日本 国 憲法 基本 原理。 明治憲法(大日本帝国憲法)と日本国憲法の根源的な違いとは何か

日本国憲法の基本原理を詳しくかつ分かりやすく教えて下さい。

日本 国 憲法 基本 原理

日本国憲法の要点【成り立ち】 現在の日本国憲法の前には、『大日本帝国憲法』が施行されていました。 大日本帝国憲法は明治時代に制定され、1945年まで施行されました。 「明治憲法」「帝国憲法」とも呼ばれます。 1945年、第2次世界大戦で日本が連合軍に降伏したのち、GHQ(連合国軍最高司令官総司令部)の占領政策で「日本国憲法」が作られました。 大日本帝国憲法の特徴は、主に2点です。 天皇主権(権力のトップは天皇。 軍隊の統帥権、統治権、立法権などが与えられていました)• 議会制(衆議院と貴族院の二院制。 江戸幕府の封建社会から大幅な変化をしました) 当時の国民は、「天皇(君主)の支配下」にあるため臣民と呼ばれ、権利は「法律の範囲内」で認められていました。 1945年のGHQによる占領下で、• 日本軍の無条件降伏• 日本の民主主義的傾向の復活強化• 基本的人権の尊重• 平和政治• 国民の自由意思による政治形態の決定 など、GHOの要求に応じて、日本政府は日本国憲法を公布・施行されます。 日本国憲法の要点【公布と施行の年月日】 (昭和21年11月3日 皇居前広場「日本国憲法公布記念祝賀都民大会」 臨席された天皇・皇后両陛下) 日本国憲法の公布と施行の年月日を、表にまとめました。 西暦と年号、両方ともテストに出やすいポイントですので、おぼえておきましょう。 日本国憲法 年月日 公布日 1946年(昭和21年)11月3日 施行日 1947年(昭和22年)5月3日 憲法とは、国が定める法律の中で「最高法規」です。 憲法に違反している法律は、無効となります。 日本国憲法でも同様で、内閣が制定した法律も、憲法違反とされれば効力はありません。 日本国憲法の要点【三大原理】 日本国憲法には、「国民主権」「平和主義」「基本的人権の尊重」の三大原理があります。 三大原理の押さえておきたいポイントを表にまとめました。 三大原理 ポイント 1.国民主権• 主権とは国の意思を決定する権利• 日本国憲法下では天皇は「象徴」とされる 2.基本的人権の尊重• 基本的人権は生まれながら持っている権利• 侵すことのできない永久の権利 3.平和主義• 戦争の放棄• 戦力の不保持• 交戦権の否認 三大原理1.国民主権について 日本国憲法では、前文と第1条で国民主権を定めています。 国民が政治権力の責任主体であり、国民の意思によって政府機関が設立・運営されるとする思想です。 また、日本国内の政治は、国民が選挙で選んだ議員を代表者として、議会を通して政治の内容が決まります。 上記で紹介した流れのように、議会を通してから政治を決める方法を「議会制民主主義」「間接民主制」と呼びます。 ちなみに、「議会制民主主義」の対義語は「直接民主主義」といい、採用している代表国はスイスです。 直接民主主義では、構成員が代表(代議員)を用意せずに、共同体の意思決定に直接参加する仕組みです。 三大原理2.基本的人権の尊重について 基本的人権の尊重とは人間ならば当然として保有している権利です。 日本国憲法では、思想や表現の自由を尊重する「自由権」「参政権」「社会権」、国や地方公共団体に対する損害賠償請求を定めている「受益権」を基本的人権として定めています。 権利 概要 自由権• 法律に反しない限り国民の自由が保障される権利のこと 平等権• 全ての国民は法の下の平等であり、性別や人種、思想によっての差別は受けない 社会権• 人間らしい生活を国が保障する権利 参政権• 国民が直接、または政治家を通じて間接的に選挙に参加する権利• 間接制民主主義とも呼ぶ 請求権• 国に賠償を求める権利や裁判を受ける権利を定めている 身体の自由• 犯罪をして逮捕される以外は、体を不当に拘束されない権利 精神の自由• 思想・良心の自由• 表現の自由• 信教の自由• 学問の自由 上記の4項目に分かれている。 経済活動の自由• 職業選択の自由がある 【】 【】 日本国憲法改正の手続きと天皇の国事行為 日本国憲法を改正する為には、手続きを踏む必要性があります。 また、天皇の国事行為についても合わせて紹介しますので参考にしてください。 日本国憲法改正の手続き 1. 国会が憲法改正を発議 3. 国民投票を行い、有効投票の過半数の賛成があれば、成立 4. しかし、教科書に載っているような要点「成り立ち」や「三大原理」は、テスト勉強のためや、社会常識として知っておいても損はありません。 また、憲法改正の話題があがりやすい現代では、憲法への意識や、改正手続きの知識があるとニュースがわかりやすくなるでしょう。

