西日本 シティ。 西日本シティ銀行カードローンでお金を借りる@金利と審査(在籍確認電話、収入証明書)

HKT新劇場、西日本シティ銀行が命名権 AKB初、10月下旬の開館目指す(西日本新聞)

西日本 シティ

string 15 "エネルギー" string 0 ""string 12 "サービス" string 0 ""string 9 "不動産" string 0 ""string 15 "医療・福祉" string 0 ""string 6 "卸売" string 0 ""string 6 "小売" string 0 ""string 6 "建設" string 0 ""string 12 "情報通信" string 0 ""string 6 "教育" string 0 ""string 6 "林業" string 0 ""string 6 "物流" string 0 ""string 6 "製造" string 0 ""string 6 "運輸" string 0 ""string 6 "金融" string 0 ""string 18 "金融・不動産" string 0 ""string 15 "金融・保険" string 0 "" 創立15周年、中計推進で グループ総合金融力の進化を目指す 2014年10月に旧西日本銀行と旧福岡シティ銀行の合併で誕生し、今年で創立15周年を迎える㈱西日本シティ銀行。 17年度に始動した西日本FHグループ初の中期経営計画「飛翔2020 〜知恵をしぼろう〜」で『グループ総合金融力の進化』を目指す中、グループの中核会社としてさまざまな取り組みを進めている。 グループ一丸となった展開で「まるごとサポート」を進化 2016年10月に設立した持株会社、西日本フィナンシャルホールディングス(以下西日本FH)のもと取り組む中期経営計画では、来年3月までを「さらなる飛躍に向けた基盤拡大に取り組み、お客さまに選ばれる地域金融グループを目指す『グループ総合金融力の進化』ステージ」と位置付けている。 中でも特に力を入れるのが、「お客さま起点の総合金融サービスの向上」だ。 これまで企業や個人それぞれのステージから生じるさまざまなニーズに応じて最適なサービスを提供してきた「まるごとサポート」をさらに進化させ、全国地銀上位行の同行を中心に地銀系カード会社トップの九州カード㈱や九州初の地銀系証券子会社の西日本シティTT証券㈱など各社の強みを生かし、グループ一丸となった展開を図っている。 4月22日に「まるごとサポート店」としてオープンする大橋駅前支店・大橋支店の新店舗イメージ 創業支援機能を相次ぎ拡充 企業向けでは、地場産業の育成、成長分野への支援など地域経済の発展に資する最適なサービスを拡充する中、特に力を入れるのが旧2行で培われた「中小企業育成のDNA」を承継した創業支援だ。 17年11月には、福岡地区に続いて北九州地区にも「NCB創業応援サロン」を新設。 両サロンに創業カウンセラー29人を配置し、きめ細かな相談受付態勢を整えた。 さらに昨年は会計ソフトのfreee㈱や弥生㈱、広報活動支援の㈱PR TIMESと提携し、創業支援ツールの提供を拡充。 創業後5年以内の企業に対する融資金額は17年度に初めて1,000億円を突破したが、18年度はさらに上回る見込みだ。 また、国際ビジネス支援では16年9月に横浜銀行、17年5月に東南アジア最大のDBS銀行と業務提携するなど提携金融機関の充実した海外ネットワークを活用し広域かつ深度ある支援を展開している。 個人向けでは昨年夏に東京証券取引所との「資本市場に関する連携基本協定」に基づき、投資初心者やこれから資産運用を検討する顧客を対象に、NISA、積立NISA、iDeCo等の概要や金融商品の基礎について説明・解説するセミナーを、東証と共同で開催するなど、最適なサービスの提供に努めている。 Fin Techなど新たな領域へ挑戦 同行では高度なコンサルティングサービスの提供とともに、ベストミックスチャネルの構築にも取り組んでいる。 店舗チャネルとしては、4月以降、店舗のリニューアルオープンを行い、顧客満足度の高い店舗づくりと質の高い金融サービスの提供に努めていく。 デジタルチャネルにおいても「西日本シティ銀行アプリ」のサービスメニューを拡充している。 昨年4月、税公金お支払いサービス「NCBアプリペイ」の取扱対象に宇美町、志免町、須恵町、新宮町を追加し、福岡県内の6つの地方公共団体で利用可能とした。 同8月には、車購入、旅行、教育資金といった目的毎に、目標金額・期限などを顧客自身で設定してお金を管理できる「目的貯蓄」機能を追加した。 また、同9月には、北九州市との連携の下、㈱prIngが提供する個人間送金、店頭決済を行うアプリ「pring」を利用したQRコード決済の実証実験に取り組んだ。 今後も先進的な金融サービスの提供に向け、新たな領域へ挑戦していく方針だ。 ncbank. 092-731-3654 担 当/人事部人財開発室 (ふくおか経済EX2019年).

