ボーナス 使いみち。 PayPayボーナスライトとは?使い方・使い道まとめ。コンビニでも利用できます。有効期限は60日間

社会人3年目で賞与(ボーナス)の使い道がない!過去に買った物と今後の使い道について考えてみた

ボーナス 使いみち

財布がとてもあったか~くなる「ボーナス」の季節ですね。 これまで仕事に頑張った「ごほうび」を心待ちにする人は多いと思いますが、まわりの人がいくらもらっているのか、みんなはボーナスを何に使っているのか、ちょっと気になりませんか? ボーナスの支給額や使い道、上手な活用法について、ご紹介していきたいと思います。 2017年冬のボーナス支給額は約91万円!? 実際のところ、2017年冬のボーナスはいくら支給されるのでしょうか? 2017年11月に公表された経団連(日本経済団体連合会)の調査によると、冬のボーナスの支給平均額は91万6396円。 これは前年比で1. 19%減の金額なのだとか。 減ったと聞くとマイナスな印象を持ちますが、2016年の冬ボーナスは史上最高額の92万7420円。 この2017年の冬ボーナスも非常に高い水準にあります。 数年前から「景気回復とともにボーナスが上昇している」といった言葉がメディアなどで躍っていますが、ただこれはあくまで大企業の話。 中堅・中小企業としては、ボーナスが上昇している実感は乏しく、両者の違いは大きく広がっているといえそうです。 冬のボーナス使い道ランキング「1位は貯金・預金」 では、そんな大切なボーナス、みなさんはどのように使っているのでしょうか? 共通ポイントサービス「Ponta」を運営する株式会社ロイヤリティ マーケティングの調査によると、2017年冬のボーナスの使い道として最も多かったのが「貯金・預金」の40. 下記の表を見てもわかるように、他の回答を圧倒しています。 冬のボーナスの使い道ランキング (1)ボーナスの1割は「自分へのごほうびに使おう」 ボーナスは可能なら貯蓄に回したいけれど、それでは一生懸命に働いた見返りがありません。 とはいえ、無計画に使うのも考えもの。 そこで、あらかじめ「ボーナスの1割を自分へのごほうびに使う」と決めるのは良い方法です。 FPがおすすめする使い道としては意外に思われるかもしれませんが、旅行やリッチな食事といった消費は、あなたにとって明日への大切な「活力」になるはずです。 この使い道への割合は、世代や生活環境によって異なりますが、最大で1割は超えないようにしたいところです。 やはり預貯金に余裕があってこそ安心して仕事に励むことができます。 (2)ボーナスの5割は「目的のある貯蓄」、3割は「目的のない貯蓄」に使おう 「今の消費を少しガマンして、将来のために貯蓄に回す」という考え方は、とても大事なことです。 私もその意見に賛同します。 ただ、貯蓄には2種類の意味があり、それを区別しながら貯蓄に励むことをおすすめしたいと考えています。 1つは教育費や住宅購入費、マイカー購入費といった「目的のある貯蓄」です。 もう1つは「目的のない貯蓄」。 これは特に目的を決めていないけれど、何かあった時に使うための貯蓄をいいます。 一般的には「家を買いたい」「子どもの入学資金を貯めたい」といった「目的のある貯蓄」を重視しがちですが、「目的のない貯蓄」にも意識を向けておきましょう。 なぜなら、現段階では想定していなくても、人生には臨時で必要になる出費も多いからです。 突然の病気や介護、退職や失業などに対し、「何にでも使えるような」預貯金を貯めておくことが大切です。 あくまで目安の金額ですが、「目的のある貯蓄」にボーナス支給額の5割を、「目的のない貯蓄」に3割を振り分けます。 「目的のない貯蓄」よりは「目的のある貯蓄」のほうを重視したいところです。 方法としては、銀行口座を別にする、普通預金ではなく定期預金に預け入れるなどして、簡単に引き出せないような工夫をすることが大事です。 (3)ボーナスの残り1割は「投資で増やしてみよう」 ただ、昨今の超低金利の状況では、貯蓄では大きく増えていきません。 そこで、ボーナスの残りの1割で「投資」をしてみることをおすすめします。 特に投資初心者は、投資信託で積立投資を行うとよいでしょう。 運用のプロであるファンドマネジャーに運用をお任せできるのが投資信託。 これに毎月定期的に少額で積立投資することで、値下がりリスクを抑えることができるのです。

