オーバー シュート コロナ。 新型コロナ会見で耳慣れない「オーバーシュート」が使われた理由

新型コロナの先に悪夢、「DXは所詮バズワード」病のオーバーシュートが来るぞ

オーバー シュート コロナ

「日本の行政機関が使う片仮名表記の英語は適切なのか」との声が「読者とともに 特別報道室」に寄せられた。 新型コロナウイルス感染症が世界的な拡大を見せる中、連日、聞き慣れない言葉が飛び交う。 「分かりづらい」という意見に加え、本来の意味から外れた使用に対して違和感を唱える人もいる。 パンデミック(世界的大流行)、クラスター(感染者集団)、オーバーシュート(爆発的患者急増)、ロックダウン(都市封鎖)…。 新型コロナを巡り、行政機関の発表や記者会見で使用されている言葉だ。 いかにも医学的な専門用語に聞こえるが、実は全てが専門用語というわけではない。 特に「オーバーシュート」の元々の意味は「行き過ぎる」「(的を)外す」「超過する」など。 金融市場や統計で用いられることが多く「爆発的な感染者急増」といった語義はない。 専門家はどう見ているのか。 東北大病院感染管理室長の徳田浩一特命教授(感染制御学)は「オーバーシュートなどは医学的にはなじみがない」とし、「専門家会議などは、国民に危機感を持ってもらうためにあえて使ったのではないか」と推測する。 英語圏で暮らす人からも異論が出ている。 仙台市で高校生活を送ったニューヨーク州弁護士の旦英夫さんは、在米40年以上。 「新型コロナの英語圏の報道でクラスターやロックダウンは使うが、オーバーシュートを感染爆発の意味で使っても通じないだろう」と指摘する。 片仮名の言葉を多用する状況に、閣僚からも疑問の声が上がっている。 河野太郎防衛相は24日の記者会見で「日本語で言えることをわざわざ片仮名で言う必要があるのか。 分かりにくいという声が出ている」と発言した。 菅義偉官房長官も「可能な限り分かりやすく丁寧な説明に努めたい」と見直す考えを示している。 科学コミュニケーションを専門とする東北大東北メディカル・メガバンク機構の長神風二特任教授は「一般市民にとって片仮名表記の用語が分かりにくいのは事実だ」と強調。 「できるだけ日本語に置き換え、状況に応じて表現を変えていく柔軟さも必要ではないか」と提案した。 (佐藤素子、菊池春子).

次の

「オーバーシュート(新型コロナウイルス)」の使い方や意味、例文や類義語を徹底解説!

オーバー シュート コロナ

オーバーシュートの意味とは オーバーシュートの意味とは、疫学の分野では水準や予想値を超える爆発的な感染拡大を意味します。 新型コロナウイルスでは、オーバーシュートが起こるというのは、一気に新型コロナウイルスが感染が拡大して、感染者が増えると理解するといいでしょう。 またこの言葉には経済用語で株価の行き過ぎた変動を指す言葉としての意味合いも持っています。 3月25日には小池百合子東京都知事が東京及び首都圏でのオーバーシュートへの懸念との可能性も視野に入れたの外出を控える会見を行い、都民に注意喚起しています。 特に若年層では危機意識が低く、周りへの感染リスクを考えた行動が求められています。 追記 4月7日には遂に安倍晋三首相が改正新型等対策特別措置法に基づいて、を発令しました。 これは各自がより一層の高い意識での外出を控えて自分が感染者になっている可能性も考慮して、行動が必要です。 また今回が発動された都府県は、東京、神奈川、千葉、埼玉、大阪、兵庫、福岡の7つとなります。 オーバーシュートの由来 オーバーシュートは最近の新型コロナウイルスの被害拡大によって、浸透をしてきた言葉と言えます。 英語での表記は「overshoot」となります。 オーバーシュートの文章・例文 例文1. オーバーシュートが起きれば日本でも一層の経済低迷が懸念される 例文2. オーバーシュートのリスクから、日用品のもまた始まっている 例文3. オーバーシュートという言葉は新型コロナウイルスで一気に国民に認知された 例文4. 新型コロナウイルスをさせる為にも、オーバーシュートを避ける行動が必要だ 例文5. 東京都知事の発表でオーバーシュートを防ぐ意識が国民に浸透してきている オーバーシュートを発生させない為に一人一人が意識を持って、この新型コロナウイルスに国として立ち向かうという気持ちが重要ですね。

