とどろき えい すう じゅ く。 四字熟語一覧表

【三国志地図】「青州(せいしゅう)」の郡県詳細地図(三国時代)

とどろき えい すう じゅ く

青州の領郡 青州(せいしゅう)の領郡地図 青州 ( せいしゅう )の領郡 領郡 済南国 ( せいなんこく )、 楽安国 ( らくあんこく )、 北海国 ( ほっかいこく )、 東萊郡 ( とうらいぐん )、 斉国 ( せいこく )、 城陽郡 ( じょうようぐん )の6郡。 州治所 斉国 ( せいこく )・ 臨菑県 ( りんしけん )( 臨湽県 ( りんしけん )) 特記事項• 建安 ( けんあん )3年(198年)、 北海国 ( ほっかいこく )、 東萊郡 ( とうらいぐん )、 徐州 ( じょしゅう )・ 琅邪国 ( ろうやこく )が分割され、 城陽郡 ( じょうようぐん )が新設されました。 スポンサーリンク 青州各郡の領県 済南国(せいなんこく) 済南国 ( せいなんこく )の場所 済南国 ( せいなんこく )の領城地図 済南国 ( せいなんこく )の領城 領城 東平陵県 ( とうへいりょうけん )、 著県 ( ちょけん )、 於陵県 ( おりょうけん )( 于陵県 ( うりょうけん ))、 台県 ( たいけん )、 菅県 ( かんけん )、 土鼓県 ( とこけん )、 梁鄒県 ( りょうすうけん )、 鄒平県 ( すうへいけん )、 東朝陽県 ( とうちょうようけん )、 歴城県 ( れきじょうけん )、 湿陰県 ( しゅういんけん )、 祝阿県 ( しゅくあけん )の12城。 郡治所 東平陵県 ( とうへいりょうけん ) 特記事項• 祝阿県 ( しゅくあけん )が 青州 ( せいしゅう )・ 平原国 ( へいげんこく )から編入されました。 湿陰県 ( しゅういんけん )が 青州 ( せいしゅう )・ 平原国 ( へいげんこく )から編入されました。 楽安国(らくあんこく) 楽安国 ( らくあんこく )の場所 楽安国 ( らくあんこく )の領城地図 楽安国 ( らくあんこく )の領城 領城 高苑県 こうえんけん( 高菀県 こうえんけん)、 臨済県 りんせいけん、 千乗県 せんじょうけん、 楽安県 ( らくあんけん )、 博昌県 ( はくしょうけん )、 蓼城侯国 ( りゅうじょうこうこく )、 利県 ( りけん )、 寿光県 ( じゅこうけん )の8城。 郡治所 臨済県 りんせいけん 特記事項• 益侯国 ( えきこうこく )が 斉国 ( せいこく )に転出され、 益都県 ( えきとけん )に改称されました。 北海国(ほっかいこく) 北海国 ( ほっかいこく )の場所 北海国 ( ほっかいこく )の領城地図 北海国 ( ほっかいこく )の領城 領城 平寿県 ( へいじゅけん )、 劇県 ( げきけん )、 営陵県 ( えいりょうけん )、 都昌県 ( としょうけん )、 朱虚県 ( しゅきょけん )、 膠東県 ( こうとうけん )、 即墨県 ( そくぼくけん )、 下密県 ( かみつけん )、 挺県 ( ていけん )( 拒県 ( きょけん ))の9城。 郡治所 平寿県 ( へいじゅけん ) 特記事項 城陽郡に転出• 安丘県 ( あんきゅうけん )が 城陽郡 ( じょうようぐん )に転出されました。 淳于県 ( じゅんうけん )が 城陽郡 ( じょうようぐん )に転出されました。 平昌侯国 ( へいしょうこうこく )が 城陽郡 ( じょうようぐん )に転出されました。 昌安県 ( しょうあんけん )が 城陽郡 ( じょうようぐん )に転出されました。 夷安県 ( いあんけん )が 城陽郡 ( じょうようぐん )に転出されました。 