桜木町 寿司 食べ放題。 【土曜日限定】マグロ食べ放題ランチが1280円!好きなだけおかわり自由な握りと丼に大満足

心行くまでお寿司を堪能!食べ放題メニューがある横浜のお寿司店6選

桜木町 寿司 食べ放題

食欲の秋は、旬を迎える魚、野菜、果物など豊富な食材が一年で最も出回る季節です。 お腹を満足させる程たっぷり食ベられて、お財布にも優しいと言えば「デカ盛り」と「食べ放題」があります。 横浜エリアでコスパが良くて、お腹も満足するお店ををまとめました。 天ぷら、お寿司から、肉料理、人気のハンバーガー店をご紹介します。 ~以下、オススメのお店ご紹介~ 1.【関内】丼からはみ出る迫力の海老天! バリエーションも豊富な天丼が揃う『天ぷら 豊野』 最初に、横浜の天丼有名店 『天ぷら 豊野』をご紹介。 オーソドックスな「天丼」は、海老2本と野菜4品のボリュームで800円です。 看板メニューの「豊野丼」は海老3本と野菜4品、デカ盛りならば「黄金丼」で、特大海老2本と野菜5品が丼に山のように盛りつけてあります。 天ぷらはしっとりした衣厚めに揚げてあり、ご飯は普通盛りが大盛りレベルの量なので、少食な人ならば最初に少なめと申告したほうがいいほどだそうです。 巨大な海老天がはみ出て鎮座!デカ盛り好きなら行くべき「天ぷら 豊野」 紹介しているお店はこちら! 店名:天ぷら 豊野 住所:神奈川県横浜市中区伊勢佐木町4-108 電話番号:045-261-6254.

次の

秀吉 桜木町店で「まぐろ食べ放題」ランチ

桜木町 寿司 食べ放題

本格寿司屋で破格のランチ 「土曜日限定ランチのまぐろ食べ放題!」。 プレミア感満載の魅力的なフレーズだ。 しかし、満足できるか否かは、値段や味わいにもよるだろう。 「百聞は一食にしかず」。 土曜日を待ち、野毛へと足を運んだ。 横浜市営地下鉄ブルーライン桜木町から徒歩3分の「秀吉 桜木町店」へ。 赤ちょうちんの灯るこぢんまりとした店が多い野毛だが、秀吉は2階建ての総席数180席のどっしりとした店構え。 堂々とした店構え。 ランチは11:30~14:30、ディナータイムは14:30~翌3:00 「いらっしゃーい!」と威勢のいい声で迎えてくれたのは本多店長。 店内を見渡すと、カウンター席とテーブル席、2階には座敷もあり、通路が広いのでゆったりとくつろげそうだ。 各テーブルが区切られているので落ち着ける まずは本多店長に秀吉の特徴を伺うと、「カウンターで本格的な寿司を食べられるのはもちろん、焼き魚や煮物などの一品メニューも充実しているので和食居酒屋さんという感じで気軽に楽しんでもらえます。 お昼も好評で、特に水曜日の大サービス500円ランチのときはにぎわっていますね」と笑顔で答えてくれた。 「ぶりのかま塩焼き」(600円)など、酒に寄り添う逸品も シャイな本田店長に代わり、撮影時は若手の板前ヨシさんが鉄火巻きを作る 「まぐろのほかに、焼き魚など旬の居酒屋メニューがウリです」とヨシさん 本格な寿司屋さんで、ワンコインランチが味わえるとは、庶民的な店が集るお得な「野毛価格」かもしれない。 ランチメニューの一例を見せてもらうと、「にぎり」は11貫のボリューム。 「秀吉御膳」は、焼き魚に刺身、天ぷらまでセットになっていた。 どちらも、茶碗蒸しとみそ汁まで付いてくる。 これで500円と聞けば、「土曜日限定ランチ」への期待も高まる。 これで500円! 「お昼は近隣の会社員や主婦の方でにぎわいます」 うどんも付いて750円のセットなど、毎日がお得 低価格で提供できる理由を聞いてみると「店独自のルートで三崎の問屋さんから安く仕入れられるから」とのこと。 質の高いまぐろが集り、他県にも広範囲で卸している三崎港から、毎日、新鮮な鮮魚が送られてくるのだ。 ドドーン! 三崎から直送の新鮮なまぐろ この秀吉は1996(平成8)年にオープン。 3種類のランチをはじめ、お客さんの要望を聞きながら、「毎日楽しめるように」と曜日ごとに目玉のランチを増やしてきた。 月~金は会社員が昼休みに利用することが多く、ゆっくりできる土曜日に楽しんでもらおうと、土曜日限定ランチを始め、約1年になるという。 ランチタイムは11:30~14:30の間。 土曜日のランチは「だいたい70食は出ますね。 多いときには100食くらい」という人気だ。 席が多いので満席までとはならないが、毎週にぎわっている。 13時半過ぎは比較的すいているとのこと。 特等席のカウンターは、お昼時にいっぱいになることも 「男性客の方が多いですけど、女性も3~4割くらいはいます。 ご家族で来るお客さんもいますし、年配の方もいますね。 おかわり自由の食べ放題にしているんですけど、年配の方など、おかわりせずにお腹いっぱいになっちゃうんですよ。 それでもお得と言ってくれますね」 食べ放題でありながら、おかわりをしなくても満足できる内容とは、どんなものなのか。 ランチの値段はずばり、1000円。 それでは味わってみよう。

次の

秀吉 桜木町店 (ひでよし)

桜木町 寿司 食べ放題

trip. painfo. net 横浜の秀吉の食べ放題の方は、すでに開店5分前には長蛇の列ができていました。 やはり人気のようです。 お店の中はかなり広いことを事前にリサーチ済みですので、この程度の人数であれば、オープンと同時に入ることができるのではないかと思います。 土曜日は「鮪食べ放題」のメニューのみで、他を選ぶことはできません。 鮪食べ放題は1200円です。 ちなみに曜日によっておすすめのランチが変わります。 土曜日のまぐろ食べ放題が最大の目玉ではありますが、他の曜日も気になるメニューがたくさんあります。 カウンター席に案内されました。 すでにテーブルの上には鮪のランチが並んでいるため、まったく注文する必要がありません。 鮪食べ放題とは言っても、最初は鮪ばかりではありません。 まずは握り寿司です。 続いてマグロの海鮮丼です。 奥は鮪以外、イクラ、タマゴ、サーモン、エビやタコなどがのっかった海鮮小丼です。 そして、鮪の握り、鉄火巻き、鮪の丼を食べきれる分だけ注文できるシステムになっています。 紙に書いて店員さんに渡します。 まずはさび付きのマグロの握りをもらいました。 寿司ロボットではなく、職人さんが握ってくれたにぎり鮨なので本当に美味しいです。 マグロも三崎マグロなのだそうです。 この価格では三崎に行ってもマグロはこんなに食べられないと思います。 続いて、マグロのにぎりを6カンと鉄火巻きを5つです。 鉄火巻きは注文通りに5つくるものと思っていたのですが、3つがセットで1つということのようです。 隣の人がマグロの丼を注文して「ご飯を少なめで!」と伝えていましたが、「それは出来ないのですよ」という返答でした。 確かにご飯の少なめが出来てしまうとマグロがどんどん消費されてしまうのでお店としては厳しいのでしょう。 この日は帰るお客さんと新しく来るお客さんがうまく入れ替わっていたので、開店を過ぎてから行列ができてしまうことはなかったようです。 本当に満足度が高いメニューでした。 また、土曜日に横浜へ行く機会があれば、立ち寄りたいお店です。

次の