カルキ 落とし 方。 石灰を溶かす除去方法は?クエン酸や洗剤で汚れを落とす方法も紹介!

水まわりのカルキの落とし方、洗剤の種類や掃除道具など

カルキ 落とし 方

お風呂場に付く白い汚れ、本当に厄介ですよね。 カルキ汚れ、水垢、スケール、ウロコ汚れとも呼ばれています。 浴室用洗剤でも落ちないですし、ブラシで擦っても全然歯が立ちません。 実はあれ、カルシウムが石のように固まった物なんです。 カルシウムはアルカリ性なので酸性洗剤を使えば除去することができます。 今回はカルキ汚れの落とし方をご紹介します。 カルキ汚れが付く原因 白い汚れの正体 お風呂場に付く白い汚れは、カルキ汚れとも呼ばれていますが厳密にはカルキではありません(カルキ=水道水やプールに使われる消毒用の薬品)。 正確に言うと水道水中に含まれるカルシウムが表面で乾燥して凝固したものです。 水滴を毎回丁寧に拭き取れば白い汚れが付くのを防げますが、家族数人で使う浴室ではとてもそんなことはできないと思います。 白い汚れの除去方法 白い汚れの主成分はカルシウムです、カルシウムはアルカリ性のため酸性洗剤で溶かして落とすことができます。 しかし、お風呂場の材質によっては酸性洗剤が使えない場所もあるので注意しましょう。 例えば、金属の蛇口に酸性洗剤を使うと腐食して変色してしまいます。 また、鏡に酸性洗剤を使うと表面が溶けてムラになってしまいます。 下地を傷めないように、用途に合わせて適切な洗剤を選びましょう。 床タイルのカルキ汚れの除去方法 床タイルの白い汚れには酸性洗剤のがオススメです。 床は一番多く水が流れるため、白い汚れが凝固しやすい場所です。 特に温泉施設などでは写真のようにくっきり白い汚れが付く場合があります。 タイルは比較的頑丈にできているため、強めの酸性洗剤でガッツリ掃除するのをオススメします。 酸性洗剤のレックスはプロ向けの強力洗剤なので、白い汚れをバッチリ落とすことができます。 実際にタイルを掃除した様子 実際にで掃除した様子です。 比較用に写真の右半分だけをレックスで掃除しています。 カルシウム汚れにレックスを塗布したところ、シュワシュワと泡を立てて溶けました。 その後、柔らかくなったカルシウムをブラシで擦って削り落としています。 掃除をした右半分だけ綺麗になっているのがわかります。 蛇口のカルキ汚れの除去方法 蛇口の白い汚れにはがオススメです。 蛇口に酸性洗剤を使うと腐食してしまい、シミになる恐れがあるので普通は使えません。 しかし、エスカルゴは腐食防止剤入りの洗剤なので安心して使用することができます。 また増粘タイプなので薬液が液だれしにくく、密着してカルシウムを溶かすのもポイントです 実際に蛇口を掃除した様子 実際に蛇口をで掃除した様子です。 掃除前はカルシウムの白い汚れがびっしりついていたのですが、掃除後は綺麗に無くなっているのがわかります。 エスカルゴを塗布して15~30分ほど放置し、スポンジで擦ったところ写真のように綺麗になりました。 鏡のカルキ汚れの除去方法 鏡の白い汚れにはがオススメです。 鏡は一番傷つきやすい材質ですので、酸性洗剤が使えません。 (酸性洗剤を使うと表面が溶けてまだら模様になってしまう場合があります。 慣れてない方は絶対にやらないでください) そこでオススメしているのが研磨剤&ダイヤモンドシートを使った掃除方法です。 白い汚れは表面が凹凸になっているのでダイヤモンドシートで削り落とすことができます。 研磨剤とダイヤモンドシートの組み合わせはプロの清掃業者も使用している手法です。 これらを組み合わせたのがミラくるワンダーです。 実際に鏡を掃除した様子 実際にを使って鏡を掃除した様子がコチラです。 比較用に半分だけ掃除しています。 左側が掃除していない面で、右側が掃除をした面です。 鏡を水で濡らした後に研磨剤を塗り広げ、ダイヤモンドシートで擦って掃除をしています。 ジャリジャリとした感触があり、白い汚れを削り落としている感覚が手に伝わってきます。 綺麗に仕上げるには2~3回、ダイヤモンドシートによる拭き作業を行った方がいいかもしれません。 まとめ• お風呂に付くカルキ(白い汚れ)は、水道水に含まれるカルシウムが凝固したものです。 カルシウムはアルカリ性なので、酸性洗剤で溶かして落とすことができます。 しかし、下地の種類によっては酸性洗剤が使えない場合がありますので注意しましょう。 床タイルには酸性洗剤のがオススメです。 タイルは比較的丈夫な材質なので、強い洗剤で一気に溶かすことができます。 蛇口にはがオススメです。 腐食防止剤入りなので、蛇口(金属)を傷めることなく汚れだけを落とします。 鏡にはがオススメです。 鏡はデリケートなので酸性洗剤が使えません。 研磨剤&ダイヤモンドシートの組み合わせが良いでしょう。 今回はお風呂に付くカルキ(カルシウム汚れ)の落とし方についてご紹介しました。 基本的には酸性洗剤で溶かして落とすことができますが、下地によっては酸性洗剤が使えないことがありますので注意しましょう。

