16 メタニウム mgl。 [20メタニウム使用感インプレ]初搭載機構ナシで感動無し!シマノ全部載せ小型軽量ベイトの逸品

[D] 実は重い?なのに飛ぶ!?16メタニウム・MGLスプールの怪

16 メタニウム mgl

もくじ• レベルワインダー組み上げ レベルワインダーから組みます。 レベルワインドガイドとレベルワインドパイプをこちらから差し込みます。 こちら側に抜けてきます。 以下の通り途中でレベルワインド組を入れます。 前回ウォームシャフトギアにベアリングを入れてます。 レベルワインド受けでウォームシャフトピンが落ちない様にフタをします。 Eリングで押さえます。 レベルワインドカードを取り付けます。 クラッチレバー組み上げ フレームにグリスを添付。 クラッチレバーを取り付けます。 クラッチプレートを設置して。 クラッチカムをカマシます。 その上からクラッチカム抑え板を乗せてネジで止めます。 ( 実は抑え板の取り付けミスってます!!後で修正しています!) ドライブギア軸 ドライブギア軸にウォームシャフトギアとベアリングを取り付けて組みます。 これを。 本体に接続します。 でクラッチカム抑え板ですが、これではなく。 以下の 向きが正しいです。 こうしないとギアが入りません。 ピニオンギア&ドライブギア組み上げ まずはピニオンギアとクラッチヨークとクラッチバネをクラッチカム抑え板に乗せます。 乗せるだけでOK。 続いて、ドライブギア軸にストッパーギアを入れます。 このストッパーギアですが、 クラッチを切った後、 ハンドルを回すとクラッチが戻る仕組みです。 スタードラグ座金を入れて。 ドライブギアを入れます。 その上からスタードラグ座金を挟み込みます。 最後にスタードラグ板です。 ドライブギアにIOSギアグリスを添付します。 サイドカバー&ハンドル取り付け サイドカバーを閉じる前にオイルアップします。 なお、しっとりとした巻き心地にする為、ローラークラッチにナノトリートメントオイルを使用しました。 レベルワインドに使える位、かなり粘度が高めなので、逆回転しないか注視しておかないといけないですね。 ベアリングを入れて。 スタードラグベアリング座金というワッシャを入れて。 ドライブギア座金を2枚。 向きに注意!! 次にスタードラグスペーサー。 これ向きが逆(金色が内側)らしいです。 スタードラグ固定ナット。 スタードラグバネ。 スタードラグ。 で最後にハンドル。 ノブも外して洗浄してますよ。 組み上げ完了 以上です。 もちろんヘッジホッグスタジオさんのトラストレンチで締めました! まとめ サイレントチューン外しですが、結局元に戻しました。 あんまりわかんないなという所ですね・・・。 その代わり、ドラグ音を追加することに!! 17エクスセンスでのカスタム事例がありますが、19炎月CTのパーツを発注していますので、次回はドラグ音追加カスタムを紹介します。 さて、無事組み込むことが出来るか!! カテゴリー• 154• 118• 102• 200•

次の

【インプレ/レビュー】シマノ 16メタニウムMGL XG

16 メタニウム mgl

20メタニウム発売前に16メタニウムMGLを振り返る【長期使用インプレ】 【見た目、デザイン】 4. 5点 13メタニウムの頃からですが、シャープかつ、か細くないシマノらしいデザインで好きです。 ただ、発売当時はカラーリングが気に食わなくて、黒にリペイントしてもらいましたが、今思うと明るいシルバーもあれはあれでよかったな。。 【パーミング】 5点 非常に握りやすいと思います。 どんな人でも、どんなロッドでも、しっかりしたパーミング感をもたらしてくれるかなと。 スティーズのようなコンパクト感はないけど、悪い印象は一切なし。 【巻き心地】 3点 MMギアで開封時やOH後は良いものの、割とすぐにジュラルミンギアが鳴き始めます。 まぁアンタレス、カルコンが良すぎるだけな気もするが、、 【剛性感】 3点 なくはないですが、「強いリール」とはあまり感じたことがない。 これは実際に使用した際の感覚なので個人差あるかと思います。 【近距離〜中距離〜遠投、キャストについて】 5点 満足度は非常に高いです。 高レスポンスのMGLスプールと自重の軽さからくる振り抜けの良さで近距離〜遠投まで申し分ない性能だと思います。 近距離はアルデバラン、遠投はアンタレスに勝てませんが、全てがバランスよくまとまってる。 みんなメタニウム使ってるでしょ? それが物語ってます。 【価格とのバランス、コスパ】 5点 タフさに欠けるとの意見も見受けられますが、もうそこは目をつぶってください。 16メタニウムMGL【総合評価】 5点 書くには書きましたけど、今更説明不要ですよね。 本当に良いリールだと思います。 何でも使えますけど、何に向いてるかと言えばワーム系かな。 動画で見て頂いている方も多いと思いますが、僕はポイズンアルティマ172Hにのせて、ヘビダンを中心にワーム系で使ってます。 軽いけど軽すぎない「丁度良い自重」を活かしたリグの操作性は抜群です。 5oz こんな感じです。 僕が快適だと思う範囲なので、この範囲外もぜーんぜん余裕です。 恐らく20メタニウムMGLの登場により、16メタニウムの値段が下がるので、最新にこだわらない方はぜひ!.

