徴用 工 問題 わかり やすく。 徴用工問題とは?・・ニュースではよく分からない人に優しく簡単に解説

サルでもわかる『徴用工問題』をわかりやすく解説!今後の日韓関係は?

徴用 工 問題 わかり やすく

徴用工問題とは? 徴用工とは、戦争時などに国家が強制的に動員して労働させた国民のことで、主に軍事工場や炭鉱、建設現場などで働いていました。 徴用工問題とは、一般的には太平洋戦争中に徴用工として働いた人への賠償問題を指しています。 賠償を要求している人々は、徴用工として働いていたときに以下のような状況であったと述べています。 <徴用工として働いていたときの状況>• まるで拉致されるかのように強制的に連行された• 給金を充分に受け取っていなかった• 食事や住環境が劣悪であった• 体罰やいじめなどが常態化していた 2018年10月に韓国の大法院は日本企業に損害賠償を命じた 2018年10月30日、韓国の大法院は新日鉄住金(徴用した当時は新日本製鉄)に、元徴用工4人への4億ウォンの損害賠償の支払いを命じました。 原告の4人のうち、すでに3人は亡くなっており、生存している1人も94歳(判決当時)と高齢です。 元徴用工を含む原告団が勝訴した後、元徴用工や元徴用工の家族らが韓国政府に「訴訟は可能なのか」「日本政府か日本企業かどちらを訴えるべきなのか」等の問い合わせが数百件殺到しました。 大法院が「元徴用工が亡くなっている場合でも徴用工としての損害賠償を請求できる」という前例を作ったため、今後も徴用工問題で訴訟する人々が増えると予想されます。 徴用工問題の判決に対する両国政府の反応 徴用工への損害賠償を命じる判決を受けて、韓国政府は公式なコメントを発表していません。 ムン・ジェイン(文在寅)大統領も徴用工問題に関しては「日本は問題を謙虚に受け止めるべきだ」と意見を述べていましたが、大法院の判決に対してはコメントを出さず、政法分離の立場を取っています。 一方、日本政府は、2018年12月におこなわれたムン大統領との会談や日韓の外務省局長級協議でも「徴用工問題は日韓基本条約によって解決済み」という立場を韓国側に伝えています。 また、安倍晋三首相も「国際法に照らしてありえない判決だ」と反発の意を表明しています。 今度は韓国政府が訴えられる?広がる徴用工問題 無言を貫いてきた韓国政府ですが、無視し続けるわけにもいかない問題が起こっています。 2018年12月、アジア太平洋戦争犠牲者韓国遺族会は韓国政府を相手取り、元徴用工に対して1人あたり1億ウォンの損害賠償の支払いをもとめる訴えを起こしたのです。 1965年に韓国政府は日本政府から日韓基本条約に基づく賠償金として5億ドル(有償2億ドル、無償3億ドル)を受け取っています。 韓国政府は賠償金を経済発展のための開発事業等に使い、本来の賠償金の目的である韓国国民の賠償には使っていません。 そこで、アジア太平洋戦争犠牲者韓国遺族会は日韓基本条約で受け取った賠償金を元徴用工に渡すべきだと訴えたのです。 徴用工問題は1965年の『日韓請求権協定』で解決済み? アジア太平洋戦争犠牲者韓国遺族会が指摘しているように、1965年の日韓基本条約、そして同時に締結された日韓請求権協定で日本から韓国への賠償問題は解決済みとなっています。 