岡林 ひなた。 岡林優空(ひなた)くんはなぜ死んだか?現場の川にいた子供4人の疑惑の行動と証言!

岡林史泰

岡林 ひなた

スポンサードリンク 友達と川遊びで不明、翌日に遺体発見 水難事故が起こったのは、8月22日(木)です。 高知市仁井田(にいだ)の下田川(しもだがわ)で、高知県南国(なんごく)市の市立稲生(いなぶ)小学校2年、岡林優空くん(7歳)が行方不明になりました。 午後7時半頃、父・宏樹さんから南国署に通報がありました。 「息子が帰ってこない」 高知東署の調べでは、岡林優空くんは午後1時頃から、友人ら合計5人で川遊び中に、おぼれたと見ています。 高知東署と消防で、付近を捜索していたところ、翌8月23日(金)午後4時20分頃、最後に目撃された場所から下流に約30メートルの川で、心肺停止状態で発見されました。 発見時、優空くんは、うつぶせで川に浮いていました。 報道によりますと、現場にいた友人の1人は、次の通りに証言しています。 「夕方頃、川で流されるのを見た。 遊んではいけない場所だったので、怒られると思い、怖くなって帰った」 また、別のメディアは、友人のこんな発言も報じています。 「ラッコ泳ぎをしていたら、沈んでいった」 このニュースは、私も発生直後から見ていました。 私は岡林郵空くんとは縁もゆかりもありませんが、人ごととは思えず、とても心配で、心配でたまらなかったんです。 私の周りにもかつて、同様の出来事があったからとだけ、申し上げておきます。 夏休みに小学生、とくに男の子が行方不明になることは結構あります。 でも、決して全てが絶望的ではなく、中には無事に生還する子もいます。 仕事も手に付かず、続報を気にしていたのですが、祈りは届きませんでした。 翌日の夕方になって、下田川の下流でうつぶせで浮いているのが発見されました。 水死の人は、だいたい、うつぶせで浮かんでいる状態で発見されます。 人間の手足は前方に突き出ています。 つまり、水面では手足を水底に向けた状態で、つまり、うつぶせで浮くのがナチュラルなんですね。 人体は、水より比重が軽いので、基本的に浮きます。 浮かばないのは、水底に引っ掛かっているか、複雑な水流に巻き込まれているか、などです。 通常は、手はW形で、足はM形で、カエル状の体勢で発見されることが多いですね。 これは、東日本大震災の津波で亡くなられた方たちも、だいたい、そうでした。 全身の血の気がなくなって、本当に真っ白な状態です。 発生の翌日に発見されたことから、死後硬直は起こっていたと思われます。 想像しただけで、痛ましい姿ですね。 改めて、合掌させていただきます。 岡林優空くんの父がTwitterで告発 ここまでは、夏にしばしば起こる子どもの水難事故の1つでした。 メディアも一斉に、報じました。 「優空くんは、心肺停止状態で発見された」 常識的には、警察官や消防署員は、人間の死を確認できませんから、医療機関に搬送されて心停止、すなわち死亡を宣告されたと思います。 検視した医師は、おそらくかかり付け医ではないでしょうから、死亡診断書ではなく、死体検案書を書いたはずです。 死亡時刻は「令和元年8月22日午後1時」と記し「分」の欄は空白で、末尾を(推定)としたでしょう。 これで、ご家族は南国市に死亡届と死体検案書を提出し、火葬許可証を受け取ったでしょう。 ここまでは、ありがちな夏の水難事故です。 しかし、岡林優空くんの場合は、特別でした。 優空くんの父・岡林宏樹さんが、一連の報道に違和感を覚え、SNS上で心情を吐露し、真相究明のために、世間から広く情報を求め始めたのです。 以下は、岡林宏樹さんのTwitterを引用します。 高知県水難事故の被災者の父親ですが、今回のあちこちの報道について余りにもかけ離れた報道、事実無言な報道、実際の事実、全てが伏せられてます。 どなたかお力添えお願いします — 岡林宏樹 Hirohina6 余りにも事実とはかけ離れた報道。 実際警察の供述文にも、、事実が伏せられた事実があります。 どなたか拡散、お願いします — 岡林宏樹 Hirohina6 沈んでしまうまでの数分間見ながらウチの子が乗っていた自転車まで、川から反対の山側に隠し証拠隠滅してるんですよ??で、知らん顔してそのまま夕食を食べ誰1人として親に話してないのですよ??行方不明の報道が出ても。 もう一度同じ事が言えますか? — 岡林宏樹 Hirohina6 沈んでしまうまでの数分間見ながらウチの子が乗っていた自転車まで、川から反対の山側に隠し証拠隠滅してるんですよ??で、知らん顔してそのまま夕食を食べ誰1人として親に話してないのですよ??行方不明の報道が出ても。 もう一度同じ事が言えますか? — 岡林宏樹 Hirohina6 皆様に文章だけで理解してもらうのはSNS不慣れな人間なので、大変もどかしいのかもしれません。 申し訳ありません。 ただ僕は何故優空が服を着たまま川に入る行為に至ったのか?