にわか雨。 にわか雨、にわかの意味。通り雨、夕立、天気雨との違い

にわか雨、にわかの意味。通り雨、夕立、天気雨との違い

にわか雨

Sponsored Link にわか雨、通り雨、夕立・ゲリラ豪雨。 この四つの雨は、全て 驟雨(しゅうう)と呼ばれる雨です。 みなさんはこれらの雨の違いをご存知でしょうか? 今回は、 にわか雨と通り雨の意味の違いなど驟雨について詳しく解説していきます。 記事を読めば使い分けに悩まなくなりますよ。 ・にわか雨・通り雨・驟雨(しゅうう)の意味と違いは? ・ゲリラ豪雨や夕立との違いは? ・雨の降る量や降る時間の長さは? ・降る前兆はあるの? Sponsored Link にわか雨・通り雨・驟雨(しゅうう)の意味と違いは? 驟雨とは? まず、驟雨(しゅうう)というのは、 対流性の雲から降る雨のことです。 対流性の雲というと分かりづらいかもしれませんね。 積乱雲(入道雲)と言い換えれば、イメージしやすいでしょうか。 夏の空に、湧きあがるように浮かぶ白い雲のことですね。 次に、にわか雨と通り雨ですが、この二つはどちらも驟雨の一種です。 にわか雨とは? 俄か雨(にわかあめ)の「俄」の字には、「突然」「急に」という意味と「一時的な」という意味があります。 つまり にわか雨は、 「急に降り出して、長くは続かない雨」のことを指します。 通り雨は? ちなみに、通り雨は専門的には使用されず、気象用語では、時雨(しぐれ)と呼ばれています。 では、通り雨はどんな雨なのでしょうか? 通り雨はその名前のとおりで、 「通り過ぎるように、さっと降って、すぐ止む雨」です。 通り雨を降らせる雲が移動するからです。 雲が移動することによって、雨が降り出してもすぐに止んでしまいますが、 断続的に何度も降る可能性があります。 この点が、にわか雨と違う点です。 ゲリラ豪雨や夕立との違いは? 夕立とは? 夕立も、気象学的には独立した現象とは定義されておらず、驟雨の一種です。 驟雨の中で、 夏の午後から夕方にかけて発生するにわか雨のことを夕立と呼んでいます。 ゲリラ豪雨とは? 近年はすっかり一般化してきたゲリラ豪雨も、予報用語ではありません。 ゲリラ豪雨は、もともと局地的豪雨と呼ばれていました。 定義がないゲリラ豪雨ですが、気象庁が発表する 「記録的短時間大雨情報」が出されたときに使われるケースが多いようです。 「記録的短時間大雨情報」は、 1時間に100ミリ以上の大雨が観測されたときに発表されます。 1時間に100ミリというと、災害に繋がるような雨量ですから、特別に発表されるのです。 Sponsored Link 雨の降る量や降る時間の長さは? 通り雨とにわか雨 通り雨とにわか雨は、どちらも 短時間に降る雨です。 急に降りだしますが、すぐに止む雨ですね。 夕立 夕立は、夏に見られる現象です。 時間帯に特徴があり、 主に午後4〜6時の間に、集中豪雨がおこります。 夕方に起こるにわか雨と考えるといいでしょう。 ゲリラ豪雨 ゲリラ豪雨も集中豪雨ですが、夕立は数十分で止むので、大きな災害にはなりません。 それに対してゲリラ豪雨は、 1時間に100ミリ以上の雨が1時間以上降り続いて大きな災害になる可能性があります。 雨が降る前兆はあるの? 天気が変わる前兆を探すには、やはり 空をよく観察する のが一番です。 台風や強風以外は西の空を見る 台風がきている時や、違う方角から強風が吹いている日以外は、西の空を見ます。 日本では、偏西風の流れによって西から東へ雲が移動するからです。 夏のにわか雨や夕立を知るには? 夏のにわか雨・夕立を知るには、 積雲・積乱雲(入道雲)に注目します。 入道雲があると、夕方にはにわか雨があるかもしれません。 強く冷たい風は雨の予兆 そのほかの前兆としては、強く冷たい風が吹くことです。 雨が降っている場所の地上の空気は冷たくなるので、そこから吹いてくる風は冷たくなるのです。 驟雨は、 積乱雲などがもたらす急な雨のことです。 驟雨の種類として、にわか雨や通り雨があることが分かりましたね。 それぞれの特徴は次の通りです。

次の

にわか雨の意味!通り雨や夕立との違いは?時雨や朝立とは?