日本政府が韓国政府に5億ドルを支払うことで、韓国は戦争や統治の諸問題への賠償を日本に請求しないことが協定では定められているからです。 実際に日韓請求権協定の締結において日本政府が「日本が直接韓国民に賠償金を支払うほうが良いのでは」と申し出たところ、韓国政府は「自国民との問題は韓国政府が解決する」と断った経緯があります。 この経緯を踏まえるなら、「徴用工問題は韓国内で解決すべき問題なのでは」という疑問がわくでしょう。 韓国の主張「個人の請求権は消滅していない」 2018年10月31日、日韓の主要紙のほとんどが一面に大法院で新日鉄住金への損害賠償支払いが命じられたことを取り上げました。 韓国では「良かった」「至極まともな判決」「もう少し早く判決が出たら良かったのに」等、概ね大法院の判決を支持する声が上がりました。 インターネット上には「すでに解決済みの問題なのに、なぜ訴えているのか」という声もいくらか見られましたが、新聞やテレビなどのメディアではあまり取り上げられることはありませんでした。 日韓請求権協定に例外がある? 日韓請求権協定では、戦争中および日本による植民地支配中に起こったいかなる問題についても韓国は請求権を放棄することが定められています。 協定が守られるならば、元徴用工も日本政府や日本企業に賠償請求を起こすことができません。 しかし、大法院は「日本による植民地支配は不法なものであった」とし、不法行為による損害賠償については日韓請求権協定の適用外だと判断し、新日鉄住金に賠償金の支払いを命じました。 日韓請求権協定に「例外がある」と主張する韓国司法と「例外なし」と考える日本の間の溝は簡単には埋まりそうにありません。 日本の主張「韓国が元徴用工に支払うべき。 日本は賠償金を支払い済」 反対に、日本では「徴用工問題は解決したのではなかったのか」「なぜ戦後70年以上も経ってから賠償金を請求するのか」「徴用工が亡くなっている場合でも賠償しなくてはならないのか」という声が上がりました。 大法院の判決に対して「良識を疑う」といった強い論調で反発する意見も少なくありません。 新聞等のニュースでも日韓基本条約や日韓請求権協定について取り上げ、「元徴用工が賠償金を請求する相手は日本ではなく韓国政府なのではないか」と韓国の司法や国民の声の矛盾点を指摘しています。 徴用工問題によって日本と韓国に影響は出ている? 慰安婦問題も、日韓請求権協定が適用されるなら、元慰安婦や韓国政府は日本政府に賠償金を請求することはできません。 しかし、韓国では慰安婦像を日本大使館前に据える等の活動を通して日本の非情さを主張しています。 徴用工問題も同様です。 徴用工の像を立て、日本が賠償しないことを国内外でアピールしています。 日韓関係はこじれ、韓国からの観光客が激減しただけでなく、修学旅行先として韓国を選ぶ中高も減ってきています。 日韓問題は前向きな解決を模索すべき 慰安婦問題や徴用工問題について、日韓双方が「解決したい」という気持ちを持たない限り、両国が幸せになれる結論は出ません。 過去も大切ですが、より良い未来を作るためには前向きな話し合い、そして、解決が必要です。 次世代に明るい将来を開くためにも、歴史問題に区切りをつける時期が来ているのかもしれません。 日韓問題のひとつ『慰安婦問題』については、こちらの記事をどうぞ! 【】.

