ゴルフ ドロー ボール の 打ち 方。 ゴルフ

ゴルフ

ゴルフ ドロー ボール の 打ち 方

なぜドローボールは飛距離が出るのか ドローボールというのは右目に出て、頂点付近から軽く首を左に振るボールです。 スライスよりパワフルなので落ちてからのランが稼げ、トータルすると様々な球種の中では一番飛ぶといわれています。 ドローボールと同じようによく飛ぶと言われている 「パワーフェード」についてはこちらを参照してください。 ドローボールは、ボールを捕まえるときのフェース角がスライスより閉じているため球筋は吹き上がりにくく、その分ランがよく伸びていきます。 車の運転を想像してください。 多少個人差がありますが、右利きの方が右にハンドルを切るときはたどたどしいものがあります。 逆に、左に切るときはハンドルに十分な力が伝わります。 これは押すか引くかの差で、人間は引くときのほうが力の伝達が有利だからです。 スライスとフックボール(ドローボール)はこの押し引きそのままの関係がボールに伝わった結果といえます。 最近は なども販売されていて、ギアに頼るのも良いですが、できればドローボールのメカニズムをしっかりと理解して打ちこなせるようになりたいものです。 ドローボールのメカニズムを知る 左に曲がるということはボールとクラブフェースが衝突するときはややクローズ(閉じた)形になっているのかと思うのが普通ですね。 でも 実際はその逆で、幾分オープン気味になっています。 クローズでも打てないことはないのですが、インサイドアウトに低く打ち出す必要があります。 インパクトの瞬間、フェースとボールがどんな形で当たっているかの分析です。 ドローボールを打つには インサイドアウトのスイング軌道が必須です。 自分がどのくらいのフェース角でインパクトしているかを計測するには「 」のようなスイング改善アプリを使うと良いです。 詳しくはこちらをご覧ください。 ドローボールの打ち方がわかる7つのコツ それでは初心者の方でもわかるドローボールの具体的な打ち方と注意点をご紹介します。 ゴルフはストレートが絶対に良いと信じている方もおられるでしょう。 でも、決してそんなことはないのですよ。 近代ゴルフはむしろストレートは難しい球筋で、 ボールを曲げつつピンポイントで狙うという考え方が主流です。 現実的には、アメリカツアーのバッバ・ワトソンなど多数のプロがすでに実践しています。 、 これから7つのドローボールを打つコツを解説していきますので、ひとつずつマスターしていきましょう。 これは にもなりますので、スライスで悩んでいる方も必見です。 やがてドローボールが打てるようになったら、今度は すると持ち球をコントロールすることが可能になり、 ゴルフの楽しさは100倍になります。 スクエアにスタンスしてから、(右打ちの例)左足の位置を変えないで 右足を5~10cmくらい後ろに引いて構えてます。 このスタンスは クローズドスタンスと呼ばれ、いわば ドローボールの基本スタンスでもあります。 この時、 両肩はあくまでターゲット方向を意識します。 このように構えると、普通にスイングしても出玉は若干右に飛びだしますから、肩まで右を向ける必要はありません。 ドローボールは左回転のスピンが掛かって初めてその威力を発揮するので、ドローボールを打つときに ウィークグリップではムリです。 ストロング系のグリップで左右の手は右方向に寄せて握ります。 この被せ方を強くしたり弱くしたりすると、うまく打てるようになった後で 曲がりのコントロールができるようになります。 ドローボールのグリップは、左の手の甲のナックル(出っ張ったコブ)が2~3個見えるぐらいがちょうどいいでしょう。 ダウンスイング時に、右の手の平が地面に向かって降りてくるイメージでインパクトに向かいます。 テイクバックではヘッドをまっすぐ引くというより、ややインサイドに、そしてフラットに引く感覚が正しいドローボールのコツです。 フラットなスイングとは、アップライト(縦振り)に対して逆の意味のどちらかというと 横振りでスイングプレーンは平面的になります。 アップライトは柱時計の振り子に近く、フラットなスイングは野球のバットの振り方に近いイメージになります。 フックしやすい点をわかりやすい例にとりましょう。 つま先上がりのライで、スタンス位置よりボールが高い場所にあるほど打ち出したボールは自然に左に曲がります。 当然高さの差がある分ボールは体に近づきますからクラブを短く持って振るのですが、振りは横振りの野球スイングになります。 そこへクラブのロフトが機能するため ボールは左回転になるわけです。 これが横振りとドローボールの関係のわかりやすい例です。 また、フォロースルーでのハイフィニッシュ(高くクラブを振り上げる)は、縦振りになりドローをさせない打ち方となります。 足を引いて右サイドにスペースを作り、そこにグリップが降りてくるようにします。 先ほどもちょっと出てきましたが、インサイドからアウトサイドへ抜けていくクラブヘッドの軌道は ドローボールを打つ第一条件といっていいでしょう。 ダウンスイングでリリース(ヘッドが加速する)ポイントから、一気にパワーを解放していくタイミングを覚えたらもう大丈夫です。 なかなかそのタイミングをつかめない時は、 「スローモーション素振り」を繰り返し、クラブヘッドの重みを感じましょう。 ゆっくりと素振りをすることで、体が自然にタイミングを記憶してくれます。 しかし科学的な検証ができなかった時代、 ドローボールはインパクトでクローズにボールが当たっていると信じられていました。 そのせいかどうか、先ほどのチーピンやヒッカケがしばしば出たのです。 そこで ラウンド中の困ったチーピン対策です。 チーピンはOBの原因になり、得てして調子がいいときに出て一気にスコアを悪くすることが多いものです。 そんな時は、ラウンド中に クラブを上下逆に持って振ってみましょう。 その時にバックスイングもフォロースルーも下半身リードで回転させるという点です。 腰と肩の回し方が理解できてきたら、クラブを左手1本、次に右手1本で振る練習をします。 この練習をすることで シャフトが体から離れなくなり、かなり効果的です。 彼女は手首の使い方に関してこう言っています。 「スイングで手首を強く返そうと意識する必要はない。 手首は自然に返るのが正しい」 インパクト後は 「自然に左手が右手を追い越すイメージ」で手首が返ります。 初心者の方はちょっと誤解して、意識的に返す、いわゆるコネることがあります。 ドローボールは手首をコネて、ムリヤリボールにスピンをかける打ち方ではありません。 手首は(トップからの切り返しとタメ以外)半固定のイメージで振らないとボールは距離も方向も不安定になります。 常に 「」意識がないとスイングが安定しません。 でもこれがドローボールを打てなくする一番ダメなパターンです。 このようなスイングをしてしまうと、せっかくインサイドからクラブがインパクトに向かっていっているのに、擦り打ちをしてしまう「インサイド超イン」なスイングとなってしまいます。 ドローボールの条件は「インサイドアウト」ですから、フィニッシュは大きく外回りするのが理想です。 このようなスイングを習得するために 「インパクト後、ドライバーを飛球線より斜め右45度に放り投げる」ようなイメージで振り抜くようにしてみてください。 インサイド軌道でボールを捉えた後に それまでのクラブのエネルギーを逃がすことなくボールに伝達できるので、ドロー回転だけでなく飛距離もアップします。 ドローボールのまとめ ドローボールのメカニズムと打ち方について解説してきました。 「初心者の方でも打てる」とは書きましたが、やはり最初は基本中の基本である 「ストレートボール」を習得することに注力していくことが望ましいです。 その上でさらに飛距離アップやコース戦略のためにドローボールをマスターしていくという順序が、ゴルフ上達の最短経路です。 ただし、 スコアアップだけがゴルフの醍醐味ではありません。 たまには左ドッグレッグのコースでショートカットを目指してチャレンジするのも、 またひとつの楽しみです。 ボールを右や左にコントロールできるようになると、いつもと違ったゴルフの楽しみ方が見えてきます。

