あし の うら の かわ が むける。 足の親指の裏の皮がむける原因は?痛いささくれの対処法は?かゆい時は?

手や足の皮が剥けた時の正しい対処と治療法! 怪我の応急処置には湿潤療法?

あし の うら の かわ が むける

手の皮がむける原因として考えられるものに、白癬、ストレス、乾燥、汗疱もしくは異汗性湿疹と呼ばれる症状があげられます。 それぞれが引き起こされる原因と、対策方法を見ていきましょう。 手の皮がむける原因その1 白癬(はくせん)とは? 白癬(はくせん)とは皮膚糸状菌というカビによって引き起こされる感染症です。 日本では足に感染している人が多く、その場合は足白癬と呼ばれます。 一般的にいうところの水虫です。 実はこの白癬、感染するのは足だけではないのです。 手や爪にも感染し、手になるものは手白癬、爪になるものは爪白癬と呼ばれます。 感染経路として考えられるのは、足白癬からの感染です。 足の指の爪を切ったり、足白癬にかかる原因のひとつといわれるバスマットを手で触ったりすることで感染します。 ほかの手の皮がむける症状と違い、両手ではなく片手のみに症状が現れることが多いのが特徴です。 白癬(はくせん)の対策方法 白癬の特徴は片手のみに現れることが多いと書きましたが、しかしそうはいっても素人には白癬かどうかの判断が難しく、自己判断で間違った薬を使い続けていると悪化することもあるので、まずは皮膚科の受診をおすすめします。 皮膚科できちんと診てもらえれば、塗り薬や飲み薬が処方されます。 足白癬と併発している場合は、同時進行で治療していきます。 手の皮がむける原因その2 ストレスについて 手の皮がむける原因としてストレスがあげられますが、ストレスが引き起こす症状に、自律神経の乱れがあります。 自律神経とは、自分の意思ではコントロールできない神経のことです。 心臓を動かしたり、血圧を上げ下げしたり、食べ物を消化したりといった身体の働きは、自分の意思で行うことはできません。 これらの制御を行っているのが自律神経なのです。 自律神経には交感神経と副交感神経とがあり、この2つがバランスよく働くことで、よりよい生活が送れるのです。 ところが、ストレスがかかると交感神経と副交感神経のバランスが崩れます。 自律神経が乱れることで、皮膚に十分な栄養や酸素がいきわたらなくなり、肌が荒れ、手の皮がむける結果となるのです。 ストレスの対策方法 まずはストレスをためない生活をすることが大切です。 とはいっても、現代生活において、それはなかなか難しいことではないでしょうか。 たまったストレスを解消する方法をいくつか、紹介します。 お風呂にゆっくりつかる。 ストレッチをして身体を軽く動かす。 マッサージをする。 アロマの香りをかぐ。 森林浴をする。 どれがリラックス効果をもたらすのかは、人それぞれです。 いろいろ試してみて自分に一番合った方法を探してみましょう。 ほかにストレスに効くといわれている栄養素をとってみるのもいいでしょう。 良質のコレステロール ビタミンA ビタミンC ビタミンE タンパク質 酵素 カルシウム があげられます。 それらは魚や卵、緑黄色野菜、牛乳などに含まれています。 手の皮がむける原因その3 乾燥について 人間の肌は、汗腺からでる汗と皮脂腺から出る脂とで作られる皮脂膜によって、乾燥から守られています。 しかし手には皮脂腺が少ないため、皮脂膜が作られにくい状況にあります。 しかも水仕事をしたり手を洗ったりすることで、この皮脂膜は流されていってしまいます。 そのため手は乾燥しやすくなり、皮がむけるのです。 乾燥の対策方法 手を乾燥させないためにも、ハンドクリームを塗るなどして保湿することが大事です。 水仕事をするときには手袋をするのもいいですね。 手の皮がむける原因その4 汗疱(かんぽう)とは? 異汗性湿疹とも呼ばれる症状です。 汗や金属アレルギーが原因といわれていますが、はっきりとしたことはまだわかっていません。 症状は白癬とよく似ており、素人目には判断が難しいです。 汗疱(かんぽう)の対策方法 こちらも白癬と同様、素人が判断するのは難しいので、症状がちょっと怪しいな、と感じたら、皮膚科を受診するのがおすすめです。 汗疱であれば外用薬での治療になります。 原因が金属アレルギーであると考えられるときは、パッチテストという検査を行い、原因物質を特定し対処療法を行います。 まとめ 手の皮がむける原因って、いろいろあるんですね。 調べてわかったのが、どれも無理やりむかないようにすることが大切ということ。 痒くて、ムズムズする場合は、すぐに皮膚科を受診するのがいいと思います。 掻くとそこからバイ菌が入ったりして症状が悪化してしまうだけなので、いいことは何もありません。 そしてもうひとつ大事なのは、自己判断しないこと。 まずは皮膚科を受診して、ドクターに診てもらうって正しい処置をしてもらうのが一番です。 手の皮がむけて困っている方は是非参考にしてください。