そして仰向けの状態でラッコ泳ぎの様な風に見えたのか?泳げない優空にラッコ泳ぎは難しいと思う。 どうしても分かりません。 — 岡林宏樹 Hirohina6 この場を借りて少し言わせて下さい。 22日午後1時〜3人で川遊びしていた。 そこに優空と1名合流。 計5人。 1度目の取調べでは、1人だけ服のまま川に入り口まで水に浸かりながら「助けて助けて」と叫びながら流された。 こちらを見ながら約20m程下流に。 続きます — 岡林宏樹 Hirohina6 それを全員が沈むのを確認してから、怖くなり現場から立ち去った。 その時に優空の自転車も一緒に乗って帰った。 確認の為に1度現場に戻った。 これが初日、2日目に聞いた話です。 — 岡林宏樹 Hirohina6 そして告別式が終わり2回目をもう一度聞きたいと僕が言いました。 そしたら全員が川に入り膝まで浸かって遊んでいた。 そして3人が1回目と同じ溺れ方、内1人が仰向けになりラッコ泳ぎをしているよう。 との事でした。 そして沈むのを待って全員で靴、本をどうする? — 岡林宏樹 Hirohina6 との相談をしている。。 そのまま自転車に乗り優空のも乗って帰り、再度山側にのっていきました。 この時が15時20分。 優空は僕が集めた目撃情報によると14時40分〜15時20分の間に溺れてます。 15時30分から18時30分までの間に何度も何度も現場に行ってます。 — 岡林宏樹 Hirohina6 何度も現場に帰る、この事に疑問を感じませんか?助けるなら最初から助けますよね?この間には現場付近で当の4人以外の子供も含まれています。 この数時間の間の目撃情報は多数あります。 報道です。 かけ離れたのは。 ウチの子供は水が苦手で、お風呂で顔つける練習をし、ようやく慣れて来た所、泳ぐなんでもってのほかでした。。 ここでは少ししか書き込みが出来ず困ってます。 何かありませんか? — 岡林宏樹 Hirohina6 「川に沈んだ」6時間もだんまり 一連の出来事を、ドキュメントにまとめてくれた方もいます。 優空が事故にあった当日の時系列になります。 特に1時頃から17時36分の時間帯の目撃情報を求めております。 尚、父親の岡林宏樹はDMは開放してません。 目撃情報は私までお願い致します。 — 朝田龍太郎 maeken0084 との相談をしている。。 そのまま自転車に乗り優空のも乗って帰り、再度山側にのっていきました。 この時が15時20分。 優空は僕が集めた目撃情報によると14時40分〜15時20分の間に溺れてます。 15時30分から18時30分までの間に何度も何度も現場に行ってます。 — 岡林宏樹 Hirohina6 分かり易く、出来事を再現したいと思います。 岡林優空くんは8月22日(木)午後1時頃、遊びに外へ出かけた。 目撃情報によると午後2時40分~3時20分の間に、優空くんは、下田川に沈んで、見えなくなった。 午後3時20分、友人たちは自転車で、優空くんの自転車も一緒に、引き揚げた。 午後5時半頃、家族が優空くんの不在に気付く。 父・宏樹さんが近所や友人宅を尋ね歩く。 午後7時半頃、宏樹さんが南国署に捜索願を提出。 午後9時20分頃、居合わせた子どもから「下田川で、1人でラッコ泳ぎをしていた優空くんが沈むのを見て、怖くなって帰った」と証言。 6時間ですよ、6時間。 そんなに長い間、こんなに大事なことを黙っていた、話さなかったなんて。 あまりにも不自然です。 こういうの、隠していたと言うんじゃないでしょうか。 「隠す」の定義は一定していませんが、常識的に6時間も黙っていたら「隠していた」と取られても仕方ないでしょう。 私はかつて、スマートフォンを落としたことがあります。 GPSで検索したら、ある家にあると分かったので、警察に相談に行きました。 すると、応対した警察官が答えたのです。 「これだけでは、あなたのスマホを盗(と)ったことにはなりません。 なぜなら、この人は、拾ったスマホを、後で届け出ようと考えているかもしれないからです」 私は、アタマに来て、警察官に食い下がりました。 「では、どのぐらいの期間が過ぎたら、この人は、私のスマホを盗ったと言えるのでしょうか」 警察官は、少し歯切れ悪そうに、 「おおむね24時間以上、占有状態が続いたら、それは『盗った』ことになります」 24時間、人の物を持ち続けたら、それは泥棒。 では、6時間、事実を伏せていたら、それは「隠した」ことになりませんか。 この問題、実に根が深いです。 到底、この記事だけでは説明し切れません。 個人的には、事故だけではないと、思えています。 いったい、何があったのか、真相を知りたいと思います。 新事実が判明次第、アップしてゆきたいと思います。 また、何か情報をご存じの方は、上記のTwitterアカウント「 maeken0084」さんまで、ご一報願います。 スポンサードリンク.