次の

日本国憲法の基本原理を詳しくかつ分かりやすく教えて下さい。

日本 国 憲法 基本 原理

弁護士による法律相談のご予約は 042-512-8890 日本国憲法の根本原理 には,最も重要で,かつ,あらゆる憲法上の原理・原則,ひいては,あらゆる法令の目的ともいうべき基本原理があります。 それは,「個人の尊厳」の確保です。 日本国憲法13条前段は「すべて国民は、個人として尊重される。 」と規定しています。 これが,日本国憲法の基本原理の根拠規定と考えられています。 すなわち,日本国憲法を含めたあらゆる法令は,この個人の尊厳の確保を目的としているといってよいでしょう。 この個人の尊厳を確保するために最も重要なことは,国家権力によっても侵されないことです。 言い換えれば,個人は,国家権力から自由でなければならないということです。 すなわち,日本国憲法の根本原理である個人の尊厳の確保からは,まず第一に基本的人権の保障が導かれることになります。 国家権力からの個人の自由という意味で「自由主義」と呼ばれる原理・原則が含まれているといえるでしょう。 そして,この個人の尊厳の確保,基本的人権の保障を達成するためには,国家権力が自由に市民・国民の人権を制限できるようなことがあってはなりません。 そこで,市民・国民が自ら国政に参加できるという制度,すなわち「民主主義」が求められることになります。 民主主義を真に実現するためには,専制君主や一定の階級の人だけが国政に関与できるというだけではなく,あらゆる市民・国民が国政に参加し,意見を述べ,または選挙権を行使できることが望ましいでしょう。 すなわち,国民が「主権者」となることが重要ということです。 日本国憲法ではこれに応え,国民が自ら国政を主導する権限を有するという「国民主権」の原理を採用しています。 さらに,言うまでもなく,平和でなければ,人の生命・身体・人権は十分に保障されません。 このことは,これまでの歴史が証明しています。 そこで,日本がかつて太平洋戦争において,他国民の人権を侵害し,または,原爆投下等によって重大な人権侵害を被ってきたというような歴史を踏まえ,非本国憲法では,平和主義(戦争放棄)を,個人の尊厳確保のための大原則としているのです。 上記のとおり,日本国憲法は,「個人の尊厳の確保」を最大の根本原理としつつ,そこから派生する基本的人権の保障(尊重)・国民主権・平和主義を三大原理・原則としていると解されています。 この基本的人権の保障は,日本国憲法においては,その第3章において規定されています。 日本国憲法上,最も重要な規定といえます。 日本国憲法第3章では,現在から将来に至るまで,あらゆる国民に、永久不可侵のものとして基本的人権が保障されるとし(11条),その人権はあらゆる努力をはらっても保持される必要があり,公共の福祉に沿うように利用されるべきであるとされています(12条)。 第13条では,個人の尊厳の原理を明らかにしつつ,生命・自由・幸福追求権が保障されているとし,それら基本的人権は,公共の福祉に反しない限り最大限尊重されるべきものとされています。 第14条では,国民はすべて平等であることが明記され,その上で,第15条以下では,各種の個別の人権が保障されることが規定されています。 もっとも,この日本国憲法に明記されていない権利であっても,13条等の解釈によって,新しい人権として認められることがあります。 代表的な新しい人権は,プライバシー権などです。 憲法は,この国家権力を抑制することに主眼があります。 そして,国家権力による人権侵害を防止するために市民・国民がとりうる最大の方法は,市民・国民自らが,国家権力の作用,すなわち国政に参加することです。 みずから国政に参加することによって,国家権力の濫用を防止するということです。 前記のとおり,国家権力からの自由「自由主義」が第一義的な原理といえますが,それを達成するための手段として,民集が自ら政治に参画する「民主主義」も重要となってきます。 日本国憲法における国民主権は,この民主主義を現実化した制度です。 戦前の専制君主制(天皇制)を否定するという意味も含まれています。 日本国憲法における平和主義 第二次世界大戦において,多くの人権侵害が生じたことは言うまでもないでしょう。 日本が他国を侵略し人権侵害を行ったこと,逆に,原爆投下などによって日本が人権侵害を被ったことは間違いありません。 戦争は,最も重大な人権侵害を引き起こします。 (日本国民のみならず,外国人についても)真に基本的人権を保障しようとするならば,その前提として,戦争のない平和な世の中というものが必要です。 そこで,日本国憲法は,世界でも稀な,戦争放棄による平和主義を基本原理として定めているのです。 その他の基本原理 その他にも,日本国憲法は,自由主義の見地から,国家権力を分断して互いに抑制・均衡を図らせようとする三権分立原理や,司法権の独立などの基本原理・原則を設けており,また,国民に生存権等の社会権を保障するなど社会福祉主義の要素も取り入れています。 世界的にみても,日本国憲法は,最も進んだ憲法の1つであるといって差し支えないと思われます。 日本国憲法の基本原理・原則に関連するページ 日本国憲法の基本原理・原則についてより詳しく知りたい方は,以下の関連ページもご覧ください。 各種法律問題で弁護士をお探しなら,東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所にお任せください。 法律相談・ご依頼をご希望の方は【 042-512-8890 】からご予約ください。 当事務所にご来訪いただいてのご相談・ご依頼となります。 あらかじめご了承ください。 アクセス 最寄駅:JR立川駅(南口)・多摩都市モノレール立川南駅から徒歩5~7分 駐車場:近隣にコインパーキングがあります。

