ずみの原因となります。 タンクの中に重曹大さじ1杯程度入れておくと、タンクの中の水のカビが自然に落ち黒ずみの予防に。 重曹は人体にも安全なので安心して使うことができて、定期的にトイレタンクの中に重曹を入れるようにするといつも清潔なトイレを保つことができます。 トイレスタンプを活用 トイレスタンプは口コミでの評判もよく、トイレの便器にポンとスタンプすれば流すたびにジェルが溶け便器内を掃除してくれるという優れたアイテムです。 トイレの使用頻度にもよりますが、1回スタンプするとだいたい1週間は効果が持続します。 頻繁に掃除するのが難しい方はこのような便利アイテムを使ってみる価値はありますね。 黒ずみを落とすテクニック 作業をする前にしておくべきこと 便器の中に水が溜まっていると洗剤が薄まってしまい、効果が発揮できません。 掃除をする前にあらかじめ水位を下げておきます。 やり方としては、灯油ポンプがあればポンプで吸い上げて水位を下げます。 なければコップやバケツなどでくみ上げます。 クエン酸パックで頑固な汚れを撃退 黒ずんで頑固な汚れに試したいのがクエン酸。 ホームセンターやドラックストアなどに粉状のものが売られています。 少量の水に混ぜてペースト状にして使います。 トイレットペーパーなどにペースト状にしたクエン酸を塗り、汚れの上に貼り付けそのまま数時間放置します。 そのあとブラシでこすると頑固な汚れがスルスルと落ちます。 そのときに取り残しがないようにクエン酸をしっかりこすり落とすことがポイントです。 そのままにしておくと固まってしまいこびりついてしまいます。 重曹とクエン酸を合わせて気泡を利用する 全体的に便器が汚い場合、クエン酸と重曹を合わせて使ってみましょう。 やり方は粉状の重曹を便器全体に振りかけ、水が溜まっているところにクエン酸を混ぜます。 クエン酸水にした水にブラシをつけ便器をこすると化学反応を起こして泡がブクブクと出てきます。 この泡によって汚れが落ち、すっきりきれいなトイレになります。 汚れが頑固な場合は、トイレットペーパーでパックし、数時間おいて水を流すときれいになります。 直接手でこするのが一番 頑固な黒ずみはブラシではピンポイントで落とせないことがあります。 確実なのは直接手でこすることです。 汚れに確実に手が届き、力も入れて作業ができます。 しかし素手では抵抗があるでしょう。 使い捨てビニール手袋をはめて行いましょう。 サンドペーパーを試す 確実に汚れを落としたい場合、耐水サンドペーパーが効果があります。 ただし研磨するので使う場合は注意が必要です。 サンドペーパーは数字が大きいほど目が細かく傷つきにくくなるので、トイレの場合は1000から1500程度を選ぶようにします。 陶磁器製は傷はつきにくいもののコーティングが剥げてしまう場合もあります。 頻繁に使わずどうしてものときに使用する また、プラスチック製のツヤのある素材は傷がついてしまいます。 便器によって使えないものもあるので、取扱説明書を確認して行いましょう。 また使用頻度も1年に1回程度に抑えるようにしましょう。 通常の大掃除の際はメラミンスポンジを使うようにしましょう。 その他押さえておきたい掃除法 便器のふち裏にはサンポールを使う フチ裏の汚れは気になるところです。 ブラシでは汚れに届きにくく確実に落とすことができません。 フチ裏汚れの原因は主に尿はねを放置して固まった尿石のアルカリ性の汚れが原因なので 酸性洗剤で落とします。 サンポールは塩酸9. 5%のかなり強力な洗剤です。 汚れ落としのやり方 サンポールをしばらく汚れの部分につけて湿布し、トイレットペーパーを敷き、さらにサンポールを吹き付けそのまま1時間ほど放置します。 そのあとビニール手袋をつけた手でメラミンスポンジを使って汚れを落とします。 便座の裏側の汚れ落とし 便座の裏側は尿がはねて付着したまま放置してしまいがちで気づかないうちに黄ばんで汚れてしまいます。 『黒ずみを落とすテクニック』で紹介したクエン酸と重曹を使って黄ばみも落とすことができます。 尿汚れが原因の箇所なのでサンポールも有効です。 その場合、サンポールは垂れやすいのでトイレットペーパーを当てながら少し塗り、トイレットペーパーでカバーするように湿布し、5分程度してから汚れを落とし水拭きします。 ウォシュレットは軍手が一番 ウォシュレットのノズルの汚れはなかなか気づきにくいものです。 歯ブラシなどを使って掃除する方法もありますが、効果的なのはゴム手袋の上に軍手をはめ、軍手に洗剤をつけて洗う方法です。 軍手のざらざらした生地が汚れを掻き落としてくれます。 【先人の知恵】小麦粉+お酢 現代みたいに多種多様な洗剤がなかった時代は、小麦粉とお酢を使ってトイレ掃除をしていました。 結構効果的で、やり方は就寝前に便器に小麦粉を振りかけ熱したお酢をかけるだけ。 翌朝ブラシでこすれば落ちなかった汚れが簡単に落ちるというシンプルな方法。 手軽でエコなお掃除法です。 でも酢のツンとする臭いが気になると言う方はクエン酸で代用してもいいと思います。 コーラ ネットでも話題に上ったことがある「コーラ」を使ったトイレ掃除。 コーラに含まれるクエン酸やリン酸がトイレ汚れに効果を発揮し、強力な炭酸で汚れを分解してくれるということで注目されました。 掃除方法は、トイレの便器にコーラをコップ1杯程度注ぎ、1晩おいてからブラシでこするというシンプルなやり方。 コーラのほのかな甘い香りが芳香剤代わりになり洗浄効果も意外とあるので一度試してみたい方法です。 衣類用の漂白剤 尿石の汚れに効果を発揮するのは 衣類用の漂白剤です。 トイレ用も市販されていますが、衣類用の漂白剤でも十分対応できます。 何よりあれこれと買い足す必要がないので洗剤の数も減らせます。 掃除方法は汚れのひどい部分に適量塗り、しばらく放置してブラシでこすります。 ただし、ウォシュレットなどのプラスチック部分に使用すると変色や変形してしまうことがあるので注意が必要です。 シャンプー サンプルとしていただいたり、髪に合わなかったシャンプーは捨てていませんか? 実はシャンプーはとても優秀なトイレ掃除のアイテムになります。 シャンプーが便器をコーティングしてくれるので、汚れがつきにくくなり、なんと言っても香りがいいので芳香剤の替わりにもなります。 掃除のときも泡立ちがいいので爽快感があります。 余ったシャンプーは捨てずにトイレ掃除に利用しましょう。 トイレに重曹を盛っておく.

