コロナ ウィルス いつまで。 【解説】 新型コロナウイルス、表面でどれくらい生きられる?

コロナウィルス:マスク着用はいつまで?

コロナ ウィルス いつまで

新型コロナウイルスが世界で猛威を振るう ロイター通信によると、中国湖北省武漢市で発生した新型コロナウイルスによる肺炎は、これまでに中国で106人が死亡、感染者は中国を中心に世界全体で4520人以上に達しているとのことです。 (2020年1月28日時点) また、当局の発表によると、1月27日の時点で中国国内での死者は106人で、このうち湖北省が100人。 国内の感染者数は4515人。 湖北省で確認された感染者は2714人で、26日時点の1423人から増加しています。 さらに、中国本土以外では、タイと香港でぞれぞれ8人の感染を確認。 米国、オーストラリア、台湾、シンガポール、マカオがそれぞれ5人。 日本、韓国、マレーシアが4人。 フランスが3人。 ベトナムとカナダが2人。 ドイツ、スリランカ、ネパール、カンボジアが1人の感染が確認されています。 新型コロナウイルスとは?症状・潜伏期間・治療方法 新型コロナウイルスとは? 重度の肺炎などを引き起こす新型コロナウイルスは、SARS(サーズ)やMERS(マーズ)と同じコロナウイルスの仲間です。 しかし、コロナウイルスはヒトや動物の間で広く感染症を引き起こすウイルスですが、今回のウイルスは既知のウイルスと一致しない新型のコロナウイルスでした。 ヒトに感染するコロナウイルスとしては、すでに6種類が知られていますが、そのうち4種類は、一般的な風邪の原因となるウイルスで、ヒトに日常的に感染しています。 残りの2種類は、重度の肺炎の原因となるSARS(重症急性呼吸器症候群コロナウイルス)とMERS(中東呼吸器症候群コロナウイルス)です。 中国で見つかった新型コロナウイルスは、これら6種類には当てはまらない新しい型で、世界保健機関(WHO)では一時的に「2019-nCoV」と命名されています。 新型肺炎の症状・潜伏期間・治療方法 新型コロナウイルスによる肺炎の 主な症状としては以下のようなものが確認されています。 新型コロナウイルスはいつまで続く? では、新型コロナウイルスはいつまで続くのでしょうか。 過去に起きたSARS(重症急性呼吸器症候群)やMARS(中東呼吸器症候群)などから終息日を推測してみたいと思います。 SARS SARSはコロナウイルスによる感染症で、2002年11月に中国広東省で発生し、2003年7月にWHOによって終息宣言が出されていますた。 この間、アジアを中心に32カ国・地域に感染が広がり、感染者数は8,098人、死者は774人にのぼっています。 MARS MERSは、コロナウイルスによる感染症で2012年9月に中東で発生し、2019年11月末までに中東・欧州を中心に患者や輸入症例が報告された国は27カ国、感染者数は2,494人、死者は858人にのぼっています。 このように、過去の起きたコロナウイルスによる感染事例を見ていくと、SARSは終息宣言されていますが、MARSは終息宣言されていません。 そのため、 新型コロナウイルスも必ず終息するとは言い切れません。 また、専門家によると、今回の新型コロナウイルスは当時のSARSより怖いという見解もあり、SARSが9ヶ月で終息宣言されたのに対し、それより長く続く可能性も懸念されています! これが本当なら、 早くても2020年8月までは続くと思われます。 こんな記事も読まれています!.

次の

新型コロナウイルスの潜伏期間は?そしていつまで(何月まで)続くのか?

コロナ ウィルス いつまで

一般的にコロナウイルスは寒さに強く、暑さに弱いが… 新型コロナウイルスの感染が世界中で広がっている。 厚生労働省などによれば、3月8日午後9時15分時点の日本国内の感染者は1190人(うち死者14人)。 米ジョンズ・ホプキンス大学システム科学工学センター(CSSE)などの集計によると、日本時間の3月7日午後、世界の感染者は10万3735人、死者は18カ国・地域で計3519人となった。 新型コロナウイルスは一体いつになったら終息するのか。 一般的にコロナウイルスは寒さに強く、暑さに弱い。 新型コロナウイルスも、気温の上昇とともに私たちの周りから消えていくと考える専門家は多い。 ただし、もし4月ごろに気温上昇で感染拡大が収まったとしても、気温が下がる秋には再び流行する恐れがある。 今年10月ごろから来年3月ごろにかけ、第2波、第3波の流行がやってくる。 新型コロナウイルス感染症対策本部の会合で発言する安倍晋三首相(左手前から5人目)=2020年3月7日、首相官邸 だから春に流行が収まっても安心せずに、秋からの流行に備えるべきである。 通常、大勢の人々が免疫を獲得していくことによってその病原体は力を失っていくが、一度の流行だけでは免疫をもつ人が足りない。 これは過去の新型インフルエンザの流行を考えてみると、よく分かる。 これまで新型インフルエンザウイルスは、スペインかぜ(1918年)、アジアかぜ(1957年)、香港かぜ(1968年)、さらにアメリカ南部で発生したとみられるブタ由来の新型インフルエンザ(2009年)と、過去に計4回出現した。 いずれも第2波、第3波と流行を繰り返し、免疫をもつ人が増えることで徐々に力を失っていった。

次の

新型コロナウイルスの大流行はいつ終わる? 生活はもとに戻るのか?

