あじさい剪定小さくしたい。 アジサイ 小さく保つには?

『ヤマアジサイ』庭植えでも小さく仕立ててナチュラルな雰囲気に

あじさい剪定小さくしたい

紫陽花の剪定 紫陽花はとっても生命力が強いので、挿し木で簡単に増やせるんですよね。 そしてそのまま、紫陽花の自由にまかせて伸びたいように好きなだけほっておくと、ものすごく巨大化します。 つまり、庭に地植えした紫陽花は、毎年マメに剪定していかないと、とんでもなく大きくなりすぎて、こんもりとした紫陽花の葉っぱの中がいったいどうなっているのか、怖くて見たくなくなるんですよ。 って、これは私のことなのですが。 写真ではわかりにくいのですが、この紫陽花は私の背丈をはるかに超えているので、2Mくらいはあると思われます。 昨年は、花の部分を摘み取って剪定したのですが、今年この紫陽花の花が咲いたのは9月になってから。 上の写真は10月上旬に撮ったものですが、紫陽花の向こう側に柿の実のオレンジ色がわかるでしょうか。 季節はすっかり秋なのに、紫陽花が生き生きと咲いている風景もなんだか不思議なものでした。 紫陽花の木質化 巨大化した紫陽花を一回り小さくするのは、なかなか難しい。 来年も紫陽花の花を楽しむためには、花芽を残して剪定しなければならないので、切る部分は紫陽花の花から2~3節目まで。 しかし、紫陽花は脇芽がどんどん出てくるので、来年はさらに一回り大きな紫陽花になっちゃんですよね。 今年は、思い切ってバッサリと紫陽花を切ることにしました。 あまりにも葉っぱの中が密集していて、風通しが悪そうだったので。 植物がなにかしら病気になる原因のひとつは、風通しの悪さなんです。 来年は紫陽花の花が咲かなくてもいいので、決断しました。 そうして、ほぼ葉っぱを落とした紫陽花。 紫陽花の枝はほとんどが木質化していました。 びっくり! 中心部の太い部分は、直径10cm近くはあると思われます。 ここだけみると、とても紫陽花とは思えない。 立派な木ですよね。 古い枝は、皮がぽろぽろと剥がれ落ち、中にはダンゴ虫たちが越冬の準備をしていたんですよね。 いやぁ、申し訳ない。 突然住処を丸裸にされて、いい迷惑だったよね。 思い切ってここまで丸裸にしちゃいました。 古い枝はスカスカで、触っただけで簡単に折れてしまうので、そういう枝はすべて撤去しました。 でもね、枝からはちゃんと脇芽が出てきてるんですよ。 来年は花は咲かないだろうけど、どんな樹形になるか楽しみです。 庭への気持ちをリセットする 紫陽花の剪定をしているうちに、何かが吹っ切れたような感じになりました。 父が遺した庭を、私は同じようにやらなくてもいいんだ!という気持が、突如沸きあがってきたのです。 どこか父に遠慮して、残せる花や木はできる限り残してみようと思っていましたが、「もういいんだよ」と自分の心の中の声が聞こえてきたような気がしました。 自分で何もしないで、業者任せに手のかからない庭に作り替えることも可能でしょう。 しかし、それでは自分の想いもなにひとつ反映されない庭になってしまう。 父が亡くなってから1年以上かけて、自分であちこち庭木をいじってきたからこそ、ここはこうしたい、あの部分はこうしたいという思いがどんどん膨らんできました。 「おまえの好きなようにしていいんだよ」 もし今父に聞いたら、絶対にこう言うと思います。 でもそれは、「自分の想いを込めて好きなようにしていい」という意味だったんだ・・・ということに気付いたのです。 雑草だらけで嫌だ。 落ち葉がたくさんあって嫌だ。 毛虫が大量発生して嫌だ。 だからとっとと庭の木を切って、コンクリートを流したり平板ブロックを敷いて、なるべく手のかからない庭にしたい! 昨年はそんな気持ちだけが前を歩いていました。 もしも昨年、庭を業者任せに造り替えていたら、私はなんの思い入れのない庭を、その後も自分で手入れして維持管理することは絶対無理だったでしょう。 紫陽花をバッサリ剪定したことで、気持ちに踏ん切りがつき、いままでのモヤモヤがリセットできました。 手をかければかけただけ、愛情が沸く。 子どもも庭木も一緒ですね。 我が家の庭も、急がずゆっくり愛情をこめて育てていきたい。 この日から2年後、紫陽花の剪定の仕方についてまとめました。

次の

庭木を小さくしたいときの剪定方法とは!