次の

高知県水難事故・岡林優空くんの加害者は3人兄弟で名前は?親が掲示板に書き込み&謝罪なし!-shuly

岡林 ひなた

令和元年 8月 22日 高知県の生活排水が流れ込む川で最愛の息子、岡林 優空 ひなた・享年7歳 を亡くしました。 単なる泳ぎの得意な子が川遊びをしていて遭った水難事故として処理されてしまいましたが、生前の優空は泳ぐことが出来ず、水を怖がっていました。 事故当日の警察の捜査では、一緒にいた児童らは助けを呼ばず、優空が川へ沈んだのを確認してからその場を立ち去り、優空の自転車を乗り回し、クワガタ虫を採りに行き、自転車を自宅裏の山側に乗り捨てたこと。 夕方になっても帰って来ない優空を探していた遺族に「一緒に遊んでいない」などと嘘をついたこと。 優空がとても大切にしていた図鑑がずっしりと重く感じるほど、びしょ濡れとなり、クロックスサンダルと一緒に堤防の犬走りで発見されたこと。 上記の事実があるにもかかわらず、警察は事件性が無い事故と断定し、 翌日 23日の遺体発見時刻( 16時 20分)の 1時間後には検案書を発行しました。 警察の事故という先入観からの調査が始まりましたが、実地検証や遺族から紹介した近隣の証言者への聞き取りは杜撰(ずさん)なものでした。 優空は生前から嫌がらせを受けており、遺族は度々小学校に相談もしておりました。 しかし事故後、小学校・南国市・市教委は共に警察の「事件性が無い」という判断に委ね従う様に推移していき、このままでは複数の近隣の証言者の情報や、嫌がらせの相談をしていた事、全てが何も無かった事のように終わってしまいます。 当時から不可解なことが何一つ紐解くことが出来ず、 6ヶ月経った今でも当時の状況は分かりません。 何故、水を怖がっていた優空が服を着たまま汚い川へ入り、大切にしていた図鑑がびしょ濡れで発見されたのか? どうして、一緒にいた児童らは「一緒に遊んでいない」と嘘をついたのか? 我が子の最期の真実が知りたいのです。 どうか真相究明の為に皆様のお力をお貸し下さい。 宜しくお願い致します。 岡林優空の父 岡林宏樹 令和 2年 2月 22日.