次の

公職選挙法とはをわかりやすく簡単に!違反の通報先は?罰則時効はある?

徴用 工 問題 わかり やすく

徴用工の訴訟問題とは? 最近、なにかとニュースになっている徴用工の問題ですが、徴用工自体あまり知らないという人も多いでしょう。 徴用工とは、第二次世界大戦中の、日本統治時代の朝鮮および中国において日本の私企業に徴用された現地の人々のことです。 半ば強制的に仕事に就かされて労働させられていたということで、戦後において自称・元徴用工たちが日本企業を相手に訴えたのです。 これを徴用工の訴訟問題といいます。 徴用工問題の発端である国民徴用令は、日本国民全般を対象としたものです。 もちろん、当時日本統治下にあった朝鮮も日本国民として扱われていましたが、徴用令の施行は日本の内地では1939年7月から、朝鮮への適用は日本の内地に遅れて1944年からでした。 しかし、今回、新日鉄住金を訴えた原告4人が強制労働させられたと言っているのは1941年から1943年の間。 したがって、今回の原告は徴用工ではなく、募集に応じた労働者だったのではないかともいわれています。 もちろん徴用の対象に女性は含まれていませんので、慰安婦の強制問題とは別物です。 訴訟問題の判決内容 2018年10月30日、韓国の大法院が、4人の自称・元徴用工の韓国人に対して、新日本製鉄(新日鉄住金)は合計4000万円の賠償をしなければならないとの判決を下しました。 ちなみに、大法院で徴用工訴訟の審理が終わったのは今回が初めてです。 1965年の日韓請求権協定では『国あるいは国民の間の請求権問題は解決済み』と両国で納得したにもかかわらず、大法院が個人の請求権は別問題であると判断して、今回賠償を命じました。 韓国政府の反応 今回の判決に対して、韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は沈黙を続ける一方で、李洛淵(イ・ナギョン)首相は判決を尊重するとしつつ、日本政府の態度に対して過激な発言が続くことに深い憂慮を覚えるとし、賢明でないと批判しました。 ただ、韓国政府としては従来のような反日発言ばかりでなく、日本政府に批判の自制を求めていることからも、韓国政府自身も大法院の判決に戸惑っている様子が見て取れます。 日本政府の反応 この判決に対して、日本政府は日韓関係を根底から覆す判決だとして到底納得できないとしています。 また、安倍首相は、大法院での判決が下された翌日の11月1日、『旧朝鮮半島出身労働者問題』として扱うべきであり、『徴用工』という表現はふさわしくないと強調しました。 今回の原告4人は、厳密には『徴用工』ではなく自らで募集に応じたものである可能性が高いといわれています。 『徴用工』と一括りにしてしまうと、すべての朝鮮人労働者が強制的に労働させられたというイメージになってしまいかねないとして、日本政府として早期に対処をしたかったのでしょう。 どちらにせよ、「1965年に締結された日韓請求権協定では両国納得のうえで個人請求権は解決しており、国際法に照らし合わせてもあり得ない判決である」というのが日本政府の主張です。 そして今後、日本政府は国際裁判を含むすべての選択肢を視野に入れて対応すると表明しました。 世界の反応 「判決はおかしい」 「韓国はなんでも日本に被害者面しすぎじゃないか」 「国際裁判ではっきりすべきだ」 今回の訴訟判決について、台湾をはじめとする海外諸国でこのような声があがっているようです。 また、元在沖米海兵隊・元政務外交部次長のロバート・D・エルドリッヂ氏は、韓国は約束を守れない国であるという印象が強くなったと話しています。 国際的なルールに基づいて結んだ協定があるにもかかわらず、問題を蒸し返した韓国について、日本だけでなく世界からみても理解しがたい判決であるとする厳しい見方が広がっているようです。 まとめ 新日鉄住金を相手に自称・元徴用工たちがおこした訴訟では日本企業に対して賠償を求める判決が大法院から出ましたが、日本政府は協定に基づいて毅然とした態度をとっています。 泥沼化しそうな徴用工による訴訟問題に対して、韓国側はどのように収拾をつけるのか、対応の仕方に注目が集まりそうですね。

