キンスレ プラグ。 【キンスレ】pvpビクトリーリーグ:メインディーラー(DD)編

『キングスレイド』8ヵ月ぶりに復帰したら快適度が格段にアップしていた! 復帰者目線でいまの『キンスレ』の魅力を語る [ファミ通App]

キンスレ プラグ

いや~めちゃくちゃ面白かったです! 会場にいったら男性だけでなく女性の参加者の方も多くて嬉しくなりましたね! このまま女性のファンの方が増えてオフ会ができたらいいな~。 イベントでは、ブラインドPvP、ワールドボス戦・オナーリーグとイベントが盛りだくさんでした。 ワールドボス戦は、ふだん自分がやるときは基本的にオートだし、戦略とかなにもなかったのですが、S嶋さん解説を聞いて初めて 「攻略法とかあるんだ……!」って感じで。 目から鱗(笑)。 クリティカル耐性が300あるから、下げるキャラクターを云々とか…… いやいや! そんなん全然考えてないどころか知らなかったし! やっぱり上位に行くには、きちんと攻略法があるんですね〜。 勉強になりました。 オナーリーグは、もう意味不明!(いい意味で) オナーリーグに参加するには、とにかく自分の手持ち英雄をかなり大量に持っていなきゃいけないですし、もちろん強化も最強にしておく必要がありますし……。 バンされることも考えてピックしなければいけないし、相手にわざとバンさせるような心理戦も展開されて、改めて『キンスレ』の奥深さを実感しました。 あと、 推しのチェイスはやっぱり強いんだなというのをイベントで確認できたので、このまま一生相棒として育てていきたいとおもった次第です。 (笑) またぜひこういったリアルイベント開催してほしいですね~! むしろ私が開催しちゃう? みたいな……。 宿屋でこつこつ絆を深めたり、チケットを使ったり、ルビーで買ったりいろいろとありましたね。 リアルイベントでワールドボスランキング1位をとったOrpheさんが友だちになってくれたというのも、びっくりました(笑)。 これからも『キンスレ』は続けていこうと思うので、ぜひよろしくお願いいたします! でもぜひ話しかけてくださいね!• 最低でも、 魔法攻撃パーティー、物理攻撃パーティーの2種類は作れるようにならないと。 ドラゴンレイドも周回していると、メインメンバーがほかの行動ができなくなってしまうので、ドラゴンレイド担当パーティーも作りたいですし……。 となると実際まだまだイケメンの数が足りないんですよね(笑)。 こればかりは、毎日の積み重ねが大事ですし、もうちょっと時間が経ったらどこかでまたみなさんにお披露目できればいいなと思います。 ちなみに現在の宿屋は、お目当のネラクシス・エゼキエルにまったく出会えなかったのでテオで進めてます!• というのもドラゴンレイドではいまだにフレイちゃんが活躍しているのであとひとり男性がほしい! ここでこのチケットで手に入れられる男性プリーストは、 レピィ ボードワン レオ 以上の3人。 これまでの流れでいけばボードワン一択になるところなのですが、今回のリアルイベントで皆さんが使っていたのは断然レピィ! キンスレ先輩プレイヤー竹中さんにも相談したところ 「レピィでしょ!」というお墨付きを頂いたので……。 レピィ、君に決めた! めちゃくちゃかわいいー! さっそくレピィを入れてドラゴンレイドに出発! イケメンだけど、見方によってはむさ苦しいともいえるパーティーなので(笑)たまにはこういう癒し要素も必要ですよね。 ついに8人全員をイケメン(?)にすることができました! ぱちぱちぱち〜〜〜! しかもレピィを入れた途端 ずっとクリアーできなかったドラゴンレイドT7-2段階をクリアーすることができてしまった!!! なぜだかわからないけど、すごいよレピィさん! このままいけば、T8クリアーも夢じゃないかも……? ということで、ここまで読んでくださった皆さま、お付き合いいただきありがとうございました! 『キンスレ』にはかわいい女性キャラだけでなく、魅力的な男性キャラもたくさんいるということが少しでも伝わっていたら幸いです。 まだまだ今後もたくさん新しい英雄が増えていくと思うので楽しみです! それではまたどこかでお会いしましょう! 今後も良き『キンスレ』ライフをお楽しみくださいませ。

