グラン イート 銀座。 地図 : グランイート 銀座

銀座 グランイート銀座@インズ ランチビュッフェ

グラン イート 銀座

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」421日目、本日は銀座インズ2の2階に2019年3月オープンしたGAP(Good Agricultural Practice:農業生産工程管理)認定食材を使用したビュッフェ(バイキング)レストラン「グランイート銀座」にお伺いしました。 なんでも東京オリンピックの選手村で提供される食材の調達基準にGAP認証が必要なため、必死で取得を進めているそうです。 GAPアンテナショップという位置づけでしょうか。 中には高校生の作った食材もあり、ちょっとだけ、萌えます。 温かみのある落ち着いた店内。 席数は70席ほど。 カウンター席からは外堀通りを見渡せ、気持ちが良いです。 11時過ぎにお伺いしましたが、まだオープン仕立てのせいか、微妙に高い価格のせいか空いています。 料理はかなり豊富でメニューは野菜中心とのことですが、肉料理もなかなか豊富。 サラダコーナー。 農園のサラダ、水菜のゴマ和え、サーモンと農園野菜のエスカベッシュ、清流美どり胸肉とゴボウのチリマヨ和え、キャロットラペ、大根と白ぶどうのレモンマリネ、フレッシュトマトのラタトゥイユ、ナスのマリネ リコッタチーズ乗せ、農園リゾート ザ ファームのピクルス、チーズ3種 チェダーとゴーダとコルビージャック 小皿に入って調理済み野菜などもあり、バリエーション豊富。 どれも新鮮です。 煮込みなど。 舘ケ森アーク牧場の豚と鶴翔リンゴ全産組合のリンゴとセージのキャセロール煮込み、トップファームの牛肉を使ったビーフストロガノフ、つくば良農キャベツのプッタネスカソース、ヴェール農場のじゃがいもを使ったロースト、奥美濃古地鶏の唐揚げ ユニオンファームのパクチーソースを添えて、千葉さかき農園のゴボウを使ったアヒージョ、つくば良農の白菜ミルクカレースープ。 ・サラダ、豚肉とリンゴのキャセロール煮込み ロンドンオリンピック選手村でも提供されたという豚肉とリンゴのキャセロール煮込みが一押しだそう。 意外な組み合わせですが、バランス良く美味です。 肉料理もなかなか豊富。 舘ケ森アーク牧場のローストポーク、清流美どり胸肉のロースト、パンナ農援隊の葉タマネギのロースト、山形庄内平野まいすたぁのライスコロッケ、大根ステーキ 天ぷら。 天ぷら・サツマイモ、かき菜、カボチャ、ニンジン、ナス 揚げたてをテーブルまで持ってきていただけるのが嬉しいです。 火を入れると野菜が甘くなり美味しい、カボチャはスイーツです。 丸ごとタマネギローストがお気に入り。 唐揚げはパクチーソースで爽やか味です。 主食は・パン、白飯、炊き込みご飯などがありました。 デザート系。 サツマイモ、パイナップル、ブドウ、きな粉の生チョコ、微粉抹茶の生チョコ、木の実のタルト、ロールケーキ、アマレッティ、ビスコッティ サヴォイアルディ。 さらにジェラート5種・トマト、リンゴ、パイン、微粉抹茶、抹茶 トマトはオリーブオイルで。 果肉の入ったジェラートが滑らかで美味。 少しずつで良かったのですが、全種類を沢山盛り付けていただいたのでお腹いっぱいです。 ほぼ全種類を少しずついただいたのですが、それでお腹いっぱい。 最後はコーヒーをいただきゆっくりさせていたあきました。 90分あるので、時間をかければもっと食べられそうでしたが、十分元は回収した印象です。 入れ立てのお茶を継いでくれたり、皿も小まめに下げてくれたり、スタッフの方も皆様フレンドリーでビュッフェらしからぬ快適さでした。 こういう認証制度があること自体、少し怖いなと思ってしまいますが、当たり前のことが当たり前に行われにくい時代ということでしょうか。 美味しい野菜をありがとうございます。 またお伺いいたします。 ごちそうさまでした! お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。

次の

日本初!GAP認証食材が食べ放題のグランイート銀座ライブビュッフェ!