次の

徴用工訴訟をわかりやすく|安倍首相が資産差し押さえに具体的措置

徴用 工 問題 わかり やすく

徴用工問題とは? 徴用工とは、戦争時などに国家が強制的に動員して労働させた国民のことで、主に軍事工場や炭鉱、建設現場などで働いていました。 徴用工問題とは、一般的には太平洋戦争中に徴用工として働いた人への賠償問題を指しています。 賠償を要求している人々は、徴用工として働いていたときに以下のような状況であったと述べています。 <徴用工として働いていたときの状況>• まるで拉致されるかのように強制的に連行された• 給金を充分に受け取っていなかった• 食事や住環境が劣悪であった• 体罰やいじめなどが常態化していた 2018年10月に韓国の大法院は日本企業に損害賠償を命じた 2018年10月30日、韓国の大法院は新日鉄住金(徴用した当時は新日本製鉄)に、元徴用工4人への4億ウォンの損害賠償の支払いを命じました。 原告の4人のうち、すでに3人は亡くなっており、生存している1人も94歳(判決当時)と高齢です。 元徴用工を含む原告団が勝訴した後、元徴用工や元徴用工の家族らが韓国政府に「訴訟は可能なのか」「日本政府か日本企業かどちらを訴えるべきなのか」等の問い合わせが数百件殺到しました。 大法院が「元徴用工が亡くなっている場合でも徴用工としての損害賠償を請求できる」という前例を作ったため、今後も徴用工問題で訴訟する人々が増えると予想されます。 徴用工問題の判決に対する両国政府の反応 徴用工への損害賠償を命じる判決を受けて、韓国政府は公式なコメントを発表していません。 ムン・ジェイン(文在寅)大統領も徴用工問題に関しては「日本は問題を謙虚に受け止めるべきだ」と意見を述べていましたが、大法院の判決に対してはコメントを出さず、政法分離の立場を取っています。 一方、日本政府は、2018年12月におこなわれたムン大統領との会談や日韓の外務省局長級協議でも「徴用工問題は日韓基本条約によって解決済み」という立場を韓国側に伝えています。 また、安倍晋三首相も「国際法に照らしてありえない判決だ」と反発の意を表明しています。 今度は韓国政府が訴えられる?広がる徴用工問題 無言を貫いてきた韓国政府ですが、無視し続けるわけにもいかない問題が起こっています。 2018年12月、アジア太平洋戦争犠牲者韓国遺族会は韓国政府を相手取り、元徴用工に対して1人あたり1億ウォンの損害賠償の支払いをもとめる訴えを起こしたのです。 1965年に韓国政府は日本政府から日韓基本条約に基づく賠償金として5億ドル(有償2億ドル、無償3億ドル)を受け取っています。 韓国政府は賠償金を経済発展のための開発事業等に使い、本来の賠償金の目的である韓国国民の賠償には使っていません。 そこで、アジア太平洋戦争犠牲者韓国遺族会は日韓基本条約で受け取った賠償金を元徴用工に渡すべきだと訴えたのです。 徴用工問題は1965年の『日韓請求権協定』で解決済み? アジア太平洋戦争犠牲者韓国遺族会が指摘しているように、1965年の日韓基本条約、そして同時に締結された日韓請求権協定で日本から韓国への賠償問題は解決済みとなっています。 日本政府が韓国政府に5億ドルを支払うことで、韓国は戦争や統治の諸問題への賠償を日本に請求しないことが協定では定められているからです。 実際に日韓請求権協定の締結において日本政府が「日本が直接韓国民に賠償金を支払うほうが良いのでは」と申し出たところ、韓国政府は「自国民との問題は韓国政府が解決する」と断った経緯があります。 この経緯を踏まえるなら、「徴用工問題は韓国内で解決すべき問題なのでは」という疑問がわくでしょう。 韓国の主張「個人の請求権は消滅していない」 2018年10月31日、日韓の主要紙のほとんどが一面に大法院で新日鉄住金への損害賠償支払いが命じられたことを取り上げました。 韓国では「良かった」「至極まともな判決」「もう少し早く判決が出たら良かったのに」等、概ね大法院の判決を支持する声が上がりました。 インターネット上には「すでに解決済みの問題なのに、なぜ訴えているのか」という声もいくらか見られましたが、新聞やテレビなどのメディアではあまり取り上げられることはありませんでした。 日韓請求権協定に例外がある? 日韓請求権協定では、戦争中および日本による植民地支配中に起こったいかなる問題についても韓国は請求権を放棄することが定められています。 協定が守られるならば、元徴用工も日本政府や日本企業に賠償請求を起こすことができません。 しかし、大法院は「日本による植民地支配は不法なものであった」とし、不法行為による損害賠償については日韓請求権協定の適用外だと判断し、新日鉄住金に賠償金の支払いを命じました。 日韓請求権協定に「例外がある」と主張する韓国司法と「例外なし」と考える日本の間の溝は簡単には埋まりそうにありません。 日本の主張「韓国が元徴用工に支払うべき。 日本は賠償金を支払い済」 反対に、日本では「徴用工問題は解決したのではなかったのか」「なぜ戦後70年以上も経ってから賠償金を請求するのか」「徴用工が亡くなっている場合でも賠償しなくてはならないのか」という声が上がりました。 大法院の判決に対して「良識を疑う」といった強い論調で反発する意見も少なくありません。 新聞等のニュースでも日韓基本条約や日韓請求権協定について取り上げ、「元徴用工が賠償金を請求する相手は日本ではなく韓国政府なのではないか」と韓国の司法や国民の声の矛盾点を指摘しています。 徴用工問題によって日本と韓国に影響は出ている? 慰安婦問題も、日韓請求権協定が適用されるなら、元慰安婦や韓国政府は日本政府に賠償金を請求することはできません。 しかし、韓国では慰安婦像を日本大使館前に据える等の活動を通して日本の非情さを主張しています。 徴用工問題も同様です。 徴用工の像を立て、日本が賠償しないことを国内外でアピールしています。 日韓関係はこじれ、韓国からの観光客が激減しただけでなく、修学旅行先として韓国を選ぶ中高も減ってきています。 日韓問題は前向きな解決を模索すべき 慰安婦問題や徴用工問題について、日韓双方が「解決したい」という気持ちを持たない限り、両国が幸せになれる結論は出ません。 過去も大切ですが、より良い未来を作るためには前向きな話し合い、そして、解決が必要です。 次世代に明るい将来を開くためにも、歴史問題に区切りをつける時期が来ているのかもしれません。 日韓問題のひとつ『慰安婦問題』については、こちらの記事をどうぞ! 【】.

次の