海上 自衛隊 人事。 防衛省・自衛隊:人事発令|2019(平成31・令和元)年

防衛省・自衛隊:人事発令|2019(平成31・令和元)年

海上 自衛隊 人事

23日付:• 20日付:• 20日付:• 20日付:• 20日付:• 20日付:• 19日付:• 15日付:• 2日付:• 1日付:• 30日付:• 22日付:• 22日付:• 15日付:• 11日付:• 7日付:• 6日付:• 5日付:• 2日付:• 1日付:• 25日付:• 21日付:• 18日付:• 15日付:• 10日付:• 1日付:• 30日付:• 27日付:• 25日付:• 19日付:• 17日付:• 13日付:• 11日付:• 10日付:• 9日付:• 2日付:• 1日付:• 31日付:• 30日付:• 26日付:• 23日付:• 23日付:• 23日付:• 20日付:• 20日付:• 19日付:• 13日付:• 9日付:• 9日付:• 9日付:• 8日付:• 6日付:• 2日付:• 1日付:• 31日付:• 30日付:• 30日付:• 30日付:• 26日付:• 25日付:• 23日付:• 16日付:• 16日付:• 15日付:• 12日付:• 10日付:• 10日付:• 10日付:• 9日付:• 8日付:• 8日付:• 5日付:• 5日付:• 4日付:• 1日付:• 1日付:• 1日付:• 28日付:• 27日付:• 18日付:• 15日付:• 10日付:• 2日付:• 1日付:• 25日付:• 20日付:• 13日付:• 11日付:• 10日付:• 9日付:• 9日付:• 7日付:• 1日付:• 30日付:• 29日付:• 26日付:• 25日付:• 23日付:• 18日付:• 16日付:• 15日付:• 9日付:• 4日付:• 1日付:• 1日付:• 1日付:• 1日付:• 1日付:• 31日付:• 31日付:• 29日付:• 27日付:• 26日付:• 26日付:• 25日付:• 23日付:• 22日付:• 18日付:• 11日付:• 7日付:• 1日付:• 22日付:• 15日付:• 13日付:• 1日付:• 31日付:• 29日付:• 27日付:• 20日付:• 18日付:• 15日付:• 15日付:• 15日付:• 15日付:• 11日付:• 8日付:• 1日付:.

次の

海上自衛隊高級幹部

海上 自衛隊 人事

山下万喜元海将(「海自自衛艦隊HP」より) 4月15日付当サイト記事において、自衛隊高級幹部人事の裏側を紹介した。 海上幕僚長就任は確実と目されていた 山下万喜元(かずき)海将が、あまりにも優秀すぎるがゆえに、部下たちから敬遠されてしまい、結果として海幕長に就任することなく勇退したのだ。 自衛隊という組織の人事は、このように隊員たちの動きによって左右されるものなのかと、違和感を持つ向きもあるだろう。 そもそも人事とは、そこに所属している人たちがつくるものである。 だが、これを覆すのもまた、人にほかならない。 とはいえ、内部でそんな声は上げられない。 次の海幕長を誰にするか調整している間に、万一その動きが表面化すれば、自らの立場を危うくする。 そこで彼らが頼ったのが「外の人脈」だ。 ともすれば「世間知らず」といわれる自衛官は、民間社会での人脈に明るくないと思われがちである。 だが、防衛大学校卒業の幹部自衛官たちに限っては、必ずしもそうとはいえない。 そもそも、防大には進学校卒業生が集まっている。 防大の偏差値は理系59、文系68(いずれもBenesse調べ)で、理系では地方の国立大、文系では旧帝大とほぼ同ランクといわれている。 そんな進学校出身である彼らの高校時代の同窓生には、国会議員、議員秘書、政党職員といった政治関係者をはじめ、大手新聞社や広告代理店に籍を置く人も多数いる。 それに一般大学卒で入隊した幹部候補生同期入隊者を通した人脈も加えると、たとえ海自という組織の内々の決定に関しても、政治や世論を通して外から覆すことも可能だ。 それは「場外乱闘」、あるいは「空中戦」と呼ばれる。 一部の幹部自衛官グループは、出身高校の同窓人脈を駆使して、政党関係者やマスコミ、意外なところでは労働組合関係者にまで接触し、山下元海将に「名提督」「名司令官」として勇退してもらう流れを形づくっていったといわれている。 つまり、空中戦によって、就任が確実視されていた山下元海将を表舞台から引きずり下ろしたのだ。 「数多くの重要ポストを歴任し、組織は山下元海将ひとりに負担を強いている。 かなりお疲れのはずだ。 メディアの予想人事が当たらない理由 人事は、組織が内外に向けて発信する最大のメッセージだ。 そのため、事前に 予想人事をメディアが報じるとわかれば、組織は全力でそれを阻む。 報じられた予想人事がもし当たっていたならば、あえてそれを外し、新たに人事を練り直して発令することもしばしばある。 それは自衛隊も例外ではない。 そして、慎重に言葉を選んで記事化する。 元全国紙経済部記者は、その実態をこう語る。 「メディアで人事予想記事が出ると、組織では、その名前が挙がった人を追い落とす動きが活発化します。 穿った見方をすると、名前が出た本人やその周辺が猟官運動しているのかという見方もされます。 また、なぜ人事が洩れているのかを、組織は当然調べます。 そのため、記事の掲載はタイミングが非常に重要です」.