次の

日本国憲法

日本 国 憲法 基本 原理

日本国憲法の基本原理 憲法規範、憲法現象の意味は、憲法の基本原理に関連させて理解する必要があります。 日本国憲法の基本原理は、以下の3です。 1)国民主権 2)基本的人権の尊重 3)平和主義 上記、1~3を、憲法の三大原理と言います。 前文の内容&前文の意義 法律の最初に付され、法律の目的や精神を述べる文書とされ、憲法前文では、 ・憲法制定の由来 ・憲法制定の目的 ・憲法制定者の決意等が、表明されることが多いのです。 日本国憲法前文は、憲法制定権力の保持者が国民であると宣言しおり、近代憲法に内在する価値・原理を確認しています。 国民の憲法制定意思(民定憲法) 自由のもたらす恵沢を確保、平和主義、戦争の惨禍」を防ぐ、 日本国憲法制定の目的 国政は、国民の厳粛な信託によるものであって、その国政の権威は国民に由来し、国政の権力は国民の代表者がこれを行使する。 福利は国民がこれを享受する。 国政は、国民の厳粛な信託 国民主権その権威は国民に由来する。 権力は代表者がこれを行使し代表民主制の原理、これは人類普遍の原理であり、この憲法は、かかる原理に基くものです。 われらは、これに反する一切の憲法、法令及び詔勅を排除する。 これらの原理は、憲法改正によっても否定できない。 日本国民は、恒久の平和を念願し、人間相互の関係を支配する。 崇高な理想を深く自覚するのであって、平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意した。 われらは、平和を維持し、専制と隷従、圧迫と偏狭を地上から永遠に除去しようと努めてえる。 国際社会において、名誉ある地位を占めたいと思い。 全世界の国民が、ひとしく恐怖と欠乏から免れ、 平和のうちに生存する権利を有することを確認する。 「平和を愛する諸国民の公正と信義」 平和主義 「平和を維持し」平和のうちに生存する権利 われらは、いづれの国家も、自国のことのみに専念して他国を無視してはならないのであって、政治道徳の法則は、普遍的なものであり、法則に従ふことは、自国の主権を維持し、他国と対等関係に立たうとする。 各国の責務であると信ずる。 「自国のことのみに専念して他国を無視してはならない」国際協調主義 日本国民は、国家の名誉にかけ、全力をあげてこの崇高な理想と目的を達成することを誓ふ。 基本原理の相互関係 国民主権 + 基本的人権の尊重 + 平和主義という【憲法の三大原理】は、個人の尊重を核に、 相互に密接に関連している。 個人の尊重があり、一人一人が平等に認められてこそ国民主権が成り立つ 国民主権が正常に機能してこそ、人権保障を全うできる。 そういう意味では、議員定数不均衡の問題は明らかに個人の尊重の原理に反し違憲ですよね。 そもそも平和でなければ人権は守れず、個人の尊重の理念も達成できない。 前文の法的性質 【1】法規範性日本国憲法前文は一般に、『法規範性』を持つと解されていますが? 日本国憲法『前文』はそもそも憲法の一部であり、憲法の基本原理を詳細に示していることから、前文は本文と同様に法規範性を持ち、前文の改変には、憲法改正手続によらなければならないと解されています。 前文1項3段、4段の人類普遍の原理であり、…われらは、これに反する一切の憲法、法令及び詔勅を排除する。 の規定は、憲法改正の法的限界を示し、憲法改正さえも法的に拘束すべきものだと、解することができます。 裁判規範性問題は、前文に本文と同様、裁判規範性まで認めて良いのか?という点にありますが?。 裁判規範(広義)= 裁判所が具体的争訟を裁判するに際し、判断基準として用いることができ法規範 裁判規範(狭義)= 当該規定(条文とか)を直接根拠として、裁判所に救済を求めることのできる 法規範。 即ち、裁判所の判決によって執行することのできる法規範(具体的な裁判規範) 前文で問題になっている裁判規範とは、狭義の裁判規範です。 つまり、前文を具体的な裁判規範にしちゃってOK?という話。 例えば、前文の平和主義の規定(2項)を直接根拠にして、自衛隊は違憲だぁ! と、裁判所に判決を出して貰えるか等。 前文も本文同様に、裁判規範性を持つのか否か? 通説、前文の規定は抽象的な原理の宣言にとどまり、裁判規範性としての性格は持たない。 よって、裁判所に前文の執行を、 求めることはできない。

次の