東京電力 電気料金。 くらしTEPCO(東京電力エナジーパートナー)で電気料金試算。でんき家計簿で料金チェック!

料金・使用量のご確認│くらしTEPCO web

東京電力 電気料金

電力会社を切り替えるだけで電気代が安くなるってご存知でしたか? 電気代がかさんでしまう夏や冬の季節。 電気代を気にしてエアコンを使うのを我慢したりしていませんか? 電力会社を切り替えれば、今まで通り使っても電気代は安くできるんです! インズウェブなら複数ある電力会社からあなたにぴったりのプランがきっと見つかります!• 質問に答えるだけの簡単診断• 詳細な条件で比較したい方はこちら• 詳細な条件で比較したい方はこちら 「電気ご使用量のお知らせ」の中身を理解する 電気代を節約するには、「電気ご使用量のお知らせ(検針票)」の内容をしっかりと理解することが欠かせません。 電力量料金(従量料金)は使用量に応じて1段階料金、2段階料金、3段階料金の料金設定で課金されます。 お知らせを確認するときは、「請求予定金額」の項目しかチェックしていないという人も多いでしょう。 しかし、それでは電気代を上手に節約することはできません。 なかでも1段料金・2段料金・3段料金は、電気の使用量に応じて電力量料金に格差を設けたものです。 そのため、電気代の節約では三段料金の項目をしっかりと確認する必要があるのです。 【 三段料金の設定概念】 第1段階料金:憲法25条の生存権に基づく最低限度の生活水準を守るための安い料金単価 第2段階料金:標準的な家庭が1か月に使用する電力量を踏まえた平均的な料金水準 第3段階料金:省エネのための高い料金単価 アンペア制の電気料金は、基本料金と電力量料金(従量料金)に分かれています。 そのうち基本料金は、契約アンペア数によって異なる料金が設定されています。 東京電力エナジーパートナーの従量電灯Bの例では、10Aは280. 80円、15Aは421. 20円、20Aは561. 60円、30Aは842. 40円、40Aは1123. 20円、50Aは1404. 00円、60Aは1684. 80円(すべて1契約・2019年1月現在)です。 契約アンペア数が大きくなると、基本料金も連動して高くなります。 自分の生活には大きすぎるアンペア数で契約すると、余分な基本料金を毎月支払うことになりますので注意しましょう。 【東京電力エナジーパートナー 従量電灯B】 契約アンペア(A) 料金(税込) 基本料金 10A 280. 80円 15A 421. 20円 20A 561. 60円 30A 842. 40円 40A 1123. 20円 50A 1404. 00円 60A 1684. 80円 そもそも三段料金とは何のこと? 三段料金とは、電気の使用量に応じて三段階に分けて電気代を計算することをいいます。 もともと三段料金の制度は、石油危機の際に省エネの推進を目的として制定されました。 東京電力の従量電灯Bの場合では、1段料金(電気使用量が120kWhまで)の電力量単価は19. 52円、2段料金(電気使用量が120kWhを超えて300kWhまで)の電力量単価は26. 00円、3段料金(電気使用量が300kWhを超えたぶん)の電力量単価は30. 02円です。 電気料金のうち電力量料金は、この三段料金に基づいて計算されます。 電力量料金は、使用する電力量が増えれば増えるほど金額が高くなります。 電気ご使用量のお知らせでは、該当する段階料金しか記載されません。 たとえば、1カ月の電気使用量が300kWhを超えていない場合には、2段料金までしかお知らせには記載されないことになっています。 また、三段料金は一般家庭に多い従量電灯Bや、事務所や商店などに多い従量電灯Cのような従量制の電気料金プランで採用されているものです。 毎月高額な基本料金を支払わないために、使用する電力量や適正な契約アンペア数を把握したうえでプランを決定することが大切です。 【東京電力エナジーパートナー 従量電灯B】 今より安く!お得に! 電力会社変更で 電気代の変化を実感してみませんか?