うつ 病 仕事 復帰。 うつ病による休職からの職場復帰—本人の不安を取り除くために必要なこととは?

うつ病で仕事できない・辞めたいときどうしたら?さらに、うつからの復帰、復職して再発しないために

うつ 病 仕事 復帰

うつ病休職・復職マニュアル うつ病の休職・復職、期間はいつまで出来る? 傷病手当(休職中の生活費)の受け取り方は? 休職したらクビにならない? 復職を支援するプログラムはある? などなど、あなたの不安にお答えします。 うつ病ドリル管理人のうつ病実体験から選びに選んだ、 世界最高品質レベルのサプリメントは うつ病のみなさんと共に選んだ、 ここでしか買えないお役立ち商品! うつ病の特効薬は、思い切った休養です。 仕事を続けながらだらだらと治療するより、思い切ってしばらく仕事を休んでしっかり休養、つまり「休職」した方が、治りが劇的に早くなることが多いのです。 ご存じでしたか? 「えっ、そんなことできないよ。 うつで仕事を休むなんて」……休まず働くことが美徳とされる現代社会では、そう感じるのもムリはありません。 しかし、実はその考え方こそが、あなたのうつ病をますます悪化させているのです。 そもそも、なぜうつ病になるのでしょうか。 1967年に発表されたHolmes博士らの研究によれば、過去1年間に受けたストレスの合計がある値を超えただけで、5割以上の人がうつ病等のストレス性疾患を発症することが分かりました。 つまり、うつ病を引きおこすのは「溜まりすぎたストレス」。 ストレス耐性には個人差がありますが、ストレスが溜まりすぎて耐えきれなくなり、脳が疲れ果ててうまく働けなくなった状態が「うつ病」なのです。 そして、仕事をしている人にとって最大のストレス源は職場。 では、実に8割以上が「職場の人間関係にストレスを感じる」と答えています。 人間関係のみならず、仕事手順のめまぐるしい変化やコンピューターの過剰普及、客先との関係維持など、職場はストレスの宝庫です。 「ストレスで脳が疲れ果てた状態」がうつ病の正体なら、ストレスの元凶である仕事を続けながら治すのは難しいと思いませんか? ここで思い切って休んでおかないと、うつのせいで仕事ができなくなった自分を責める気持ちが新たなストレスを生み出し、ますますうつ状態が悪化してしまいます。 すると自信がますます無くなっていき、さらに仕事ができなくなるかもしれません。 このまま頑張り続けても悪循環に陥るばかりで、良いことは一つもないのです。 こんな負のサイクルを断ち切るためには、自発的な「休む決断」がとても大切。 「今は休みが必要だ、だからマジメに仕事を休む」と自分で決心し、休みを取るためにマジメに行動することが、回復への道しるべをつけてくれるのです。 うつの治療を進める上で、休職の持つ利点は数知れません。 仕事を抱えてつらい思いをしているあなた、ここで思い切って休職に踏み切り、うつ回復の第一歩を踏み出しましょう。

次の

うつ病による休職からの職場復帰—本人の不安を取り除くために必要なこととは?