次の

冬ボーナス使い道ランキング!お金のプロが教える意外な使い方とは?|たあんと

ボーナス 使いみち

ライフイベントや老後の不安に備えるために、早いうちから貯蓄をしている人が多い一方、資産運用を考えている人は少ないようです。 20~30代といえば、これから結婚・出産・子育てやマイホームの購入など、大切なライフイベントがたくさん控えている時期です。 そのための準備として、あまりお金は使わず貯める意欲が強い傾向があります。 また、娯楽への出費では、「旅行」が30%以上とある程度の割合を占めており、非日常的な体験や思い出作りに積極的であることがわかります。 その次が商品やサービスの購入で、洋服・ファッション、美容関連にボーナスを当てる方が多くいます。 また、資産形成は正しい知識と早めの行動が大切です。 男性・女性ともボーナスを貯金や投資・運用に回すと回答した方はいましたが、同じ積立でも貯金と投資では大きな差がつくことがあります。 例えば、毎月1万円の積立を20年続けた場合、定期預金なら累計240万円ですが、複利年3%の投資信託(手数料・リスクは考慮しない場合)であれば328万円にもなります。 簡便的に投資の世界では、100から自分の年齢を引いた割合を投資に回すとよいと言うこともあります。 たとえば、前述のデータから分かる通り、30歳であればボーナスの7割を貯金に回し、残りの金額を消費に回せばリスクを抑えられます。 投資・運用する場合はくれぐれも余剰資金でおこなうようにしましょう。 年齢によってもボーナスの使い方は変わる ボーナスの使い道に正解はなく、年齢によって変わるのが自然です。 20代~30代前半であれば、自分の成長や新しい体験にある程度お金を使うことができると同時に、結婚や出産といった将来のライフイベントへの備えも必要です。 備えという点では、先述の調査結果からもわかる通り、資産運用はリスクがあるため貯蓄に回す方がいまだに多いようです。 しかし、定期預金金利が0. 40代~50代になると、老後を具体的に意識しはじめ、将来への資金作りを真剣に考えていく必要があります。 そのため、消費に回すボーナスを抑え、貯金や資産運用などをより真剣に検討する必要があるでしょう。 自分の年齢と将来に控えるライフイベントなどを考慮したうえで、どのくらい資産形成する必要があるのかを確認し、ボーナスの使い道を検討しましょう。 まとめ 独身者はボーナスを散財しているかと思いきや、意外と手堅く貯蓄に回していることがわかりました。 独身者は生活資金に余裕があるからこそ、将来への備えとして貯蓄だけでなく資産の増加を狙った運用に回すことができます。 そのうえでライフスタイルに合わせて消費活動ができれば、有益なボーナスの使い道となるでしょう。 まずはボーナスの貯蓄と消費のバランスを検討してみてはいかがでしょうか。 ご留意事項• 本稿に掲載の情報は、ライフプランや資産形成等に関する情報提供を目的としたものであり、特定の金融商品の取得・勧誘を目的としたものではありません。 本稿に掲載の情報は、執筆者の個人的見解であり、三菱UFJ信託銀行の見解を示すものではありません。 本稿に掲載の情報は執筆時点のものです。 また、本稿は執筆者が各種の信頼できると考えられる情報源から作成しておりますが、その正確性・完全性について執筆者及び三菱UFJ信託銀行が保証するものではありません。 本稿に掲載の情報を利用したことにより発生するいかなる費用または損害等について、三菱UFJ信託銀行は一切責任を負いません。 本稿に掲載の情報に関するご質問には執筆者及び三菱UFJ信託銀行はお答えできませんので、あらかじめご了承ください。 関連記事.

次の

ボーナスの使い道って何がある?ボーナスの使い道ランキングを紹介!