次の

牛乳やコーラで!?家にあるもので簡単にできる「トイレ掃除」の裏技

コーラ トイレ 掃除

トイレの黒ずみの正体、黒ずみがつく原因 では、最初になぜトイレの便器は黒ずみが発生してしまうのでしょうか。 実はあのトイレの黒ずみの原因は、カビや雑菌、ホコリなどの集合体です。 色々ごった煮の、闇鍋ならぬ闇トイレ状態な訳ですね。 定期的に掃除をしていれば黒ずむことはないのですが、毎日トイレを掃除するのはかなり面倒です。 ついつい掃除をサボってしまって、気が付いたときにはとんでもないことになっていることがよくあります。 いつか掃除しようと思いつつ、「また今度でいっか」なんて思っているうちに、どんどん汚れは悪化してしまいます。 トイレの黒ずみを取る方法 では、トイレにできてしまった黒ずみはどうしたら良いのでしょうか。 さっそく黒ずみの取り方、掃除の仕方をご説明します。 こすって完了 その後、一度流してからブラシなどで黒ずみをこすって黒ずみを落としてください。 これで完了です。 一度流してからでないと、トイレットペーパーがボロボロになってしまい、ブラシの隙間に入ってしまうので注意してください。 クエン酸でも黒ずみは落とせる? 実は、ちょっとした黒ずみであれば、クエン酸を使って黒ずみを落とすこともできます。 クエン酸というのは、みかんやレモンなどの柑橘系のフルーツに含まれている酸のひとつです。 大きなデパートやホームセンターにいけば、パウダー状のものや液状のものが売っています。 パウダー状のものは、水に溶いてペースト状にすれば黒ずんでいる部分に塗って使うことができます。 少し放置すればもう落ちてる、なんてことも。 クエン酸の詳しい使い方については『』に書いておきました。 待って、リンク先だけあればこの記事いらないじゃんとか言わないで。 全体的に汚い場合 全体的に黒ずんでいる場合は、クエン酸に加えて重曹も使ってみましょう。 パウダー状の重曹を便器全体に振りまき、クエン酸をその上から撒いてブラシで擦っていきましょう。 たくさん泡が立つようになりますが、無害なものなので安心してください。 というか、むしろ、発生した炭酸ガスが良い役割をするらしいですよ。 この方法なら、有害がガスが発生することもないので、洗剤などの化学薬品は極力使いたいないという人にはおすすめです。 ちなみに重曹には消臭殺菌作用があるので、一石二鳥ですね。 あ、余計な薬品をまぜると余計なものが発生するかもなので気をつけてくださいね。 黒ずみがつかないようにするためには? ここまでは、黒ずみの落とし方をご紹介しました。 しかし、どうせなら黒ずまないように予防しておきたいものです。 そこで、簡単にできるトイレの黒ずみ予防もご紹介します。 やはり一番簡単なのは、洗浄剤を使うこと。 タンクの上に置くタイプや、便器に直接貼りつけるジェルタイプのものもあります。 わざわざ、洗浄剤を購入するのはちょっと、、、という方には、便器に落とすときに使う 洗剤を定期的に撒くことをオススメします。 洗浄剤よりは手間がかかってしまいますが、黒ずみの予防には十分な効果があります。 また、実は空気中のホコリや湿気の黒ずみの原因になることがあります。 なので、1日に一度は換気扇を回したり、ドアを開けたりするなどして換気を心がけましょう。 重曹をタンクに入れておくのも効果的 トイレタンクの中には、大量の水が常に入っています。 このトイレタンクにカビや雑菌が繁殖してしまうと、黒ずみの原因になることがあります。 