韓国経済危機 youtube。 韓国経済に崩壊の危機!現状と2019年経済制裁の可能性!

IMF危機以上か 疲弊していた韓国経済に新型コロナが追い打ち

韓国経済危機 youtube

韓国政府は、危機に陥っている企業のために約8兆8000億円(100兆ウォン)規模の金融支援を表明したほか、韓国銀行(中央銀行)は基準金利を0. 5ポイント引き下げて0. 75%に変更することを決定しました。 それほど今回の韓国経済の不振は深刻なもので、地獄のような大不況に陥る可能性もあります。 なぜでしょうか。 一つは、韓国が貿易依存度の高い経済構造であるため。 韓国はGDPの40%強を輸出が占めるほど貿易依存度が高い国。 グローバルレベルでの往来ができない今、輸出が落ち込むだけではなく、サムスンやヒュンダイなどは売り上げの半分以上が米国と欧州であるため、大きな打撃となっています。 この状況を受け、韓国の株安とウォン安が急速に進行し、一時は対ドルで1290ウォン台と、ウォンは約10年ぶりの安値となりました。 これを受けて、韓国銀行は3月19日、米国FRBと約6兆6600億円(600億ドル)規模の通貨スワップ協定を締結しました。 これで韓国の準備高は約4600億ドルとなっていますが、それでも外国人投資家による韓国市場からの資本逃避がさらに本格化してもおかしくありません。 朝鮮日報は、社説で「米国との通貨スワップが直ちに韓国の金融市場を安定させる効果をもたらした」と報道していますが、事態はさらなる悪化が懸念されます。

次の

韓国の中小製造企業が、日本の対韓輸出管理の強化で連鎖倒産の危機!? あれっ・・・?!

韓国経済危機 youtube

タイトルは意味不明だが、どうやらトルコのほうが韓国より戦車を作る技術力が上になったことで、サウジアラビアに戦車を輸出するそうだ。 韓国がトルコに技術提供したらしいが、その技術はドイツのパクリだった。 しかし、トルコはパクリ技術をちゃんと自国で昇華して輸出できるようにした。 つまり、韓国の技術研究がトルコより進まなかったということを証明した。 だめじゃん。 技術提供した相手に負けるなよ・・・。 「兄よりできた弟?」トルコがサウジアラビアにアルタイ戦車輸出、韓国に動揺-K2戦車はテスト中断 「兄よりできた弟?」 韓国の次世代戦車「黒豹」(K2)の技術提供を受けて開発されたトルコの戦車「アルタイ」が最近、サウジアラビアと輸出契約を結び、国内の軍需産業界が動揺している。 アルタイが黒豹よりも先に開発を完了できたのは、戦車に必要な技術は韓国から輸入し、核心部品であるパワーパック(エンジン+変速機)は早期にドイツMTU社の新型モデルを採用したためだ。 一方、黒豹は、「パワーパックの国産化」という名分のため、戦力化が遅れてもパワーパックの国産化に力を入れてきた。 黒豹のシステム開発はすでに2009年に完了していたが、パワーパックの開発が4年以上遅れ、戦力化が実現していない。 黒豹に対する試験評価で、冷却ファンの速度制御、冷却試験の最大出力、加速性能などで性能欠格とされたが、防衛事業庁は3度にわたって開発期間を延長し、国産化への意志を貫いた。 戦力化が遅れると、黒豹の初期生産分100台に設置するパワーパックはドイツから輸入し、残りの100台は国産のパワーパックを使用するという妥協策が講じられた。 輸入のパワーパックを装着した黒豹の戦力化は2014年3月頃可能だが、国産パワーパックの開発が成功するかどうかは依然として五里霧中だ。 韓国軍は4月初め、国産のパワーパックを装着した黒豹の耐久性走行試験を行なったが、エンジンのシリンダーの破損で止まり、国産パワーパックの試験評価が中断された状態だ。 防衛事業庁関係者は、「現在、原因を分析している」とし、 「5月中に対策会議を開き、試験評価期間の延長などを協議する予定だ」と明らかにした。 donga. php3? 目標の2000部は超えた。 次は3000部目指すので、感謝すると共に引き続き読者登録をお願いする。 また新しく「Twitter」での読者登録(フォロー) もよろしくお願いする。 最近、フォロワー数も14600超えた。 だいぶ、Twitterからも情報拡散ができるようになってきた。

次の

日本の底力!(韓国経済危機特集)