コロナ ウィルス いつまで

終息はいつになるのでしょうか? 池谷裕二東京大学薬学部教授 「コロナウイルスは冬に流行る風邪ですから、寒い時期に流行するはず。 現時点でデータを見ていただくとわかりますように、東南アジアの暑い国、それから南半球にも広まっていますので、意外と季節性の要素が少ない。 暖かいところ、暑い所でも拡散しうるという特徴を備えていると思います。 逆にそういう特徴を備えていると、封じ込めはかなり厳しくなってきます。 例えば夏おそらくオリンピックが開かれますけども、その時には南半球で新型コロナウイルスがたくさん広がっていて、その一部が北半球に逆輸入するというようなことは起こりうると思います」 冬が終われば、寒い時期が終わり春になれば落ち着いていくだろうという期待が確かなものではないことがわかりました。 暑い国や、今、夏である南半球にも広まっている事実を考えると、季節が関係ない可能性もあるのですね。 完全な終息は難しいというのが、池谷裕二教授の見解です。 また、 MERSについても言及されました。 池谷裕二東京大学薬学部教授 「消滅したと思われてるかもしれませんが、あのMERSは今でも続いています。 2014年くらいに中東で、2015年には韓国で非常に猛威を振るったMERSというコロナウイルスがあります。 今、全く話題にならないんですけれども、それは実は感染が収まったというわけではなくて、大体1年にいっぺんくらいの間欠的な周期で、実はブームが今でも起きているんですね。 特に中東で起きているんですけれども、もはや人々の関心がMERSにいってないので、ニュースにもならないので、すっかり消滅したと思われているかもしれませんけれども、MERSは今でも続いています」 WHOに報告されたMERSの感染者数をみると、今も終わっていないことがわかります。 2014年 サウジアラビアで流行(110数人の感染者) 2015年 韓国で急増(100名弱の感染者)38人の死者 2016年以降も感染者は出続け、定期的に流行している。 池谷裕二東京大学薬学部教授「MERSは新型コロナウイルスに比べると、感染力はかなり低いです。 それにもかかわらず完全撲滅できていないんです。 MERSよりも感染力の強い新型コロナウイルス。 世界にもこれだけ広まってしまったものを、これから封じ込めるというのはかなり難しい。 ほとんど不可能であると、私は考えています」 では、新型コロナウイルスとどう向き合えばいいのでしょうか? 池谷裕二東京大学薬学部教授「つまるところ、医療機関がパンクしない程度に緩やかに世間に広めていくというのが、人類の取りうる最良の手かなと思います。 一気に感染が広まってしまうと医療機関が崩壊してしまいますので、それは絶対に避けなくてはいけません。 ですので、徐々に世界に広めていく。 毎年の流行病の1つというふうになっていく、というのが私の見方です」 感染スピードを抑えるということが、重要のようです。 ドイツの メ ルケル首相は 「免疫やワクチン、治療薬がない中で、専門家の多くの方によればこうした状況が続けばドイツ人工の6~7割が感染するだろうと言われています」とコメント。 メルケル首相は、医療システムに過度の負担をかけるのではなく、感染を遅らせることに軸足を置くべきと主張しています。 ここで、2020年3月14日現在の国別新型コロナウイルス感染者数を見てみましょう。 スポンサーリンク 日本感染症学会指導医水野泰孝氏の見解 日本感染症学会指導医であり、 グローバルヘルスケアクリニックの 水野泰孝院長はどのような見解でしょうか。 水野院長「3月の終わりから4月にかけて新年度が始まりますので、通常だと引っ越しのシーズンになってくる。 時期が進むと4月の終わりから5月の頭にゴールデンウィークが始まるので、長期の休みでどこかに行く人がいるかもしれないので人が動く可能性がある。 このあたり(ゴールデンウィーク)でしかるべき対策がとられないと、当然これまで感染者がいなかった地域でも感染者が新たに発生する可能性があります」 いつ終息するのか? 水野院長「自然に収束していくのか、ワクチンや薬によって急速に収束に向かうのか、どちらが先かはよめませんけれど、完全に感染者がなくなること(終息)はなかなか難しいと思います」 終息は困難との見方です。 新型コロナウイルスとの戦いは長期戦に!? 自粛はいつまで続くのでしょうか。 沖縄県では2月20日に感染者が出てから新たな感染者は出ておらず、 一部学校を再開しています。 水野院長「なんでもかまわず自粛するのが全てよいのではなくて、できるものはできるだけやっていく。 できないものはしっかりと抑えるというメリハリをつけて、経済が落ち込まないように。 全て自粛になるとすべてが止まってしまうので、それは避けなければいけません」 スポンサーリンク ジャーナリスト デイビッド・ウォレス・ウェルズ氏の見解 アメリカでは、 トランプ大統領が 「国家非常事態」を宣言しました。 ジャーナリスト デイビッド・ウォレス・ウェルズ氏の見解はどうでしょうか。 ウェルズ氏の著書はアメリカでベストセラーになり、日本でも 『地球に住めなくなる日』として販売されています。 ジャーナリスト デイビッド・ウォレス・ウェルズ氏「アメリカで新型コロナは、アジアより劇的に早く拡散する可能性がある。 今の状況はイタリアやイランに似ている。 アメリカの病院はすでにキャパシティーぎりぎりで運営されている。 人工呼吸器の不足が深刻な問題。 数週間で多くの病院で人工呼吸器が足りなくなるだろう。 1週間前まで、トランプ大統領を筆頭とした政府は新型コロナに一切関心を持っていなかった。 個人的に、完治しない慢性の疾病を思いました。 完全に治らないなら、一生、上手く付き合っていくしかない病。 完全に感染者がいなくなる終息のかたちが無理なら、毎年流行る一般的なインフルエンザのように、自然に対処していくしかないのだと感じました。 爆発的に流行らせないように、医療機関が崩壊することなく、キャパシティー内で対処していける範囲で、新型コロナウイルスと向き合う必要があるのだと思います。 最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

次の