次の

自衛隊トップ人事で大番狂わせ?海上幕僚長就任確実視された山下元海将、ひっそり勇退の全真相

海上 自衛隊 人事

海上幕僚長に就任した山村浩氏(左/海上自衛隊HPより) やはり、落ち着くべきところに落ち着いたといったところか。 3月19日、自衛隊高級幹部人事の交代が発表された。 制服組トップの統合幕僚長には山崎幸二陸上幕僚長が、 海上幕僚長には山村浩海上幕僚副長がそれぞれ就くこととなった。 発令は4月1日付。 いずれも、2018年4月22日付当サイト記事において予想した範囲内の人事である。 この人事をめぐって制服組自衛官、なかでも海上自衛隊内部では安堵ともいえる空気感に包まれているという。 艦艇畑の2佐は、その様子を次のように語った。 「切れ者として知られ、次期海幕長の有力候補だった 山下万喜(かずき)海将が勇退することになり、平成も終わり、次の時代の海自のリーダー像がはっきりした感があります」 ここ数年来、海自内外においては、新海幕長には海自現場部門のトップである自衛艦隊司令官だった山下元海将が最右翼といわれてきた。 だが、結果はそうならなかった。 今回は、そんな新海幕長人事の舞台裏に迫ってみたい。 とりわけ海自は、その色合いが濃い。 人事は霞が関の中央官庁と同じく、「この椅子に座れば、次はこの椅子」と、遠い将来の人事がほの見えてくるところがある。 次期海幕長の椅子を射程圏内とする、これらの重要ポストのなかでも「格上」とされる2つの職、自衛艦隊司令官と佐世保地方総監を務めたのが山下元海将だった。 若い頃から「海自のホープ」と音に聞こえた俊秀ぶりから、海自内外では誰もが「いずれは山下海幕長の誕生」を信じて疑わなかったという。 「あまりにも輝いているので、同年代の人材が全員霞んでみえた」 東京・市ヶ谷の防衛省近く。 若手幹部時代から、「まだまだ組織から試されている立場」である1佐になってすぐの頃の山下元海将は、頭脳明晰で桁外れな行動力を持ち、将来、国防の重責を担う部下や後輩幹部自衛官には熱く丁寧な指導を施し、下士官(曹士自衛官)にも気配りを忘れなかった。 そのため、上司はもちろん部下や後輩からも、まさに非の打ちどころのないナイスガイとして音に聞こえた「名士」だったという。 そうした呼び声もあってか、山下元海将の海幕長就任は「遅かれ早かれ実現する」という見方が衆目の一致するところだった。

次の