韓国経済危機 youtube

韓国経済は崩壊の危機!?現状と国内の反応! 2019年を目前に、 レーダー照射問題によって ネット上での韓国への危機感は これまで以上に高まっています。 「韓国への報復として 国交断絶をして 経済を完全に崩壊させろ!」 「今こそ 経済制裁を行うべき!」 「 経済崩壊の危機に瀕しているので 日本が付き合うメリットはない。 」 等の過激な意見も見られます。 実際に韓国は経済の危機に瀕しているの でしょうか? また、米に対して、 韓国への制裁の声も高まっています。 実際に米から経済制裁を行う 可能性はあるのでしょうか? 2019年に向けて、 この話題を詳しく見て行きましょう! 実際に崩壊の危機!?韓国経済の現状! 韓国経済の景気が減速しているのは、 事実の様です。 韓国統計庁が12月28日に発表した 産業活動動向では、鉄工業生産が マイナスに転じました。 韓国経済の牽引の要である半導体も 5月から落ち込みを続けています。 現代経済研究院の発表によると、 鋼鉄、自動車、電機産業等の主要産業は 2019年には後退するとの事です。 自動車に関しては、海外市場の開拓を 目指していましたが、中国などの 現地メーカーが台頭した結果、 苦戦しています 文政権が行った、最低賃金の大幅な 値上げも、逆に人件費を抑えるために 人員削減が多発し、雇用と消費は 低迷しました。 一方で、 産業通商資源部の発表では、 2018年に累計輸出実績が 過去最高に なりました。 また、現代経済研究院によると 造船業は好況になると発表しています。 確かに経済は低迷を迎えそうな予想が 多くなされていますし、現時点で 危機的な所はあるようです。 ですが、すぐに崩壊に繋がるのかは 確証を得られない状況ですね。 経済に対する韓国国民の反応! 韓国国民の 現状の経済に対する反応は どうなっているのでしょうか? 2018年の累計輸出実績が過去最高に なった時には以下の様な反応が ありました。 「韓国経済が崩壊の危機だと言うのは 嘘だったのか。 」 「韓国経済は、まだ成長できる。 」 この様に、 楽観的な声が上がっていました。 ですが、一方では以下の様なシビアな 意見も… 「2019年からは半導体が厳しい。 」 「経済を支えていた産業が危機だ。 」 また、 最低賃金を引き上げた事で結果的に 危機を招いた文政権は、 不支持率が 46%となり支持率を上回りました。 現状の韓国経済に対して国民自体も 不満を持っている様ですね。 スポンサード・リンク 韓国に対して2019年に経済制裁!? 韓国経済は現状、危機的側面を 持ち合わせています。 今年は順調に行っていた事が2019年に 悪化するとも言われています。 2019年にネット上でウワサされている 日米両国からの制裁等があれば、 崩壊の危機はあるかもしれません。 現在、厳しい経済制裁されている 北朝鮮に現在の文政権は融和的だと 言われています。 それから制裁に繋がる事は、 あり得るのでしょうか? 2019年に韓国に対して日米から制裁? 夕刊フジによるニュースサイト「zakzak」 によると2019年に、米政府関係者が、 日米共同の韓国への 金融制裁を 仄めかしたと述べています。 この記事にはツイッター上で 以下の様な反応が見られます。 明らかなミスを犯しても謝罪しない韓国。 日米の制裁が起きる事必定。 慌てて南北統一の動きを加速する文在寅、 圧力継続する方針に反し、西側との信頼を反故にし日本を敵対国と見た行動を取った。 一人あたりGDPが日本に追いつきつつある。 軍の装備、戦力が拮抗しつつある。 そんな韓国に制裁しても日本も同じぐらい痛むので、適当に両国の国民のガス抜きをし、自由貿易でお互いに稼ぐのが私の考えですね。 — パウロとヴィジェイ CBPRBfroSNxdUjb 韓国相手の経常収支は2兆円くらいはあるようだけど、この先経済制裁とかなったら、貿易や観光でお互いの取引先や顧客を失ったり、減らしたりで事業が難しくなるケースは多いだろうから、程々にすることはできないもんかね。 また、 米は今年9月、韓国に対し自国に 有利な条件で、米韓自由貿易協定 (FTA)の改定協定に署名させました。 制裁を行い、これらの状況が 危うくなっても大丈夫な準備が あるのでしょうか? 上記のツイートの様に制裁を行えるかは 少し疑問が残ります。

次の