高密県 ( こうみつけん )が 城陽郡 ( じょうようぐん )に転出されました。 壮武県 ( そうぶけん )が 城陽郡 ( じょうようぐん )に転出されました。 斉国に転出• 東安平県 ( とうあんぺいけん )が 斉国 ( せいこく )に転出されました。 東萊郡に転出• 観陽県 ( かんようけん )が 東萊郡 ( とうらいぐん )に転出されました。 東萊郡(とうらいぐん) 東萊郡 ( とうらいぐん )の場所 東萊郡 ( とうらいぐん )の領城地図 東萊郡 ( とうらいぐん )の領城 領城 黄県 ( こうけん )、 牟平県 ( ぼうへいけん )、 惤侯国 ( けんこうこく )、 曲成県 ( きょくせいけん )、 掖侯国 ( えきこうこく )、 当利侯国 ( とうりこうこく )、 東牟侯国 ( とうぼうこうこく )、 昌陽県 ( しょうようけん )、 盧郷県 ( ろきょうけん )、 長広県 ( ちょうこうけん )、 不其県 ( ふきけん )( 不期県 ( ふきけん ))、 観陽県 ( かんようけん )の12城。 郡治所 黄県 ( こうけん ) 特記事項• 観陽県 ( かんようけん )が 北海国 ( ほっかいこく )から編入されました。 黔陬県 ( けんすうけん )が 城陽郡 ( じょうようぐん )に転出されました。 斉国(せいこく) 斉国 ( せいこく )の場所 斉国 ( せいこく )の領城地図 斉国 ( せいこく )の領城 領城 臨菑県 ( りんしけん )( 臨湽県 ( りんしけん ))、 西安県 ( せいあんけん )、 昌国県 ( しょうこくけん )、 広県 ( こうけん )、 般陽県 ( はんようけん )、 東安平県 ( とうあんぺいけん、 広饒県 ( こうじょうけん )、 益都県 ( えきとけん )( 益国 ( えきこく ))、 南豊県 ( なんほうけん )、 新沓県 ( しんとうけん )、 新汶県 ( しんぶんけん )の11城。 郡治所 臨菑県 ( りんしけん )( 臨湽県 ( りんしけん )) 特記事項 新設• 広饒県 ( こうじょうけん )• 南豊県 ( なんほうけん )• 新沓県 ( しんとうけん )• 新汶県 ( しんぶんけん ) 東安国から編入• 益都県 ( えきとけん )( 益国 ( えきこく )) 北海国から編入• 東安平県 ( とうあんぺいけん 徐州・東莞郡に転出• 臨朐県 ( りんくけん ) 城陽郡(じょうようぐん)呉領 城陽郡 ( じょうようぐん )の場所 城陽郡 ( じょうようぐん )の領城地図 城陽郡 ( じょうようぐん )の領城 領城 東武県 ( とうぶけん )、 諸県 ( しょけん )、 莒県 ( きょけん )、 姑幕県 ( こばくけん )の 安丘県 ( あんきゅうけん )、 淳于県 ( じゅんうけん )、 平昌県 ( へいしょうけん )、 高密県 ( こうみつけん )、 昌安県 ( しょうあんけん )、 夷安県 ( いあんけん )、 壮武県 ( そうぶけん )、 黔陬県 ( けんすうけん )の12城。 郡治所 東武県 ( とうぶけん ) 特記事項 北海国から編入• 安丘県 ( あんきゅうけん )• 淳于県 ( じゅんうけん )• 平昌県 ( へいしょうけん )• 高密県 ( こうみつけん )• 昌安県 ( しょうあんけん )• 夷安県 ( いあんけん )• 壮武県 ( そうぶけん ) 東萊郡から編入• 黔陬県 ( けんすうけん ) 徐州・琅邪国から編入• 東武県 ( とうぶけん )• 諸県 ( しょけん )• 莒県 ( きょけん )• 姑幕県 ( こばくけん ) 廃止• 琅邪県 ( ろうやけん• 海曲県 ( かいきょくけん スポンサーリンク 関連記事• スポンサーリンク.

