タイタン フォール 2 キャンペーン。 【タイタンフォール2】キャンペーンで取り逃しやすいトロフィーの攻略

【評価・感想】『タイタンフォール 2(キャンペーン/ソロ)』レビュー

タイタン フォール 2 キャンペーン

評価 そのスピード感に痺れる撃ち合い 余計な褒め言葉は不要、とにかく爽快。 元々、「コール・オブ・デューティ 以下CoD 」シリーズに携わっていた人たちの一作ということで、今作もスポーツ系FPSライクな内容になっているが、CoDよりも「撃つ」「走る」「避ける」の3点に重きが置かれており、初代『DOOM』にも似たオールドスクールな香りがする。 初代『DOOM』的な古き良きFPS 外骨格スーツによる人間離れしたアクションは、目が回るほどのハイスピードな撃ち合いを可能にし、押し寄せる敵の大群を片っ端から殲滅していくのは実に爽快。 外骨格スーツによる超人的なアクション• ハイスピードな撃ち合い 今作は「撃つ」「走る」「避ける」の3点を突き詰めたオールドスクールなFPSという印象を受ける内容になっており、賞味期限とは無縁の普遍的なゲームプレイを提供してくれる。 力と力が激突するタイタン戦 他の作品ではボス戦に当たる タイタン戦は、前作同様に面白い。 余計な小細工なく、真正面から火力で勝負する内容になっていることに加えて、タイタンの見た目からは想像できないほどスピード感のある戦闘にもなっており、 遊びがいと爽快感を同時に体感できるバランスになっている。 真正面から火力で勝負するタイタン戦 また、FPSパートとタイタンパートの配分が適切なのも大きい。 どちらも「飽きるまで遊ばせない」という意図が感じられ、中だるみすることなく最後まで遊べるのが嬉しい。 ただ、難易度と武器の種類は課題。 難易度はノーマルだとヌルく、かと言ってその一つ上だとシビアすぎる。 なので、その中間の難易度があれば良かった。 また、タイタン戦は中盤以降パターン化しがち。 タイタン用の武器は複数用意されているものの、使い分ける意味が薄く、もっと他の武器を使うべき理由を用意して欲しかった。 多彩な仕掛けが山盛りの各エリア 各ミッションでは、 常識に囚われない多彩なギミックで楽しませてくれる。 例えば、稼働中の組み立てラインを舞台にしたミッション「深淵へ」では、床が壁になり、壁が床になるギミックが用意され、目まぐるしく変化するエリアでの銃撃戦が楽しめる。 開発元の柔軟な発想力には素直に感心する。 各ミッションのギミックは多彩、センス抜群 そして、今作のギミックの使い分けは太っ腹。

