如意 伝 レンタル。 DVD好評リリース中!「如懿伝(にょいでん)~紫禁城に散る宿命の王妃~」予告編

【中国ドラマ】如懿伝(日本語字幕)動画の無料視聴と感想&あらすじ!第1話~12話(最終回)|韓国LOVE

如意 伝 レンタル

琅琊榜之风起了长林 Nirvana in Fire II 第4話「生き証人」 蕭平旌 ショウヘイセイ と林奚 リンケイ は川にいた。 2人は程 テイ 医師の地図を頼りに船が沈没した位置まで来ると、船頭に船を止めてもらう。 すると平旌は素早く上着を脱いで首飾りを外し、川に飛び込んで行った。 衣の上に置かれた首飾りはあの長命鎖 チョウメイサ …。 林奚はかつて母が同じ長命鎖を握りながら話してくれた言葉を思い出す。 …軍の男に嫁げば出征した夫の身を案じる日々 …母には分かる、冨貴は煙のごとし …お前は母の二の舞にならないで、添い遂げられる人に嫁ぎなさい まだ幼かった林奚は了承し、母からの戒めに従うと約束した。 蕭平旌は川底から船の一部を持ち帰り、清風堂に戻った。 木材の断片に残っていたのは接着剤、つまり船は釘ではなく強力な接着剤で結合されていたと分かる。 この特製接着剤は何日も水に浸けなければ剥がれないため、気づくのは困難だった。 しかし衝突すれば何と脆いことか。 平旌は甘州 カンシュウ の悲劇の発端となった木片を前に、何ともやりきれない気持ちになった。 清風堂の薬坊が再開した。 しかし店の周りには相変わらず変装した見張りがいる。 もはや莱陽 ライヨウ 候・蕭元啓 ショウゲンケイ の関与も、長林王府次子の存在も衙門 ガモン に気づかれているだろう。 今、証人と物証を運び出すのは困難、こういう時はおとなしく待つに限る。 そこで平旌はもう1人の証人・張 チョウ 府尹 フイン を捕獲しようと思い立った。 都と直接、結びついていた張府尹は黒幕を暴くためにどうしても必要だ。 宋浮 ソウフ の幕僚・秦 シン 先生の正体は琅琊 ロウヤ 達人榜 ボウ の第4位・段桐舟 ダントウシュウ だった。 段桐舟は気弱な張府尹を見かぎり、独り身で自由がきく銭 セン 参領を懐柔する。 すると清風堂の雲 ウン を尾行していた男が断定した医者たちの隠れ家を報告した。 銭参領は証人を始末できれば張府尹も助かると信じ、すぐ官兵を率いて出発する。 しかし段桐舟は張府尹が持ちこたえられないと判断、配下に抹殺を命じた。 蕭平旌は早速、衙門を訪ねた。 ところが長林王府次子が現れたというのに張府尹はなかなか姿を見せない。 その頃、張府尹は刺客に襲われ、自害と見せかけるために白綾で梁に吊るされていた。 すると不審に思った蕭平旌が駆けつけ、間一髪のところで救われる。 そこへ突然、林奚が現れた。 段桐舟は銭参領を連れて医者たちの隠れ家に乗り込んだ。 医者たちは地下に隠れていたが、もはや見つかるのも時間の問題だろう。 そこへ蕭元啓がわずかな配下を率いて駆けつけ、捜索を強行しようとした官兵を刺し殺してしまう。 「私がなまくら子弟ゆえ、抵抗できず誰も殺せぬと?!」 まさかの事態にその場は騒然となった。 段桐舟にけしかけられた銭参領は相手が宗室でも見逃すわけにいかず、ついに剣を抜く。 しかしその時、林奚から知らせを受けた平旌が張府尹を連れて現れた。 蕭平旌は令牌 レイハイ を示して身分を明かし、長林王の命で官船沈没の調査に来たと伝えた。 