リモート デスクトップ お 使い の 資格 情報 は 機能 し ませ んで した。 【簡単解決】「お使いの資格情報は機能しませんでした」と表示される

Azure AD joined (参加済み)のPCにリモートデスクトップ接続する【Windows 10】

リモート デスクトップ お 使い の 資格 情報 は 機能 し ませ んで した

Windows 7 と同様、Windows 10 でもリモート接続時に以下のエラーが発生します。 対応方法は同じですが、Windows 10 の画面で記載します。 168. 1 へのログオンの保存された資格情報の使用はシステム管理者により許可されていません。 資格情報を入力してください。 キーボードの Windwos ロゴキーを押しながら「R」キーを押します。 クリックで拡大• 「ファイル名を指定して実行」ダイアログが起動します。 「gpedit. msc」と入力して「OK」をクリックします。 ローカルグループポリシーエディターが起動します。 [コンピューターの管理]-[管理用テンプレート]-[システム]-[資格情報の委任]と展開し、「HTLMのみのサーバー認証で保存された資格情報の委任を許可する」をダブルクリックで開きます。 「有効」をチェックし、「サーバーを一覧に追加」の「表示」ボタンをクリックします。 「表示するコンテンツ」ダイアログが起動します。 サーバーの登録が完了したら「OK」ボタンでダイアログを閉じます。 「適用」をクリックし、「OK」ボタンでダイアログを閉じます• 今設定した項目が「有効」と表示されていることを確認し、ローカルグループポリシーエディターを閉じます。 ローカルグループポリシーを即時適用します。 キーボードの Windwos ロゴキーを押しながら「R」キーを押します。 クリックで拡大• 「ファイル名を指定して実行」ダイアログが起動します。 「cmd」と入力して「OK」をクリックします。 しばらく待ち、「正常に終了しました」と表示されたら画面を閉じます。 これでリモートデスクトップ接続時にエラーが表示されなくなるはずです。 再度リモートデスクトップクライアントを起動し確認してください。 【参考情報】.

次の

Windows 10 リモート デスクトップ接続する方法

リモート デスクトップ お 使い の 資格 情報 は 機能 し ませ んで した

Windows 7 でリモートデスクトップ接続時の資格情報を保存しているにもかかわらず、接続のたびに以下のエラーが表示され、毎回資格情報を求められます。 168. 22 へのログオンの保存された資格情報の使用は システム管理者により許可されていません。 資格情報を入力してください。 以下の手順で対応できました。 【設定方法】• キーボードの「Windows」ロゴ キーと「R」キーを押して「ファイル名を指定して実行」を起動します。 「gpedit. msc」と入力して「OK」をクリックします。 ローカルグループポリシーエディターが起動します。 [コンピューターの管理]-[管理用テンプレート]-[システム]-[資格情報の委任]と展開し、「HTLMのみのサーバー認証で保存された資格情報の委任を許可する」をダブルクリックで開きます。 「有効」をチェックし、「サーバーを一覧に追加」の「表示」ボタンをクリックします。 「表示するコンテンツ」ダイアログが起動します。 サーバーの登録が完了したら「OK」ボタンでダイアログを閉じます。 「適用」をクリックし、「OK」ボタンでダイアログを閉じます• 今設定した項目が「有効」と表示されていることを確認し、ローカルグループポリシーエディターを閉じます。 ローカルグループポリシーを即時適用します。 スタートメニューから[アクセサリ]を展開し「コマンドプロンプト」で右クリックをして「管理者として実行」で起動します。 しばらく待ち、「正常に終了しました」と表示されたら画面を閉じます。 これでリモートデスクトップ接続時にエラーが表示されなくなるはずです。 再度リモートデスクトップクライアントを起動し確認してください。 【参考情報】.

次の

Windows 資格情報を利用したRDP接続について

リモート デスクトップ お 使い の 資格 情報 は 機能 し ませ んで した

Windows 資格情報を構成すると、接続先サーバーへユーザー名やパスワードを都度入力することなく、RDPなどで接続できるようになります。 しかし、既定では資格情報を利用したRDP接続は無効化された状態です。 そのため、ローカルセキュリティポリシーやグループポリシーを利用して、資格情報を利用した接続を許可する必要があります。 【Windows 資格情報の登録】 1. 「Windows 資格情報」 をクリックし、「Windows 資格情報の追加」をクリックします。 RDPで接続したいサーバー名、RDP接続するユーザー名とパスワードを入力しOkをクリックすれば、Windows 資格情報の登録は完了です。 この状態で、RDP接続しようとしてもパスワードの入力が求めまれます。 そのため、資格情報を登録したら、グループポリシーにて資格情報の使用を許可する設定をします。 今回はADのグループポリシーを使用した設定方法の手順です。 【グループポリシーの設定】 1. グループポリシーを作成し、編集画面を開きます。 コンピューターの構成 — ポリシー — 管理用テンプレート — システム — 資格情報の委任 の順に展開。 設定する項目は、「 NTLMのみのサーバー認証で保存された資格情報の委任を許可する」 です。 設定を有効にし、「表示」をクリックします。 Windows 資格情報を使用して接続したいサーバーのIPアドレスやホスト名を指定します。 すべてのサーバーへの接続を許可したい場合は、*を使用します。 接続元にて、グループポリシーを手動で再適用するか、再起動をしてリモートデスクトップ接続してみてください。 ユーザー名とIPアドレスを入力することなく、接続することができるようになります! こちらの設定は、ドメイン参加したPCからワークグループへのリモートデスクトップ接続時などで有効かと思います。 ちなみに、ドメイン参加しているPCからドメイン参加したサーバーへのリモートデスクトップ接続をしたいばあい、Windows資格情報の接続先名の指定方法としてホスト名を使用すれば、グループポリシーを設定することなく、接続可能となります! 以上です! 2016年12月 月 火 水 木 金 土 日 1 2 3 4 6 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 26 27 28 30 31 最近の投稿• カテゴリー• 6 アーカイブ•

次の