• \質問に答えるだけの簡単診断/• \詳細な条件で比較したい方はこちら/• \詳細な条件で比較したい方はこちら/ 三段料金で電気代を節約する方法 三段料金の電気代を節約する方法として、4つのポイントを紹介します。 まず1つ目は、一人暮らしなどで電気の使用量が少ない家庭はできるだけ1段料金の120 kWhを超えないことがポイントです。 2つ目のポイントとしては、電気の使用量が多くなりそうな時期や2人以上の世帯の場合でも、2段料金までに抑える工夫をすることが欠かせません。 2段料金は一般的な家庭の電気使用量に応じたものなので、節約次第では2段料金の範囲内に使用量を抑えることは十分に可能です。 3つ目は、季節や世帯人数によっても違いはありますが、エアコンの設定温度や冷蔵庫の使い方、省エネ家電や照明をLEDに替えるなどの見直しをすることがあげられます。 電化製品の使い方を見直すだけでも電気代を抑えることができるため、まずは無理のない範囲内で簡単に取り組めそうなものから始めてみるとよいでしょう。 最後の4つ目は、電気使用量以外にも基本料金(契約アンペア数)を見直すという方法です。 アンペア数が上がるごとに基本料金も上がっていくため、契約している電気容量を見直すことで電気代を毎月抑えることができます。 電気使用量を抑えられない場合は? さまざまな節約方法を試してみても、電気使用量を抑えられないケースも実際にはあります。 学校や仕事などで居住者全員が日中は外に出ている世帯の場合には、工夫次第で電気使用量を抑えることが可能です。 しかし、自宅で仕事をしている場合や、介護が必要な高齢者や乳幼児のいる家庭などでは、24時間空調を切れないようなケースもあるでしょう。 このように、特別な事情を抱えている場合には、電気使用量を抑えることは難しいかもしれません。 「電気使用量が抑えられていない」と感じているのであれば、電気を使うほど料金が上がるシステムである三段料金を契約するのではなく、三段料金を採用していないプランに変更するという方法も検討してみましょう。 三段料金を採用していない電気プランは従量料金単価が一律での設定になっているため、電気をたくさん使っても従量料金単価が変わる事はありません。 三段料金を採用していない電力会社 プラン 対象エリア ジャストエネルギージャパン JEスマートプラン 北海道、東北、関東、中部、北陸、関西、中国、四国、九州 Looopでんき おうちプラン 北海道、東北、関東、中部、北陸、関西、中国、四国、九州 ビジネスプラン エルピオでんき スタンダードプランS 東北、中部 AIでんき 個人・ご家庭向けプラン 北海道、東北、関東、中部、関西、中国、四国、九州 法人・ビジネス向けプラン エネワンでんき エネワンSプラン 関東 あしたでんき 標準プラン 東北、関東、中部、関西、中国、九州 たっぷりプラン この記事のまとめ 電気代は電気の使用量に応じて三段階に分けて電気代を計算する仕組みになっています。 電気代を理解し電化製品の使い方を工夫すれば上手に節約できるでしょう。 使用量に左右されないプランに変更する事も、電気代を抑えられる節約方法です。 電気代の節約には検針票の内容を理解し三段料金の項目を確認しよう• 電力使用量は三段料金によって課金される• 三段料金の節約ポイント ・1段料金、2段料金での使用量で抑える ・電化製品の使い方を見直す ・基本料金(契約アンペア)を見直す ・三段料金を使用しない電力会社に変更 電気代の節約術をいろいろ試してみると、電気代が抑えられる可能性があります。 しかし、節約方法を工夫しても電気使用量が減らないのであれば、使用量に応じて単価が上がる三段料金と自分のライフスタイルが合っていないのかもしれません。 このようなケースでは、電気使用量に左右されない料金プランに変更するのが賢明な方法です。 場合によっては電力会社の切り替えも候補に入れながら、電気代を賢く節約していきましょう。 電気代を比較できるなどを利用し現在の条件を入力して比較してみるのもいいでしょう。