次の

てのかわがむける

あし の うら の かわ が むける

掌蹠膿疱症の症状 主に、手のひらと足のうらに、水疱や膿疱などの病変があらわれます。 手のひらや足のうら以外にも、すねや膝、肘、頭などに症状があらわれることがあります。 爪が変形したり、骨や関節が痛んだりすることもあります。 手のひら、足のうらの症状 特徴的な症状は、小さな水ぶくれ(水疱)からできる膿疱です。 できはじめにかゆみを伴うことが多く、しばらくすると膿疱が乾いて茶色っぽいかさぶた[痂皮 かひ ]となり、はがれ落ちます。 まわりの皮膚にも炎症がおよんで赤くなり[紅斑 こうはん ]、表面の角層 かくそう が浮いてきてカサカサします[鱗屑 りんせつ ]。 角層がつみ重なって厚くなると、歩くたびにひび割れて痛みを生じます。 膿疱は、次々に出てくる場合と、良くなったり悪くなったりを周期的にくり返す場合とがあります。 疲れた時や、風邪などでのどの痛みを感じると悪くなるなど、どんな時に悪くなるのかを自身で把握することは、治療を考えるうえで大切です。 手のひら、足のうらでは、次のイラストに示されている場所に症状があらわれることが多いです。 写真提供:社会福祉法人聖母会聖母病院 皮膚科部長 小林 里実 先生 写真提供:社会福祉法人聖母会聖母病院 皮膚科部長 小林 里実 先生 浮いてめくれてくる角層(鱗屑)をはがして整えたくなるかもしれませんが、刺激によって悪化することがあるため(ケブネル現象)、絶対にやめましょう。 同様に、水疱や膿疱を無理につぶしたり、はがし取ったりすることもやめましょう。 手のひらや足のうら以外に、すねや肘、膝、頭、おしりなどにカサカサした紅斑がでることがあり、「掌蹠外病変 しょうせきがいびょうへん 」と呼ばれます。 ときに、掌蹠外病変にも膿疱がみられることがあります。 爪の症状 掌蹠膿疱症の症状が爪にあらわれると、爪の下に膿疱や凹みができたり、爪の変形がおきたり、爪がはがれて浮いてきたり、爪の下が厚くなってもり上がってきたりします。 これらも適切な治療でよくなります。 写真提供:社会福祉法人聖母会聖母病院 皮膚科部長 小林 里実 先生 骨や関節の症状(掌蹠膿疱症性骨関節炎) 掌蹠膿疱症の重要な合併症として、骨と骨、骨と腱がくっつきあうところ[関節や付着部 ふちゃくぶ ]や、骨そのものに炎症がおきて激しい痛みを伴う「掌蹠膿疱症性骨関節炎 しょうせきのうほうしょうせいこつかんせつえん 」があります。 特徴的な部位として、胸骨と鎖骨、胸骨といちばん上の肋骨、上下の胸骨の結合部に起こることが多く、首の付け根から胸に突然の激痛が走り、心筋梗塞や狭心症と間違えられることもあります。 また、背骨や腰の骨、手足の骨にも炎症を生じることがあり、患者さん自身はただの腰痛と勘違いされていることもあります。 患者さんによっては、こうした関節症状が皮膚症状よりも先にあらわれます(詳細は「」を参照)。 掌蹠膿疱症性骨関節炎に対しては、皮膚症状に対する治療とは別の治療が必要になりますので、気になる関節の痛みがあれば、皮膚科医にも伝えるようにしましょう。 また、関節の痛みで整形外科等を受診している場合も、医師に掌蹠膿疱症にかかっていることを伝えましょう。

次の

手や足のブツブツ・皮むけ(汗疱、掌蹠膿疱症)