しかし段桐舟は令牌ひとつで本物だとは分からないと鼻であしらい、怯む銭参領にこれが最後の機会だと耳打ちする。 すると緊迫する廃虚に思わぬ援軍が到着した。 それは長林王の側近である元 ゲン 将軍と斉州の紀 キ 将軍率いる善柳 ゼンリュウ 営。 段桐舟は包囲されたが暗器を放って抵抗し、急に銭参領を殺害、見事な軽功 軽業 で逃亡してしまう。 翌朝、林奚は蕭平旌たちと一緒に都へ行くため、荷物をまとめていた。 雲はそれとなく自分も行きたいと切り出すと、林奚は快く一緒に行こうと言ってくれる。 一方、平旌は生き証人の張府尹を護送用の車に収監していた。 紀将軍は証人が背後の黒幕を白状したか確認すると、平旌は張府尹なら襲撃に遭ってから黙ったままだと教える。 すると紀将軍はどちらにしても都に入れば大理寺が口を割らせると安心させた。 「確かに、ただ問題は無事に都に入れるかだ…」 こうして平旌は紀将軍の善柳営らと共に帰京の途についた。 驛站 エキタン での夜。 蕭平旌は念のため張府尹の様子を見に行くと紀将軍がいた。 張府尹は助けを求めるような目で次子を見たが、紀将軍がちょうど通りかかった林奚に気づいて出て行ってしまう。 平旌も結局、張府尹と言葉を交わすことなく、林奚のもとへ行った。 すると桟橋にひとり蕭元啓がいるのが見える。 平旌は林奚に元啓が人を初めて殺して落ち込んでいると教え、本人が吹っ切らねばならないと言った。 しかし林奚は言葉がなくても友がそばにいれば慰めになると助言する。 そこで平旌は元啓に酒を差し入れてやることにした。 元啓は平旌から酒をもらうと、いきなり一気飲みしてむせた。 軍職になくても戦場に立ったことがある平旌や10代の頃から重責を担っている蕭平章を思うと、自分が何とも情けない。 平旌は人を殺せるかで価値は決まらないと励ましたが、元啓はまた同じことが起きても殺すはずだと断言した。 蕭平旌は林奚が冷淡そうで実は情に厚いと分かっていた。 道中も林奚を気遣う平旌、しかし林奚は相変わらず素直になれない。 一方、張府尹も一向に口を利く様子はなかった。 平旌は休憩中、檻の中で黙り込んでいる張府尹を見ながら首を捻る。 段桐舟はなぜ銭参領を殺したのか。 いくら達人とはいえあの包囲から逃げるのは困難のはず、それでも危険を冒して銭参領を殺した。 口封じなら張府尹を狙うところ、なぜ銭参領を選んだのだろうか。 金陵の宮中では皇后荀 ジュン 氏が思いがけず梁 リョウ 帝の不興を買っていた。 皇后は皇太子・蕭元時 ショウゲンシ が濮陽纓 ボクヨウエイ の儀式で元気になったと報告したが、梁帝は甘州で犠牲になった将兵や死にかけた蕭平章たちのためにも祈るべきだと諭す。 すると皇后は御前にひざまずき、自分の罪を詫びた。 実は濮陽纓に相談はしていたものの、陛下が忙しそうなので許可をもらいそびれていたという。 世子妃・蒙浅雪 モウセンセツ は考え事かと声をかけると、平章は弟が今頃どの辺りを進んでいるのか心配だという。 「都に戻る道中、何か起きる可能性があると?」 「いや、可能性ではない…必ず起きる」 つづく ^ꇴ^ ろうやぼークラスタの大方の予想を裏切り好演と絶賛されたシャオミん でもやっぱりこの夫婦だけ浮いて見えるのは管理人だけかな~いや、いい意味で(笑.