次の

【噂の真相】 ’16メタニウムMGLと’19スコーピオンMGLのメインギア互換性。

16 メタニウム mgl

そんな感じの僕の個人的なインプレになりますが解説していきます! 率直に思ったこと 20メタニウム まずはじめに20メタニウムを箱から開封し、 手にとってみた率直な感想は「ちっちゃ・・」 てかこれで何釣るの?と若干落胆したというのがファーストインプレッションでした。 と、同時に感じたことは、 市場で売れているルアーのサイズが小さくなっているのでは?という売り手の意図も感じ、バスフィッシングが心から好きな僕は「バス釣り業界はどうなっていくのだろうか・・?」と素直に疑問に思った次第です。 (19アンタレスの時もそうでしたが・・) ルアーのサイズが小さくなっているのは今に始まったことではないですし、そもそも小さなルアーはスピニングで投げるのが当たり前、そこにベイトフィネスの登場で、やや小さめのボディで小さめのルアーを軽く飛ばせると広まっていきましたよね。 で、昨今のリールのコンパクト ちょっと意味が分かりませんw と、言うのが僕が率直に感じたことです。 リールが小さくて軽くなることでタックルバランスが取りづらくなりますし、ましてやメタニウムというシマノでもメインのリールがこうなってくることに疑問しかないわけですよ。 魚を釣る、上達することに関して、タックルバランスってめっちゃ重要だと思っていて、今回の20メタニウムに合うタックルバランスで投げるルアーはいくつも思い浮かばない・・そんな感じです。 性能に関しては文句なし 散々なことを書いてきましたが、 キャストフィール、飛距離、巻き心地等、リール自体は普通に良いリールと言えます! なので、購入を検討している人が買っても間違いないリールと言えます。 散々言っておいてアレですが、16メタニウムのサイズ感に慣れている僕ですが、使っているうちに手に馴染んでくる感じでしたので、要は慣れなのかなとも思います。 19アンタレスとの比較 20メタニウムの購入を検討する人の中で、19アンタレスと比較し迷っている人も多いかと思いますので、両方のリールを持つ僕の意見を書こうと思います。 左:19アンタレス 右:20メタニウム まずサイズ感ですが、若干19アンタレスの方が大きい感じです。 スペック比較 20メタニウム 19アンタレス 最大ドラグ力 kg 5. 0 5. で、この自重ですが、19アンタレスの自重225gをみなさんがどう見るか? 前のモデルでもメタニウムとアンタレスでは自重に差がありましたが、今回はどちらもコンパクトした上でのこの自重です。 そう言った中で個人的には19アンタレスのバランスの方が良いと感じます。 もちろん価格差もあるのでアンタレスの方がキャストフィールも巻き心地も良いのは当たり前の話なのですが、注目すべきはこのサイズ感での重量感です。 両リールをロッドに付けて、ルアーを投げる。 程よい重量感があった方が、巻きが安定しますし、ワームなどのルアーを動かす際にも程よい重量感があった方が支店がブレにくく安定すると個人的には思います。 なので20メタニウムと19アンタレスを金銭的な面を除いて、どちらにしようか迷っているなら19アンタレスを個人的にはおすすめしますね。 16メタニウムとの比較 左:16メタニウムMGL 右:20メタニウム 写真から見て取れるように、サイズはひと回り半くらい小さくなっています。 スペック比較 20メタニウム 16メタニウムMGL 最大ドラグ力 kg 5. 0 5. こんな感じのスペックなわけですが、16メタニウムMGLの良かった点としては、別売で深溝スプールがあった点が一つ挙げられます。 他の人はどう思うか分かりませんが、個人的には 浅溝、もしくは深溝スプールが別で販売されるリールって満足度が高いんですよね。 12アンタレスとか今もバリバリ使ってますが、ノーマルスプールには16〜20lb、深溝スプールには25〜30lbを巻いて、釣りに応じて現場で変えて使ってます。 もしかしたらベイトフィネスに寄った浅溝スプールは今後出るかもしれませんが・・ それと用途についてですが、 ミノーなどのトゥイッチやジャーキングなどには20メタニウムは軽くて小さいのですごくやりやすかったです。 ボディ自体は強くなってるので問題はないと思いますが、ボディが小さい分、力は入れづらい感じがします。 ちなみに飛距離に関しては大差ない感じがしました。 さいごに 記事の中でも書きましたが20メタニウムは普通に良いリールではあります。 が、メタニウムをずっと使ってきて、ストロングな釣りが好きな自分としては残念な気持ち・・ ストロング寄りな人には汎用性が損なわれましたが、ライト寄りな人には汎用性が上がった。 そんな風に思ったリールです。

次の