この アプリ は 保護 の ため に ブロック され まし た。 デバイスマネージャーが動かない。(このアプリは保護のためにブロックされました)

デバイスマネージャーが動かない。(このアプリは保護のためにブロックされました)

この アプリ は 保護 の ため に ブロック され まし た

回答・対処方法 はじめに Windows 10には、お使いのPCのセキュリティと正常性の状況を確認し、必要な操作を実行することができる「Windows Defender セキュリティセンター」が標準で搭載されています。 ここでは、「Windows Defender セキュリティセンター」のコントロールされたフォルダーアクセスによってブロックされているアプリを許可する方法について説明します。 ファイル名を確認して再実行してください。 図1 信頼するアプリがコントロールされたフォルダーアクセスによってブロックされている場合は、許可するアプリとしてそのアプリを追加できます。 それにより、アプリが保護されているフォルダーを変更できるようになります。 マイクロソフトがフレンドリと特定したアプリは常に許可されています。 Windows 10のバージョンを確認する方法については、 を参照してください。 本情報は、別のウイルス対策アプリがインストールされていない環境であることを前提としています。 バージョンが異なると、若干手順や画面が異なる場合があります。 ご了承ください。 1806. 18062」を元に作成しています。 バージョンが異なると若干操作が異なる場合があります。 バージョンを確認する方法については、 を参照してください。 設定方法については、 を参照してください。 タスクバーの検索ボックスをクリックします。 キーボードから defender と入力します。 検索結果から[Windows Defender セキュリティセンター]をクリックします。 「Windows Defender セキュリティセンター」が起動します。 [ウイルスと脅威の防止]をクリックします。 「ウイルスと脅威の防止」画面が表示されます。 [ランサムウェアの防止]をクリックします。 「ランサムウェアの防止」画面が表示されます。 [アプリをコントロールされたフォルダーアクセスで許可する]をクリックします。 「アプリをコントロールされたフォルダーアクセスで許可する」画面が表示されます。 [+許可されたアプリを追加する]をクリックします。 「開く」画面が表示されます。 コントロールされたフォルダーアクセスによってブロックされているアプリを選択し、[開く O ]をクリックします。 図10• 「ユーザーアカウント制御 このアプリがデバイスに変更を加えることを許可しますか?」画面が表示されます。 [はい]をクリックします。 「アプリをコントロールされたフォルダーアクセスで許可する」画面に戻ります。 一覧に追加したアプリファイル名が表示されていることを確認してください。 図11• 図12 操作は以上です。 コントロールされたフォルダーアクセスによってブロックされていたアプリを実行し、保護されているフォルダーに変更が加えられることを確認してください。 補足:アプリをコントロールされたフォルダーアクセスで許可する一覧から削除したい場合• 上記手順1~手順7まで操作します。 「アプリをコントロールされたフォルダーアクセスで許可する」画面が表示されます。 一覧から削除したいアプリファイル名をクリックします。 図13• 選択したアプリファイル名の[削除]をクリックします。 図14• 「ユーザーアカウント制御 このアプリがデバイスに変更を加えることを許可しますか?」画面が表示されます。 [はい]をクリックします。 「アプリをコントロールされたフォルダーアクセスで許可する」画面に戻ります。 一覧からアプリファイル名が削除されていることを確認してください。 図15• 図16 アプリをコントロールされたフォルダーアクセスで許可する一覧から削除する操作は以上です。 関連情報• コントロールされたフォルダーアクセスで保護するフォルダーを追加することができます。 設定方法については、以下のリンクを参照してください。