次の

PC版タイタンフォール2のキャンペーンについての質問です。

タイタン フォール 2 キャンペーン

ちょっと記事出すの遅れましたが、 12月のフリプである【タイタンフォール2】のプラチナトロフィーを獲得しました! 通算34個目のプラチナです。 以下、プラチナ獲得までの道を書いていきたいと思います。。 トロフィーの概要 アイコン タイトル 内容 擁護者の印 トロフィーを全て解除 学ぶ者が… ガントレットでパイロット・アンダーソンのゴーストの記録時間を破る …教える者に ガントレットのスコアボードの上位3位に入る 卒業生 トレーニングを完了した BTプライム BT-7274を最大強化 イカれた奴 ケインを倒す 間一髪 シェーバー中尉とフリーボーン中尉を生存させた とんだ近道だ! ワールド・ファウンダリーに侵入した 傾いた風景 横向きの町を登った 獲物はお前らの方だ アッシュのシミュレーションドームでリーパーを撃破した 灰は灰に アッシュを倒した 自己防衛だ、仕方ないだろ 野生生物研究所で檻に入れられたプラウラーを始末する 足跡を辿れ アンダーソンの1番目のホログラフィック・ログを閲覧した 秘密の計画 特殊作戦217を遂行した 無許可の核加速器 アークツールを発見した CQ呼出し ビーコンに電力を供給した アンテナ4本 使用可能なアップリンクモジュールを回収した パーティーで会おうぜ リヒターを倒した ハーメルンの笛吹き男 アークツールを使用してストーカーラックを起動した 貴重な積荷 アークを発見した 毒蛇成敗 バイパーを倒した アーク アークを確保した タイタンフォール! 新たなBTを呼び出した 真のパイロットのガントレット ラン「ライジングワールド」をクリアした 機体は残らず スローンを倒した 過剰な力 キャンペーンモードでバーストコアを使ってタイタンを撃破する 死の天使 キャンペーンモードでフライトコアを使ってタイタンを撃破する 全弾放て! キャンペーンモードでサルヴォコアを使ってタイタンを撃破する 剣の力よ、我に! キャンペーンモードでソードコアを使ってタイタンを撃破する 溶けろ! キャンペーンモードでレーザーコアを使ってタイタンを撃破する エイムボット キャンペーンモードでスマートコアを使ってタイタンを撃破する 炎をまとえ! キャンペーンモードでフレイムコアを使ってタイタンを撃破する とどめの一撃 キャンペーンモードで傭兵のタイタンを処刑で撃破する ハットトリック キャンペーンモードで敵タイタン3体を1つのコアアビリティで撃破する 抹殺 キャンペーンモードでタイタン操作時に敵歩兵25人を2秒以内に倒す いつでも俺のウィングマンにしてやるぜ キャンペーンモードでパイロット操作時に敵タイタンを撃破する 心を開放しろ キャンペーンモードのパイロット操作時にウォールランをしながら敵3人を続けて始末する パワースライディング キャンペーンモードのパイロット操作時にスライディングをしながら敵3人を続けて始末する カウボーイ キャンペーンモードで敵タイタンにロデオ攻撃をする エイペックスプレデター キャンペーンモードでクローク中に敵を処刑する ロボット軍団 キャンペーンモードで一度に6体以上の味方ストーカーを獲得する 認定パイロット 難易度「レギュラー」でキャンペーンモードをクリアする 名高いパイロット 難易度「ハード」でキャンペーンモードをクリアする 伝説のパイロット 難易度「マスター」でキャンペーンモードをクリアする マルチタレント キャンペーンモードでBTのロードアウトを全種収集する 脇道の探索 コレクションアイテムを10個見つける コレクター