夫婦 スケジュール 共有。 夫婦円満に役立つ!スケジュール共有アプリ「TimeTree(タイムツリー)」

スケジュール管理アプリは夫婦で共有する必要ある? TimeTreeでスケジュール共有してみた結果について

夫婦 スケジュール 共有

活用シーンの一例• 長女の幼稚園の送迎のお願い• 週末予定があるので、子供の面倒をみて欲しいお願い• 会社の飲み会で晩御飯がいらない連絡• 会社帰りに買ってきて欲しいものの連絡 あらかじめ決まっている予定であればTimeTree上でスケジュール共有しておけば、 事前にアプリ通知もされるので忘れることもありません。 これが、単発でバラバラとLINE等で依頼されると、忘れることが時間間違いなどが発生して夫婦間のちょっとしたケンカに発展することもあります。 何日の何時に予定を入れたのかをお互いに共有できます。 TimeTreeを利用することのメリット 我が家の場合、TimeTreeで夫婦のスケジュール共有するまでは、互いに「口頭で伝える」か「LINEで伝えた」あとはそれぞれの記憶かそれぞれのスケジュール管理方法に頼っていました。 ちなみに僕の場合はほぼ記憶かLINEを見直すことでした。 複数ある予定をすべて正しく覚えているはずもなく、妻に「あれいつだっけ??」と頻繁に聞いていたのです「いつも全然人の話聞いてない!!(怒)」とちょっとした口喧嘩はしょっちゅうでした。 そもそも僕自身の性格がプライバシーのスケジュールをマメにスケジュール帳やアプリでで管理するタイプではないのが原因なのですが。 こればっかりは性格なので… そんな僕でもTimeTreeは苦にならず使えています。 なぜなら、TimeTreeを利用することでいろんなメリットがあるからです。 特に感じているメリットは、こんな感じです。

次の

夫婦・カップルにおすすめのスケジュール共有アプリ:TimeTree(タイムツリー)

夫婦 スケジュール 共有

仕事に子育てに忙しい共働き夫婦。 二人で協力するためにお互いのスケジュールを共有することが大切です。 そんなときに便利なのが最近様々なものが出ているスケジュール共有アプリ。 今回は月間900万人以上が利用する国内最大級のスマホアプリ発見サービス「Appliv」のアプリマスターうっちーさんにオススメを教えていただきました! うっちーさんによると、スマートフォンの普及に伴い子育て関連のアプリも最近増えてきているように感じるそうです。 なかでもスケジュール管理アプリは、かつては仕事で使用する人に向けたモノがほとんどでしたが、最近では「夫婦」や「家族」向けをうたっているモノも増えているそうです。 今回はそんな中でも使い勝手が良くて、特徴がわかりやすいものをセレクトしていただきました。 予定をカードで共有!スケジュール共有アプリ「ふたりの」 「ふたりの」は、「予定」「やること」「連絡」がアプリ内で完結できるのが大きな特徴です。 それぞれの予定をカードとして作成し、そのカードの中でやりとりが可能。 メールやメッセージだと、いつその話をしたのか会話を探す手間がかかってしまいますが、「ふたりの」ならカードごとに会話できるのでわからなくなることもありません。 アプリを使う際、アドレスを登録する必要がないのもありがたいところです。 買わなければいけないものなどがぱっと見でわかるので、何をやればいいかがわかりやすく、家事や予定に参画しやすいです。 王道!Google Calendarと共有できる「Time Tree」 仕事や趣味の仲間との連絡で使っている人も多い定番のスケジュール共有アプリ「Time Tree」とにかくシンプル!一番ありがたいのは「Google Calendar」と連携できることです。 アプリごとに入力する必要がないので、手間が少なく本当に便利。 家庭の予定と仕事の予定、趣味の予定などを一括管理するのにはもってこいです。 使用にあたってアカウントを作成する必要がないので、すぐに始めることが出来ます。 アプリによって機能に違いがあるので、自分の目的に合ったアプリを選ぶようにしましょう。 何を使うかはぜひ夫婦で話し合ってみて下さい! スマホアプリ発見サービス「Appliv」 2012年にサービスを開始した、月間900万UUを誇る国内最大級のアプリ紹介メディア。 アプリマスター・うっちー スマホアプリ紹介サービス「Appliv」で働く中の人。 世の中のアプリを分類・整理することを仕事とし、今までに見てきたアプリの数 は18,000件以上。 普段の生活で役立つ便利なアプリや、今流行って いる話題のアプリ、これからヒットしそうな最新アプリなど、ジャ ンル問わず様々なアプリを紹介します。 関連リンク.

次の

「簡単3ステップ!」恋人/夫婦同士のスケジュール共有はGoogleカレンダーで

夫婦 スケジュール 共有

サンキュ!STYLEライターのerisaです。 緊急事態宣言が解除されて、元の生活に徐々に慣らしていっている段階のかたが多いと思います。 我が家も慣れないタイムスケジュールや環境下で、夫婦で助け合わなければこなしていけないということも多々出てきました。 今回は共働き夫婦の我が家が気をつけるようになったことを紹介します。 予定共有アプリで家族の予定を把握 子どもの分散登校や仕事内容の見直しなど、今までとは違う変則的なタイムスケジュールになり、私は手一杯な状態。 そこで、家族のスケジュールや忘れてはいけないものなどをカレンダー共有アプリ「TimeTree」に書き込んでいくことで、夫婦間で予定を共有。 夫にも子どもたちの予定や持ちものを書き込むことで「子どもにコレ持たせた?」と夫からも確認を入れてくれるようになり、夫婦でもれを防ぐようになりました。 外にいても予定が把握でき、夫が予定を書きこむと通知が入るので、こちらから「この日に予定を入れても大丈夫?」と確認をする手間も省けて、便利です。 3密を避ける 毎日外に出て人と接している分、自分が感染者となるリスクは高いため、3密を避けることはより意識を置いています。 今まで通勤はバスを利用していましたが、自転車に変えたり、夫は以前の通勤時間より早く出社したりして、満員電車を避けるようにしているそうです。 ほかは外での食事を避けるため、ときどきお弁当を持参するようにしたり、寄り道などはせずに早く帰宅をするようにもなりました。 相手に頼り切りにならない 私は、ずっと車の運転を夫に頼っていましたが、家族の代表が買いものに行くというスタンスになってからは自分で車を運転するようにしていき、子どもの面倒を家で見てもらいます。 夫は朝食後のお皿洗いや子どもの持ちものチェックなどを自発的に行なってくれるようになり、いちばんいそがしい朝の時間帯の負担がぐっと減りました。 大変なのはお互いさま。 外出自粛でリモートワークになったときに今までよく見えなかった夫の仕事内容を間近で見ることができ、外でこんなに頑張ってるなら家ではもっと快適に過ごせるようにしていこうと見直すきっかけになりました。 我が家はとくに家事分担は決めずに、「手が空いている人がやる」としています。 どちらかだけに負担を強いられるのではなく、「夫婦はチーム」助け合うことで家庭が上手く機能すると思います。 夫がひととおりの家事をこなすことができたらとても楽になります。 安心して私は家を空けることができて、これからのキャリア形成もしやすくなり、大助かりです。 今こそ夫婦力を磨き、この状況を乗り越えられるようにしたいです。 皆さんの参考になれば嬉しいです。 リンパケアセラピスト。 ダイエットカウンセラー。 2人の男の子ママ。 2人目妊娠時に激太りしたが、産後-14kgのダイエットに成功し、元の体重より落とせた経験アリ。 夢は自分のサロンを開くこと。 Instagramではママの健康やダイエットに関することを投稿してます。

次の