年末の挨拶 訪問。 【恥かく前に】取引先への年末年始の挨拶マナーとメール例文3つを纏めてみた

年末挨拶の正しい時期や言葉選び 【ビジネス(取引先)編】

年末の挨拶 訪問

取引先への挨拶は、訪問前の準備から始まる 取引先や担当者、お客様のところへご挨拶・訪問する際のビジネスマナーを見てみましょう。 初めての取引先でもきっと好印象を与えることができますよ。 まず、訪問前の準備から。 訪問するにあたっては、必ずアポイントメントを取るのがマナーです。 その際、必ず確認し、伝えることは、下記の4つです。 訪問の用件を伝え、都合を聞く• 要する時間や訪問人数を伝える• 日時を決める• 先方と自分の都合が合わない時に備え代案を出す 先方の希望を優先し、相手の迷惑にならない日時を選ぶよう心がけましょう。 たとえば、業務開始や終了間際の時間帯、休憩の時間帯は避けたほうがよいでしょう。 約束が取れたら、訪問する日までに次のことを行います。 訪問先までのルートと所要時間の確認• 書類や資料の準備と確認 【取引先への挨拶】到着・受付と入室時のポイント コートは「塵よけ」と呼ばれています。 ビルの外や入口でササッと脱ぎます。 当日のポイントは、到着、受付、案内、面談の順で時間を追って紹介します。 5分前には到着 遅れるのは問題外ですが、早すぎる到着も迷惑です。 約束時間の最低5分前くらいには受付に到着するように。 もちろん、その前に身だしなみを整えておきます。 訪問先のトイレで化粧直しをするのはマナー違反です。 コートやマフラー、上着の着脱は玄関前 コートを着ている場合は、玄関前で必ず脱ぐようにしてください。 脱いだコートは片手に持ち、マフラーや手袋もはずします。 上着を脱いでいた場合には、玄関前で着ることを忘れずに。 受付での取り次ぎ 受付がある場合は、受付で会社名・氏名・訪問相手・用件・約束の有無をはっきりと告げ、名刺を差し出して取り次ぎを依頼します。 企業によっては受付で来訪者用のバッジが渡されたり、来訪者名簿に氏名、会社名、訪問部署を記入することがあります。 受付の指示に従いましょう。 無人受付での取り次ぎ 無人受付にある内線で担当者を呼び出すスタイルの企業では、約束の相手がすぐに出ないこともあります。 同じ部署や他の部署の人が取り次いだ場合は、会社名・氏名・訪問相手・用件・約束の有無をはっきりと告げましょう。 取り次いでもらっている間 取り次ぎの間は、受付の指示に従って、カウンター前のソファなどで待ちましょう。 トイレに行ったり、携帯電話をかけたりするために指示された場所を離れる時は、受付にひと言伝えておきましょう。 もちろん、先に済ませておくのが基本マナーです。 入室の仕方 応接室に案内されたら、入口近くに立って待ちましょう。 「どうぞお入りください」と言われてから入室してください。 着席は席をすすめられたら 席をすすめられたら、指示された席に浅く腰をかけて待ちます。 浅く腰かけるのは、相手が入室して来たら、すぐに立ち上がることができるためです。 手荷物やコートは? コートや手荷物は、サイドテーブルがあればまとめてそこに置きます。 小さな手荷物はひざの上に、コート類は背もたれにかけても構いません。 通常、書類などが入ったバッグは必要書類を予め出して準備しておき直接フロアに置きます。 原則、自分の足元左ですが、状況に応じて置きます。 身の回り品は見た目にもだらしない印象を与えないようコンパクトにまとめることがポイントです。 相手が部屋に入室したら 相手が部屋に入って来たら、すぐに立ち上がって挨拶します。 着席は相手にすすめられてから 相手から「おかけください」と言われてから、「失礼します」と断って腰をかけます。 まずは感謝の気持ちを伝える まず、会ってくれたことに対する謝意を述べます。 たとえば「本日は、お忙しいところ、貴重な時間を頂戴いたしました。 ありがとうございます」といった言い方がスマートです。 次に、相手の時間を確認しておくとよいでしょう。 たとえば「本企画のご説明には40分ほどかかると思いますが、ご都合はいかかでしょうか?」。 もし相手が20分しか時間が取れないとわかれば、説明の仕方が変わるからです。 紙袋に入れて持参しているはずなので、渡す時は紙袋から出すのがマナーです。 先に応接室に通されて担当者が来るのを待っている時間があれば、その間に紙袋から出し、ソファの上か、テーブルの下座(ドアに近いところ)に置いておくのがよいでしょう。 差し出す時は、相手に正面を向けて差し出します。 その際に「心ばかりのものですが」「ほんの気持ちですが」「よろしければ、皆様でお召し上がりください」といった言葉を添えましょう。 なお、紙袋は畳んで持ち帰ります。 接客・接待・訪問のマナーは、必ず敬語と行動がセットになっています。 どちらかに不備があると、相手にチグハグな印象を与えます。 日頃からどんなシーンで、どんな敬語を使い、どういう態度を取るべきかを考えて、実践で修正していくとよいでしょう。 どんな場合でも、あなたは「会社の代表」として見られているという自覚を忘れないでください。 【関連記事】•