コレクションアイテムを25個見つける 隅から隅まで コレクションアイテムをすべて見つける 決戦の覚悟 マルチプレイヤーマッチに勝利する 臨戦態勢 マルチプレイヤーのロードアウトをカスタマイズする 自由連合 マルチプレイヤーネットワークに参加する オンライントロフィー: あり 3つ 時限トロフィー:なし 取り逃したトロフィーはチャプターセレクトから取得可能 難易度関係のトロフィー: あり 複数同時取得可能 DLCトロフィー:なし プラチナトロフィーの取得率はPS4で 0. オンライントロフィーは一応ありますが、マッチに勝利するのはプライベートマッチで自分以外のプレイヤーはボットでも良いという親切すぎる設定なので、ほぼ無いに等しいですw 【タイタンフォール2】はメジャーなタイトルでPvPが熱めなので、マルチプレイがメインな方が多めという点により、プラチナトロフィーの取得率は低めです。 トロフィー「... 教える者に」の難易度の高さのせいで挫折した人も一定数はいるかも? 全体的な流れ 目安に過ぎないですが流れはこんな感じでしょうか。。 最高難易度はFPS経験者ならそこまで難しく感じないはず? 個人の感想です 難易度「マスター」の攻略と収集系のトロフィーについては以下の記事に詳しく書きました。。 チャプター1で挑戦できるので、キャンペーンを始めて割とすぐにできます。 がこのゲームの仕様をわかってないまま突っ込むと、えらい時間かかりますので一旦キャンペーンをクリアするとか、攻略動画を見るなりしてから挑戦するようにしましょう。 このトロフィーの詳しい攻略は以下の記事に書きましたので、参考にしてくれるとありがたいです。 キャンペーンで取り逃しやすいトロフィーとしては具体的には以下のようなトロフィーになるんじゃないかと思います。 間一髪 シェーバー中尉とフリーボーン中尉を生存させた 自己防衛だ、仕方ないだろ 野生生物研究所で檻に入れられたプラウラーを始末する 抹殺 キャンペーンモードでタイタン操作時に敵歩兵25人を2秒以内に倒す いつでも俺のウィングマンにしてやるぜ キャンペーンモードでパイロット操作時に敵タイタンを撃破する 心を開放しろ キャンペーンモードのパイロット操作時にウォールランをしながら敵3人を続けて始末する パワースライディング キャンペーンモードのパイロット操作時にスライディングをしながら敵3人を続けて始末する カウボーイ キャンペーンモードで敵タイタンにロデオ攻撃をする ロボット軍団 キャンペーンモードで一度に6体以上の味方ストーカーを獲得する これらのトロフィーの解説は以下の記事に書きましたので、参考にされるとありがたいです。 コンプにかかる時間 ストーリーと収集物のボリュームは少なめなので、「... 教える者に」と「 伝説のパイロット」をスムーズに取得できれば 15時間ほどでプラチナは獲得できちゃうと思います。 まあ若干グダっても 20時間程度で終わるんじゃないでしょうか。 感想とか タイタンフォールのシリーズは初めてプレイしました。 最初に1章のチュートリアルをやったときの所感としては、ウォールランとかスライディングがあるのでCoDのbo3みたいだな、という感じでした。 勝手なイメージでしたが、タイタンフォールはもっともっさりしてるゲームかと思ってましたがいい意味で裏切られました。 タイタンフォールは初見プレイにもかかわらず、「... 教える者に」を動画を参考にせずにいきなり自力で獲得しようという愚かな試みをしました。 結果的には取得できましたが、このトロフィーだけで2時間半くらいの時間を浪費してしまいました。 賢明な皆さんは決してマネしないでくださいw.