にわか雨

にわか雨の意味とは にわか雨とは?にわかとは? にわか雨とは 驟雨(しゅうう)の一種。 突然強く雨が降り出して突然雨が止むことです。 驟雨にはいくつかの種類がありますが、その中で 30分程度で止む雨を「にわか雨」と呼びます。 にわか雨の「にわか」は漢字では 「俄」と書き、「突然」「急に」といった意味があります。 突然・急に降りだした雨ですから、「にわか雨」なんですね。 また「にわか」には 「にわか狂言」という名詞を、省略した言葉という意味も。 にわか狂言とは、江戸時代に路上で行われた「即興芝居」の事で、当時大流行したんです。 漫画・ドラマなどが流行してからファンになった人を、否定的に表す言葉として使われる事が多いです。 またファンになったばかりだという表現で、自ら「にわかファンです」という人も。 にわかという言葉に否定的な要素はありませんが、現在では否定的な側面が強くなっている言葉。 そんなつもりではなくても、他人に対して使うのは控えましょう。 驟雨とは 驟雨とは積乱雲などがもたらす、 急な天候の変化のことを言います。 積乱雲とは別名「入道雲」といい、空高く一直線に成長する雲の事。 雲が上昇することで、雲の中の暖かい空気が冷えて気化していた水分が液体化。 これが雨となって大量に地上に落ちてきて、にわか雨などの原因となるのです。 時雨(しぐれ)・通り雨 別名 「通り雨」とも呼ばれますが、気象用語としては 時雨が用いられます。 秋から冬にかけて一時的に降る雨の事で、にわか雨と違ってそれほど強く降りません。 また入道雲のように特徴的な雲が見つけにくく、降りだしてから時雨と気づく場合がほとんど。 時雨は日本海側沿岸で多く見られますが、内陸部でも発生することがあります。 天気雨 天気雨とは、空は晴れているのにパラパラと雨が降っている状態のこと。 大抵5分程度で雨が止み、雨そのものもずぶ濡れになるほど降りません。 天気雨の原因は、地表に雨が届く前に雲が消えてしまったから。 「狐の嫁入り」という言い方もしますが、これは雲がない状態が狐のせいとされたから。 嫁入りする狐が流した涙という説もあり、どちらにしても狐のせいなのが面白いですね。 【関連記事】 ・ 霧雨 霧雨とは雨の粒子がとても細かく、霧のように周囲が煙る雨のこと。 気象学的には雨の直径が0. 5mm以下の場合を、霧雨と呼んでいます。 夕立 夕立とは夏に起こる一時的な強い雨の事で、気象学では驟雨の一種とされています。 にわか雨と似ていますが、にわか雨の方は時間を限定していません。 しかし夕立は午後から夕方限定で、にわか雨よりも更に強い雨が降ります。 雷を伴うことも多いので、夕立が降りだしたら早急に屋内などに避難しましょう。 ゲリラ豪雨 ゲリラ豪雨とは、 豪雨の中でも特に強いものを指します。 特徴としては予想が難しいことと、狭い範囲で災害になるほどの豪雨をもたらすこと。 この様な巨大な雲があっという間に現れて、とても強い雨が降り出します。 あっという間に豪雨となるため、地下鉄や地下街が浸水するなどの被害も度々起こります。 元々局地的豪雨という名称で呼ばれていたのですが、分かりやすさからゲリラ豪雨と言われるように。 ただし気象用語ではないので、天気予報で使われることはありません。 急いでないなら少し待って 【関連記事】 ・ にわか雨の前兆として入道雲が発生することがありますが、気づいた時には降りだしていた・・なんてことも。 天気予報も大まかな予想はできますが、時間と場所までの正確な予想が難しいのが現状です。 もし屋外にいた時に降りだしたら、 傘をさすよりも軒下などに移動しましょう。 また雷も発生することがあるので、傘をさしていると落雷の可能性もあります。 にわか雨は長くても30分程度。 急いでないなら屋内などで上がるのを待つ姿勢も大事なことですね。

次の

にわか雨・通り雨・驟雨の意味と違い!ゲリラ豪雨や夕立は?量や長さは?