次の

東京電力と東京ガスどっちにまとめるべき?セット料金を比較!

東京電力 電気料金

暇だったので騙されたふりをして話を聞いてみる事に。 検針表を毎月受け取っているか? はじめに聞かれたのが、 「東京電力の検針表を毎月受け取っていますか?」と言う謎の質問。 弊社と名乗って安心させるためなのか? 電気料金をきちんと払っているかの確認? 東京電力で契約している事を確かめるため? 妻にも同じ質問をしていたので、マニュアルの質問なのでしょう。 東京電力以外の契約の確認 東京電力の関連会社なら、こちらが東京電力で契約している事は承知のはずですよね。 つまり、東京電力以外の契約をしていない事が条件の可能性もあります。 電力自由化で、少しでも安い電力会社に乗り換えた方なら、まずこの手の詐欺には騙されませんからね。 乗り換えたところで大幅に電気料金が安くならない事を知っているからです。 単なる個人情報の抜き取りの可能性もあります。 いずれにせよ、東京電力の関連会社ではない事がわかりました。 現在東京電力を利用していれば、3割~5割以上安くなる 興味津々に話を聞いていると、 「3割は確実に安くなります!」 「高齢者のお客様が契約すると5割も安くなりますよ!」 安さを猛アピールです。 検針をさせて下さい 「何か特別な契約が必要ですか?」 質問してみると、 「特にお客様でしていただく事はありません。 」 「検針が必要なので伺いたいと思います。 」 家に上がりこもうとしています。 契約させて個人情報(クレジットカード等)を盗む目的なのかも・・・。 反撃開始 時間が無くなってきたので、反撃してみました。 「3割引きはとっても魅力的です。 是非検討したいので質問していいですか?」 「電化上手(現在は廃止された電力プラン)よりも安くなりますか?」 「え?」ちょっとつまり気味に答えました。 「東京電力の方ですよね?電化上手知ってますよね?」 さらにたたみかけて、 「太陽光発電なんですけど、オール電化のプランに特化した電気料金がもっとも安くなるプランで・・・」 契約しているプランを嫌味っぽく言っていたら・・・プツ・・・切られました! 大幅に安くなるプランは無い! 電力会社を変えたからと言って、電気料金が大幅に安くなる事はありえません。 なぜなら電力会社も東京電力や関西電力から電気を買っています。 5~6%程の割引が限界でしょう。 あとは、各社の得意分野の割引で安くしています。 ソフトバンクでんき 【おうち割 でんきセット】といって、スマホやSoftBank光等、通信費やスマホの料金の割引をしてくれます。 ENEOSでんき ガソリン・灯油・軽油代がお得になり、Tポイントもためる事ができます。 電気料金が3割も安くなるなんてあり得ないんですね。 環境によっては高くなる事も 太陽光発電やオール電化や時間帯の割引など、特化したプランを選択している場合は、他社に乗り換えても高くなってしまう事があります。 スマホの割引やガソリン代の割引も、家族全員が利用するなどしないと大きな割引は望めません。 電気料金以外も!注意 電気料金以外にも、同じ手口で営業電話をかけてきます。 実は、今回かかってきた電話番号を調べてみると、光回線の営業電話もしていました。 テレアポ(電話営業)の代行業者なのかな? 個人情報は絶対に漏らさないようにしましょう。 「無料」「今すぐ」「割引」に騙されない 世の中無料はなんてありません。 必ずカラクリがあります。 あなたが、会社を経営していたとして、本当に「無料」で商品をあげますか?何か見返りが無い限り「無料」には、絶対にしないはずです。 「今日から安くなります」とか・・・契約もしないであり得えません。 太陽光発電の設置も注意! 太陽光発電の営業電話もよくかかってきます。 我が家で多いのは、パナソニックの関連会社からの電話です。 ので、いつも断りますが・・・。 本当に関連会社なら「ありがとうございます」って言いますよね。 「失礼しました~。 」で電話切りますから。 関係ない会社なんでしょうね。 太陽光パネルの設置は、後から付けるのであればおすすめできません。 雨漏りの可能性が高くなります。 専門業者のデータを見せたもらったので、間違いありませんよ。 騙されないために 今回の営業の電話は、「東京電力」と名乗りました。 妻も私に電話を代わった時に、「東京電力から」っと言ってましたからね。 実態は全く関係のない会社でした。 大手の名前を出されると簡単に信用してしまいます。 営業の電話は、だましだと最初から疑って下さい。 実際に99%だましだと私は思っています。 電話に出ない 知らない電話番号からかかってきたら、まずはスルーしましょう。 そしてネットで番号を検索してみて下さい。 あやしい業者は迷惑電話情報に登録されています。 口コミ欄を見て下さい。 色々書かれています。 知らない番号でも、ごくまれですが、銀行等の取引がある所からの電話の可能性もあるので、まずは調べてみる事。 まともな会社なら、電話番号登録されています。 電話に出ても一度切る 電話にでてしまっても、折り返すようにしましょう。 その際に、何会社のどこの部署に折り返せばよいのか聞いて下さい。 相手が答えられないのであれば、だましです。 大手の会社が部署や名前を答えられないなんてあり得ません。 その他、国の補助金などお得になる電話はかかってきません。 大手の営業電話もほぼ無いと思って下さい。 偶然にもこの記事を書いている間に、3回も営業電話。 私の場合、仕事の電話もかかってくるので、営業とわかったら話も聞かずに即切りします。 どうせ断るので、相手も時間が短縮になりますから・・・。