そうならないために、トイレタンクの中に重曹を大さじ1杯入れておきましょう。 そうしておくことで、トイレタンクの中でのカビや雑菌を防ぐだけでなく、水を流すたびに、便器を重曹入りの水が綺麗にしてくれます。 トイレの使用頻度にもよりますが、2、3日に一度は重曹を入れるようにしてみましょう。 注意点 『金属製のたわしやヤスリを使う』という説明を聞くことがありますが、使わないようにしましょう。 硬いたわしで削ると、便器の表面に目では確認できない小さな傷を作ってしまうことになります。 その傷にカビや雑菌が入り込み、より頑固な黒ずみが誕生してしまうんなんてことにもなりかねません。 便器のコーティングを剥がしてしまうと、より汚れ易くなってしまいます。 自分では、なかなか落とせない黒ずみや汚れができてしまったら、思い切ってプロの方にお願いしてみるのも一つの手です。 手遅れにしか見えない酷い汚れを綺麗にしてしまうのがプロなのです。 プロによるトイレクリーニングは必要? みなさん、もうトイレの黒ずみを落とす方法は、分かりましたよね。 でも、 プロによるトイレのクリーニングがあるって、知ってました? お掃除のプロによるトイレクリーニングのメリットとは何でしょう。 それも交えながら、プロによる意見をご紹介します。 最後に「ユアマイスター」では、のプロに「」と聞いてみました。 たくさんのプロの方の意見の中から、一部を紹介させていただきます。 毎日お掃除してるならあまり必要ないかも知れません。 そんなプロの声を「」に集めました。 自分でお掃除するときも、ハウスクリーニングをお願いするときも、役に立つこと間違いなしです! まとめ ついついサボりがちなトイレ掃除。 ふと気がついたら黒ずみがすごいことになっていた、なんてことも。 しかし、1日に一度はトイレを使いますよね?朝から汚いトイレなんて見たくないものです。 洗剤や重曹、クエン酸などを使って手入れをすれば常にきれいな状態を維持できます。 気持ちよくトイレタイムを迎えるためにも、たとえめんどくさくても、定期的に掃除するようにしましょう。

次の

【年末大掃除】コーラでトイレ掃除・錆取り他。7つの裏技を紹介

コーラ トイレ 掃除

しっかりブラシでこすってみましたが、黒ずみには効果が薄いようです…… 画像クリックで元画像表示 こびりついた汚れより毎日のトイレ掃除に コーラには、クエン酸やリン酸など、トイレの汚れを落とす働きのある成分が含まれています。 さらに、炭酸には汚れを分解する効果もあるので、トイレ掃除に使うことができるということでした。 人体にも無害なので安心して使うことができ、日常的なトイレ掃除には一定の効果があることがわかりました。 しかし、蓄積された頑固な黒ずみには大きな効果は見られなかったため、落とせる汚れには限界があるようです。 筆者自身は今回の実験をして、汚れをためずに日ごろから少しずつ掃除しておくことが重要だと再確認しました。 まずはトイレの黒ずみをしっかり落として、日々のトイレ掃除を頑張りたいと思います。 頑固な汚れの掃除には向きませんが、コーラの匂いが好きな方や、安全なもので掃除をしたいという方は、毎日のトイレ掃除に一案かもしれませんよ。 記載内容を行う場合は、その有効性、安全性など十分に考慮いただくようお願い致します。 記載内容を参考にしていただき、ご自身の暮らしにお役立ていただけますと幸いです。 予めご了承ください。 関連記事•

次の