次の

DVD好評リリース中!「如懿伝(にょいでん)~紫禁城に散る宿命の王妃~」予告編

如意 伝 レンタル

総製作費96億円! 中国版エミー賞(国劇盛典)4冠をはじめ、数々の演技賞を獲得し、視聴再生数165億回超えの爆発的大ヒットを記録した「如懿伝(にょいでん)~紫禁城に散る宿命の王妃~」DVDが、11月2日(土)より待望のリリース!本作は配信開始から視聴数が上昇し、「瓔珞~紫禁城に燃ゆる逆襲の王妃~」とともに再生数ランキング1・2位を独占。 2019年4月からはアメリカのHuluでも配信がスタートするなど、世界が注目する話題作だ。 ヒロインの如懿(にょい)を演じるのは、『ふたりの人魚』『女帝[エンペラー]』やハリウッド大作『クラウド アトラス』などで中国4大女優の1人と称される女優、 ジョウ・シュン。 陰謀渦巻く後宮で愛を貫き、誇り高く生きたヒロインの少女時代から老境に至るまでを演じきり、多くの現代女性たちに共感と感動の嵐を巻き起こした。 そして、清の乾隆(けんりゅう)帝を演じるのは、「女医明妃伝~雪の日の誓い~」などのヒット作で、今や中国時代劇の顔となったトップ俳優 ウォレス・フォ。 如懿への純粋な想いと彼を翻弄する後宮の妃たちとの間で葛藤し、次第に疑心暗鬼になる皇帝をカリスマあふれる存在感で体現。 さらに巨匠チャン・イーモウ監督作『至福のとき』のドン・ジエが裏の顔を持つ皇后役を、「武則天-The Empress-」の チャン・チュンニンが如懿を慕う妃役を演じたりと、豪華キャストが揃い踏み。 また、メガヒットドラマ 「宮廷の諍い女」の原作者であるリュウ・リエンズーが本作の原作・脚本を、ウォン・カーウァイ監督作品で有名な香港映画の名アートディレクター、ウィリアム・チョンが美術を担当するなど超一流スタッフも集結し、リアルさと映像美を追求。 実在の皇后をモデルに、波乱に満ちた生涯をドラマチックに描いた豪華絢爛な宮廷時代劇を堪能できる。 そしてこのたび、 本作のDVDリリースを記念して、第1話「如意の行方」が特別公開された。 第1話では、幼なじみで相思相愛の青桜(せいおう=如懿)を正妻に選ぼうと心に決めていた弘暦(こうれき=乾隆帝)だったが、福晋選び直前にとある事件が起きてしまい…。 ウォレス・フォ演じる弘暦が一途に青桜を想い奮闘する姿や、ジョウ・シュン演じる青桜が、本音を隠し弘暦にツレなくしてみたりと、2人の初々しい初恋物語に胸が躍る一方、これからヒロインを待ち受ける波乱に満ちた人生を予感させる第1話となっている。 弘暦が乾隆帝として即位すると、ますます苛烈になる後宮の妃たちの権力争い。 それに巻き込まれながらも気高く生きる如懿と、そんな彼女を守る皇帝。 だが如懿は、叔母と対立関係にあった皇太后や、皇帝の寵愛を巡る皇后、妃嬪たちの権力争いに巻き込まれるように。 乾隆帝はそんな彼女を守り、如懿も持ち前の知恵を発揮し2人で支え合いながら困難を乗り越えていく。 そんな中、立て続けに皇子が殺害される事件が発生!如懿は濡れ衣を着せられて冷宮送りにされてしまうが…。 次々と仕掛けられる罠と陰謀渦巻く宮中で、乾隆帝の愛に支えられ如懿はついに皇后の地位に上り詰める。 「如懿伝 にょいでん ~紫禁城に散る宿命の王妃~」 DVD-SET1、レンタルVol. 1~6 11月2日(土)リリース! DVD-SET2~7、レンタルVol. 7~44 毎月順次リリース! 発売・販売元:NBCユニバーサル・エンターテイメント 公式サイト: トレーラー: (c)2018 New Classics International Media Limited All Rights Reserved U-NEXTにて2019年11月2日(土)より独占先行配信開始•