次の

西日本シティ銀行の「経営破綻する」の噂検証

西日本 シティ

)は、本店をに置く、傘下の。 概説 (平成16年)に、の との が合併して発足した。 本店(旧:福岡シティ銀行本店、竣工当時は福岡)の設計は。 福岡県内、特に福岡市内と内を中心に合計183店舗を展開する。 他の九州各県のほか、(と、のと、)と、にも支店を持つ。 コーポレートスローガンは「 ココロがある。 コタエがある。 経営環境 西日本シティ銀行は2004年10月に株式会社西日本銀行と株式会社福岡シティ銀行が合併し、商号を株式会社西日本シティ銀行として発足した。 福岡県内で(の中核銀行)と競合するものの、現在、全国的に見ても有力地銀の一つである。 合併以後は事業の拡大と財務の健全化が進み、旧:福岡シティ銀行に注入されていたの残り350億円を(平成22年)7月に完済した。 また、2010年5月にとの連結子会社で、九州の地銀初となる証券子会社のが新たに発足した。 後述のように、合併時に旧:西日本銀行の北九州支店と支店を営業部に昇格させた他、2013年5月には、福岡県外の地盤であり、旧:本店が所在した内3店舗を宮崎支店に統合の上で宮崎営業部に昇格させた(市内4店舗を1か所に集約化し、旧店舗3か所の跡地には店舗外を残す形とした。 これにより、宮崎県内は都城支店を含めて2拠点となった)。 これらの取り組みにより、地域ごとに体制強化を図っている。 北九州戦略 旧:西日本銀行と旧:福岡シティ銀行は、や・地方でもある程度の店舗展開をしていたこともあり、合併後、北九州市における最大規模の金融機関となった(合併時に、旧:西日本銀行側の北九州支店を営業部に昇格させている )。 しかし、北九州市のは、ライバル行で福岡県最大手の福岡銀行と、(現:)との結びつきの深かった旧:の流れをくむ、 による2行輪番という構図がそのままとなっていた。 西日本シティ銀行は(平成22年)、北九州における営業強化のため「北九州地区本部」をを長とする「北九州総本部」に改組し 、2年前に取締役副頭取()に「北九州・山口代表」の肩書を与えた のに続いて、北九州重視の営業強化策を打ち出した。 加えて、下関支店(山口県下関市)を「重要な拠点」と位置づけ、機能面・設備面の充実を目的として、(平成25年)1月のオープンを目標に店舗の建て替えを行うと発表した。 これについて、西日本シティ銀行の久保田頭取(当時)は発表の席で「建て替えを急ぐ時期ではないが、いろんな状況を踏まえて判断した。 大きな銀行のサービスはいかなるものかを示したい」と語るとともに、北九州市への指定金融機関昇格について「同市への働きかけを強化する」と述べ 、これらが下関市に拠点を置く YMFG がの九州内店舗を分離して、北九州市に本店を置くを(平成23年)に開業させたことに対抗するものであることを暗に示唆している。 以上のような経緯を経つつ、(平成27年)から2019年(平成31年)までの市の指定金融機関における4行輪番制の1行に指定された。 (平成29年)、重複していた北九州地区の拠点整理を兼ねた2件の建て替え事業が完了。 支店(旧:西日本銀行小倉支店)は「幹部候補生」として期待される若手行員の独身寮を上層階に併設。 北九州総本部は旧:西日本銀行北九州営業部から(旧:福岡シティ銀行)小倉支店跡に新築移転した。 歴史 旧:西日本銀行と旧:福岡シティ銀行には、前から続いた長い歴史があった。 戦時中の金融機関の強制統合の際、県下の会社は福岡無尽(後:福岡シティ銀行)を除き西日本無尽(後:西日本銀行)に一本化された。 統合案が破談になった経緯がある。 また、旧:西日本銀行は、50年代後半のの転換時に地銀化を目指した。 しかし、当時社団法人相互銀行協会会長であった四島司(当時株式会社福岡相互銀行社長。 地銀転換後、株式会社福岡シティ銀行頭取 )の猛反発に遭い、断念も一時検討された。 その後、宮崎市に本店を置いていた高千穂相互銀行の救済合併を条件に、相互銀行からに転換した。 そのため、地銀化以降の旧:西日本銀行のは 0190である。 なお、相互銀行から地方銀行(加盟の)への転換は、最初で最後のケースである。 また、2000年代に入って旧:福岡シティ銀行は、福岡銀行との統合を目指したが、福岡県内の勢力図に偏りが生ずるため、金融界の要請に従う形で、旧:西日本銀行との統合に方向転換した。 統合に向けた協議を開始した当初は、2003年(平成15年)4月にを新設した上での再編を模索したが、経営効率化や環境の変化などを勘案し方針を転換。 