次の

セールで買った『タイタンフォール2』キャンペーンモードをクリア

タイタン フォール 2 キャンペーン

前作に引き続き,「Call of Duty」シリーズで知られるInfinity Wardの主要スタッフが同社を退社して設立したRespawn Entertainmentが開発を担当している。 前作「タイタンフォール」では,遠い未来,宇宙開拓が進んで人類が遠い星々まで進出した時代を背景に,辺境の星々 「フロンティア」で起きた2つの勢力による戦いが描かれた。 ゲームの特徴は,歩兵だけでなく,二足歩行の巨大ロボット 「タイタン」が戦いに参加することだ。 最新作の「タイタンフォール 2」は,そうしたゲームの背景や特徴はそのままに,新たに シングルキャンペーンが追加された。 また,コンシューマ機版については,前作がXboxフランチャイズのみだったのに対して,本作ではPlayStation 4版がリリースされている。 思わず引き込まれるキャンペーンモード チーム対戦専用というイメージが強い前作「タイタンフォール」だが,実はストーリーに沿って進むキャンペーンも用意されていた。 とはいえこれは,マルチプレイのようにロビーに参加者が集まり,参加者の数が条件を満たしてマッチングが成立すると,対戦がスタートするというスタイルだった。 つまり,キャンペーンでも仲間と一緒に敵チームと戦う必要があり,対戦を通じて物語が進んでいくという形だったのだ。 Respawn Entertainmentは「タイタンフォール」の発売前,「シングルとマルチの垣根を取り払う」といったことをアピールしていたが,それが,このゲームデザインだったようだ。 しかし,登場する2つの勢力( IMCと ミリシア)について物語を体験したければ2周する必要があり,さらに,発売から時間が経過すると,プレイヤーの多くが通常の対戦モードに行ってしまうので,キャンペーンでのマッチングが成立しにくくなってしまうという問題があった。 正直なところ,キャンペーンはオマケ的なモードであり,うまく機能していたとは思えない。 しかし,本作「タイタンフォール 2」には,マッチングを必要としないスタンドアロンのシングルキャンペーンが実装された。 そのデキは,前作の残念さを宇宙の彼方に吹き飛ばしてしまうほどで,対戦FPSが苦手という,日本には多いんじゃないかという人も,腰を据えて取りかかれるゲームに進化しているのだ。 タイタンとの友情と絆の物語 これまでに何度かお伝えしたとおり,主人公となるのはミリシアのライフルマン, ジャック・クーパーだ。 仲間と共に戦場に向かったが,上官が早々と戦死。 いまわの際に,パイロット権限をジャックに移行すると宣言し,自分のタイタンの BT-7274(以下,ビーティ)をプレイヤーへと委ねる。 かくしてプレイヤーは,パイロットの訓練も受けたことのないジャックとしてビーティと共にIMCの巨大な軍勢と戦っていくのだ。 死にゆく上官と,残されたビーティ ビーティは特殊部隊仕様で,高度なAIを搭載しており,パイロットとコミュニケーションを取ることができる。 ゲーム序盤のビーティとの会話は,いかにもロボット然とした硬さが見られるが,物語が進むにつれてビーティがまるで人間のように感じられ,筆者はストーリーに没入してしまった。 ちなみに,ビーティとの会話は,用意された選択肢から適当なものを選ぶというスタイルだ。 「タイタンフォール 2」シングルキャンペーンムービー#1 シングルキャンペーンは,ミッションをこなしていく形式になっており,物語を進めていくと,タイタンに搭乗した中ボスとか大ボスなどが登場してくる。 これはまあ,FPSのシングルキャンペーンモードでは一般的なスタイルだが,前作で物足りない思いを抱いていた筆者としては,声を大にして言いたい。 これだ,これを待っていた。 タイタンと共に,敵のタイタン軍団と戦っていくという,王道のSFロボットものの物語が展開していくのだ。 戦闘狂から金目当てのアンドロイドまで,いろいろな敵がプレイヤーの前に立ちはだかる 登場する敵は,見た目から搭乗しているタイタンまでバラエティ豊かだ。 金目当てのアンドロイドなども出てくる。 また,敵のタイタンは割と人間臭い動きでプレイヤーを翻弄してくる。 不利になると遮蔽物の影に隠れたりなど,ヤツらはかなりよくできているので,なめてかかると返り討ちに遭ってしまうかもしれない。 「タイタンフォール 2」シングルキャンペーンムービー#2 上にも書いたように,キャンペーンモードのキモは,やはりビーティという相棒の存在に尽きる。 プレイ中に何気ない会話を重ねたり,ギリギリの戦闘でなんとかボスに撃ち勝ったりなど,ビーティとの歩みを進めていくにつれ,家族に対する愛情のような,そんな絆に近い感情が芽生えてしまうのは筆者だけではないはずだ。 ロボットとの友情とか,ありがちで安っぽくないですか,と思っていた筆者が甘かった。 ビーティ,おまえとはずっと一緒だ。 