うつ 病 仕事 復帰

特に頭を回転させる仕事は控えめに。 それまでは体を動かす仕事が達成感もあるし、気分的にも役立ってる感あり。 ・周りからのちょっと色眼鏡で見られてる感は、すぐに慣れる あんまり心配しないでOK。 逆に開き直って、悪しきしがらみを打破できる。 ・睡眠はいつも以上に気を使って少しでも多くの睡眠時間をとろう じゃないと疲れがとれまへんよ。 要するにこれから起こることを真摯に受け止め、自己管理・自己肯定しなきゃ 「また再発するで!」ということです。 もうあんな苦しい思いするのはイヤですよね・・・。 この記事によって復職前と復職後の体調をイメージして、復職者の業務や日常生活で注意すべきことの参考になれば幸いです。 僕の場合、復職の一か月前くらいから体調は良好でした。 休職中は毎朝1カプセルの抗うつ剤服用(サインバルタ)のみで、特に薬の増減は無し。 2週間に一回ほど産業医面談や書類提出などで会社にも行ってましたが、特に気分が悪くなるようなこともありませんでした。 料理や子供とサッカーや野球をする意欲も戻り、体を動かしてもひどい疲れは感じなくなっていて本当にフツーの生活が送れている状態であったと思います。 もちろん 職場に復帰してからしばらくは以前のように仕事はできないだろうとは思っていて、できるところから少しずつ慣らしていこうという自覚はありました。 病気と診断される前より、かなり自分の体調を冷静に見れるようになっていたかなと。 主治医も体調が良くなったことを見て取れたようなので、「そろそろ復職の日を決めていきますか」ということになりました。 僕自身、経済的な不安も少しあったし、体調も良くなったと感じていたことから復職の意思を示しました。 復職にあたって産業医、上司との面談で会話した内容 制限を付けたい場合は、主治医からの「復帰意見書」に 残業や高負荷業務の制限が必要などの記載をしてもらいましょう。 業務負荷については、僕の上司から 「オマエはあれこれ気にして、のめり込み過ぎてしまうタイプだから当面は簡単なこと以外はやらせない」 ということでした。 僕の性格を理解してくれている、マジでありがたい言葉でした。 僕自身、これまでと同様の考え方、仕事のやり方では再発すると思っていることは告げました。 普段から上司とコミュニケーションをとって自分を理解してもらうことは大切だなと改めて感じた瞬間です。 復職にあたっては、復職前の出勤練習(朝会社に来る時間に総務に寄って帰るだけ)を数日と、最後に職場に朝イチだけ顔を出して「復帰しまーす」と言って帰るというものでした。 そこはなんなくこなすことができました。 実際に復職してみて思ったこと、感じたこと まわりの人間の反応 休職したばかりのころは体調が悪かったとはいえ、 仕事を放り出して逃げたという罪悪感がありました。 しかし休職中にいろいろ考え、体験してきた中で下記のように考えるようになりました。 ・あのまま無理して出勤していたらもっとひどい状態になっていただろう ・再起不能になっても会社が何かしてくれるわけではない ・白い眼で見る人もいるだろうが、いつ誰が同じ症状になっても不思議ではない ・この苦しみは当事者でないと理解できないのは当然のこと 開き直るというか、なるようにしかならないと思います。 自分でも意外と人の目が気になりませんでした。 実際に出勤してみてのまわりの反応は、以下のようなタイプに分けられました。 まあ反応はそれぞれですが、気にしても仕方ありません。 人には人の感じ方があり、それを変える必要もないですから。 親や家族ですら実際に「うつ」を経験しないと、その人の気持ちを本当に理解することはできないでしょう。 だから僕は堂々と胸を張って歩き、ネガティブな発言をしないように心がけました。 自分が悪いことをしたわけでもないし、これまで僕なりに一生懸命生きてきたと思うようになったから。 色んな人から「もう大丈夫?」と声をかけられるのも疲れますが、 「ボチボチです。 少しずつギアを上げていくのでよろしく!」 と答えていました。 それでも時間が経つにつれ、疲労感と頭痛が・・・。 復職直前は本を読んだり走り回っても大丈夫だったのに、 たったこれしきのことでこんなに疲れるのか と、ちょっと落胆。 復帰を早まったかなと思わされたと同時に、 自分で考えてた以上に会社にいるだけでもストレスになるんだなということが分かりました・・。 負荷を上げていくには慎重に事を運ばねばいけません。 家に帰るとドッと疲れが出て、それを一週間続けると土日はグッタリしてました。。。 妻にも状況を共有して家での生活も少し配慮してもらいました。 個人的には火曜日と木曜日あたりがしんどい感じですかね。 妻帯者の場合は、家族にも復帰後の状況を伝えておくようにしましょう。 疲れた時は休息、睡眠を十分とることを意識して。 調子が上向いていっても、以前のバリバリやってたころの体調にはもう戻れないのかなと感じています。 今後も体調とうまく付き合わないと。 もともと物事を分析して傾向を掴むことが好きなので没頭してやってましたが、まだ早かったかなと。 こういう ちょっとした体の異常を認識し、自分が現在どこまでやれるかを考えて負荷のコントロールをすることが大切です。 幸い上司がちょいちょい顔色みて面談してくれるので、正直に話して状況を理解してもらいました。 頭痛がひどい時は、 会社内を歩いて気分転換すると頭痛も和らぎますよ! こまめに上司と現在の体調を共有するようにしましょう。 一緒に負荷をコントロールしていくつもりで。 休職前には引継ぎもままならなかった業務も、なんとか回っていました。 ということは、そもそも そんなに重要な業務でもなかったのでしょう。 少し寂しい気もしましたが、オレがいなきゃ会社が回らん!というような会社は逆にヤバイですね。 そんなに気張らんでもいいわと思うのと同時に、 僕の強みを活かして僕にしかできない実のあることをやってみようという気持ちも湧いてきました。 こんな時だからこそ、好きなことに集中できる!というのも考え様です 笑 まとめと今後にむけて 今のところ、順調に調子が上がってきています。 復帰後一か月で思ったこと感じたことをまとめます。 どうしても体調が戻らない場合は再休職や環境を変える(異動や転職)ことも、考えすぎない程度に考えておくことも必要です。 前向きにいくために、睡眠だけは薬に頼ってでもしっかりとりましょう。 睡眠不足は心身に悪影響を与えます。

次の

うつ病から復職後の注意点は?3つの段階で徐々に復帰しましょう!