にわか雨

日本にはたくさんの雨を表す言葉、があります。 温帯湿潤気候で、雨の多い日本では、雨の悩み、恵みとともに暮らしてきました。 日本人は生活の中で、雨の細かい違いを敏感に感じ取っていました。 しとしとと降る雨、ざーっと強く降る雨、雨雲がないのに降る雨。 同じ降り方でも違う呼び名があったり、季節によって呼び方を変えたり、一説には雨の呼び名だけで400語以上あるとも。 今回は、日本情緒あふれる、さまざまな雨の呼び名を集めました。 雨が降っている様子が目に浮かびそうな、素敵な名前がいっぱいですよ。 今回は70を超える雨の呼び名を集めましたが、まだまだ他にも呼び名があるというから驚きです。 季節的な雨 春の雨 春雨:はるさめ:2月末から3月の晩春に降る、雨足が細かくしとしと降る雨 紅雨:こうう:春、特に花が咲いている時期に降る雨。 赤い花に降り注ぎ、花が散るさまを例えた言葉です。 菜種:なたねつゆ:3月から4月の菜の花が咲く頃の、しとしとと降る雨。 発火雨:はっかう:24節気の「清明」の頃、やわらかく静かに降る雨。 「桃花(とうか)の雨」「杏花雨(きょうかう)」とも呼ばれます。 桃の花に降る雨が、遠目では火を発しているように見えることが語源とも言われています。 卯の花腐し:うのはなくたし:旧暦の卯月に降り続く長雨。 卯の花を腐らせるほど続く長雨のこと。 季語:夏 五月雨:さみだれ:旧暦5月の長雨のこと。 梅雨:つゆ、ばいう:夏至の頃を中心として前後20日ずつの雨期。 梅の実が熟す時期のため、梅雨と書きます。 昔は、黴(カビ)の生えやすいことから、黴雨とも書き表しました。 走り梅雨:はしりつゆ:梅雨入り前に、雨が続く状態。 暴れ梅雨:あばれつゆ:梅雨時期の終盤に見られる激しい雨のこと。 送り梅雨:おくりつゆ:梅雨の終わりに降る、雷を伴う雨。 もうすぐ梅雨明けのサインです。 返り梅雨:かえりつゆ:梅雨明け後に再び雨が降り続くこと。 戻り梅雨、残り梅雨とも。 空梅雨:からつゆ:雨が少ない梅雨。 旱梅雨(ひでりつゆ)、枯れ梅雨(かれつゆ)とも。 緑雨:新緑の頃に降る雨のこと。 しっとりとして美しい日本の原風景です。 麦雨:麦の実る時期の雨で、梅雨の別称。 小糠雨:こぬかあめ:とても弱く細かく降る雨。 春に降るものを指し、秋に降るものは霧雨といいます。 夏の雨 白雨:はくう:雨脚が白く降る夏の夕立のこと。 洗車雨:せんしゃう:七夕の前日、陰暦7月6日に降る雨。 彦星が織姫に会うときに使う牛車を洗う水になぞらえています。 洗車したら雨が降った、のあるあるではありません。 酒涙雨:さいるいう:七夕に降る雨のこと。 雨で会えなくなった織姫と彦星が流す涙と伝えられています。 催涙雨とも表記。 夕立:ゆうだち:夏の午後、熱い空気が上空にたまることで、短時間で雷を伴って降る強い雨。 災害に発展するような夏の強い雨は「ゲリラ豪雨」とも呼ばれます。 神立:かんだち:神様がなにかを伝える「雷」を指す言葉から、夕立、雷雨を指すようになりました。 秋の雨 秋雨:あきさめ:しゅうう、とも呼ばれます。 秋に降る冷たい雨。 秋雨前線は、夏から秋へ移り変わる頃に現れ始めます。 冷雨:れいう:冷え冷えと降る晩秋の雨。 白驟雨:はくしゅうう:雨脚白く降る「白雨」と雨粒が大きく強い雨「驟雨」を合わせた言葉。 断続的に烈しく降る秋の雨。 秋黴雨:あきついり:梅雨のように降り続く秋の長雨のことで、秋入梅とも表します。 読み方のついりは、つゆいりが転じたもの。 伊勢清めの雨:いせのきよめのあめ:宮中行事の神嘗祭が執り行われる、陰暦9月17日の翌日に、祭祀の後を清める雨。 霧雨:きりさめ:霧のように細かい雨。 気象学では、直径0. 5mm以下の雨粒の大きさの雨のこととされています。 春に降ると小糠雨と呼ばれます。 秋湿り:あきしめり:秋の長雨のこと。 秋霖:しゅうりん:こちらも秋に長く降り続く雨のこと。 同じ雨でも、さまざまな呼び方があります。 冬の雨 時雨:しぐれ:晩秋から冬にかけて降る、降ったり止んだりのあまり強くない雨。 晴れていた空が急に暗くなり、はらはらと軽く降る通り雨。 俳句では冬の季語。 時雨にもさまざまな呼び方があります。 朝時雨:あさしぐれ:朝方に降ったり止んだりする。 