次の

これだけ覚えれば大丈夫!カルキ掃除基本の落とし方| Pacoma パコマ | 暮らしの冒険Webマガジン

カルキ 落とし 方

ひとくちにお風呂のタイルと言っても色々ありまして…、 昔の(と言っても我が家もそうなんですが…)お風呂は上は塗装された壁で、下半分は全てタイルになっておりました。 と、思えば、滑らない様にざらついたタイルを床に使用しているお風呂もあったりして…。 このざらついたタイルについたカルキは非常に厄介なんで次の機会に譲るとして…、 今回はすべすべのタイルについてしまったカルキを落としてみます。 これはあくまでもタイルなんですが、カルキの落とし方の基本的考え方は同じだと思います。 その素材が浴槽であれ、水栓金具であれ、素材を傷つけない道具を使用すれば良いだけのことです。 それではいきます。 まずは最初の状態。 これをスポンジと水だけで粗掃除してみると、(目地には亀の子タワシを使用。 ) きも~~~ちサッパリしましたが、これではお金を頂ける仕事ではありませんね…。 で、例の如くクエン酸とバスマジックリンを漬け置きします。 そして例のネット状のスポンジで洗い流すと、 こんな感じになりました。 一般的な家庭の奥様だったらこれでOKかもしれませんが、せっかくだから今年はもう一歩前進してみましょう。 一見綺麗に見えるタイルもよくよく見ると、 こんな感じで所々にまだ白いカルキの跡が残ってます。 これをスクレーパーで丁寧に削っていきます。 そのうえで水につけた耐水ペーパーでさらに丁寧にこすります。 この時は400番を使用しました。 こすった後を乾拭きしてみると、 こんなに綺麗になりました。 全体像はこちら、向かって左の縦一列はスクレーパーと耐水ペーパーの処理をしていないタイルです。 その差が分かりますでしょ? このようにカルキ落としはクエン酸とバスマジックリンでカルキを脆くしたうえで、素材を傷つけないギリギリの研磨剤でこすっていくと上手くいくものです。 素材を傷つけないための見極めという点が難しいかと思いますが…。 頑張ってみてください。

次の

加湿器のカルキの落とし方!クエン酸でフィルターを掃除!代用品も

カルキ 落とし 方

2~3時間置いておくと汚れが取れます。 このようにいくつかやり方はありますが、汚れ具合によって使い分けるのがいいかと思います。 グラスやコップの清掃方法は水回りの他のものにも十分応用可能です。 ポットの清掃方法 ポットに付着するのはミネラル分でカルシウムとシリカが主成分。 水が蒸発することで成分の濃度が高まり硬い膜のようなものを作ります。 これはポット洗浄剤やクエン酸を用いることで落とすことができます。 ポット内の汚れている部分に、 ポット洗浄剤かクエン酸を染み込ませたペーパータオルなどを張り付けます。 その後、よく水洗いします。 これで大体のカルキ汚れ他、ポットの汚れは落ちますので是非お試しください。 加湿器の清掃方法 加湿器のカルキを洗うには、 浸け置き洗いが良いです。 フィルターなどがあるのでそれを取り出し、クエン酸を溶かした水に浸けておきます。 加湿器にクエン酸を使うことに抵抗のある方もいるかもしれませんが、 多少残っていても健康に影響はないそうです。 ただしレモン果汁やお酢の場合だと部屋に臭いが充満してしまうかもしれないので注意が必要です。 やかんの清掃方法 やかんの場合にもクエン酸を使います。 やかんにお湯とクエン酸を入れ、一晩置いてからたわしやスポンジで磨きます。 なかなか取れない時はプラスチックや木のへらを使えば確実です。 シンクの清掃方法 キッチンのシンクはステンレスでできています。 ペーパータオルにクエン酸を馴染ませ汚れに貼り付けます。 さらに上からラップをかけることで効果は増します。 少ししたら洗い流し、スポンジの堅い方で擦ると汚れは取れます。 全体を水洗いして、から拭きするといいでしょう。 このように、水周りなどのカルキ汚れには主に クエン酸が効果的です。 クエン酸は100円ショップやドラッグストアに売っているので、手軽に購入することができます。 注意点としては、 サンポールは混ぜると危険な洗剤なので食器や調理具などに使うのは避けた方がいいですね。 いかがだったでしょうか? カルキ汚れは普段食器洗いをしている主婦さんなどには馴染みのあるものかと思います。 でも、汚れをそこまで気にせずにそのまま使っている場合もありますよね。 そういった時に、もしカルキ汚れが気になり出したらこちらを参考にして汚れを落としてみるといいですよ!

次の