次の

解決方法 「コンピュータ保護のため、このプログラムはWindowsにより終了されました」の保護解除方法

この アプリ は 保護 の ため に ブロック され まし た

回答・対処方法 はじめに Windows 10には、お使いのPCのセキュリティと正常性の状況を確認し、必要な操作を実行することができる「Windows Defender セキュリティセンター」が標準で搭載されています。 ここでは、「Windows Defender セキュリティセンター」のコントロールされたフォルダーアクセスによってブロックされているアプリを許可する方法について説明します。 ファイル名を確認して再実行してください。 図1 信頼するアプリがコントロールされたフォルダーアクセスによってブロックされている場合は、許可するアプリとしてそのアプリを追加できます。 それにより、アプリが保護されているフォルダーを変更できるようになります。 マイクロソフトがフレンドリと特定したアプリは常に許可されています。 Windows 10のバージョンを確認する方法については、 を参照してください。 本情報は、別のウイルス対策アプリがインストールされていない環境であることを前提としています。 バージョンが異なると、若干手順や画面が異なる場合があります。 ご了承ください。 1806. 18062」を元に作成しています。 バージョンが異なると若干操作が異なる場合があります。 バージョンを確認する方法については、 を参照してください。 設定方法については、 を参照してください。 タスクバーの検索ボックスをクリックします。 キーボードから defender と入力します。 検索結果から[Windows Defender セキュリティセンター]をクリックします。 「Windows Defender セキュリティセンター」が起動します。 [ウイルスと脅威の防止]をクリックします。 「ウイルスと脅威の防止」画面が表示されます。 [ランサムウェアの防止]をクリックします。 「ランサムウェアの防止」画面が表示されます。 [アプリをコントロールされたフォルダーアクセスで許可する]をクリックします。 「アプリをコントロールされたフォルダーアクセスで許可する」画面が表示されます。 [+許可されたアプリを追加する]をクリックします。 「開く」画面が表示されます。 コントロールされたフォルダーアクセスによってブロックされているアプリを選択し、[開く O ]をクリックします。 図10• 「ユーザーアカウント制御 このアプリがデバイスに変更を加えることを許可しますか?」画面が表示されます。 [はい]をクリックします。 「アプリをコントロールされたフォルダーアクセスで許可する」画面に戻ります。 一覧に追加したアプリファイル名が表示されていることを確認してください。 図11• 図12 操作は以上です。 コントロールされたフォルダーアクセスによってブロックされていたアプリを実行し、保護されているフォルダーに変更が加えられることを確認してください。 補足:アプリをコントロールされたフォルダーアクセスで許可する一覧から削除したい場合• 上記手順1~手順7まで操作します。 「アプリをコントロールされたフォルダーアクセスで許可する」画面が表示されます。 一覧から削除したいアプリファイル名をクリックします。 図13• 選択したアプリファイル名の[削除]をクリックします。 図14• 「ユーザーアカウント制御 このアプリがデバイスに変更を加えることを許可しますか?」画面が表示されます。 [はい]をクリックします。 「アプリをコントロールされたフォルダーアクセスで許可する」画面に戻ります。 一覧からアプリファイル名が削除されていることを確認してください。 図15• 図16 アプリをコントロールされたフォルダーアクセスで許可する一覧から削除する操作は以上です。 関連情報• コントロールされたフォルダーアクセスで保護するフォルダーを追加することができます。 設定方法については、以下のリンクを参照してください。

次の

WindowsによってPCが保護されましたを解除する方法(Windows10)

この アプリ は 保護 の ため に ブロック され まし た

Windows10でアプリインストール時などに『WindowsによってPCが保護されました』と表示された時の対処方法&Windows Defender SmartScreenを無効化(または設定変更)する方法です。 Windows 10には Windows Defender SmartScreenという怪しいサイトやアプリ、インストーラーなど実行することで問題が発生する可能性があるものからPCを守ってくれるセキュリティ機能が搭載されています。 SmartScreenは初期設定で有効となっているため、アプリをインストールしようとした場合などに 『WindowsによってPCが保護されました』という警告が表示されてインストールが進まないことがあります。 SmartScreenの設定には、アプリのインストール以外にもブラウザEdgeなどの設定も用意されています。 このWindows Defender SmartScreenの無効化(または設定変更)と「WindowsによってPCが保護されました」と表示された時もそのまま続ける手順を紹介します。 【Windows10】SmartScreenに「WindowsによってPCが保護されました」と表示される場合の対処方法 警告が表示されてもそのまま実行する手順 WindowsによってPCが保護されました。 Windows Defender SmartScreenは認識されないアプリの起動を停止しました。 このアプリを実行すると、PCに問題が起こる可能性があります。 このまま実行を続ける場合「詳細情報」をクリックします。 アプリの詳細、発行元などが表示されます。 下に表示された「実行」をクリックします。 インストーラーが実行されればOKです。 Windows Defender SmartScreenを無効化または警告の設定を変更する方法 Windowsスタートメニューなどから「Windows Defenderセキュリティセンター」を開きます。 左のメニューで「アプリとブラウザーコントロール」をクリックします。 アプリインストールやファイル実行時のSmartScreen設定 Windows Defender SmartScreenはWebサイトからの認識されないアプリとファイルを確認して、デバイスを保護します。 これがアプリインストール実行時の警告です。 警告もブロックもしないという人は「オフ」を選択するといいと思います。 ブラウザEdgeのSmartScreen設定 Windows Defender SmartScreenフィルター機能は、悪意のあるサイトやダウンロードからデバイスを保護するために役立ちます。 Microsoft StoreアプリのSmartScreen設定 Windows Defender SmartScreenは、Microsoft Storeアプリで使用されるWebコンテンツをチェックしてデバイスを保護します。 Microsoft Storeアプリの設定に関しては、ブロックすることはできず、警告またはオフから選択できます。 SmartScreenの設定はこんな感じです。 Windows10で何かと警告が出てウザいという人は設定を変更してみてください。 ただセキュリティ機能なので「よくわからないけど警告はウザいからオフ」というのはあまりオススメしません。 自分が分かる範囲で自分にあった設定をしてみることをオススメします。

次の