北時雨:きたしぐれ:北風とともにやってくる。 北山時雨:きたやましぐれ:京都の北山の風物詩。 山茶花時雨:さざんかしぐれ:山茶花の紅い花が咲く頃に降る。 横時雨:よこしぐれ:横なぐりに降る。 村時雨:むらしぐれ:激しく降って、さっと通り過ぎてしまう。 月時雨:つきしぐれ:月明かりの中の時雨。 物語や絵画の中のような風流な景色。 冬時雨:ふゆしぐれ:時雨は冬のものですが、晩秋に降るものとはっきり区別するための呼び名。 片時雨:かたしぐれ:ある場所では雨が降ったり止んだりしていて、別の場所では晴れていること。 氷雨:ひさめ:霙(みぞれ)や雪に変わる前の凍るように冷たい雨。 もともとは、夏の季語で雹(ひょう)や霰(あられ)を表していました。 凍雨:とうう:凍りつくような冷たい雨。 また、雨粒が凍って降ってくる雨のこと。 寒九の雨:寒の入りから9日目に降る雨。 この日に雨が降ると、その年は方作為なるとの言い伝えがあります。 寒の雨:小寒、大寒の時期に降る雨のこと。 鬼洗い:おにあらい:大晦日に降る雨。 語源は鬼やらいとも呼ばれる、追儺(ついな)という宮中の年中行事に由来するとの説も。 降り方による雨の名前 強い雨 篠突く雨:しのつくあめ:激しく降る雨のこと。 まるで細い竹、篠で突くような雨。 飛雨:ひう:風まじりの激しい雨。 弱い雨 小雨:こさめ:軽い降雨。 数時間降り続いても降水量が 1mm未満の雨。 涙雨:なみだあめ:涙のようにほんの少しだけ降る雨のこと。 の美しい表現のひとつです。 天気雨:晴れているのに降る雨。 天泣:てんきゅう:空に雲がないのに細かい雨がふってくること。 まるで天が泣いているとした感性の繊細さが素敵です。 天気雨の別称。 狐の嫁入り:きつねのよめいり:お日さまが照っているのに降る雨のこと。 天気雨と同じ意味。 微雨:びう:急に降り出し、すぐに止む雨。 濡れてもすぐ乾く程度の弱い雨のこと。 いきなりの雨 鬼雨:きう:鬼の仕業かと思うような並外れた雨。 近年登場した言葉「ゲリラ豪雨」の和名。 驟雨:しゅうう:急にどっと降り出して、しばらくすると止んでしまう雨。 にわか雨、村雨とも。 俄雨:にわかあめ:天気予報では「にわか雨」と表記されることが多いですが、漢字ではこのように書きます。 通り雨:さっと降ってすぐに止んでしまう雨。 さまざまな呼び名がある雨の降り方です。 村雨:降り方が激しくなったり、弱くなったりする通り雨。 戦艦や、南総里見八犬伝の中に登場する架空の日本刀の名前にも使われました。 降り続く雨 宿雨:しゅくう:前夜から降っている雨。 連日降り続く長雨のことを意味することもあります。 陰雨:いんう:しとしとと降りつづく陰気な雨。 淫雨と表記されることもあります。 地雨:じあめ:一定の強さで長く降り続く雨。 霖雨:りんう:幾日も降り続く雨のこと。 こんな雨の名前、聞いたことある? 雨の降る場所限定の名前 私雨:わたくしあめ:下は晴れているのに、山の上の狭い範囲だけに降る雨のこと。 昔から、箱根、鈴鹿、比叡、丹波などが有名どころ。 外持雨:ほまちあめ:局地的な範囲に降る雨。 外持とは帆待ちとも書き、船頭が内密の収入を得ることで、一部だけ潤うことにも通じます。 恵みの雨 翠雨:すいう:青葉に降り注ぐ雨。 情景も、漢字もきれいな雨の名前です。 甘雨:かんう:しとしとと降って、草木を潤す雨のこと。 農作業を始める時期にちょうどよく降り、作物を育ててくれる雨。 慈雨:じう:恵みの雨。 作物、草木に生気をもたらす雨。 干ばつが続き、待ちに待った雨がふること。 喜雨:きう:ゲリラ豪雨の和名「鬼雨」と同じく、こちらも「きう」と読みます。 日照りの続いた後に降る恵みの雨のこと。 意味は反対です。 不思議な雨 虎が雨:とらがあめ:陰暦5月28日に降る雨。 曽我十郎の忌日とされ、恋人の遊女、虎御前の涙が雨となって降ると言われています。 曽我の雨、虎が涙とよばれることも。 怪雨:かいう:異物を含んだり、色がついた雨のこと。 世界中で、魚やカエル、木の実が降るような現象が観測されています。 血雨:けつう:土壌由来の成分を含み、赤い色の付いた雨のこと。 黒雨:こくう:工業地帯の煤煙や化学物質が含まれて、黒く色づいた雨。 外部サイト.

次の