次の

四字熟語一覧表

とどろき えい すう じゅ く

Contents• 冀幽州 きゆうしゅう 城レベル 読み方 Lv. 3 上党 じょうとう Lv. 2 ギョウ城 ぎょうじょう 巨鹿 きょろく 官渡 かんと 平原 へいげん 代郡 だいぐん 襄平 じょうへい Lv. 1 九原 きゅうげん 晋陽 しんよう 壺関 こかん 恒山 こうざん 清河 せいが 界橋 かいきょう 南皮 なんぴ 白馬 はくば 延津 えんしん 范陽 はんよう 北平 ほくへい 臨シ りんし 薊城 けいじょう 遼東 りょうとう 北海 ほっかい 楽浪 らくろう 青丘 せいきゅう 青豫州 せいよしゅう 城レベル 読み方 Lv. 3 許昌 きょしょう Lv. 2 寿春 じゅしゅん ショウ県 しょうけん 濮陽 ぼくよう 潁川 えいせん 下ヒ かひ Lv. 1 陳留 ちんりゅう 汝南 じょなん 石亭 せきてい 合肥 ごうひ 泰山 たいざん 小沛 しょうはい 彭城 ほうじょう 蘆江 ろこう 濡須口 じゅしゅこう 淮陰 わいいん 広陵 こうりょう 蓬莱 ほうらい 琅ヤ ろうや 荊揚州 けいようしゅう 城レベル 読み方 Lv. 3 襄陽 じょうよう Lv. 2 江陵 こうりょう 長沙 ちょうさ 江夏 こうか 建業 けんぎょう 建安 けんあん Lv. 1 交趾 こうし 夷陵 いりょう 武陵 ぶりょう 永安 えいあん 零陵 れいりょう 麦城 ばくじょう 桂陽 けいよう 衡陽 こうよう 新野 しんや 豫章 ようしょう 華容 かよう 柴桑 さいそう 蒼梧 そうご 曲阿 きょくあ 呉郡 ごぐん 臨海 りんかい 会稽 かいけい 涼益州 りょうえきしゅう 城レベル 読み方 Lv. 3 長安 ちょうあん Lv. 2 陳倉 ちんそう 剣閣 けんかく フ陵 ふりょう 成都 せいと Lv. 1 西平 せいへい 武威 ぶい 街亭 がいてい 五丈原 ごじょうげん 扶風 ふふう 天水 てんすい 安定 あんてい 武都 ぶと 岐山 きざん 綿竹関 めんちくかん 梓潼 しとう 漢嘉 かんか 建寧 けんねい 江州 こうしゅう 永昌 えいしょう 雲南 うんなん 興古 こうこ 王都圏 おうとけん 城レベル 読み方 Lv. 3 洛陽 らくよう Lv. 2 漢中 かんちゅう 上庸 じょうよう 函谷関 かんこくかん 武関 ぶせき 汜水関 しすいかん 虎牢関 ころうかん Lv. 1 崋山 かざん 西城 せいじょう 河東 かとう 潼関 どうかん ケイ陽 けいよう 弘農 こうのう 河內 かだい 宛城 えんじょう 樊城 はんじょう 嵩山 すうざん 魯陽 ろよう 報酬 城レベル 報酬 Lv. 3 銅貨 200万 強化石 100 高級育成丹 20 邦国の貢 1 確率入手 Lv. 2 銅貨 100万 強化石 50 高級育成丹 10 州貢 1 確率入手 Lv. 1 銅貨 30万 強化石 20 初級育成丹 10 郡賦 1 確率入手 傾国の戦いは2週間ごとに征伐ポイントが集計される。 各マップの報酬は下記のように変わる。 マップ 報酬 冀幽州 育成丹 青豫州 神器経験石 荊陽州 入場券・応募券 涼益州 宝石券 王都圏 覚醒丹 同盟員の募集を募りたいと思います。 初心者もベテランも関係なく、サーバーの垣根を超えて交流できればと思います。 質問だったり、雑談だったり、くだらない話題もOK! 放置自転車ちゃんねるで配信する予定です。 ・傾国には参加しません。 ・YouTubeで配信する為、アカウント名が写っても大丈夫な方! ・ある程度は編集しますが、不適切な発言が多い場合や周りにヘイトを撒くような行為があった場合は脱退していただきます。 ・もし同盟員が増えて枠がなくなった場合、in率が低い方は脱退対象に入ります。 ・もし同盟員が増えて枠がなくなった場合、in率が低い方は脱退対象に入ります。 この他、決まりごとが出来たら随時更新します。 現在、枠21です。 …つまり、私だけですw 参加したい方は Twitterの DMか「 四征弗庭」内で個チャ下さい。 ID:64302.