次の

【キンスレ】遂にオナーリーグ衣装をGET!!【3/13プレイ日記】

キンスレ プラグ

ギルド討伐戦「ラクレール」 ラクレール:ギルド討伐戦攻略 ラクレールの特徴• ラクレールは攻撃速度、防御力減少の効果を受けません。 ラクレールはこちらの被ダメージ減少効果を無視してダメージを与えてきます。 ナイトの素ステータスの減少効果が無いようなモノなので耐久面でウォリアーとの差が縮まります。 リザードマンの仮面の効果は、被ダメ軽減無効化があるため、適応されてもダメージアップしか発動しないと予想されます。 (要検証)• こちらがスキルを発動した時、発動した英雄のMPを1秒間回復できなくします。 攻撃がヒットした時に回復出来なくするわけではありません。 ラクレールのスキルについて• 通常時は「フューリアスアサルト」「レイジ」「アンガースマッシュ」、通常攻撃を行います。 通常攻撃は前方の敵、1体を対象にします。 「フューリアスアサルト」は予告後、パーティの最後尾の後ろに回り込みます。 また、発動した瞬間に怒り状態になります。 「フューリアスアサルト」中は、「フェイタルブーメラン」のみ使用します。 1回目に発動する「フェイタルブーメラン」には予告がつきます。 「フェイタルブーメラン」は前方直線の広い範囲に攻撃を行い、範囲内の敵に回復力減少1%の永久デバフを付与する4回ヒット攻撃。 回復力減少効果は「ラクレールの怒り」を解除しても取り除く事が出来ません。 また、バリアによってダメージやデバフスタックの付与を防ぐことができます。 「ラクレールの怒り」状態は300スタックからスタート、ラクレールの攻撃を避けると5スタック、物理攻撃をラクレールに与えると1スタック減り、0にするとダウンして被ダメージが上がります。 「ラクレールの怒り」スタックは「フューリアスアサルト」を使用する度にスタック数が上がります。 「アンガースマッシュ」は事前予告が無く、一瞬溜めた後に、飛び上がり攻撃をして、パーティ全員のバフを解除してダメージを与えて、10秒間回避率を300減少させます。 「アンガースマッシュ」は避ける事が出来ない割合攻撃で、最大HPの85%のダメージ、もしくはHPを15%まで減らす攻撃と予想されます。 (どちらかは不明) ラクレールに有効な戦法・編成• 「ラクレールの怒り」は、ラクレールの攻撃を回避すると5ずつ、物理ダメージを与えると1ずつ減らすことができます。 攻撃ヒット数の多い物理攻撃キャラや、 回避力の高いキャラ、または パーティの回避率を上げるバフ(命中を下げるデバフ)を使用できるキャラを採用しましょう。 防御力ダウンデバフは効かないので、他のバフデバフを使用して、ダメージを稼ぎます。 被ダメージ軽減を無効化されるので、必ずしもタンクはナイトである必要はなく、回避性能の高いウォリアーもタンクとして使用できます。 ラクレール戦での注意事項• アンガースマッシュ後の立て直しを速やかに行う• フェイタルブーメランを食らい続けて回復が追いつかなくならないようにする• レイジはなるべく解除するようにしておく スキル2の風読みによって味方全員の物理回避率を250アップすることが出来て、自身はウォリアーの超越特性「戦略予測」と素の回避率もあり、回避しやすくなります。 タンクとして役割を遂行する場合、物理防御のステータスも上げる事になりますが、超越特性「攻撃的な防御」を使用することにより、タンクとしての防御力とある程度の火力上昇も狙えます。 また、風読みは回避率だけでなく、攻撃力も上げられ、スキル2超越特性[闇]で自分が与えるダメージ量も上げられるのもオススメです。 スキル3の神の代理人+専用宝物で本人の攻撃力と回避率を大幅に上げる事が出来ます。 また、バフを解除されないため、アンガースマッシュを使われた状況でも回避は出来ないもののスタンする事がなくダメージを与えられます。 またパッシブスキルにより命中を下げる事が出来るため、味方全体の回避率のサポートも出来ます。 他にも防御無視攻撃のスキル1と被ダメアップのスキル2もあり、火力のサポートも出来ます。 主人公なので必ず仲間になっていて、専用武器のエアも確定で1本手に入れる機会があるため、入手の敷居も低くおすすめです。 ネイラと同じようにウォリアーなので、「攻撃的な防御」と「戦略予測」も使用できます。 エアと超越5闇の2つによる追加攻撃も期待できるので、攻撃回数も多めです。 ディーラーキャラ 「戦略予測」が使えて、スキル2のリミッター解除によって解除されない速度、ダメージ量、状態異常無効化、スキル1による被ダメ上昇効果、スキル3と専用武器による回復効果、2次宝物による毎秒物理ダメージ効果を持っています。 ラクレールの怒りを素早く解除でき、アンガースマッシュ後に自身のリカバリーも出来て優秀です。 ただし、専用武器の覚醒依存度が高いため、育ててないとスキル2の体力減少効果により、思わず事故死をしてしまうこともあるため注意が必要です。 素の回避率と「戦略予測」、スキル2の闇の帳による完全回避効果、素の攻撃回数、専用武器とパッシブスキルによる追加攻撃、出血による物理ダメージからラクレールの怒りを素早く解除する事が出来ます。 攻撃性能もスキル1闇の被ダメ上昇を始めとする火力上昇効果を多数持つためおすすめです。 専用武器による攻撃速度上昇と、アサシンであるためスタックを解除しやすいです。 攻撃面もクリダメ上昇バフを多数持っており期待できます。 ただし、アンガースマッシュによりほとんどのバフが解除されてしまう点には注意が必要です。 ロイやレイナと同じくアサシンキャラで、出血ダメージなどによる追加攻撃があるだけでなく、本人特有の隠密状態もあり、スタックを削りやすいです。 被ダメ上昇のデバフもあるので火力面でも貢献出来ます。 専用武器、スキル2、二次宝物、致命的な傷の持続ダメによる手数の多さ、スキル3宝物、スキル2光による防御無視攻撃、超越5闇によるクリダメ上昇があり、火力面の高さもおすすめです。 死の印、専用武器、スキル2によるスキル1発動、スキル3の手数の多さからラクレールの怒りスタックを剥がしやすく、敵単体相手に性能を発揮するスキルが多くおすすめです。 パッシブスキルによるMP回復封印効果の影響を受けにくく、スキル1やスキル3のヒット数が多く、スタックを剥がしやすいです。 多数の火力アップ超越スキルも持っているため、火力面でもかなり期待できます。 サポート・ヒーラーキャラ.

