昨日アクティビティ。 タスクビューにて履歴が表示されない

【win10】タスクビューの履歴をクリアできない【1803.1809.1903】

昨日アクティビティ

インスタ「オンライン機能」とは まず、この2018年1月に追加された「オンライン」機能の意味とは何なのでしょうか?これは、インスタグラムのダイレクトメール(DM)の一覧に表示される 「〇〇時間前にオンライン」という表示機能のことです。 これにより、そのアカウントで 何時間前にログインしたか・アクセスされたかが分かる様になりました。 フェイスブックで表示される「オンライン」機能と同様のものですね。 このオンライン機能を活用したい方もいれば、一方で自分の最終ログイン時間を見られたくない、という声も多く聞きます。 そこで次では、 オンライン機能を使うメリットやデメリットについて解説します。 オンライン機能を使うメリット オンライン機能を使うメリットとは• 相手のオンライン時間を見てメッセージを送信できる: ダイレクトメッセージを使用して相手と交流した際には、 相手がインスタを使っているタイミングでメッセージを送信することができます。 相手の使用頻度が分かるため、返信の速さや頻度が予測できる: 「〇〇時間前にログイン」という様に、最後にログインした時間が表示される様になっています。 これで、相手の使用頻度がわかり、 相手からの返信頻度が予測できるので、返信を待ち疲れることもありません。 相手の使用頻度を見て返信やメッセージを送受信できることが魅力です。 オンライン機能を使うデメリット• 自分のログイン時間が表示されるため、ダイレクトメッセージへの 返信を迫られている様な気持ちになる• 使用頻度が分かるため、 手軽にログインしにくくなる 相手からログイン時間が見えることで、チェックされているように感じる方もいるのではないでしょうか。 人の目を気にせず、楽しんで利用したい方には、デメリットが多い機能です。 このように、みなさんが思い付く、「見られている」不快感が大きなデメリットです。 しかし、このオンライン機能を使いこなさなければいけない、ということではなく、自分がどう感じるかで この機能を使うか、使わないかを選ぶことが大切、ということですね。 そこで次では、オンライン機能の非表示の設定方法について画像付きでご紹介します。 オンラインの非表示方法について オンラインやログイン時間の非表示を設定したい!という方向けの設定方法です。 「アクティビティのステータスを表示」をタップしてオフ 他のアカウントのアクティビティが見れなくなる他、相手からもログイン時間は表示されませんので、安心してインスタを利用できます。 「今日アクティビティがありました」の意味とは? 時折、インスタのダイレクトメッセージでは、「今日アクティビティがありました」というメッセージが表示されることがあります。 これは、何を指すのでしょうか? インスタには、ログイン時間がある一定過ぎた場合にこの表示がされる仕組みとなっています。 24時間前近くに最終ログインされた場合に、この「今日アクティビティがありました」が表示されます。 ちなみに、最終ログイン日は最大で23週間前まで表示されるようになっています。 相手のログイン時間が表示されない原因とは 相手のログイン時間が表示されない原因とは 先ほど説明した、オンライン機能の設定後にダイレクトメッセージを見ても画面が表示されない場合は、いくつか原因が考えられます。• 相手をフォローしていない、またはされていない: この場合は、ダイレクトメッセージでやり取りをしていてもログイン時間が表示されることがありません。 実はオンライン設定がオフになっている: 先ほど紹介したオンライン表示・非表示設定で、気付かずオフ設定にしている可能性があります。 アプリが最新バージョンになっていない: 2018年1月に追加された新機能で、本体設定でアプリが最新アップデート版になっていない場合、ログイン時間が表示されることがありません。 最新版にアップデートしインスタを再起動すればログイン表示機能が使えるようになります。 また、インスタグラムの全機能で上手に「表示されない・機能しない」などのトラブルがある時は、 アプリが最新版になっていないことが多くあります。 本体のアップデートが自動ではなく手動設定にしていることで、アプリが旧バージョンのままのケースがありますので、ご注意ください。 毎回手動でアップデートするのが面倒・・・と感じる場合は、アップデートを自動設定にしておくことをオススメします。 以上、インスタのオンライン機能についてご紹介しました。 最新機能が追加になったからと言って活用しなければいけない、という訳ではなく、自分の好みや状況に合わせてオン・オフ設定をしてくださいね。

次の

Windows 10でアクティビティ履歴を削除する方法

昨日アクティビティ

fossBytesに12月18日 米国時間 に掲載された記事「」が、Windows 10において、検索や位置情報などMicrosoftのクラウドサービスを利用することで収集されたユーザーのアクティビティ情報を削除する方法を紹介した。 Microsoftはユーザーのニーズに合ったサービスを提供するためにユーザーのアクティビティを記録しているが、こうしたデータの蓄積を好まないユーザーもいる。 紹介されているアクティビティ履歴の削除方法は次のとおり。 「設定」を起動し、「プライバシー」を選択• 「全般」を選択し、「クラウドに保存されているユーザー情報を管理します」をクリック• 選択したブラウザでページが開かれるので「Microsoftにサインイン」をクリックしてサインイン処理を実施• メニューから「プライバシー」をクリックし、タブから「アクティビティの履歴」を選択• フィルタから表示する内容を選んだ上で「削除」を選択してアクティビティ情報を削除• すべてのアクティビティ履歴が削除された場合の表示 Microsoftに限らず、Googleなどの大手ベンダーはユーザーのアクティビティ情報を積極的に収集し、ユーザーのニーズや好みに合ったサービスを提供している。 こうした行動を気にしないユーザーもいるが、ユーザーデータの収集を問題視する組織や個人も少なくない。 個人のニーズや好みに合ったサービスを提供するには、ある程度ユーザーのアクティビティ情報を収集する必要があるが、プライバシーの確保が懸念材料として論じられている。 今後、法的整備も含めて、どのように状況が推移していくのか注目しておく必要がある。 予めご了承ください。 関連記事•

次の

android

昨日アクティビティ

回答・対処方法 はじめに 「タイムライン」を使用するとアクティビティ履歴を表示し、アプリ、ドキュメント、またはその他のアクティビティについてどのようなことをしたのかを追跡することができます。 ここでは、「タイムライン」上の特定のアクティビティ履歴のみを削除する方法について説明します。 お使いのPCのWindows 10バージョンを確認するには、 を参照してください。 設定方法については、以下のリンクを参照してください。 タスクバーの[タスクビュー]をクリックします。 「タイムライン」が表示されます。 削除したいアクティビティ履歴のサムネイルをマウスの右ボタンでクリックします。 図2 b. メニューが表示されます。 [削除]をクリックします。 図3 c. 選択したアクティビティ履歴のみ削除されます。 削除したい日付内に表示されるアクティビティ履歴のサムネイルをマウスの右ボタンでクリックします。 図5 b. メニューが表示されます。 [XXからすべてクリア] XXには今日、昨日、特定の日付が入ります をクリックします。 図6 c. 画面が表示されます。 [はい]をクリックします。 図7 d. 選択した日付のアクティビティ履歴がすべて削除されます。 図8 「タイムライン」上の特定のアクティビティ履歴のみを削除する操作は以上です。 関連情報• 「タイムライン」上のすべてのアクティビティ履歴を消去したい場合は、以下のリンクを参照してください。

次の