次の

東京電力エリア(関東)の電力会社の電気料金比較表【掲載数No.1】

東京電力 電気料金

東京電力と東京ガスの違い 東京電力と東京ガスは名前が似ているため、「同じ会社なの?」と思う方も多いですが、まったくの別会社です。 2016年4月の電力自由化、2017年4月のガス自由化により、東京電力と東京ガスの両社で電気とガスの契約ができるようになりました。 両社ともに電気とガスをセットで契約することで電気料金がお得になるセット割のサービスがあるので、しっかりと比較してお得な方を選びましょう。 東京電力と東京ガスの料金比較 まずは皆さんが一番気になっているであろう東京電力と東京ガスの料金比較です。 東京電力は従来から契約している一般的なプラン、東京ガスの電気には使用量に応じた2種類のプランがあるので、3つのプランでシミュレーションしています。 ・東京電力 スタンダードS(従来の従量電灯B相当のプラン) ・東京ガス ずっとも電気1S(電気使用量が少なめの方向けのプラン) ・東京ガス ずっとも電気1(電気使用量が多めの方向けのプラン) セット割なしだと東京ガスが安い 東京電力 東京ガス ずっとも1S 東京ガス ずっとも1 30A 120kWh 3,184円 3,181円 3,631円 40A 300kWh 8,142円 7,942円 8,128円 50A 500kWh 14,426円 13,621円 13,471円 全てのケースで東京ガスの方が安いという結果になりました。 東京ガスのずっとも電気1S(使用量が少なめの方向けのプラン)は基本料金・従量料金ともに東京電力よりも安く設定されているので、必ず東京電力よりも安くなります。 一方、ずっとも電気1(使用量が多めの方向けのプラン)は使用量が少ないケースだと東京電力よりも割高になりますが、使用量が多ければ多いほどお得になるという特徴があります。 セット割ありだと使用量によって変わる 東京電力 東京ガス ずっとも1S 東京ガス ずっとも1 30A 120kWh 3,084円 (-100円) 3,166円 (-15円) 3,361円 (-270円) 40A 300kWh 8,042円 (-100円) 7,903円 (-39円) 7,858円 (-270円) 50A 500kWh 14,326円 (-100円) 13,553円 (-68円) 13,201円 (-270円) カッコ内の数字はセット割なしのケースとの差額です。 セット割なしの場合と比べて、最安のケースに大きな変化が出ましたね。 これはセット割の金額の大きさが影響しています。 それぞれの割引額は以下の通り。 電気使用量が多くても数十円しか割引にならないので、ずっとも電気1Sを検討している方はセット割はあってないものと思っていいでしょう。 一人暮らしで電気をあまり使わないという場合、セット割なしの電気料金は東京ガスの方が安いですが、電気とガスをまとめる場合は東京電力の方が安くなります。 一方、 電気をたくさん使うという方には東京ガスのずっとも電気1がお得になりますよ。 東京電力と東京ガスのサービス内容比較 続いて、料金以外のサービス面でどのような違いがあるかも見ていきましょう。 解約金・違約金はどちらも不要 東京電力・東京ガスともに 解約金は0円です。 いつでも無料で解約できるので、気軽に契約できるというメリットがあります。 かけつけサービスは東京ガスが豊富 生活トラブル時に駆け付けてくれるサービスの内容・料金を比較しました。 東京電力のかけつけサービス 東京電力には「生活かけつけサービス」というサービスがあります。 水回りや鍵、窓ガラス、電気設備に関するトラブルに無料で対応してくれます。 月額300円がかかりますが、出張費、90分(電気設備は60分)までの作業費、応急処置に必要な部品代(20,000円まで)が無料になります。 