ボーナス 使いみち

nissay. pdf 夏のボーナスと冬のボーナスの調査機関が異なるのが恐縮ですが、現在、よい資料が見つかっておりませんので、こちらで。 夏のボーナスの使用用途としてはダントツトップが貯蓄や投資に使う、というものですね。 これは男女変わらず、という所でしょうか。 女性を見てみると・・・• 貯蓄・投資• 生活費の補填• 旅行 男性は・・・• 貯蓄・投資• 生活費の補填• ローンの返済 何が意外かというと、堅実すぎる。 という点です。 調査では独身か、どうかまでは分けていませんので全年代が含まれています。 使い道はは年代により、大きく異なるでしょう。 しかし、全体の傾向としては意外なくらい堅実であることがわかりました。 世の中、好景気と言われていますが、私も肌の感覚では給与が伸びていたり、財布の紐がつい緩む、という意識は全くありません。 意外にも、同じ感覚を皆様も持っているということでしょう。 では、冬もみてみます。 2016年冬のボーナス使い道ランキングも見てみる こちらは価格コム社による2016年冬のボーナスの調査です。 それはそうですね。 私はここ10年間のボーナスはオクサマに渡してしまい、ほぼ全額ローンの返済に当ててきましたので、全くたのしみがありませんでしたが、やはり少しは自分のためにも使いたい、というのが普通ですね。 自分のために使う(旅行やブランドものを買うなど)• 生活費• 資格取得に使う 大きく分けて上記のような形になりました。 貯金 20代からもしっかり貯金をしている方もおられました。 堅実だな、と思いますが、20代は結婚資金を貯める時期でも有りますので、それもそうか、と頷いてしまいました。 仮に30万円のボーナスを貰ったとして、15万貯め続けると・・ 夏15年間 冬15万円 1年で30万円、5年で150万円貯まりますね。 それなりにまとまった金額でしょう。 嬉しくなりますね。 自分の為に使う 旅行に行く資金にする という人が意外と多かった印象です。 やはり働いていると皆ストレスをためています。 ストレス発散はやはり旅行でしょ、という声は共通していましたね。 これは同感です。 有益な使い道です。 ブランドを買う という声も有りました。 私は20万円以上するような高い服やバッグは買ったことがないので、未知の世界ですが、この使い道もスタンダードなのでしょう。 趣味に使う コスメ趣味を持っている人もいました。 コスメにはどのくらいお金がかかるのか聞いてみると月あたり1万円以上使う月も、という答えがかえってきましたので、ボーナス月には一気に3万4万使ってしまうのでしょうか。 これは怖くてきけませんでした。 生活費 これは現実的です。 特に20代の一人暮らしの女性は給料も高くないケースが有りますので、この答えはなんとなく納得感が有りました。 資格取得に使う 将来のために資格を取得して置く、という考えは女性に多いのかもしれません。 結婚して子供が生まれると勉強に時間を割くのは難しくなりますので、独身のうちに、ということでしょう。 独身女性の使い道まとめ 皆しっかりしています。 予め使い道を決めている人が多い、という印象もありましたね。 あなたは何に使いますか? 家族のための使い道3選 家族のための使いみちを3つ選んで見ました。 家族というのはここでは配偶者および子供達のことです。 家族旅行• 美味しいものを食べに行く• 旦那および妻に自由になるお金を渡す 1)旅行 家族のために使う、というと真っ先に思い浮かぶのは家族旅行ですね。 あえて言わずとも、よいですが、家族旅行は年に1回~2回は実施することを推奨致します。 もちろん、可能ならどんどん行くとよいと思うのですが、必ずよい思い出になります。 私の家庭でも夏休みと冬休みには毎年計画して旅行にいきます。 よい思い出になりますので、大変有意義な使い道だと思います。 2)美味しいものをたべに行く 家族で美味しいものをたべに行く、というのも選択肢でしょう。 普段食べられない少し高いお肉を食べる、などよいですね。 多くの場合は旅行と組み合わせると一石二鳥です。 3)配偶者に渡す 実は私はボーナスの使いみちに不満が有りまして、私はオクサマに全額渡してしまう、というお金の管理スタイルを結婚当初からやってしまっているので、自分の自由になるお金が全くないのです。 せめて5万円でも自由に使えたら・・とおもうのです。 1円も懐に入らないので、「あれほしいな」「旅行にいきたいな」などの使い道を考えてワクワクする、ということがないのです。 たまに気になるモノがあると、オクサマに申請する、という大変窮屈極まりない精神生活をしています。 ボーナス時期になると、一応ジャブをうってみるのですが、そもそも交渉自体が嫌です(汗)。 以上、少し愚痴が入ってしまいましたが、家族のための使い道3選でした。 まとめ ボーナスの使いみちランキングは夏と冬で調査機関が異なるため、結果が大きく違いました。 夏は以外にも堅実、冬はすこし現実に近い印象でした。 しかし夏と冬で支給額自体も異なるので、意外にも本当の姿かも知れませんね。 独身女性へのヒアリング調査では、使いみちを予め決めて、使い道の割合を決めている人が多かった印象です。 ぱーと使い切るという声は聞かれませんでした。 若い世代は資格取得に、という声もあり、関心しました。 家族のための使い道3選はすこし愚痴がすぎてしまったことを反省いたしますが、世の中のオクサマで、もし旦那にあまり渡していない!という方は少しでも旦那様に自由になるお金をあげると旦那様の精神的健康が保たれますよ! 是非トライしてみてください!.

次の