韓国の反応 パンドラ。 パンドラの憂鬱の新着記事

パンドラの憂鬱の新着記事

韓国の反応 パンドラ

更新順• 海外の反応• 海外の反応• 海外の反応• com• com• 海外の反応• 海外の反応• com• com• com•

次の

日本人が嫌いな国TOP3に韓国の反応「日本旅行を自制しよう」

韓国の反応 パンドラ

興味深いアンケート調査がある。 日経リサーチが昨年10〜11月に1673人を対象に調査した、日本人の「各国・地域への友好意識」に関するアンケート結果だ。 同調査によれば、日本人が最も好きな国はオーストラリアとイギリス。 いずれも「好き」「どちらかといえば好き」という肯定的な評価が72%に達した。 3位はフランス(肯定71%)、4位はイタリア(肯定69%)で、アメリカは5位(肯定67%)だった。 そして意外な結果かもしれない。 日本人が嫌いな国トップ1〜3位は? というのも最近、両国間の葛藤が激しい韓国が嫌いな国の1位でも2位でもなかったからだ。 日本人が最も嫌いな国1位となったのは、北朝鮮だ。 「嫌い」または「どちらかといえば嫌い」と答えた人は82%にも上った。 アンケート結果を報じた『日本経済新聞』は、その理由を「北朝鮮は米国と非核化交渉の動きをみせるが、核・ミサイル開発の脅威は消えていない」と説明している。 北朝鮮に次いで否定的な評価が多かったのは、中国(否定76%)だ。 南シナ海や尖閣諸島などの外交問題が、否定的な印象につながった可能性が高いという。 そして嫌いな国3位となったのが、お隣・韓国である。 韓国に否定的な印象を持つ人は、61%。 北朝鮮や中国に比べれば大きく否定派が落ちており、4位のロシア(否定57%)とも僅差という結果になっている。 ただ嫌いな国5位のフィリピンへの否定的評価は21%しかないため、上位4カ国が圧倒的に嫌われていることが証明されたともいえるかもしれない。 年齢が高い人ほど、嫌韓傾向があるという結果だ。 韓国の反応は? 日本人が嫌う国3位という結果に、韓国はどんな反応を示したのか。 今回のアンケート調査については、韓国メディアでも「日本人が最も嫌う国は北朝鮮…韓国は3番目」(『朝鮮日報』)などと報じられているのだが、韓国ネットユーザーのコメントには以下のようなものがあった。 (写真提供=SPORTS KOREA) いずれにしても日本人が嫌いな国ランキングで1〜3位となった北朝鮮、中国、韓国。 今後も同じ傾向が続くのか、また上位のランキングに変動はあるのか、注目してみたい。 (文=S-KOREA編集部) 外部サイト.

次の

韓国うんざり!反日の理由と教育の実態!海外の反応は?

韓国の反応 パンドラ

リチウムイオン電池(電池)を開発し、商品化に寄与して別名「充電する世界」を開いた米国・英国・日本人科学者3人が今年のノーベル化学賞を受賞し、ノーベル科学賞歴代最高齢者の97歳の受賞者が出た。 27番目の日本人ノーベル賞受賞者も誕生した。 ノーベル科学賞に限定すると、日本人の受賞者は、今回が24回目だ。 スウェーデン王立科学アカデミーノーベル委員会は9日(現地時間)、2019年のノーベル化学賞受賞者で、アメリカ人のジョン・グッドイナフ(97)テキサス州オースティン大学教授、マイケル・スタンリー・ウィッティンガム(77)、ニューヨーク州立大学教授、日本人吉野彰(71)、日本名城大教授兼旭化成フェローを選定した。 今度の受賞者のうちジョン・グッドイナフ教授の年齢は97歳で最高齢者ノーベル賞受賞者になった。 今まで最高年齢の受賞者は2018年度ノーベル物理学賞受賞者のアーサー・アシュキン米国ベル研究所博士だった。 受賞当時、アシュキン博士は96歳だった。 また、日本人受賞者がいるという点も目を引く。 日本国籍者のノーベル賞受賞は今回が27番目だ。 吉野氏は化学賞を受賞した8人目の日本人となった。 これまで日本は物理学賞11人、生理医学賞5人、化学賞の7人を輩出している。 ノーベル科学賞では24人目の受賞者が誕生しだ。 京都大学大学院卒業後、1972年に世界1位のリチウムイオン電池メーカーである旭化成に入社し、吉野は学界ではなく産業界出身という点で注目される。 大阪大学で博士号を取得したことも、かなり後の2005年だ。 企業で下積みしてきた吉野は2017年から名城大学名誉教授職もしている。 ノーベル委員会はこの日、「現在携帯電話、ノート型パソコン、電気車などすべての分野に使われているリチウムイオン電池は化石燃料がなくても 「充電が可能な世界」を切り開いた」と評価した。 今年のノーベル科学賞の受賞者に900万スウェーデン・クローナ 約1億円相当 の賞金とメダル・証書を授与し、授賞式は、アルフレッド・ノーベルの命日の12月10日、スウェーデンのストックホルムで開催される。 技術のギャラは出ているが、むしろ私たちが利点であるわけだ。 韓国は基礎科学を研究しようとする人が多くない。 本当に興味がなければ。 お金がなければ。 本当に痛ましい民族である。 この方のおかげで、バッテリーの心配がなく携帯用家電が使用できて感謝しています。 そもそも科学史は百年以上の差がであり、基礎科学は産業のように短期間で模倣できる分野ではないのに。 日本の高等科学教育は、20世紀初頭にはすでに開始したが、韓国はせいぜい70年代からだ。 naver. nhn? 1,063• 247• 221• 457• 2,227• 572• 560• 421• 182• 250• 105• 102• 1,169• 548•

次の