お詫び の 文章。 お詫び状の書き方!個人間・組織から個人などのパターン別 例文付き [手紙の書き方・文例] All About

「謝罪メール」お詫びの書き方とビジネス例文!社内やお客様へ

お詫び の 文章

1.詫び状ってなに? ここでは、ビジネスシーンにおいて、お客様(個人)や取引先に対して謝罪の意を表わす書状の書き方をご紹介します。 お詫び状、謝罪文などとも呼ばれ、 社外文書のうちのひとつです。 これらの社内文書の書き方は別ページにて説明しています。 始末書、顛末書)。 できれば、まずはできるだけ早く電話で謝罪し、改めて書面でお詫びの気持ちを述べるのが良いでしょう。 このページではおわび状の書き方や、例文(お詫び文)を紹介しています。 ぜひ参考になさってください。 ここ数年、クレーマーとも言えるお客様が多くなってきていますので、先方の言い分を良く聞き、本当にあなたの会社に責任があるのかどうかを見極めることも必要です。 小手先のごまかしや、小細工をせず、心からお詫びする姿勢が大切です。 「まず謝る。 」これが基本です。 なお、故意による情報改ざんや、商品の欠陥などに由来する重篤な健康被害などが生じた場合には、公的機関への届け出や、法的な手続きが必要になります。 もちろん謝罪の言葉は必要ですが、このページでは健康や人命にかかわるものや、個人の権利や財産を著しく損なうレベルの問題に対処する文面 やお詫び文を紹介しているわけではありませんので、あらかじめご了承下さい。 敬具 ポイント• ビジネス文書なので時候の挨拶は不要。 頭語と結語を入れる 上の例では「謹啓」+「敬具」• お詫びの言葉を述べる• 原因と、再発防止のための対策に触れる• 正しい金額の連絡(この事例の場合には、差し換え用として正しい請求書を同封しています) もし、すでに先方が誤った請求書に基づいた金額を入金してしまった場合には、返金や相殺など、必要な対処や措置についても連絡する必要があります。 今回のケースでは、「手元の書類は破棄してください」 と依頼するにとどめます。 原因がわかれば、対策をうつこともできます。 対策を先方に伝える事で取引先に安心してもらうことができます。 宛先 へつづく 2. 同封する品物や書類の確認 ・詫び状と一緒に送るものがあればその内容を確認します。 ・請求書の訂正の場合には、請求書を郵送する際に、[再発行]という朱印を押して、詫び状を同封すると、さらに先方にわかりやすいでしょう。 この方法が使えるのは、常に取引がある取引先に対する訂正の場合です。 [再発行]の印鑑が無い場合には、朱書します。 丁寧にする場合には、詫び状を封書(封筒に入れる)で送り、その中には、再発行の請求書のコピーを同封します。 本文中には、「原本は別便にて郵送いたします」と書きます。 ・お詫びの品物を贈る場合には、その品物と一緒に詫び状を贈ります(詫び状を入れた封筒を品物に同封します)。 むしろ別便にしない方が良いでしょう。 ・異物混入などの場合は分析結果などを添えることがあります。

次の

【例文付き】詫び状の書き方と4つのポイント

お詫び の 文章

お詫び状とは? お詫び状は社外に向けた文書 お詫び状とは、ビジネスにおいて個人のお客様や取引先などに対して謝罪の意を表す文書のことです。 「謝罪文」や「詫び状」とも呼ばれています。 お詫び状は一般的に社外に対して作成する社外文書にあたり、これが社内向けとなると「始末書」や「顛末書」と呼ばれます。 個人で外部の人物や組織に謝罪の文書を出すことも「お詫び状」や「詫び状」に当たります。 お詫び状を出すタイミング ミスや不手際が見つかったらすぐ出すのが、お詫び状を出すタイミングとしてベストです。 書面だけではなく、事前に電話で謝罪するのが最も良い手順です。 改めてお詫びの気持ちを書面で伝えることで誠意を示しましょう。 企業が出すお詫び状の書き方 お詫び状の宛先の書き方 個人のお客様であればお客様名を宛先に書きます。 企業に対してお詫び状を出す場合は、宛先を企業宛てにするのか社長や担当者宛てにするのかどうかで書き方が異なります。 必ず確認してから文書を作成するようにしましょう。 会社名と担当者名を提出日の下に記入します。 連絡が取れるように、会社住所や電話番号も忘れないようにしましょう。 担当者名の横には捺印をします。 平素は格別のご引き立てをいただき、誠にありがとうございます。 今後このような事態を起こしませんよう、細心の注意を払って検品を徹底させていただきますので、何卒ご容赦いただけますようお願い申し上げます。 甚だ略儀ではありますが、取り急ぎ書中にてお詫びを申し上げます。 敬具 不良品(アパレル)のお詫び状テンプレート 個人で出すお詫び状の書き方 個人のお詫び状は手書きで縦書き 酒の席で迷惑をかけてしまうことや遠方にある所有物件でトラブルがあるなど、個人の立場で相手に不快な思いをさせてしまうことがあります。 できるだけ直接会って謝罪することが理想ですが、どうしても難しい場合はできるだけ早くお詫び状を送りましょう。 個人で出すお詫び状を出す場合は、白い便箋に手書きで縦書きに書くのがマナーとなっています。 事情を丁寧に説明することが大切ですが、言い訳と相手に受け止められないように注意しましょう。 手紙と一緒に実用品や食品などを添えても良いでしょう。 事故や怪我に対するお詫び状の例文 相手に怪我を負わせてしまうようなケースは、直接会って謝罪することが理想です。 どうしても難しい場合はお詫び状をできるだけ早く送りましょう。 正直に謝る気持ちが何より大切です。 保険や補償などが絡む場合には専門家に相談し、きちんと被害の程度を把握してから対応するようにしましょう。 さぞかしご心痛のこととは存じます。 治療に専念され、一日も早くご回復なさいますようお祈り申し上げます。 事故の後に改めて直接お会いし、お詫びを申し上げるべきであるとは存じますが、取り急ぎ書中にてお詫び申し上げます。 草々 お詫び状を送付する時の注意点 お詫び状は品物に同封する お詫び状と一緒に品物を送る場合は、お詫び状を入れた封筒を品物に同封します。 別便では送らないように注意しましょう。 品物に熨斗紙は必要ありません。 あまり高価なものは適しておらず、賞味期限を気にせず気軽につまめるような食品か実用品が良いでしょう。 心づけやほんの気持ちが伝わるようなものを選びましょう。 お詫び状を入れる封筒にもマナーあり お詫び状を入れる封筒に茶封筒は使わないでください。 茶封筒は「事務用」とされており、正式な書類を入れる封筒ではありません。 必ず白い封筒に入れるようにしましょう。 中身が透けない封筒であることも確認しておいてください。 お詫び状を郵送する際に、封筒の表書きに「詫び状」と朱書したり、「謝罪文在中」を明記したりするのは避けましょう。 まとめ お詫び状は、こちらの素直にお詫びをしたい気持ちを伝える大切なもの。 出すときのタイミングやマナーを守ることはもちろんですが、正直な気持ちが伝わるような文面にも注意して作成しましょう。 適切なお詫び状を送ることで、相手とさらにより良い関係を結べるようになると良いですね。