次の

【放置少女】城名の読み方【傾国の戦い】

とどろき えい すう じゅ く

太史令 ( たいしれい )の 王立 ( おうりつ )が、予定時間が過ぎても日食が起こらないことを報告する。 日食が起こらないことを祝賀する。 日食があった。 尚書 ( しょうしょ )の 賈詡 ( かく )が 王立 ( おうりつ )を罪に問うように上奏する。 献帝 ( けんてい )が 賈詡 ( かく )の上奏を却下する。 天下に 大赦 ( たいしゃ )する。 太僕 ( たいぼく )の 趙岐 ( ちょうき )が 袁紹 ( えんしょう )の元を 訪 ( おとず )れ、 公孫瓚 ( こうそんさん )との 和睦 ( わぼく )を命じる。 袁紹 ( えんしょう )と 公孫瓚 ( こうそんさん )が 和睦 ( わぼく )する。 太傅 ( たいふ )の 馬日磾 ( ばびつてい )が 陶謙 ( とうけん )の元を 訪 ( おとず )れ、 陶謙 ( とうけん )が朝廷に帰順する。 趙昱 ( ちょういく )が 徐州 ( じょしゅう )の 広陵太守 ( こうりょうたいしゅ )に任命される。 王朗 ( おうろう )が 揚州 ( ようしゅう )の 会稽太守 ( かいけいたいしゅ )に任命される。 曹操 ( そうそう )が 兗州 ( えんしゅう )・ 済陰郡 ( せいいんぐん )・ 鄄城 ( けんじょう )に陣を置く。 荊州牧 ( けいしゅうぼく )の 劉表 ( りゅうひょう )が、 揚州 ( ようしゅう )に出陣中の 袁術 ( えんじゅつ )の 糧道 ( りょうどう )(補給路)を断つ。 袁術 ( えんじゅつ )が 兗州 ( えんしゅう )・ 陳留郡 ( ちんりゅうぐん )に入り、 封丘県 ( ほうきゅうけん )に駐屯する。 黒山賊 ( こくざんぞく )と 南匈奴 ( みなみきょうど )の 単于 ( ぜんう )・ 於夫羅 ( おふら )が 袁術 ( えんじゅつ )に味方する。 兗州 ( えんしゅう )・ 陳留郡 ( ちんりゅうぐん )の 匡亭 ( きょうてい )で、 曹操 ( そうそう )が 袁術 ( えんじゅつ )を大破する。 曹操 ( そうそう )が 袁術 ( えんじゅつ )を追撃する。 宣平城門 ( せんへいじょうもん )の外屋が自然に壊れた。 袁術 ( えんじゅつ )が 揚州 ( ようしゅう )・ 九江郡 ( きゅうこうぐん )に逃げ帰る。 揚州刺史 ( ようしゅうしし )の 陳瑀 ( ちんう )が 袁術 ( えんじゅつ )が拒否する。 袁術 ( えんじゅつ )が 寿春県 ( じゅしゅんけん )( 陳瑀 ( ちんう )の居所)に軍を進める。 陳瑀 ちんうが 徐州 ( じょしゅう )・ 下邳国 ( かひこく )に逃亡する。 袁術 ( えんじゅつ )が 徐州伯 ( じょしゅうはく )を自称する。 太傅 ( たいふ )の 馬日磾 ( ばびつてい )が 袁術 ( えんじゅつ )の元を 訪 ( おとず )れる。 袁術 ( えんじゅつ )が 馬日磾 ( ばびつてい )の 節 ( せつ )(使者の 証 ( あかし ))を奪い、 寿春県 ( じゅしゅんけん )に 留 ( とど )める。 冀州 ( きしゅう )・ 魏郡 ( ぎぐん )で反乱が起こる。 袁紹 ( えんしょう )が 黒山賊 ( こくざんぞく )を 討 ( う )つ。 曹操 ( そうそう )が 兗州 ( えんしゅう )・ 済陰郡 ( せいいんぐん )・ 定陶県 ( ていとうけん )に陣を置く。 雲もないのに雷が鳴った。 司隷 ( しれい )・ 右扶風 ( ゆうふふう )で大風があり、 雹 ( ひょう )が降った。 華山 ( かざん )が崩れ山肌が 裂 ( さ )けた。 