うつ 病 仕事 復帰

上記記事で説明しているように、体調 回復と会社働くこととの間にはギャップ があります。 どのように準備を進めていったよいか、 私の経験から紹介します。 生活リズムを整える 休職中は生活のリズムが乱れがちです。 体調が戻ってきたら、生活のリズムを 一定にするよう心がけるのが重要です。 できうれば、エクセルシート等で、 一日の生活実績を記録しておくのが 望ましいです。 下記は私の休職中前期の生活パターンです。 3:00~ 起床 3:00~4:00 室内運動 4:00~6:00 ネットニュースチェック 6:00~7:00 朝食 7:00~9:00 英語学習 9:00~12;00 図書館(30分x2の歩行移動含む) 12:00~13:00 昼食 13:00~14:00 外運動(ジョキング) 14:00~17:00 専門書読み 17:00~18:00 自由時間 18:00~19:00 夕食 19:00~20:00 入浴 20:00~21:00 自由時間 21:00~ 就寝 私の個性で、早寝,早起きになっていますが、 この辺りは自分の基本リズムを大切にして ください。 生活リズムを整えること,外出時間を 確保すること,適度な運動を行うこと がポイントです。 お医者様が復職を勧めるよう誘導する 次に復職に向けての対策ですが、お医者様 のほうから、「復職を考えてみませんか」 と言ってもらうことがポイントです。 うつ病の原因として、責任感が強くムリを して頑張ったことが原因である場合が多い です。 仕事に強く執着しすぎているのです。 そこで、自分からお医者様に、体調が戻って きたので復職したいというのは、お医者様が 仕事への執着が強く残っており、仕事に復帰 させるのは危険と判断される可能性が高いです。 このような流れは避けたほうが賢明です。 私の取った手は、毎回提出している生活 実績を記録でアピールです。 お医者様が復職を勧めるよう誘導する ことが目的です。 3:00~ 起床 3:00~4:00 室内運動 4:00~6:00 ネットニュースチェック 6:00~7:00 朝食 7:00~7:30 朝の散歩 7:30~9:00 英語学習 9:00~12;00 図書館(30分x2の歩行移動含む) 12:00~13:00 昼食 13:00~14:00 外運動(ジョキング) 14:00~18:00 専門書読み/ソフト作成 18:00~19:00 夕食 19:00~20:00 入浴 20:00~21:00 自由時間 21:00~ 就寝 ポイントはベースの生活リズムを変えずに、 出勤時間に朝の散歩を入れた点と、午後の 時間を会社仕事内容に近づけたことです。 電車通勤なら、実際の通勤電車に乗って 通勤訓練することは、非常に大切です。 満員電車に乗って移動することは、想像 以上に体力をつかいます。 私の通勤は車で5分なので、通勤対応は 図書館徒歩通いで、カバーできている つもりでした。 しかし、通勤時間にそれに対応する行動を 取ることが重要視されると気づきました。 これは一日の中で、朝が最も心の状態が悪い 場合が多いためで、朝の通勤時間に出社に 見立てた外出ができるかが、重視される ためです。 生活実績を記録で生活負荷を上げ、1ヶ月 程度続けたところで、お医者様のほうから、 復職を考えてみませんかとのお言葉を 頂きました。 ここでも慌てずに、復職など全く考えて おらず、体調の回復に努めていたところを、 お医者様から復職と言われて、初めて復職を 考えてみるように振る舞うことが大切です。 ここで問題になるのが、体調が回復する ことと、職場に復帰して仕事をすること では、後者の負荷のほうが非常に大きい ことです。 そのため会社には、各種の職場復帰 プログラムが用意されています。 例えば、最初は出勤だけして、すぐ帰る ところから段階的に職場復帰を進めて いく等です。 私の場合は、残業禁止の通常勤務から スタートしました。 復職前の疑似通勤を続けたことが評価 されたためです。 ここで重要なのが、半年間はリハビリ期間と 割り切ることです。 具体的には、復職先は何も考えず、元の職場 にします。 これは、仕事内容が分っていて負荷が 少ないこと。 傷ついているとはいえ、人間関係が できていること。 職場も事情が分っているので、諸々 考慮してくれたり、少々の無理が きくためです。 よほどのブラック会社でない限り元の 職場に復帰するのがよいです。 異動,転職は自分の働く能力が十分に 戻ってから考えればよいのです。 隣の芝は青くみえますが、そんなことは ありません。 環境をゼロクリアしても、新しい人間関係 負荷、スキルの違いによる苦労、なにより 即戦力であることを早急に示す必要が あります。 次に遅れを取り返そうと無理するのは 厳禁です。 いったん休職すると、そのまま、または 復職,休職を繰り返し退社する確率は、 50%を超えます。 会社側も半年間程度は、特別な期間として みていますから、自分の体調を第一に考え、 リハビリと割り切りましょう。 自分ことが本当に分るのは、自分しか いません。 同様に、本当に自分のことを大切にできる のは、自分しかいないことを忘れないで 下さい。 上では、半年間がんばれと簡単に書いて いますが、実際には肉体的,精神的に 非常に苦しい時期が必ずあります。 下記記事を参考にして、少しでも負荷を 減らしてみてください。

次の