有料のサービスではありますが、突然の生活トラブルに不安がある方にはおすすめです。 東京ガスのかけつけサービス 東京ガスには2種類のサポートサービスがあります。 申し込み不要で利用できるので、いざという時に頼れるのが嬉しいですね。 電気トラブルサポート 停電、分電盤やブレーカーの不具合、電気がうまくつかないなどの電気のトラブルに無料で訪問してくれるサービスです。 一次対応における出張費と60分以内の作業費が無料になりますが、無料の範囲を超える作業の場合は費用の負担が必要になります。 生活まわり駆けつけサービス こちらはガスと電気(ずっとも電気1Sは対象外)をセットで契約している方が利用できるサービスです。 水回り、玄関の鍵、窓ガラスなど、電気以外のトラブルに月会費無料で訪問してくれます。 一次対応における出張費と30分以内の作業費が無料になりますが、無料の範囲を超える作業の場合は別途費用負担が発生するので注意しましょう。 東京電力と東京ガスのキャンペーン比較 東京電力と東京ガス、それぞれのキャンペーン情報をまとめました。 東京電力のキャンペーン 東京電力ではWEBからの申し込み限定で、電力自由化以降に登場した電気の新プランの加入で1,000ポイント、ガスのプラン加入で1,000ポイントプレゼントキャンペーンを実施しています。 くらしTEPCOには独自のポイントサービスがあり、毎月の電気料金に応じてポイントを貯めることができてポンタポイントやTポイントに交換できたり電気代に充てることができます。 このキャンペーンは東京電力へWEBから申し込むことで、くらしTEPCOポイントを最大2,000ポイントもらえるキャンペーンです。 申し込んだ住所に会員IDとパスワードが届くので、くらしTEPCOにログインして会員登録しておきましょう。 東京ガスのキャンペーン 東京ガスの電気では基本料金が3ヵ月無料になるキャンペーンを実施しています。 電気とガスをまとめるメリット・デメリット ここで改めて、電気とガスをまとめることにどのようなメリット・デメリットがあるかを見ていきましょう。 東京電力と東京ガス別々に契約するよりも安くなる 東京電力の都市ガスは東京ガスよりも安く、東京ガスの電気は東京電力よりも安いです。 つまり、どちらかにまとめることで東京電力と東京ガスを別々に契約するよりも安くなるというのがメリットですね。 支払いが一つにまとまる 東京電力や東京ガスに契約をまとめることで、支払いも一本化されます。 家計の管理がしやすくなるので、この点をメリットと感じる方は多いかもしれませんね。 東京電力・東京ガスにまとめるのが一番安いというわけではない 確かに東京電力または東京ガスのどちらかに契約をまとめることでお得にはなりますが、 それが最安の組み合わせというわけではないんです。 東京ガスより安い電力会社もありますし、東京電力より安いガス会社もあります。 せっかく電気もガスも自由化しているので、従来のインフラ会社にまとめるよりも、それぞれ安いところを別々に契約した方がお得になる場合が多いです。 東京電力の特徴 まず一番のメリットとしては、ガス料金が東京ガスよりも安くなるという点が挙げられます。 逆に電気代は高いので、家族が多く電気をたくさん使うという家庭には不向きです。 東京ガスの特徴 東京電力と比較して電気料金が安くなるというのが東京ガスに契約をまとめる最大のメリット。 電気をたくさん使う方向けの「ずっとも電気1」であれば電気料金はなかなか安くなりますし、セット割の金額も270円と比較的大きい方です。 毎月の電気料金が8,000円を超えるという方は東京電力よりも東京ガスにまとめた方がお得になります。 キャンペーンも実施中なのでこのタイミングでお得に申し込みましょう。

次の