太尉 ( たいい )の 周忠 ( しゅうちゅう )が 罷免 ( ひめん )される。 太僕 ( たいぼく )の 朱儁 ( しゅしゅん )が 太尉 ( たいい )・ 録尚書事 ( ろくしょうしょじ )に任命される。 徐州 ( じょしゅう )・ 下邳国 ( かひこく )の賊・ 闕宣 ( けっせん )が 天子 ( てんし )を自称する。 曹操 ( そうそう )の父・ 曹嵩 ( そうすう )が殺害される。 水害があった。 天狗 ( てんこう )(音のある流星)が西北の空を流れた。 袁紹 ( えんしょう )が 司隷 ( しれい )・ 朝歌県 ( ちょうかけん )で 黒山賊 ( こくざんぞく )の 于毒 ( うどく )と朝廷が派遣した 冀州牧 ( きしゅうぼく )・ 壺寿 ( こじゅ )を 討 ( う )つ。 袁紹 ( えんしょう )が北上し、 冀州 ( きしゅう )・ 常山国 ( じょうざんこく )で 黒山賊 ( こくざんぞく )の 張燕 ( ちょうえん )と戦う。 袁紹 ( えんしょう )が 呂布 ( りょふ )を持て余し、殺害しようとする。 呂布 ( りょふ )が 河内太守 ( かだいたいしゅ )・ 張楊 ( ちょうよう )を頼って身を寄せる。 秋、 曹操 ( そうそう )が 徐州 ( じょしゅう )に侵攻する。 曹操 ( そうそう )が 徐州 ( じょしゅう )・ 彭城国 ( ほうじょうこく )で 陶謙 ( とうけん )軍に大勝する。 陶謙 ( とうけん )が 徐州 ( じょしゅう )・ 東海郡 ( とうかいぐん )・ 郯県 ( たんけん )に立て 籠 ( こ )もる。 曹操 ( そうそう )が 郯県 ( たんけん )を包囲する。 儒学生40人余りに試験を行い、 上第 ( じょうだい )の者は 郎中 ( ろうちゅう )、次は 太子舎人 ( たいししゃじん )に任命し、 下第 ( かだい )の者は 罷免 ( ひめん )した。 詔 ( みことのり )を下して試験で 罷免 ( ひめん )された者を 太子舎人 ( たいししゃじん )に任命する。 10月• 太学 ( たいがく )で儀礼を行い、 献帝 ( けんてい )が 永福城門 ( えいふくじょうもん )に行幸し、儀礼を観覧する。 京師 ( けいし )( 長安 ( ちょうあん ))で地震があった。 星が 天市垣 ( てんしえん )によぎった。 司空 ( しくう )の 楊彪 ( ようひょう )が 罷免 ( ひめん )される。 太常 ( たいじょう )の 趙温 ( ちょうおん )が 司空 ( しくう )に任命される。 劉虞 ( りゅうぐ )が 公孫瓚 ( こうそんさん )を攻め、敗れて 幽州 ( ゆうしゅう )・ 上谷郡 ( じょうこくぐん )・ 居庸県 ( きょようけん )に逃走する。 公孫瓚 ( こうそんさんが 居庸県 ( きょようけん )を落とし、 劉虞 ( りゅうぐ )を捕らえる。 公孫瓚 ( こうそんさん )が 大司馬 ( だいしば )の 劉虞 ( りゅうぐ )を処刑する。 12月• 地震があった。 司空 ( しくう )の 趙温 ( ちょうおん )が 罷免 ( ひめん )される。 衛尉 ( えいい )の 張喜 ( ちょうき )が 司空 ( しくう )に任命される。 琅邪王 ( ろうやおう )の 劉容 ( りゅうよう )が亡くなった。 曹操 ( そうそう )が 郯県 ( たんけん )の包囲を解き、撤退を開始する。 曹操 ( そうそう )が 徐州 ( じょしゅう )・ 下邳国 ( かひこく )の 取慮県 ( しゅりょけん )、 睢陵県 ( すいりょうけん )、 夏丘県 ( かきゅうけん )ほか計5城を攻め、大量虐殺を行う。 