上記の合併に進んだことで持株会社構想は一度終焉している。 その後、再度持株会社による再編を具現化。 (平成28年)、「(FH)」を同年に設立し、持株会社制に移行すると発表。 今回の西日本FHの誕生において、西日本シティ銀と子会社2社(長崎銀行、西日本信用保証)とのの方法を採用。 ・に上場していた西シ銀の株式は上場廃止、西シ銀は上場廃止の上で子会社2社とともに西日本FHの子会社となり、西日本FHの株式を2016年10月3日付に・の両取引所に上場。 10月3日、西日本フィナンシャルホールディングスが発足した。 沿革 旧行も共に、として発足し、(昭和26年)のの施行により相互銀行に転換した。 西日本相銀行は、(昭和59年)10月に高千穂相互銀行を吸収合併した際にに転換、西日本銀行と改称しとして出発した。 一方、福岡相互銀行は他の多くの相互銀行と同じように(平成元年)に普通銀行に転換を図り、として発足した。 詳細は「」および「」を参照• (平成16年)10月1日 - 株式会社西日本銀行と株式会社福岡シティ銀行が合併して 株式会社西日本シティ銀行が発足。 (平成17年)1月4日 - システムは、・情報系ともに旧:西日本銀行のシステムに統合され、支店・ATMなどでのサービスが共通化。 これにより旧:福岡シティ銀行の通帳 は使用できなくなり、強制切り替えとなる。 (平成20年)9月30日 - 西日本シティの取り扱いを終了。 (平成21年)9月7日 - (国税電子申告・納税システム)に申告した税務申告データを電子データのまま金融機関に送信できるの取扱いを開始。 (平成22年)5月 - 西日本シティTT証券の開業に伴い、を引き受け、同社を子会社化。 (平成25年)• 1月4日 - を、へ移行。 九州では初の稼動行。 4月19日 - 松山支店廃止(広島支店に統合)。 同年5月31日には同店跡地の店舗外ATMも閉鎖し、愛媛県から撤退。 12月27日 - 総額100億円規模の個人向け社債()を発行。 (平成26年)12月18日 - を化。 (平成27年) - アプリ「西日本シティ銀行アプリ」開始。 CMには、若田部佳代・若田部遥親子を起用。 (平成28年)• 4月 - 地銀7グループと共同設立した資産運用会社であるが業務を開始。 5月10日 — 西日本シティ銀行が持株会社制移行を表明。 9月28日 - ・に上場する西日本シティ銀行の株式が上場廃止。 10月3日 - が発足。 情報処理システム 10月27日、西日本シ銀は、と基幹系システムの開発と運用アウトソーシングに関する契約を締結した。 これにより同行であったNCBコンピューターサービスの株式をNTTデータが取得。 社名を「NTTデータNCB」に変更した上で、同社を通じて西日本シ銀向けのシステム関連を請け負う体制とした。 勘定系システム 1月4日、独自に構築したシステムからNTTデータが運営する基幹システム()である「」に移行した。 個人顧客管理システム 個人顧客管理システムは、顧客データ分析システムの共同運用協定に基づき、のノウハウを活用した「イベント・ベースド・マーケティング(EBM)」システムをなど6行と共に導入している。 ATM提携サービス 詳細は「」を参照 関連会社 子会社• Nishi-NipponCity Preferred Capital Cayman Limited 持分法適用関連会社• 株式会社エヌ・ティ・ティ・データNCB 地域貢献活動 主な活動• 九州山口経営者顕彰財団 - 旧:福岡シティ銀行の四島司元頭取が育成を目指して私財を拠出して設立。 顕彰者には、現在の九州の有力企業が名前を連ねる。 - 旧:福岡シティ銀行がミュージカル専用劇場として、を誘致しての中に出来た劇場。 『ふるさと歴史シリーズ』 - 福岡県に配属される向けの歴史解説冊子。 1979年に刊行を始め、2018年に100号に。 CMキャラクター 福岡銀行などに対抗するため、合併後から積極的にに取り組む。 現在出演中のキャラクター• ・・(元:)親子…「西日本シティ銀行アプリ」編及び「休日相談窓口」編以降のCMに出演。 なお、この3人は実の親子である(アプリ編は母の佳代と娘の遥のみ、2016年2月の新生活応援キャンペーン編は娘の遥のみ出演)。 