次の

ドローボール,打ち方,ゴルフ練習

ゴルフ ドロー ボール の 打ち 方

ドローボールを打つには、インサイドアウト軌道でクラブを振ること。 そして、クラブのフェース面はオープンにすることです。 スイング軌道がアウトサイドインでフェース面は少しオープン(開く)で打てればフック回転を発生させて、ドローボールが打てます。 ポイントとしては、フェース面の向きがスイング軌道よりも閉じてることが条件となります。 スイング軌道よりもフェース面が開ていると、プッシュスライスになってしまいます。 ドローボールで飛距離アップ ドライバーショットで、ドローボールを打つことができれば、飛距離アップしやすくなります。 スライスボールよりは、捉まったボール、ドローボールを打つことで、キャリーとランを出すことができます。 ドローボールとは? ドローボールとは、ゴルフボールにフック回転(左回転)を発生させたボールです。 ボールが着地してからも、よく転がってくれるので、飛距離が出る弾道です。 ドローボールのメリット ドローボールは、スライスボールに比べてバックスピン量が少なく、勢いの強い球筋となります。 ボールが着地してからも勢いを失わずに転がりやすいので、飛距離が出せると言われています。 ドローボールが飛ぶ理由、何故飛ぶのか? ドローボールは何故飛ぶのでしょうか? ボールが着地してからランが出るからと言われますが、それだけでは答えになりません。 そもそもゴルフクラブには、ライ角とロフト角があります。 これらの角度を適切に活かしてゴルフボールが打てると効率よく飛ばせるようになっています。 もともと、そういう道具がゴルフクラブです。 フェースを閉じながら捉まったボールを打つ シャフトを軸にしてインパクトに向けて、ヘッドローテーションをしていくことで、フェース面でゴルフボールを捉まえることができます。 捉まっていくということは、フェースが閉じていきますし、ロフト角が立っていきます。 捉まったインパクトで打てると、打ち出されたゴルフボールの初速は勢いがあり、自然とフック回転が発生して、キャリーが出せるし、ランも出せるということです。 フェースが閉じながらインパクトする フェースが閉じながらインパクトするということは、打ち出し角度が低くなるのではと思われますが、実際のところ低くなるのが一般的です。 ですから、ハイドロー(高弾道のドローボール)を打つのは難しいとされています。 最近のドライバーは打ち出し角度が高くなっているので、優しくハイドロー(高弾道のドローボール)が打てるドライバーもあります。 ウェッジでも同じようなことが言えます。 フェースを開いてロフト角を大きくすれば、ボールは高く上げやすいですし、スライス回転が掛かりやすくなります。 フェースを閉じれば、ボールは上がり難くなりますが、前に飛ぶエネルギーが強くなります。 スポンサーリンク ライ角に関して ライ角はアップライトな方がヘッドローテーションしやすくなりますので、ボールを捉まえやすくなります。 アイアンショットでアップライトな影響を体験している人は多いはずです。 ショートアイアンになると、ゴルフボールが左に飛びやすくなると感じている人は少なくありません。 これは、ショートアイアンの場合は、アップライトに構えやすくなっており、自然とヘッドローテーションしやすい構造になっているからです。 ロフト角、ライ角、フェース管理だけの話しとなってしまいましたが、実際はスイング軌道も加わってドローボールを打つことになります。 スライスボールとは? スライスボールは、ゴルフボールにスライス回転(右回転)を発生させたボールです。 無駄に弾道が高くなり、右方向へ曲がってしまい、大きく飛距離をロスしてしまうことが多いです。 また、OBになる危険性も併せ持っています。 スライスボールとフェードボール スライスボールとフェードボールは、スライス回転させるという点では共通しています。 何が違うかといいますと、フェードボールは捉まってます。 スライスボールは、捉まえきれずに、フェース面を滑ってしまった結果として、右に曲がってしまうボールになってしまったという点です。 ですから、スライス回転が悪い訳ではありません。 コントロールできているのかどうかということが大切です。 ヘッドスピードが速いゴルファー、叩けるゴルファーは、フェードボールを好むゴルファーが多いです。 ドローボールを打つには、ストロンググリップを覚えること ドローボールを打つのに必要なのは、ストロンググリップです。 ストロンググリップは、別名フックグリップとも呼ばれており、フック回転を発生させやすい握り方です。 