スポンサーリンク 193年の群雄勢力図 1月 193年1月の群雄勢力図 匡亭 ( きょうてい )の戦い 曹操と袁術の戦い 春、 兗州牧 ( えんしゅうぼく )・ 曹操 ( そうそう )が 兗州 ( えんしゅう )・ 済陰郡 ( せいいんぐん )・ 鄄城 ( けんじょう )に陣を置き、 荊州牧 ( けいしゅうぼく )の 劉表 ( りゅうひょう )が、 揚州 ( ようしゅう )に出陣中の 袁術 ( えんじゅつ )の 糧道 ( りょうどう )(補給路)を断ちました。 これに 袁術 ( えんじゅつ )は、これまで本拠地としてきた 荊州 ( けいしゅう )・ 南陽郡 ( なんようぐん )を放棄して 兗州 ( えんしゅう )・ 陳留郡 ( ちんりゅうぐん )に入り、 封丘県 ( ほうきゅうけん )に駐屯します。 すると、これまで 袁紹 ( えんしょう )・ 曹操 ( そうそう )と争ってきた 張燕 ( ちょうえん )( 黒山賊 ( こくざんぞく ))と 南匈奴 ( みなみきょうど )の 単于 ( ぜんう )・ 於夫羅 ( おふら )が 袁術 ( えんじゅつ )に味方しました。 曹操 ( そうそう )は、 兗州 ( えんしゅう )・ 陳留郡 ( ちんりゅうぐん )・ 平丘県 ( へいきゅうけん )の 匡亭 ( きょうてい )で 袁術 ( えんじゅつ )を撃ち破り、追撃して 揚州 ( ようしゅう )・ 九江郡 ( きゅうこうぐん )まで敗走させました。 匡亭 ( きょうてい )の戦い 袁紹と黒山賊の戦い 3月、 袁術 ( えんじゅつ )と手を結んだ 黒山賊 ( こくざんぞく )は、朝廷が派遣した 冀州牧 ( きしゅうぼく )・ 壺寿 ( こじゅ )と共に 冀州 ( きしゅう )・ 魏郡 ( ぎぐん )で反乱を起こしますが、 袁紹 ( えんしょう )は 于毒 ( うどく )らを 討 ( う )ちながら 常山国 ( じょうざんこく )に北上します。 この時、 袁紹 ( えんしょう )の元に身を寄せていた 呂布 ( りょふ )は、 張燕 ( ちょうえん )が 率 ( ひき )いる1万余の精鋭兵と数千の騎兵を撃ち破る活躍を見せ、 袁紹 ( えんしょう )軍がやや優勢となりましたが、お互いに 疲弊 ( ひへい )したため、それぞれ兵を引き 揚 ( あ )げました。 袁紹 ( えんしょう )と 黒山賊 ( こくざんぞく )の戦い 関連記事 青州黄巾 ( せいしゅうこうきん )・ 管亥 ( かんがい )の反乱 青州 ( せいしゅう )の黄巾賊・ 管亥 ( かんがい )が郡県を荒らすようになると、 孔融 ( こうゆう )は 管亥 ( かんがい )討伐のため軍を進めて 北海国 ( ほっかいこく )・ 都昌県 ( としょうけん )に軍営を置きますが、逆に 黄巾賊 ( こうきんぞく )の 管亥 ( かんがい )に包囲されてしまいます。 この時、単身 孔融 ( こうゆう )の加勢に加わっていた 太史慈 ( たいしじ )は、 平原相 ( へいげんしょう )( 平原国 ( へいげんこく )の 太守 ( たいしゅ ))・ 劉備 ( りゅうび )に援軍を求める使者を志願。 見事敵の包囲を突破して 劉備 ( りゅうび )に面会します。 孔融 ( こうゆう )への援軍を求められた 劉備 ( りゅうび )は、 太史慈 ( たいしじ )に精鋭3,000人を貸し与えました。 関連記事 6月 193年6月の群雄勢力図 曹操 ( そうそう )の 徐州 ( じょしゅう )侵攻 6月、 徐州 ( じょしゅう )・ 下邳国 ( かひこく )の賊・ 闕宣 ( けっせん )が 蜂起 ( ほうき )して 兗州 ( えんしゅう )の 泰山郡 ( たいざんぐん )と 任城国 ( にんじょうこく )に侵攻し、 天子 ( てんし )を 僭称 ( せんしょう )。 