過去のキャラクター• - 企業CM(頭取就任直後)• () - 2011年度フレッシャーズキャンペーン• HKT48 - 2012、2013年度フレッシャーズキャンペーン• - ローン商品(2012年春まで数年起用された) ギャラリー• 田島支店 に併設 脚注 注• 北九州市における旧シ銀側の中核店舗は小倉支店で、しばらく西日シティ銀行の小倉支店として存続していたが、基幹拠点の集約・北九州営業部の新築移転に先立ち、小倉支店を2015年7月に統合し、小倉支店跡地に西日本FH北九州ビルを建設して、2017年11月に北九州営業部の新店舗とした。 既存の福岡銀、みずほ銀に加え、西日本シティ銀、北九州銀が新たに受託機関となり4行の輪番制となる。 合併に伴い西日本シティ銀行会長就任が内定していたが、政府優先株無配の責任を取り合併前に頭取を退任。 後継の頭取となった本田正寛が合併後に会長に就任した。 には、傘下の第二地銀であるが、地銀協加盟のなどを吸収合併して「きらぼし銀行」と改称し、第二地銀から地銀へ転換する予定である。 厳密には、同年12月のへの加盟を以って、地方銀行となっている。 存続会社は西日本銀行。 本店は福岡シティ銀行側に設置され、旧西銀本店は本店別館となり、同本店営業部は福岡支店となった。 なお、この時点では統合が行われず、旧銀行が異なる店舗ではATMでの出金以外の取引が一切できないため、識別マークとして店頭に旧西日本銀行は赤い四角に「N」、旧福岡シティ銀行は青い丸に「C」と書かれたステッカーが貼られていた。 は、旧西銀時代の(平成12年)の時点でへの移行が決まっていた• 合併から2004年12月30日までに旧福岡シティ銀行店舗で発行された西日本シティ銀行の通帳を含む。 穴井千尋(チームHキャプテン)、多田愛佳、中西智代梨、兒玉遥、松岡菜摘、宮脇咲良、森保まどか、村重杏奈、朝長美桜、田島芽瑠 出典• (2018年11月25日閲覧)。 (2018年11月25日閲覧)。 産経新聞. 2014年6月19日. 2014年6月21日閲覧。 PDF プレスリリース , 西日本シティ銀行, 2010年5月14日 , 2011年9月29日閲覧。 - 西日本シティ銀行公式サイト内• PDF プレスリリース , 西日本シティ銀行, 2011年9月28日 , 2011年9月29日閲覧。 毎日jp「オッショイ! 九州」. 2011年9月29日. 2011年9月29日閲覧。 [ ]• 日本経済新聞 2011年9月29日. 2014年6月20日閲覧。 西日本シティ銀行 2014年6月18日. 2014年6月20日閲覧。 北九州市会計室 2014年5月16日. 2014年6月20日閲覧。 PDF プレスリリース , 西日本シティ銀行, 2017年7月10日 , 2017年12月11日閲覧。 PDF プレスリリース , 西日本シティ銀行, 2017年9月7日 , 2017年12月11日閲覧。 そのため、新銀行発足は当初予定から1年半延期している。 西日本シティ銀行誕生への道のり・29-35p 西日本シティ銀行合併史編纂委員会、2013年刊行。 2017年2月6日閲覧• 西日本シティ銀行• 西日本シティ銀行. 2012年3月3日閲覧。 日本経済新聞. 2013年11月28日. 2014年12月12日閲覧。 日本経済新聞. 2014年9月25日. 2014年12月12日閲覧。 山口新聞. 2016年3月19日. 2016年5月19日閲覧。 日本経済新聞 2016年5月10日• 読売新聞 2016年5月11日• 西日本シティ銀行 2006年10月27日. 2014年6月20日閲覧。 日経コンピュータ 2006年10月27日. 2014年6月20日閲覧。 西日本シティ銀行 2013年1月4日. 2014年5月13日閲覧。 日本経済新聞 2013年1月5日. 2014年6月20日閲覧。 日本経済新聞 2012年1月11日. 2014年6月20日閲覧。 日本経済新聞 2013年7月11日. 2014年6月20日閲覧。 『』2018年8月2日(金融面)2018年11月25日閲覧。 関連項目• (で放送されている西日本シティ銀行提供番組)• (で放送されている西日本シティ銀行提供番組)• (で放送されている西日本シティ銀行提供番組)• - 旧福岡シティ銀行系。 元系列で、上場会社。 現在は傘下の関連リース会社。 - 等の開発で知られる旧福岡シティ銀行系列の九州最大の不動産会社()。 外部リンク ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。