次の

岡林優空(ひなた)くんはなぜ死んだか?現場の川にいた子供4人の疑惑の行動と証言!

岡林 ひなた

スポンサードリンク 川遊び相手は4人、支援学級の3兄弟と小4 まずは、事案(事件と呼びたいところですが)のおさらいをします。 発生日:2019年8月22日(木) 発生場所:高知市仁井田(にいだ)の下田川(しもだがわ) 当日の気象:晴のち曇、最高31. 2度、最低26. 6度、湿度90%、風速3. 午後5時、子どもたちに帰宅を呼び掛けるサイレンが鳴った。 それでも帰宅しない岡林優空くんを心配した家族は、午後5時36分ごろ、捜しに出かけた。 午後7時26分ごろまでに、父・宏樹さんが、近所の友人宅などを尋ね回るが、誰もが「岡林優空くんとは、遊ばなかった」と答えた。 午後7時半ごろ、父・宏樹さんが南国署に通報、県警の捜索が始まる……。 ココまでは、すでにお伝えした通りです。 加えて今回、岡林優空くんと一緒に遊んだ児童が判明したので、お伝えします。 一緒に遊んだのは、岡林優空くんの近所で、北条太郎(小5)、次郎(小3)、三郎(小1)の3兄弟に、かなり離れた地区に住む曽我明夫(小4)=いずれも仮名=の4人です。 北条3兄弟と岡林優空くんは幼なじみですが、曽我明夫は違います。 曽我明夫は後から加わる形で、北条3兄弟や岡林優空くんの遊びグループに入りました。 北条3兄弟は、問題を抱えた子らで全員、小学校の支援学級に入っています。 長男・太郎は重度の知的障害がありますが、決して粗暴ではなく、むしろ、おとなしいタイプです。 次男・次郎は、岡林優空くんと同い年です。 岡林優空くんと次郎は、ほぼ毎日ケンカをしていましたが、そのつど、岡林優空くんが引いて謝ることで、関係を保っていました。 三男・三郎を、岡林優空くんは実の弟みたいにかわいがり、三郎も、懐いていました。 この次郎と三郎に知的障害はありませんが、問題行動をたびたび起こし、支援学級で指導を受けていました。 次郎と三郎の問題行動とは、次のようなものです。 早朝に近所で、ピンポンダッシュのいたずらをして回る• 勝手に人の家に入り、上がり込んで遊ぶ• 昼食の時間になると、訪問宅で「家人がいない」などと嘘をつき、昼食をせがむ 1つ1つは一見、たわいない子どもの行動に見えますが、次郎と三郎は頻繁に問題行動を繰り返していました。 おかげで、一帯では知らぬ者のいない存在になっていました。 曽我明夫は粗暴な子で、小学校ではトラブル魔。 地元では一緒に遊んでくれる子がいなくなり、わざわざ遠出して北条3兄弟や岡林優空くんと遊ぶようになりました。 しかし、曽我明夫はキレ易い子で、すぐに暴れる、 「殺すぞ」 と凄むなど、大人も手を焼く子です。 曽我明夫が遊びグループに入ってから、グループ内の人間関係が変わりました。 岡林優空くんは、何事も、1つ年上の曽我明夫の意向を確かめ、了承を取り付けるようになりました。 「岡林優空くん、知らない」3兄弟は2度も否定 再び、8月22日当日の出来事に戻ります。 午後7時ごろ、父・宏樹さんは、北条家を訪れました。 宏樹さんが、 「優空と一緒に、遊んでいた?」 と尋ねると、次郎と三郎は、明確に否定しました。 次郎「塾に行っていたから、知らない」 三郎「遊んでいないから、知らない」 宏樹さんは北条家を辞し、午後7時半ごろ、南国署に電話で通報しました。 その後の午後8時ごろ、宏樹さんは北条家の裏手、50メートル離れた、山側(下田川と反対側の意味)の場所で、遺棄されている優空くんの自転車を発見しました。 