ただし、最近のゴルフドライバーは、もともとスライス回転を減らして、捉まりを良くするためにフックフェースになっていたり、重心角・重心アングルが大きく入っていることもあります。 このような捉まり重視のドライバーを使っていて、ストロンググリップで打つと、チーピンしか出ないこともありますので、注意して下さい。 ウィークグリップでも、ヘッドローテーションができれば、自然と捉まったボール、ドローボールを打つことができます。 ドローボールとスライスボールの違い ドローボールとスライスボールの違いをまとめましたので参考にしてください。 バックスピン量はドローボールが少ない、スライスボールの方が多いという認識で比較表を作ってあります。 ドローボールを打つときのスタンス ドローボールを打つときのスタンス幅は、広すぎず、狭すぎずが良いです。 肩幅と同じくらいか、それよりも少し広いくらいのスタンスで十分です。 あまりにも広いスタンスにしてしまうと、腰の回転がし難くなり、スイングが止まってしまって、うまく打てなくなってしまいます。 クローズスタンス ドローボールを打つには、クローズスタンスにすると良いと紹介されていることがあります。 これは、一理あります。 ただし、クローズにするということは、身体の向きの調整が難しくなりますし、クローズスタンスからフックをさせるというのは、チーピンになりやすいので、注意が必要です。 スクエアなスタンス ドローボールを打つには、普通に真っ直ぐ立つ、スクエアなスタンスにした方が良いです。 スクエアに、真っ直ぐ立つことで、アライメントが狂い難くなります。 スクエアなスタンスから、インサイドにゴルフドライバーを振っていき、ドロー回転を発生させる方が、ミスし難くなりますし、他のショットとスタンスを変えて打つことが無くなりますから、安定したショットが望めます。 オープンスタンス ドローボールを打つのに、オープンスタンスにするという打ち方もあります。 左脚爪先を開いて、オープンスタンスにすることで、腰の回旋を早く、深くすることができるので、ゴルフクラブを持った腕を身体に巻き付けるように、インサイドから振りやすくなります。 フレッド・カプルスがオープンスタンスでドローボールを打ちます。 しかも、飛びます。 ドローを打つときは、インサイドに振る ドローボールを打つには、インサイドアウトに振ることが必要です。 飛球線とは逆の方向に胸を向けて、右肩を残しながら、させて体重を左脚にのせていき、左腕と左手のグリップを意識しながら、裏拳でインパクトするというイメージを持つと良いです。 右肩を残そうとする動きがポイントとなります。 下半身先行でスイングをするというのがコツ 脇を締めて、下半身先行でスイングをするというのがコツとなります。 下半身からスイングを開始することで、上半身が下半身に引っ張られるように動き出し、自然とことができます。。 イメージとしては、トップスイングからダウンスイングに入るときには、グリップが踵を目がけて落とす、グリップを飛球線とは真逆を向けて放り投げる、右の肘が右腰に巻き付くという動作になります。 動作を言葉で説明をするのは、とても難しいのですが、色々と試してみて、自分なりの感覚を使うと、上達が早くなります。 殆どのゴルファーがアウトサイドから打っている これは、計測器を使って色々なゴルファーのデータを蓄積したものなので、真実なのですが、殆どのゴルファーがアウトサイドから振っているというのが真実です。 インサイドから振っていると思っていても、実はアウトサイドからゴルフクラブが入っていることが多いです。 というよりも、人間の骨格と筋力的にインサイドからゴルフクラブを振るという動作は難しいとのことです。 ドローボールが打てない原因 どうやってもドローボールが打てない場合は、打ち方よりもドライバーに問題があることがあります。 ドライバーが問題というか、捉まったボールが打ち難いドライバーを使っている可能性があるということです。 アスリート向けドライバー 最新モデルのドライバーのなかで、アスリート向けとして位置づけられているドライバーの場合は、ドローボールが打ち難いことがあります。 アスリート向けのドライバーというのは、捉まりを抑えて、左方向へのミス、フック系のミスを軽減する構造となっています。 このようなドライバーを使っている場合、なぜかスライスが多くなったとか、スライスばかり出るという不思議に思っている人も少なくありません。 アスリート向けに位置付けられているドライバーの場合、フェードが打ちやすい構造となっていることが多いです。 