次の

(株)西日本シティ銀行

西日本 シティ

「E・ZO FUKUOKA」は福岡ソフトバンクホークスが建設し、7月21日に一部が先行開業する。 1階にある劇場は最大収容300人(いす席272、立ち見席26、車椅子2)。 会見には、西日本シティ銀行の谷川浩道頭取と福岡ソフトバンクホークスの太田宏昭専務、Mercuryの前田治昌社長が出席。 チケット売り場を予定している場所での除幕式の後、HKTの最新シングルで表題曲を歌う16人がステージに立ち「青春の出口」を披露した。 西日本シティ銀行は、2012年と13年の春にHKTを「新生活応援キャンペーンキャラクター」に起用してCMも製作。 1期生の若田部遥はグループ卒業後も、元ホークス投手の父・健一さんや、母でタレントの佳代さんと同銀行のCMに出演を続けている。 会見で、西日本シティ銀行の谷川頭取は「ホークスから提案をもらい直感で決めた。 により出鼻をくじかれた気もするが、そういう時こそ九州を元気にする役割が期待される。 アイドルはファンを夢中に、元気にする力がある。 劇場から多くの笑顔が生まれ、広がっていくことを期待したい」と語った。 ホークスの太田専務は「わが家と思って、エンターテインメントの素晴らしさを伝えてほしい」と期待。 Mercuryの前田社長は「新名所となるこの場所で、来年迎える10周年に向けて頑張っていきたい」と意気込み、10月の開館については「メンバーも一日も早く笑顔でファンに会いたいと思っているが、もう少しお待ちいただきたい」と求めた。 HKT48は11年11月26日、ドームそばの商業施設「モール」内に建設された専用劇場で活動をスタート。 ほぼ毎日、公演を開催してきたが、再開発により16年3月末で閉館。 以降は市内3カ所で公演を開催、18年に新劇場の建設を発表していた。 (古川泰裕).

次の