宏樹さんは午後8時15分ごろ、再び北条家に取って返しました。 「(優空の)自転車が山側にあったが、近くに友達、知り合いはいる?」 すると、次郎と三郎は、祖母の眼前で、またも明確に否定しました。 「行ったことがないので、知らない。 友達もいない」 午後8時28分ごろ、下田川の堤防内側の犬走り(通路状の舗床)で、警察官が、びっしょり濡れた優空くんの図鑑『生きもの つかまえたらどうする?』(偕成社)と、クロックスのサンダルを発見した。 午後9時20分ごろ、高知市消防局も捜索に加わる。 その後も警察と消防の捜索は続いたが、翌8月23日(金)午前0時20分ごろ、降り出した雨が強くなったため、捜索を中断。 宏樹さんも帰宅しました。 小4「優空くんが川に沈み、怖くなって帰った」 8月23日午後2時ごろ、下田川の水門を閉めて、警察と消防の捜索が、再び開始されました。 午後4時20分ごろ、下田川の最後に目撃された場所から下流に約30メートル、川底から約10センチ浮いた水中で、心肺停止状態の優空くんが、俯(うつぶ)せで発見されました。 病院に搬送後、優空くんの死亡確認。 死因と死亡の状況がはっきりしているため、司法解剖は行われず、死体検案という外傷のの確認のみでした。 午後9時30分ごろ、家族は優空くんと対面。 優空くんの遺体は、額に傷があり、耳に砂や泥が入り込んでいた。 その場で、家族は、優空くんが下田川に流された現場で、北条3兄弟と曽我明夫が居合わせていたと教えられました。 曽我明夫は、何と、前夜の8月22日午後9時20分ごろ、警察官に状況を証言していました。 「下田川で、1人でラッコ泳ぎをしていた優空くんが沈むのを見て、怖くなって帰った」 「夕方頃、川で流されるのを見た。 遊んではいけない場所だったので、怒られると思い、怖くなって帰った」 警察官への証言、二転三転 その後、警察官の質問に対して、4人の答えは二転三転と、変わります。 僕たちは、誰も川に入っていない」 水に濡れていた北条太郎の目撃証言を突き付けられると、 「最初は、下田川の浅瀬で、5人で遊んでいた。 泳ぎ出した太郎を見て、優空くんは勝手に図鑑を持ったまま、水に入った。 ラッコ泳ぎを始めて、沈んだ」 「(このとき)優空くんは、何度も『助けて』と叫んだ。 その姿を見て怖くなって、助けも呼ばずに逃げ帰った」 嘘つけ!と、言いたいです。 いったい、どこの世界に、図鑑を持ったまま、川に入る人がいますか。 溺れているのに「助けて」と何度も叫べますか。 これ、安手のテレビドラマでよく使われれますが、実は大嘘なんですよ。 プールやお風呂で、ご自分で試してみてください。 顔を水に漬けたまま、叫べますか。 顔が水から離れたら何度も叫べますが、それって、溺れてないですよ、全然。 しかし、それよりも何よりも、北条3兄弟と曽我明夫が、最後に優空くんが沈むのを見た地点って、優空くんの遺体発見地点より下流にあるんです。 遺体が川の流れに逆らって、上流まで動いたんですか。 もしそうなら、優空くんは、よっぽど4人を恨んでいたんでしょうね。 死んだ後で怨霊になって、4人に復讐(ふくしゅう)しに行ったんでしょう。 この事実を突き付けられると、4人組は、今度は、浅瀬よりも上流の深瀬で遊んでいて、太郎が泳ぎ、優空くんが水に入ったと証言を変えました。 「太郎が深瀬で泳いでいると、優空くんは首まで水に漬かり、ピョンピョンと跳び始めた。 