次の

新型コロナ感染の第2波で日本は大丈夫?オーバーーシュートへの備え

オーバー シュート コロナ

日本での爆発的患者急増 (オーバーシュート)の可能性とは? 国内の状況を新型コロナウイルス感染症対策専門家会議(以下専門家会議)から、いち早く緊急事態宣言を発出した北海道とそれ以外の国内に分けて報告されています。 一部を引用してまとめてみました。 北海道の現状 ・2020 年 2 月 28 日に知事より緊急事態宣言が発出 ・依然として流行は明確に収束に向かっておらず憂慮すべき状態が続いている ・緊急事態宣言の前後比較では実効再生産数推定値は 0. 9から 0. クラスター(患者集団)の感染源(リンク)が分からない感染者が増加していくと、いつか、どこかで爆発的な感染拡大(オーバーシュート(爆発的患者急増))が生じ、ひいては重症者の増加を起こしかねません。 日本国内の感染の状況については、3 月 9 日付の専門家会議の見解でも示したように、引き続き、持ちこたえていますが、一部の地域で感染拡大がみられます。 諸外国の例をみていても、今後、地域において、感染源(リンク)が分からない患者数が継続的に増加し、こうした地域が全国に拡大すれば、どこかの地域を発端として、爆発的な感染拡大を伴う大規模流行につながりかねないと考えています。 引用:「新型コロナウイルス感染症対策の状況分析・提言」(2020 年 3 月 19 日)から一部引用 オーバーシュートが生じる可能性についてさらに次の様なリスクがあるといいます。 それは 「人が密集し都市としての人の出入りが多い大都市圏の方がより高い」ということです。 どのような場合に大規模流行につながるのかを次の様に説明しています。 諸外国の例をみていても、今後、地域において、感染源(リンク)が分からない患者数が継続的に増加し、こうした地域が全国に拡大すれば、どこかの地域を発端として、爆発的な感染拡大を伴う大規模流行につながりかねないと考えています。 引用:「新型コロナウイルス感染症対策の状況分析・提言」(2020 年 3 月 19 日)から一部引用 感染源(リンク)が分からない患者数が継続的に増加 ポイントは感染源がわからない患者が継続して増加するという条件とそうした地域が全国に拡大するとオーバーシュートにつながると説明しています。 例えば人口10万人地域で起きたらどうなるのか? 北海道大学西浦教授が推計した仮設を発表しています。 仮説は次の通りです。 日本のある特定地域(人口 10 万人)に、現在、欧州で起こっているような大規模流行が生じ、さらにロックダウンに類する措置などが講じられなかったと仮定した場合にどのような事態が生じるのでしょうか。 引用:「新型コロナウイルス感染症対策の状況分析・提言」(2020 年 3 月 19 日)から一部引用 その結果次のような影響が発生すると警告しています。 具体的な感染者数を推測しています。 流行 50 日目には 1 日の新規感染者数が 5,414 人にのぼり、最終的に人口の 79. 9%が感染すると考えられます。 また、呼吸管理・全身管理を要する重篤患者数が流行 62 日目には 1,096 人に上り、この結果、地域における現有の人工呼吸器の数を超えてしまうことが想定される オーバーシュートのリスクを高める要因 次にオーバーシュートのリスクを高める要因を説明したいます。 どんな条件がそろうとオーバーシュートが発生するのかを知ることが大切です。 その条件がそろう場所のポイントは次の通りです。 「全国から不特定多数の人々が集まるイベント」 理由は 「3つの条件が同時に重なる場」を避けにくい状況が生じやすいからです。 感染第2波による今後の感染拡大について SARS感染対策で有名な東北大学の押谷仁教授によると第2波の感染が予測されていると述べています。 日本のなだらかな感染増加傾向は、決して安心できるものではなくギリギリで抑えているためだと言います。 さらにクラスター感染をコントロール下に置くことができればオーバーシュートは防げるといいます。 決して安心することなく、新型コロナウイルスの感染拡大を一人一人が抑えていく必要があります。

次の