ストーリーを詳しく書くわけにはいかないが,最近,ちょっと涙もろくなった筆者の琴線に深く触れるものがあり,終盤の演出では鳥肌が立ち,最後のシーンでは全身の力が抜けて脱力状態になったと書いておきたい。 Respawn Entertainmentが全力で作ったキャンペーンモードは,ロボットもののSFが好きな人に,ぜひプレイしてほしい。 大きく進化したマルチプレイ 「タイタンフォール」の醍醐味であるマルチプレイ対戦も,前作に比べて進化している。 基本的なシステムは前作を踏襲しており,パイロットとして戦場に降り立ち,敵プレイヤーやNPC MOBAでいうところのミニオンで,EAもそう呼んでいる)を倒していくことでタイタンを要請できるゲージを溜め,やってきたタイタンに搭乗して暴れ回るといった流れだ。 ミニオンはおいしい栄養分だ。 タイタンに乗ろうが乗るまいが,倒して損はない 本作でパワーアップした部分として目をひくのが,タイタンの種類が増えたことだ。 前作では軽,中,重量級という3種類のタイタンが登場したのだが,本作はそれが 6種類に増え,バラエティが豊かになった。 筆者がお気に入りの機体。 下の トーンはソナーを搭載しているため,敵パイロットを倒すのも容易だ タイタンの種類が増えたことでシステムも若干変更されており,前作では変更できたタイタンの兵装が,本作では機体ごとに固定されている。 開発者によれば,これは 「格闘ゲームのように,機体ごとに戦い方や防御を考えてプレイする」という考え方に基づくものだそうだ。 そうはいっても,タイタンごとにカウンターとなるタイタンが設定されるという,いわゆる格ゲーの「すくみ」が設定されているわけでもないので,基本的に気に入ったタイタンを使っていけば大丈夫だ。 パイロットについては, 「アビリティ」が設定できるようになった。 中でも個人的に面白いと思ったのが「グラップル」だ。 グラップルは, 「バトルフィールド」シリーズなどでおなじみの グラップリングフックのことだが,投擲した地点にパイロットが引き寄せられ,どんな高いところでもひとっ飛び,という仕掛けだ。 引き寄せられている途中で,引っ張られているのとは別の方向にジャンプをしたりすると慣性が働き,振り子運動のような感じで,さらに遠くまで移動できる。 使いようによってはかなり移動が捗るスグレモノだ。 「進撃の巨人」の 立体機動装置のような移動が可能になるので,慣れるとグラップルを使って動いているだけで楽しい。 そういえば,タイタンには巨人という意味もあるなあ。 筆者がお気に入りのロードアウト。 パルスブレードのソナーで敵の位置が確認できるので,先制攻撃がしやすい気がする 前作を楽しんだ人なら,本作のマルチプレイも楽しいと思えるだろうし,初心者に対する配慮も十分になされているので,ビギナーでも楽しめるはず。 個人的に残念なのが,プレイモードの偏りだろうか。 筆者はPC版とPlayStation 4版を持っており,データセンターは「東京」を選んでいるのだが, 「消耗戦」「賞金稼ぎ」ではマッチングが成立しやすいものの,タイタン戦がメインとなる 「LTS」や,1vs. 1の 「コロシアム」は数えるほどしか遊べていない。 これを押すと2ページめに進めるのだ ゲームモードが多いのはプレイヤーにとって嬉しいことなのだが,どうも日本のプレイヤーに十分に周知できていないようで,もったいないと思う。 快適な環境で 「キャプチャー・ザ・フラッグ」や 「フリー・フォー・オール」を遊んでみたいのだが,相手がいないので,泣く泣く海外の重いPINGに耐えてプレイせざるを得ない。 もちろん,消耗戦や賞金稼ぎといったルールは今のところ,対戦相手に困ることがない状況なので,過疎っているとかいう話ではない。 「タイタンフォール 2」マルチプレイダイジェスト 縦横無尽に駆け回れる爽快なFPS 今後のDLC展開にも期待 以上,「タイタンフォール 2」のインプレッションを並べてみたが,FPS豊作の年になった2016年にあって,多数のライバルと堂々と伍して戦えるのではないだろうか。 二足歩行の巨大ロボットものという,男の子(女の子もか)のロマンが詰まった作品を,練り上げたストーリーと,パワーアップしたマルチプレイで作り上げた作品で,至れり尽くせりだと筆者は思っている。 また今後,DLCが 無料で配信されることが。 そのためシーズンパスなどはなく,DLCにお金を払う必要もないときている。 なんという太っ腹。 DLCを前提にしたビジネスモデルが一般的な今日この頃,なぜこういうことになったのかといえば,やはり前作の有料DLCで,購入者と非購入者で,参加できるゲームが分けられてしまったことが理由だと思われる。 そんな問題をなくすためには,そもそも有料DLCをなくすのが手っ取り早いと開発者が考えたのだろう。 有り難いことだが,大丈夫なのかとちょっと心配になったりして。 ほかの大作FPSに挟まれて,若干不遇だという印象もあるが,キャンペーンもマルチプレイも楽しいので,秋の夜長に(もう冬みたいだが),思いきり遊んでほしい。

次の