次の

琅琊榜<弐>~風雲来る長林軍~#4あらすじ

如意 伝 レンタル

如懿传 Ruyi's Royal Love in the Palace 第1話「 如意の行方」 時は清朝雍正 ヨウセイ 皇帝の第4皇子・弘暦 コウレキ は必死に城内を走っていた しかしひと足遅く、門を開けた時には想い女・青桜 セイオウ の手に金色の如意が… 「青桜っ!」 長椅子でうたた寝していた弘暦はそこで飛び起きた。 現実では第3皇子・弘時 コウジ が嫡福晋 正室 に董鄂 ドンゴ 氏を選び、青桜は側福晋にも落選したという。 皇后烏拉那拉 ウラナラ 氏は3兄の育ての母、当然、姪の青桜が選ばれると思っていたが…。 しかも青桜は福晋選びの途中で姿を消し、行方が分からなくなっていた。 青桜は回廊の片隅でひとり千里鏡をのぞいていた。 すると弘暦が息急き切ってやって来る。 弘暦はなぜ落選したのかいぶかしむと、青桜は選ばれないよう豆をたくさん食べてオナラをしたと暴露した。 母と叔母がうるさいので参加したものの、第3皇子を慕っていないという。 来月はいよいよ弘暦の福晋選びだ。 弘暦は青桜を福晋選びに誘い出すため、見る目のある青桜に自分の妻にふさわしい者を選んで欲しいと頼んだ。 「私を選ばないのね?約束よ?」 「…良い娘を選んでくれればいいんだ」 しかし青桜は弘暦の母のことを思い出し、やはり断って帰ってしまう。 弘暦は別れ際、青桜が来るのを待っていると伝えたが、返事はもらえなかった。 いよいよ第4皇子の福晋選びの日、青桜は皇后の寝宮を訪ねた。 皇后は早速、新調した旗袍 チーパオ に着替えさせたが、青桜は弘暦に手伝いを頼まれただけで選ばれないと教える。 しかし皇后はとにかく参加しろの一点張りだった。 叔母の口癖と言えば『我々一族に高官がいないため、女が後宮に入って一族を繁栄に導かねばご先祖様に顔向けできぬ』だ。 青桜は空返事で逃げ出すと、入れ替わるように思わぬ知らせが舞い込んだ。 「皇后娘娘 ニャンニャン !陛下が三阿哥にお怒りで娘娘をお呼びですっ!」 絳雪軒 コウセツケン に良家の娘たちが集まった。 弘暦の母で熹 キ 貴妃・鈕祜禄 ニオフル 氏は権勢を誇る富察 フチャ 家の娘を嫡福晋にと推す。 弘暦はギリギリまで青桜を待っていたが結局、吉時となっても現れず、仕方なく母の希望通り琅嬅 ロウカ に如意を渡すことにした。 しかしその時、遅れて青桜が現れる。 弘暦は琅嬅の手に乗せた如意を引っ込めると、福晋選びは仕切り直しとなった。 その頃、皇帝は第3皇子が朝臣と結託して皇太子の座を狙ったと糾弾、皇籍の剥奪を命じた。 弘時は弁明さえ許されず、その場で玉牒を外され連行されてしまう。 すると皇帝は何かと政事や軍事に口を出していた皇后の差し金だと疑い、これまでの不満を爆発させた。 「そなたとは死しても見えぬっ!」 こうして皇后は景仁宮での生涯禁足の刑を言い渡された。 弘暦は富察氏に側福晋の巾着を下賜し、青桜の前に立って如意を差し出した。 「冗談が過ぎるわよ?帰るわ」 「受け取らぬのか?」 青桜は熹貴妃の不満げな顔をチラッと見てから、ついに如意を受け取った。 しかし突然、皇帝が絳雪軒に現れる。 