関連記事 最新モデルのドライバーでドローボールを打つコツ ドローボールを打つための基本は上述した通り紹介をしました。 そして、最新モデルのドライバーを使ってドローボールを打つコツを覚えておくと良いです。 ゴルフドライバーは、毎年進化していますし、寛容性が高まってきています。 ドローボールを打とうと思っても、いうことを聞いてくれないドライバーもあります。 最新ゴルフドライバーの構造によっては、ドローボールが打ち難いこともありますし、打ちやすいこともあります。 ドライバーの特性を把握することも必要になるということを知って欲しいのです。 曲がらないドローボールが打てる アスリート向けのドライバーの場合、もともとフェードが打ちやすくなっているので、ドローボールを打とうと思って、インサイドからゴルフドライバーを振っていっても、ボールが左に曲がらなずに、ストレートボールになるようなドライバーもあります。 このような場合、ドライバーがフェードを打てる構造となっているので、ドロー回転を発生させても、フェード打ちの構造に相殺されてしまって、ストレートボールになることがあります。 つまり、ドローボールを打っても、ボールが左に曲がるボールだけがドローボールとは言えないということです。 ボールが左に曲がらなくても、ドロー回転が掛かっているということもあるということです。 それは、ドライバーの構造によって、左右されることがあるということです。 結果的に曲がらないドローボールが打てるということになります。 曲がらないドローボールのメリットとしては、フック系のミスを軽減することができるという点です。 慣性モーメントが高いので直進性が高い 最近のドライバーは、ヘッド体積が460ccが当たり前となっており、デカヘッドなドライバーです。 デカヘッドのドライバーの特長として、慣性モーメントが高くなっており、直進性が高いということが挙げられます。 慣性モーメントが高いということは、グリップが悪くても、フェースが開いていても、閉じていても、そのままヘッドが直進して、ボールにコンタクトするという特質があります。 つまり、ドライバーのフェース面が開いていても、閉じていても、そのままボールにコンタクトするということです。 ですからスライスしやすいと言えますが、逆にドローボールが打ちやすいとも言えます。 一生懸命、ドローボールを打とうお思っていても、実はドローボールが打ち難い構造を持ったドライバーだったということを避けるためにも、このようなドライバーの特質を知っておくことも必要です。 ドローボールを打とうと思っても、ボールが真っ直ぐに飛ぶ場合や、全然ドロー回転のボールが打てないのは、フェードが打ちやすいドライバーの可能性があります。 関連記事 スライスしないドライバーを紹介してますので参考にしてください、 ドローボールが打てるドライバー ドローボールが打てるドライバーという都合の良いドライバーもあります。 それは、重心角(重心アングル)が大きく入っているドライバーのことです。 重心角(重心アングル)が大きければ、インパクトに向けてドライバーヘッドは閉じるような挙動をしてくれるので、自然とゴルフボールを捕まえて、フック系の球筋が打てるようになります。 ドローボールが打てるドライバー• テーラーメイドのD-TYPEドライバー、M2D-TYPE、M4D-TYPE、M6D-TYPEもボールの捕まりが良くなっており、ドローボールが打ちやすくなってます。 特に最近は、ボールの捕まりやすさを重視したドライバーが増えてます。 それは、ボールが捕まらなければフェース面の反発力も活かせないからです。 ドローボールが打ちたいのであれば、重心角(重心アングル)が大きく入ったドライバーを選ぶと良いです。 関連記事• 自粛解除されたのでゴルフに行きたいなと思うのですが梅雨入りして微妙なテンションでゴルフに行けてません。 Amebaトップブロガーとして、アメブロの方でも記事を書き始めましたので、こちらもよろしくお願いいたします。 1年くらい前にトップブロガーとして、ブログやりませんかとお声掛けを頂いたのですが、私のマイペースな性格ゆえに、最近スタートしたブログです。 ゴルフは哲学 YouTubeチャンネル開設しました。 動画の投稿数が少ないですが、これから少しずつ充実していくつもりですので、チャンネル登録お願いいたします。 最近の投稿記事• 2020年6月26日• 2020年6月26日• 2020年6月24日• 2020年6月23日• 2020年6月17日• 2020年6月13日• 2020年6月13日• 2020年6月11日.