あじさい剪定小さくしたい

紫陽花の一般的な剪定の仕方 最初に断っておきますが、私は庭師でもなんでもありません。 素人が、見様見真似で自分の庭にある紫陽花を剪定しているので、これが正しいやり方かと言われたら、目が泳ぎます。 しかし、自分で紫陽花を剪定するようになってから早3年。 自分なりにちょっとしたコツがわかってきました。 これから紫陽花の株を大きくしたい場合の剪定の仕方 紫陽花は、花のすぐ下の葉っぱを1節、さらにその下の葉っぱを2節と数えますが、紫陽花の一般的な剪定の仕方は、2節めと3節目の中間地点で剪定すると良いとされています。 花のすぐ下の赤いラインの部分が1節目。 花芽は、2節目と3節目の矢印部分から出てきます。 写真は、前年に花のすぐ下、つまり1節目の上で切った紫陽花ですが、1年後にはその下に6本の花芽が出て、すべてに花がついているのがわかるでしょう。 なので、これから紫陽花の株を大きくしていきたいと考えるならば、花のすぐ下でカットする方法がおススメです。 このまま維持したい場合は、2節目と3節目の間で切るのがベストでしょう。 花芽がどこにあるかわからない場合の剪定の仕方 しかし、初めて紫陽花の剪定をする場合、2節目だの3節目だの言われても、果たしてそこで切って来年も花が咲くのだろうか?と不安になることもありますよね? 私がそうでしたから。 紫陽花の剪定は、花が終わったらすぐに行いましょうと言うけれど、ちょっとくらい遅れても全然大丈夫です。 なぜなら花が終わって茶色くなってくると、2節目や3節目から花芽が出てくるからです。 その花芽を確認してから剪定しても大丈夫です。 さずがに、ここまでほったらかしにしておくと、見栄えが悪いばかりか、病気にもなりやすいのでご注意を。 木質化した紫陽花を強剪定する 紫陽花は何年も経つと、枝が木のように太く固くなってきます。 見てください! 少なくとも20年以上は経つ紫陽花の根元は、直径10cmを超える頑丈な幹となりました。 紫陽花の強剪定は、根元から30cmくらいの高さでバッサリ切るのが望ましいのですが、中央の幹があまりにも太かったので、通常の剪定鋏では切ることができず、中途半端な感じで断念いたしました。 このように強剪定すると、花芽は当然全部落としていますから、翌年は花が咲きません。 予想通り1年後には、葉っぱだけがワサワサ状態となります。 この葉っぱだけの茎に、花芽がつくのです。 翌年には、このように花がたくさん咲きました。 大きくなりすぎた紫陽花をコンパクトにかつ来年も花を咲かせるための剪定の仕方 さて、ここからが肝心のお話です。 私の背丈はとうに超える大きくなりすぎた紫陽花。 強剪定してコンパクトにしたいけれど、来年も紫陽花の花は見たいなぁという場合の剪定の仕方です。 まずは、2年前の紫陽花です。 前年、強剪定して花芽を全部切ったので、花はほとんど咲きませんでした。 なのに葉っぱは勢いよく出ています。 しかし、背丈はやっぱりどんどん伸びて、やはり私の背丈を越しました。 全体的にもモッサリしていて、風通しも悪そうです。 昨年剪定する際に、上部の枝は花芽を残すよう2節目と3節目で剪定し、下半分はすべてのわき芽と枝葉をカットしました。 名付けて「頭でっかち剪定」です。 こうすることで、紫陽花のすかし剪定にもなり、風通しがよくなりました。 さらに、株元からは新しい枝葉がワサワサと出てきています。 そして思ったのです。 この株元から出た枝葉に、今年は花芽がつくと思うのですよ。 この株元の枝葉をこのまま残しつつ、今度は上部の花がついた枝を株元までバッサリ剪定したらどうだろう?と。 来年は、株元の枝に花が咲き、再来年は中心部の枝に花が咲く。 この計画、なかなか良いと思うんだけどなぁ。 紫陽花の枝葉の勢力はとても強く、どんなに剪定しても背丈はどんどん伸びて大株になってしまう・・・と、これまで思っていましたが、2年かけてこういった剪定を繰り返したら、株も小さくコンパクトに仕立てられるのでは? 来年は、この紫陽花がどうなっているか、楽しみが増えました。 こちらの紫陽花も、今年は頭でっかち剪定をしてみることにします。