実は皇后が簒奪 サンダツ を目論んで生涯禁足となり、皇后の姪である青桜は伴侶にふさわしくないと言うのだ。 熹貴妃はほくそ笑み、せめて第3皇子には寛大な処遇をとしらじらしい嘆願をする。 すると総監・蘇培盛 ソバイセイ は第3皇子がすでに皇籍を剥奪され、庶人に降格されたと報告した。 青桜はすぐ出宮するよう命じられた。 しかし見送りを任された蘇培盛の情けで景仁宮に立ち寄ることができる。 青桜は戸越しに叔母に声をかけ、皇帝に酌量を求めると言った。 驚いた皇后は烏拉那拉氏一族全体に塁が及んでしまうと止め、陛下を怒らせぬよう酌量を求めてはならないと伝える。 青桜は蘇培盛に急かされると、仕方なくまた来ると約束して帰って行った。 翌日、弘暦は養心殿を訪ね、生まれて初めて父皇に嘆願した。 青桜とは幼なじみで心の通じ合う仲、氏素性など気にしないという。 確かに以前なら構わなかったが、皇帝はこれからは気にかけなければならないと言った。 皇族というものは何一つ思うままにならず、玉座に座っても手に入らぬものもある。 一切の言動が国の繁栄のためなのだ。 「婚姻はお前1人のことではない、朕にとっても望ましい形であって欲しい 国事と婚姻は結びついている 最適なものが望むものとは限らぬ、すべきことが望むこととも限らぬ 決断を下して何かを得る時、必ずや犠牲を伴うのだ」 弘暦はすぐ父の教えを理解し、嫡福晋には富察琅嬅がふさわしいと意向を受け入れる。 ただしやはり青桜のことは自分が面倒見たいと訴えた。 弘暦はひざまずいて感謝すると、皇帝は穏やかで実直な弘暦を宝 ホウ 親王に封じた。 一方、後宮争いに勝った熹貴妃は惨めな皇后の姿を見るために景仁宮に乗り込んだ。 「弘暦皇子を宝親王に封じ、富察琅嬅を嫡福晋に、高晞月を格格に迎える…」 熹貴妃は申し分ないと満足したが、まだ続きがあった。 「…烏拉那拉氏は側福晋とする」 蘇培盛が引き上げると、皇后は顔がほころんだ。 「どうやらこれで幕引きではなさそうね、このお芝居はまだまだ続く…」 皇后は貴妃がわざと臣下たちに連名で第3皇子を皇太子にと奏文を書かせたことに気づいた。 いつも巧妙な手を使って来る貴妃、しかしどうやら計算外のことが一つあったらしい。 それは弘暦がこれほど青桜に執着していたことだ。 貴妃は顔色が一変したが、どうせ側福晋だと言って帰ってしまう。 確かに青桜は側福晋、しかし皇后は弘暦の深い愛情が大きな後ろ盾になると期待した。 寝耳に水だった熹貴妃は弘暦を寝宮に呼んだ。 弘暦は母が怒っていないことにいささか拍子抜けしたが、母が青桜を嫌いだと知っている。 しかし熹貴妃は好き嫌いの問題ではないと否定し、皇后が禁足の刑を受けたので息子に累が及ぶのを恐れたのだと言った。 どちらにしても皇帝の認めた婚姻では反対できるはずもない。 「望み通り末長く夫婦円満だといいけれど…」 青桜の父・那爾布 ナルプ は一族連座を心配し、今は皇帝へ酌量を求めないと決めた。 夫人は福晋選びに2回も落ちた娘に嫁ぎ先がないと心配したが、そこへ宮中から詔勅 ショウチョク が届く。 なんと青桜が宝親王の側福晋に封じられたというのだ。 こうして宝親王と富察琅嬅の成婚は8月1日、青桜と高晞月は8月2日に輿入れと決まる。 つづく.

次の