次の

社外へのお詫びのビジネス文書・メールの書き方を例文付きで解説

お詫び の 文章

誤りに気づいたら出来るだけ早く、言い訳にならぬよう心から非礼をわびるのが第一 詫び状というものは、お礼やお祝いといった手紙に比べると非常に書きにくいものです。 それだけにあとに延ばせば延ばすほど、ますます書きにくくなります。 こちらの誤りに気付いたらすみやかに謝罪することが第一ですが、いくら手っ取り早いからといっても、いつでも電話一本で済むものではありません。 電話で謝罪をしても、改めて先方に出向いたり、詫び状を送る必要がある場合もありますし、そのほうが丁寧といえるでしょう。 礼儀は信頼を守るうえで大切なものです。 ビジネスでのお詫びも友人や知人宛へのお詫びも、多少書式の違いはあっても、まず誠意をもって詫びることが一番の基本です。 <目次>• お詫び状文例1:注文品の誤送のお詫び 拝復 平素は格別のご高配にあずかり、厚く御礼申し上げます。 商品に誤りのないよう再度確認をするなど基本でございますのに、当方の注意不足でございまして、まことに申し訳ございません。 急ぎお届けすべきところを恐れ入ります。 月曜日にお電話申し上げ、ご指定のお日にちにお届けいたします。 今後は確認作業をいっそう徹底いたしますので、なにとぞお許しくださいますよう、お願い申し上げます。 おわび、ご連絡にて失礼いたします。 お返しするのが遅れてしまい、申し訳ございません。 お陰様で、夏休みの自由研究もやっと出来上がったようです。 お届けをと思いましたが、お言葉に甘え郵送させていただきます。 気持ちばかりのものですが、お菓子皆さんで召し上がってくださいませ。 お詫び状の書き方のポイント・注意点 詫び状の難しさは冒頭で述べた通り、出すタイミングや決断がつきにくいという点です。 抗議や苦情が起きぬよう、早めの決断、対応を心がけ、タイミングを逃さないように努めましょう。 詫び状というものは、不注意や過失などにより相手になんらかの迷惑や損失をかけてしまった場合に書くものですから、言葉遣いにもいっそうの注意が必要です。 「すいません」(正しくは「すみません」)など、普段の言葉がうっかり出てしまわないように、それにふさわしい表現を選ぶことも相手に対する礼儀です。 たとえば、「すみません」もお詫びの言葉のひとつですが、どちらかと言うと軽いお詫びの気持ちを表したり、相手と親しいような場合に使うことが多いでしょう。 例)「うっかり曲がり角を間違えてしまい、すみません」「細かいのがありませんで、すみません」など。 それに比べて、「たいへん失礼をいたしました」「こちらの不手際でまことに申し訳ございません」などの表現のほうが、丁寧で改まった印象を持ちます。 今後の付き合いや取り引きなど相手との関係が悪くならないように、すみやかに謝る。 決して責任を転嫁したり、言い訳にならぬよう、自分自身の非礼を誠意をもって詫びる姿勢と言葉遣い、それらに注意して述べましょう。 お約束の日にちが過ぎてしまい、まことに申し訳ございません• せっかくのご厚意に対して、なんと申し訳ないことをしてしまったのかと悔やんでも悔やみきれません• 自分のだらしなさに恥じ入るばかりです• 今後はこのようなことのないよう十分注意いたします• 今後はこれまで以上に注意をしてまいりますので• 今回に限りましてはどうかお許し下さいますよう• なにとぞご容赦のほど• ご寛大なご処置を• ご理解を賜りますようお願い申し上げます• 切にお願い申し上げます ……など。 【関連記事】•

次の