次の

大きくなりすぎた紫陽花をコンパクトにして来年も花を咲かせる剪定の仕方

あじさい剪定小さくしたい

環境の変化に敏感なアジサイ アジサイは比較的生命力の強い植物で、栄養分が少なくなったり水分が少なくなっても比較的長く生き続ける植物です。 その反面環境の変化には非常に敏感で、水分が少なくなるとすぐにしおれたりしてしまうのが特徴です。 その場合枯れてしまったと思うこともありますが、水をたっぷりとあげると回復する非常に強い植物でもあります。 しかし、基本的には水をたっぷりと消費する植物でもあるので、鉢植えにしても地植えにしても水切れが無く保水性の良い環境にしてあげるのが非常によいものです。 鉢植えで有れば保水性のよい磁器製の鉢が最も好ましいものです。 また、プラスチックの鉢は保水性は良いのですが外部の温度を吸収しやすいので暑い日などは土が厚くなってしまうことから避けた方が良いと言われています。 アジサイの花が小さい原因は生育環境の悪化 花が小さい場合にはその成育環境が悪化していることが原因として考えられます。 スポンサードリンク 鉢や土の状態の他には、株が古くなってしまい根が密集してしまったり、株自身の吸水性が衰えてしまう事による栄養不足も原因として挙げられ、この場合には鉢を変えたり株分けをして株をすっきりとさせることが効果があると言われています。 株分けをすることで株自身がすっきりと生命力を取り戻し、花を大きく咲かせるようになると考えられています。 定期的な切り戻しをして十分に養分を吸収させる さらにアジサイは生命力が強く、放っておくとどんどんとその枝や葉を延ばしていくため株自身も大きくなり、その吸水性も衰えてくることになります。 そうなってしまうと枝や葉に養分がとられてしまうことになるので、定期的に切り戻しをして不要な枝や葉を延ばさないようにすることが大切です。 また、咲き終わった花も早めに切り戻すことでいつまでも栄養分が吸収されるのを防ぐとともに、新しい芽を成長させることにもつながるので、咲き終わったら早めに切り戻すことが大切です。 アジサイは敏感こまめな手入れを 小さくしか咲かない現象は基本的にはこまめに手入れをすることで解消できます。 水を十分に吸収できるように水分が十分に吸収できるような環境を整えることと株を余り大きくしないこと、そして咲き終わったらこまめに切り戻すことで株全体に水分と栄養が行き渡るようになるため、小さくしか咲かない状況が改善される確率が高くなります。 Advertisement• アナベルはアジサイの一種です。 育て方はほかのアジサイと同じですが、剪定が違うのでそこをきちんと覚えておくことが大切です。 通常のアジサイ[…]• アジサイは剪定が必ず必要な花ではありませんが、そのままにしていると余計なスペースをとってしまったり、花が咲く位置もどんどん高くなってしまうので、やはり[…]• 梅雨の時期になると美しく咲き、多くの人を楽しませるアジサイは、挿し木をすることで、同じ品種を簡単に増やすことができます。 挿し木は、1度[…]• 目次 1. アジサイの植替えの時期はいつ・・。 開花している状況での植え替え?。 アジサイの植え替え花をよく咲かせるための土は4. 鉢植えのア[…]• 6月に入り本格的な梅雨の時期に突入すると、雨が多く湿気がむんむんとして、不快な気持ちになる人も多いでしょう。 しかしこのような不快な時期[…].

次の