グラン イート 銀座

GAP認証ってなに? GAPとは、Good Agricultural Practice(農業生産工程管理や適正農業規範の意)の略です。 農業における、食品の品質や安全、環境保全、労働安全等の持続可能性を確保するための生産工程管理の取り組みのことをいいます。 GAP認証を受けるには審査機関によるチェックを受ける必要があって、100項目以上の審査項目をパスしなければいけません! いったいどんな審査項目があるのか調べてみました。 一例を挙げるとこんな感じです。 「牛をていねいに取り扱うこと、除角などを行う際は、可能な限り苦痛を生じさせない方法をとること」 「出荷した商品に給与した飼料や個体や群ごとの治療・投薬の記録をとっていること」 「使用者と労働者との間で、年1回以上、労働条件、労働環境、労働安全等について意見交換を実施し、実施内容を記録していること」 ふむ…アニマルウェルフェア、トレーサビリティー、労務管理などかなり多岐にわたりチェックされるなかなかに厳しい認証でございます。 ヨーロッパではGAPは当然の義務 ドイツやイギリスでは1970年代ごろからGAPが重要視されはじめたようですが、 2005年にはEUREGAPを取得していないものはEUREP加盟小売店では取り扱わない! 政府も補助金を出さない!という方針になり、これ以降、急速に普及が進みました。 EUREGAPは欧州小売業協会 EUREP:ユーレップ が作ったGAPのことです。 次第にヨーロッパ以外の国々でもGAPの考え方が広まっていき、2007年にはEUREGAPからグローバルGAPという名前に改称、いまでは グローバルGAPは世界基準のGAPとなっています。 JGAP、グローバルGAP、FDA-GAPの違い GAPは各国独自にそれぞれ審査機関があり、名称や審査項目が違います。 120カ国以上で実践されていて世界基準になっているのがグローバルGAP。 アメリカはFDA-GAP。 日本にはJGAPのほか、日本がアジア標準のGAPとして広めようとしているASIAGAPなんかもあります。 さらに小売店などが独自に作ったりしている場合もあるので正確には把握しきれません…。 ただそんなに違いはないようです。 例えばFDA-GAPには食品安全だけで環境保全は含まれないなど一部違いはありつつも、食品安全に関しては9割は同じようなルールが定められています。 日本ではあまり認知されていないGAP… そんな世界ではあたりまえに実践されつつあるGAP、日本では全く普及が進んでません。 2017年3月時点で、 日本全国の農家126万戸のうち、JGAP認証を受けているのは4,113農場。 全体のわずか0. たとえば、現時点では は92件しかヒットしません。 でも今後、すこ〜しずつ認知されていくのかなと思ってます。 というのも、2020年のオリンピック/パラリンピック開催時、選手村で使える食材はGAP認証を取得していることが条件になったからです! 2017年には大地を守る会とオイシックスがGAP取得の無料指導と審査料の負担など支援策を発表、 イオンやコストコもGAP食材の取扱いを増やすという方針を打ち出しています。 ゆくゆくは全部GAPになるのかな…。 日本初のGAP認証レストラン、グランイート銀座 GAP認証について、少しは伝わったかなと思うので前置きはこのへんにしてそろそろ本題のグランイート銀座について…。 グランイート銀座は、銀座インズ2の2階にあります。 店内入ってすぐのところには新鮮な野菜が並べられてます! 扉が気になって開けてもらったら実は冷蔵庫で、葉物野菜がチラリ。 レジカウンター前の壁にはGAP認証を受けた農家がずらっと飾られています。 じっと眺めていると店員さんがやってきて「当店は初めてでいらっしゃいますよね、ご説明します」とGAP認証についての説明をしてくれます。 特に凄いなぁと思ったのはグローバルGAPと有機マークのある農家さん。 様々な基準に沿って農産物をつくるのはきっと大変な苦労があるんだろうと思いますし、尊敬します…。 華やかなグランイート銀座の店内 「ライブビュッフェ」がテーマになってるだけあって、店内は調理している様子をみながら料理が楽しめる作りになっています。 テーブル席がメインで、奥には個室もあるのでとっても使い勝手が良さそう。 カシスマスタードや柴漬けのタルタルソースなど、揚げ物に合うソースのアドバイスもしてくれます。 ストウブにはグリルされた野菜や煮込み料理が入ってます。 角にはアイス。 りんご・レモン・抹茶味の3種類。 ドリンクは紅茶・緑茶・水・デトックスウォーター・オレンジジュースから選べます。 オレンジジュースを飲んでみたら目を見開いちゃうほど美味でした。 デザートもあります!まずロールケーキと抹茶の生チョコ。 ひと口サイズにカットされた焼き芋。 パイナップルとぶどう。 全種類ひととおり食べてきたので前菜から紹介します! トマトが甘い!濃い! まずサラダで一押しなのはトマト。 すんごく甘くて美味しい〜!たぶん20個は余裕で食べられる。 キャロットラペやポテトサラダなど定番ものからごぼうの唐揚げなどひねりがきいたものもあります。 ポテトサラダはスプーンがスコップみたいで可愛いかった! 鶏ハムのしっとりさに感動 グリルコーナーでの一押しは鶏ハムとローストポーク。 絶妙な火入れ加減でしっとり! それぞれ柴漬けのタルタルソースとりんごのソースをつけていただきます。 たまたまお店にいらしていたオーナーの武田泰明さんとお話したんですが、 「天ぷらはできたてを楽しんでもらいたい」とおっしゃっていて、 こちらがオーダーしてから揚げてくれるシステムにしたそう。 サクサクの温かいものを食べられます! 春菊・ナス・かぼちゃを三種類のお塩で楽しみました。 なんとアイスも手作り! 武田さんからはサービスで、試作中だというトマトのシャーベットをいただいてしまいました! 「3日経つともう風味が変わっちゃうんですよ」とおっしゃってました。 フレッシュなアイスを食べられることに感動…! オリーブオイルがかかっていて、ねっとりした舌触り。 ジェラートっぽかったです。 お口の中がさっぱりしたところでグリル&煮込みコーナーへGO。 深皿に入っているのは白菜のミルクスープと豚肉とりんごの煮込み。 さつまいもはねっとりしていて極限まで甘さが引き出されてる…!もはやデザート。 アヒージョもありました。 パクチーの甘ダレがかかった唐揚げが美味しかったな〜。 最後にデザート取りに行ったら炊き込みご飯・白米・パンを食べてないことに気づいて、お皿がカオスなことに…。 アイスもきっちり3種類全部食べましたよ〜(笑) ふ〜おなかいっぱい。 爪楊枝もお花畑みたいで可愛かった〜! グランイート銀座の料金 さて、気になるお値段ですが… まず昼は90分、夜は120分で 食べ放題+ソフトドリンク飲み放題です! 1,000円からワインの飲み放題がつけられます(笑) お値段はこんな感じ。 5歳以下は無料なので、子連れママ会とかにいいかも。 子供連れの方だと特に食材の産地とか管理方法とかって気になるんじゃないかな。 私も普段レストランに行く時、そのあたりを不安に思いながら食べることがあるけど、今回は安心して食事できて良かったです。 どれも 食材本来の味わいが楽しめるように調理されてるし、美しい盛り付けも楽しめるのでこれから予約取りづらくなるんじゃないかと予想してます…。 まだグランイート銀座に行ってない方は、いまのうちにGAP認証食材をぜひ体験してきてくださーい! 〒104-0061 東京都中央区銀座二丁目2番地先 銀座インズ2、2階 11:00〜15:30 (最終入店14:30)、17:00〜22:00 (最終入店20:30) 03-6228-7283 ネット予約あり。