次の

営業マン必須の世間話力!ネタの豊富さ・展開がポイント [営業のノウハウ] All About

年末の挨拶 訪問

年末年始の忙しい時にいきなり訪問されたらあなたも困りますよね? 挨拶回りをする前には必ず先方に電話を入れてアポイントメントを入れておきましょう。 これができないと「世間知らずだな」と思われるだけでなく、相手の仕事の邪魔をすることになってしまいます。 また、電話でアポイントメントを入れるときには 「すぐにおいとましますのであまり長い時間をお取りいただかなくても結構です」 「感謝のお品をお渡ししたいのですが問題ないでしょうか?」 と、気を利かせる事も重要。 挨拶の時間が長ければそれだけ仕事のスケジュールに影響が出ます。 会社によっては手土産を受け取ることを禁止されているところもあります。 気が利く相手からの挨拶回りはとても気持ちよく受け取ってもらうことができます。 若いビジネスマンはいつも上司と一緒に外出していることが多く、何事も上司の指示に従って動いています。 挨拶回りで取引先を訪れても、上司が座った横にちょこんと座るだけなので何も考えずに事が済んでいます。 しかし、一人で挨拶回りに行ったらどうでしょうか?どこに座ればいいか自分で判断しなければなりません。 上座、下座、という言葉を聞いたことがあると思いますが、これを知らない方がとっても多いんです。 「狭い部屋では部屋の入り口から一番遠い席が上座」 「広い部屋に長テーブルがあり、片側3名以上の席がある場合は中央が上座」 これが基本です。 挨拶回りで応接室に通されたら瞬時に部屋の状況をチェックして自分の席を確認しましょう。 そして「どうぞおかけ下さい」と言われてから座ります、これも基本中の基本です。

次の

年末年始の挨拶回り、迷惑に感じている人の割合は? “手土産”ランキングも発表 (1/2)

年末の挨拶 訪問

年末の挨拶は直接するのかメールでするのか お客様や取引先への挨拶は訪問かメール お客様への年末の挨拶は、相手先を訪問して直接ご挨拶をするのが正式な方法です。 しかし、すべてのお客様に直接合う事は現実的に難しい場合もあります。 年末はどこも多忙な時期です。 訪問はかえって迷惑になることもあるため、諸々の事情を考慮したうえで訪問するかどうかを決めましょう。 訪問できないお客様や取引先には、挨拶文を郵送、またメールで挨拶文を送るのが一般的です。 社内の上司への挨拶方法は環境により変わる 社内の上司への年末の挨拶は、上司との距離感や会社の風習によります。 席が近く毎日顔を合わせている場合は、対面で直接挨拶をする事が自然です。 普段あまり接点がない上司には、メールを送る、または社内のコミュニケーションツールなどで挨拶を送ってもよいでしょう。 どんなツールで送るのか、どの関係性の上司にまで送るのかは、会社の規模や風習によって変わります。 例年どのようにしてるのかを先輩に教えてもらうと安心でしょう。 年末の挨拶の時期 訪問での挨拶は12月半ばから年末まで 訪問の日程は、12月中旬から最終営業日までの間が目安です。 営業職など普段からお客様に接している職種では、直接訪問をして挨拶することが多くなりますが、12月はどこの企業もなにかと慌ただしくなります。 年末最終日は勤務時間が変わったり、大掃除があったりする企業もあります。 相手先の営業日や都合を伺い、負担にならない日程で打診をとるようにしましょう。 訪問は短時間で切り上げるのもポイントです。 郵送やメールでの挨拶は最終営業日の1週間~3日前 挨拶文を郵送する場合は、最終営業日の1週間くらい前を目安にしましょう。 年末は郵便が込み合い、配達が遅れることも考えられるため、ギリギリに差し出すのはお勧めできません。 メールの場合は、最終営業日の3日前くらいを目安にします。 社内の上司への挨拶の時期 社内の上司へは、最終営業日に挨拶をするのが自然です。 しかし、帰り際に挨拶しようと思っていると上司が見当たらなかったり、メールを読んでもらえない可能性もあります。 「少し早いですが、ご挨拶をさせてください。 」などと、早めの時間帯に挨拶をすませてしまってもよいでしょう。 年末の挨拶の例文 対面で年末の挨拶をする際の例文.

次の