ちょうどこの時、 徐州 ( じょしゅう )・ 琅邪国 ( ろうやこく )から 曹操 ( そうそう )が治める 兗州 ( えんしゅう )に向かっていた 曹操 ( そうそう )の父・ 曹嵩 ( そうすう )を殺害し、その財物を奪いました。 闕宣 ( けっせん )は 徐州牧 ( じょしゅうぼく )・ 陶謙 ( とうけん )によって討伐されましたが、 曹操 ( そうそう )は父を殺害されたことを、これまで 闕宣 ( けっせん )と手を組んでいた 陶謙 ( とうけん )の責任として、 徐州 ( じょしゅう )に侵攻を開始します。 曹操 ( そうそう )は 陶謙 ( とうけん )を 徐州 ( じょしゅう )・ 東海郡 ( とうかいぐん )・ 郯県 ( たんけん )に追い 詰 ( つ )めますが、これを陥落させることはできず、 兗州 ( えんしゅう )に撤退する際に 徐州 ( じょしゅう )・ 下邳国 ( かひこく )の5県を攻め、その民衆数万人を虐殺しました。 曹操 ( そうそう )の退却経路 関連記事 10月 193年10月の群雄勢力図 幽州牧 ( ゆうしゅうぼく )・ 劉虞 ( りゅうぐ )の死 幽州牧 ( ゆうしゅうぼく )・ 劉虞 ( りゅうぐ )とその指揮下にある 公孫瓚 ( こうそんさん )は、北方異民族への対応を 巡 ( めぐ )って対立していました。 10月、ことあるごとに 劉虞 ( りゅうぐ )を妨害し、独断で 袁紹 ( えんしょう )と争い続ける 公孫瓚 ( こうそんさん )に対し、 劉虞 ( りゅうぐ )はついに討伐の兵を差し向けます。 ですが、 劉虞 ( りゅうぐ )の兵は戦いに不慣れな上、 劉虞 ( りゅうぐ )が、 「余人(他の人)を傷つけてはならぬ。 ただ1人、 伯珪 ( はくけい )( 公孫瓚 ( こうそんさん )の 字 ( あざな ))のみを殺せ」 と命令じていたため、 劉虞 ( りゅうぐ )軍は手を出すことができずに敗北し、 劉虞 ( りゅうぐ )は捕らえられ、 公孫瓚 ( こうそんさん )に「帝号を 僭称 ( せんしょう )しようとした罪」を着せられて処刑されてしまいました。 その後 公孫瓚 ( こうそんさん )は、朝廷の使者・ 段訓 ( だんくん )を 幽州刺史 ( ゆうしゅうしし )に奉じて、ついに 幽州 ( ゆうしゅう )の支配を確立します。 関連記事 初平 ( しょへい )4年(193年)春、 公孫瓚 ( こうそんさん )との 和睦 ( わぼく )が成立すると、 兗州牧 ( えんしゅうぼく )・ 曹操 ( そうそう )は 兗州 ( えんしゅう )・ 済陰郡 ( せいいんぐん )・ 鄄城 ( けんじょう )に陣を置き、 荊州牧 ( けいしゅうぼく )の 劉表 ( りゅうひょう )が、 揚州 ( ようしゅう )に出陣中の 袁術 ( えんじゅつ )の 糧道 ( りょうどう )(補給路)を断ちました。 これにより 曹操 ( そうそう )との戦いに誘い出された 袁術 ( えんじゅつ )は、 匡亭 ( きょうてい )で 曹操 ( そうそう )に敗れ、 荊州 ( けいしゅう )・ 南陽郡 ( なんようぐん )を放棄して、 揚州 ( ようしゅう )・ 九江郡 ( きゅうこうぐん )・ 寿春県 ( じゅしゅんけん )に拠点を移します。 一方、 幽州 ( ゆうしゅう )では 公孫瓚 ( こうそんさん )が 劉虞 ( りゅうぐ )を殺害し、 幽州 ( ゆうしゅう )の支配を確立しました。 他の年を見る場合はこちら スポンサーリンク.

次の