『助けて』と何度も言い、沈んでしまった。 それを見て怖くなり、助けも呼ばずに逃げてしまった」 あきれて、言葉も出ません。 話が変わるの、3回目ですよ、3回目。 こんな証言、誰も信用できませんよ。 誰にも信用されなくても、仕方ないですよ。 何度も話をコロコロ変える人を、世間は嘘つきって呼ぶんですよ。 下田川と自宅を何度も往復、優空くん母とも擦れ違う その後、宏樹さんの独自調査なども合わせて、4人組の更なる嘘が明らかになりました。 改めて、8月22日の動きを説明します。 8月22日午前、北条3兄弟は、下田川で遊びを始めました。 午後1時30分ごろ、曽我明夫が加わる。 午後2時15分ごろ、岡林優空くんと北条次郎(いったん、川から離れていた?)が加わる。 午後2時30分~3時40分、5人の目撃証言なし。 この間に、優空くんは流された? 午後3時40分ごろ、下田川に置かれていた子ども用自転車が消える。 午後4時、4人組は北条家に帰宅。 次郎は、優空くんの自転車に乗っていた。 全身びしょ濡れの太郎と、ズボンが濡れた次郎が着替えする間、曽我明夫は家の外で待つ。 午後4時10分ごろ、曽我明夫と三郎は、近くの熊野神社にクワガタムシを捕りにゆく。 午後4時30分ごろ、4人組は下田川に向かう。 時刻不明、三郎は自宅裏の50メートル離れた、下田川と反対の地点に、優空くんの自転車を遺棄。 午後5時、サイレンが鳴り、曽我明夫は帰宅する。 この前後、4人組は何度も北条家と下田川を往復、優空くんの母とも擦れ違う。 午後7時頃、優空くんの父・宏樹さんに嘘の証言…… 誰が「高知・小2水死」を殺すのか 10月16日、地元紙「高知新聞」に「小2水難 遺族『真相』を 高知県警は事故と断定 8月下田川」と題する記事が載りました。 記事では、県警幹部が、高知新聞の取材に答えて、• 岡林優空くんの水死は、事故と断定• 捜査は、引き続き行う 旨を明らかにしています。 県警の説明では、居合わせた児童の大半が知的などの障害があり、詳細な事故究明は困難との見通しです。 県警の言い分も、よく理解できるんです。 日本では、刑事責任年齢は14歳です。 刑法で14歳未満の行為は罰せられず、少年法により、16歳未満は検察官に送致されません。 実質、刑罰を与えられないんです。 ましてや、今回の一件で、北条3兄弟は心神耗弱だった可能性があります。 つまり、高知県警にとって、今回の一件はパンドラの匣(はこ)と同じです。 開けても、誰も救われない、手柄にならないばかりか、傷つく人が出る恐れもあるんです。 「傷ついた人」は、もちろん、精神的苦痛の慰謝料を請求する恐れがあります。 高知県警が及び腰になるのも、分かります。 しかし、岡林優空くんの遺族は10月15日、7万6000人超の再捜査を求める署名を高知東署に提出しました。 これだけの民意を、無視してはいけません。 たとえ司法の処罰ができなくても、真実を可能な限り明らかにし、優空くんの無念に報いるべきです。 もしも、今回の一件が、このまま水に流されてしまったら、国民に退廃意識が蔓延(まんえん)してしまいます。 順法精神が損なわれてしまいます。 健全な応報意識が失われてしまいます。 そうなったとき、本当に岡林優空くんは、殺されるのだと思います。 岡林優空くんの死を無為にしてはなりません。 この一件は、今後も注意深くウオッチしてゆきます。 スポンサードリンク.

次の