次の

ライブビュッフェ×貸切 グランイート銀座 メニュー:ビュッフェDINNER

グラン イート 銀座

入口に、開店祝いのお花がいっぱいの、グランイート銀座でランチです。 外観 入口に入ると、「GAP」の説明から入ります。 GAPといっても、米国発のアパレルショップのことではありません。 オリンピックなどの国際スポーツのイベントに使ってもよい、という認証制度のことだそうで、この認証資格をもった農家さんの農産物をここのお店でも食材として使っているのだそう。 そういうこともあって、開店祝いのお花には、スポーツ方面で活躍されてらっしゃる方や団体からのものが多く見受けられました。 メニュー メニューは、平日ランチは、90分制の2500円(税抜き)となります。 料理 いざ、GAP認証獲得の食材を求めて、ビュッフェスタート。 最初に、前菜のサラダコーナー。 とっても、きれいです。 とってきました。 野菜もりもりです。 このあたりが、主菜のコーナー。 リオ五輪とか、ロンドン五輪のときの、オリンピックの選手村に出されたメニューを再現したものもあるようです。 ごはんは、白米と炊き込みご飯が用意されてました。 お米は、岐阜県の高校生が作ったものだそうです。 炊き込みごはん、おいしいです。 おかわりしてしまいました。 デザートも、ヘルシーに。 フルーツに、サツマイモ。 お水だって、デトックス。 食後に、紅茶とコーヒーも、飲み放題。 最後に 出どころがしっかりした農家さんからの野菜なので、とっても質がよく、おいしい野菜ばかりでした。 それを目いっぱい食べられるわけですから、このお値段は安いと思います。 調理されている料理もおいしく、とくに、スープがとても気に入りました。 お肉が少な目なため、そういった方面のビュッフェが好みなかたには向きませんが、野菜大好きなかたには、ここはうってつけです。 ビュッフェでも、ヘルシー感覚なので、こういったお店は歓迎です。 おすすめです。

次の