次の

ドローボール,打ち方,ゴルフ練習

ゴルフ ドロー ボール の 打ち 方

なんで、クローズスタンスでドローボールが打てるのかというと、 スイングの軌道がインサイドアウトになるからです。 スイングの軌道が内から外になると、ボールに左回転を与えるので、フックの弾道になります。 ボールに対して内から外に当たるので左回転になるのです。 また、細かいテクニックとして、右足のつま先を外に向けるのも有効です。 両足の形でいえば、カタカナの逆ハの字になります。 これはより球を高く上げるときや、ドローの球筋を出したいときに効果的です。 さらに、右足のつま先が外側に向いてるため、ダウンスイングが内から外への軌道になりやすいです。 つまりインサイドアウトのスイング軌道になりやすいのです。 ボールにフック回転を与えやすいのです。 そして、ドローで大事なポイントは、 ダウンスイングでクラブを体に引き付けることですね。 クラブが体の近くを下りてこないとドローは打てません。 注意すべきは手元を浮かさないことです。 ダウンで右足が前に出ちゃうと、左肩が開いて手元が浮いてフェースが開くのでスライスになります。 これもドローを打つために重要なポイントです。 なので、ドローを打つ時は、ベタ足で打つことを意識しましょう。 右足カカトが浮かなければ、左肩の開きを遅らせることができます。 これができれば、手元が低い位置に下りてきて、クラブを体に引き付けることができます。 では、次のポイントをみていきます。 右肩を前に出して体の正面で打つべし! ドローボールを打つ二つ目のポイント。

次の