あし の うら の かわ が むける

手の皮がむける原因として考えられるものに、白癬、ストレス、乾燥、汗疱もしくは異汗性湿疹と呼ばれる症状があげられます。 それぞれが引き起こされる原因と、対策方法を見ていきましょう。 手の皮がむける原因その1 白癬(はくせん)とは? 白癬(はくせん)とは皮膚糸状菌というカビによって引き起こされる感染症です。 日本では足に感染している人が多く、その場合は足白癬と呼ばれます。 一般的にいうところの水虫です。 実はこの白癬、感染するのは足だけではないのです。 手や爪にも感染し、手になるものは手白癬、爪になるものは爪白癬と呼ばれます。 感染経路として考えられるのは、足白癬からの感染です。 足の指の爪を切ったり、足白癬にかかる原因のひとつといわれるバスマットを手で触ったりすることで感染します。 ほかの手の皮がむける症状と違い、両手ではなく片手のみに症状が現れることが多いのが特徴です。 白癬(はくせん)の対策方法 白癬の特徴は片手のみに現れることが多いと書きましたが、しかしそうはいっても素人には白癬かどうかの判断が難しく、自己判断で間違った薬を使い続けていると悪化することもあるので、まずは皮膚科の受診をおすすめします。 皮膚科できちんと診てもらえれば、塗り薬や飲み薬が処方されます。 足白癬と併発している場合は、同時進行で治療していきます。 手の皮がむける原因その2 ストレスについて 手の皮がむける原因としてストレスがあげられますが、ストレスが引き起こす症状に、自律神経の乱れがあります。 自律神経とは、自分の意思ではコントロールできない神経のことです。 心臓を動かしたり、血圧を上げ下げしたり、食べ物を消化したりといった身体の働きは、自分の意思で行うことはできません。 これらの制御を行っているのが自律神経なのです。 自律神経には交感神経と副交感神経とがあり、この2つがバランスよく働くことで、よりよい生活が送れるのです。 ところが、ストレスがかかると交感神経と副交感神経のバランスが崩れます。 自律神経が乱れることで、皮膚に十分な栄養や酸素がいきわたらなくなり、肌が荒れ、手の皮がむける結果となるのです。 ストレスの対策方法 まずはストレスをためない生活をすることが大切です。 とはいっても、現代生活において、それはなかなか難しいことではないでしょうか。 たまったストレスを解消する方法をいくつか、紹介します。 お風呂にゆっくりつかる。 ストレッチをして身体を軽く動かす。 マッサージをする。 アロマの香りをかぐ。 森林浴をする。 どれがリラックス効果をもたらすのかは、人それぞれです。 いろいろ試してみて自分に一番合った方法を探してみましょう。 ほかにストレスに効くといわれている栄養素をとってみるのもいいでしょう。 良質のコレステロール ビタミンA ビタミンC ビタミンE タンパク質 酵素 カルシウム があげられます。 それらは魚や卵、緑黄色野菜、牛乳などに含まれています。 手の皮がむける原因その3 乾燥について 人間の肌は、汗腺からでる汗と皮脂腺から出る脂とで作られる皮脂膜によって、乾燥から守られています。 しかし手には皮脂腺が少ないため、皮脂膜が作られにくい状況にあります。 しかも水仕事をしたり手を洗ったりすることで、この皮脂膜は流されていってしまいます。 そのため手は乾燥しやすくなり、皮がむけるのです。 乾燥の対策方法 手を乾燥させないためにも、ハンドクリームを塗るなどして保湿することが大事です。 水仕事をするときには手袋をするのもいいですね。 手の皮がむける原因その4 汗疱(かんぽう)とは? 異汗性湿疹とも呼ばれる症状です。 汗や金属アレルギーが原因といわれていますが、はっきりとしたことはまだわかっていません。 症状は白癬とよく似ており、素人目には判断が難しいです。 汗疱(かんぽう)の対策方法 こちらも白癬と同様、素人が判断するのは難しいので、症状がちょっと怪しいな、と感じたら、皮膚科を受診するのがおすすめです。 汗疱であれば外用薬での治療になります。 原因が金属アレルギーであると考えられるときは、パッチテストという検査を行い、原因物質を特定し対処療法を行います。 まとめ 手の皮がむける原因って、いろいろあるんですね。 調べてわかったのが、どれも無理やりむかないようにすることが大切ということ。 痒くて、ムズムズする場合は、すぐに皮膚科を受診するのがいいと思います。 掻くとそこからバイ菌が入ったりして症状が悪化してしまうだけなので、いいことは何もありません。 そしてもうひとつ大事なのは、自己判断しないこと。 まずは皮膚科を受診して、ドクターに診てもらうって正しい処置をしてもらうのが一番です。 手の皮がむけて困っている方は是非参考にしてください。

次の