次の

【キンスレ】遂にオナーリーグ衣装をGET!!【3/13プレイ日記】

キンスレ プラグ

復帰者目線で見た『キンスレ』の魅力 ミリアンヌの姿に魅了され『キングスレイド』(以下、『キンスレ』)を始めたのが、2018年3月末のこと。 これを見れば察するだろうが、プレイ開始の動機は揺れるアレだ。 ちなみにアングルを後ろに回すとスカートの中も見える。 ゲームを始めてこれを見た瞬間、「神か!」と歓喜に震えた記憶がある。 そんな不純な想いで始めた『キンスレ』。 しかし、プレイを進めていくと、 キャラ(英雄)の入手がガチャでなく自分の好きなキャラを手軽にお迎えできること 周回すればするほど強くなっていく成長を実感できる育成システム 課金要素である武器凸もランキング上位を目指さなければ必要性が薄いこと など、ゲームじたいの魅力にハマっていき、気づけばお得パックを全部購入しちゃうくらいには『キンスレ』にのめりこんでいた。 ギルド討伐戦もそこそこ上位のギルドにお世話になり、ヴェルカザールにクレオのS3をぶちこむ日々を送っていた。 かつては、ファイアドラゴン以外の3種のドラゴンのソロクリアーはなかなかにハードルが高かったのだが、それがいまではそこそこ戦力が揃えばソロでも周回可能という楽園状態。 自分の好きなときに好きなだけ装備集めができて非常に快適だ。 拘束時間が少なくなったギルド討伐戦 筆者が現役だった時期のギルド討伐戦では、ティルファス、ラクレール、ヴェルカザールの順番で討伐していく必要があり、ヴェルカザール担当だった筆者は、前の2体の討伐が終えるまで待機していなければならなかった。 ラクレールが実装されてから間もない時期だったため、ラクレールが討伐できるかどうかも最終日ギリギリにならないとわからなく、「ヴェルカザールの準備をしていたのに時間の問題でラクレール討伐へ~」なんていう悲しい出来事もけっこうあった気がする。 正直、これが当時筆者に引退を決意させた要因だった。 それがいまではどのボスに対しても自由に挑戦できる。 これはうれしい……。 どの装備のオプションを確認したのかひと目でわかるので、オプション厳選が捗る捗る。 デイリーミッション系の消化が楽に 古き王家の宝庫、討伐戦闘、上級ダンジョン、地下監獄などの毎日こなすデイリーミッション系のクエストの挑戦数が5から3に。 得られる報酬の総量はほぼ同等のため、純粋にミッションを消化するのが楽になるという神アップデートが行われていた。 小さいながらもありがたい調整だ。 古参キャラが現役で活躍している 8ヵ月もの期間ブランクがあるため、正直、復帰直前には 「昔のキャラ、装備なんて弱くて使えないんだろうな~」と不安に思っていた。 ストーリーを進めれば誰でも入手できるクラウスは相変わらずタンク役として優秀だし、同様のロイやクレオもコンテンツによって高い適正を持つ。 約8ヵ月前に優秀なアタッカーと評価されていたアルテミアやチェイスなども現役の強さを誇っている。

次の