シルデナフィル 値段。 バイアグラの値段(価格)相場を解説!正規品とジェネリックはいくら違う?|イースト駅前クリニックのED治療

バイアグラのジェネリック価格 1錠1250円が多く 先発品の8掛け

シルデナフィル 値段

ED治療薬 バイアグラ・レビトラ・タダラフィル 現在、レビトラ10mgの供給が中止となっております。 供給が再開されましたら、お知らせいたします。 現在、ED治療薬は、、、、タダラフィルがあります。 その違いは、特に食事の影響と発現時間や作用時間に差があります。 ですから使用する状況で使い分けるのもいいと思います。 一言で特徴を言い表すなら 「知名度と安心感で選ぶならバイアグラ」 「早さと強さならレビトラ 20mg 」 「長時間の作用と自由度ならタダラフィル 20mg 」となります。 詳しくは、下の表をご覧ください。 刺激に対して勃起するというのが薬の持つ作用です。 基本的には、日常生活に支障はありません。 料金表 名称 容量 1錠(税込) 10錠単位(税込) 20錠単位(税込) バイアグラ 25mg 1,300円 12,000円 23,000円 50mg 1,600円 15,000円 29,000円 バイアグラジェネリック (シルデナフィル) 50mg 900円 8,000円 15,000円 レビトラ 20mg 1,700円 16,000円 31,000円 シアリス 10mg 1,700円 16,000円 31,000円 20mg 1,800円 17,000円 33,000円 タダラフィル 10mg 1,100円 10,000円 19,000円 20mg 1,200円 11,000円 21,000円 *医師診察の結果、処方できない場合もございます。 あらかじめご了承ください。 *診察料等はいただいていません。 ですから薬代以外無料です。 また1錠から処方OKです。 つまりバイアグラ25mg 1錠を処方の場合、トータル1,300円でそれ以上はかかりません。

次の

【2020年】バイアグラジェネリックの最安値を調査!価格・金額ランキング

シルデナフィル 値段

ED治療薬 バイアグラ・レビトラ・タダラフィル 現在、レビトラ10mgの供給が中止となっております。 供給が再開されましたら、お知らせいたします。 現在、ED治療薬は、、、、タダラフィルがあります。 その違いは、特に食事の影響と発現時間や作用時間に差があります。 ですから使用する状況で使い分けるのもいいと思います。 一言で特徴を言い表すなら 「知名度と安心感で選ぶならバイアグラ」 「早さと強さならレビトラ 20mg 」 「長時間の作用と自由度ならタダラフィル 20mg 」となります。 詳しくは、下の表をご覧ください。 刺激に対して勃起するというのが薬の持つ作用です。 基本的には、日常生活に支障はありません。 料金表 名称 容量 1錠(税込) 10錠単位(税込) 20錠単位(税込) バイアグラ 25mg 1,300円 12,000円 23,000円 50mg 1,600円 15,000円 29,000円 バイアグラジェネリック (シルデナフィル) 50mg 900円 8,000円 15,000円 レビトラ 20mg 1,700円 16,000円 31,000円 シアリス 10mg 1,700円 16,000円 31,000円 20mg 1,800円 17,000円 33,000円 タダラフィル 10mg 1,100円 10,000円 19,000円 20mg 1,200円 11,000円 21,000円 *医師診察の結果、処方できない場合もございます。 あらかじめご了承ください。 *診察料等はいただいていません。 ですから薬代以外無料です。 また1錠から処方OKです。 つまりバイアグラ25mg 1錠を処方の場合、トータル1,300円でそれ以上はかかりません。

次の

各社から発売されているジェネリックバイアグラの価格を大公開|ED治療ナビ

シルデナフィル 値段

東和薬品が5月26日に新発売したED治療薬バイアグラ50mg(一般名・シルデナフィルクエン酸塩)のジェネリックの販売価格(以下、価格)は1250円が多い模様だ。 ジェネリックの価格を1250円に設定した医療機関のほとんどで、先発品バイアグラの価格が1500円であることから、バイアグラジェネリックは8掛けが多いということになる。 本誌編集部が正規のED専門サイトに登録している医療機関について、その医療機関ホームページに掲載している価格を調べた。 ED治療薬は薬価がつかず、医療機関が価格を設定できる。 このため、バイアグラのジェネリック価格が注目されていた。 バイアグラのジェネリックを販売する東和は本誌取材に、同薬の価格水準について、「ノーコメント」としている。 先発品のバイアグラを販売するファイザーは本誌取材に、バイアグラの価格戦略を見直すかどうかについて、「ジェネリックの発売当初なので、ジェネリックの採用状況や販売価格を注意深くみている」と述べるにとどめた。 そして、「ファイザーとしてはバイアグラ発売15年の実績を踏まえて、これまで通り、医療機関に適切な情報提供を行っていく」と語った。 東和は今月19日に国内で初めてバイアグラのジェネリックの承認を取得した。 製品名は「シルデナフィルOD錠50mgVI「トーワ」」。 同剤は水なしで服用できる口腔内崩壊錠(OD錠)で、これはバイアグラを含むED治療薬の中でも初めての剤形となる。 割線付きの50mg錠のみ販売している。

次の