雷 古語。 「雷」のことを「稲妻」ともいいますが雷と稲妻の違いはなんですか?あと、...

雷 古語

俳句は十七文字の世界最小文学といわれ、そこに物語や映像を入れるためには言葉選びが大切です。 そこで便利なのが文語や古語。 言いたいことを伝えるためには、何度も考え直す(推敲)が必要であり、また句の格式を高める役割をするのが古語なのです。 前回は名詞の「あ行」をご紹介しました。 今回は「い行」編。 さあ、いくつ読めるかな? レッツ・チャレンジ!! Q1 「雷」 *ヒント:4文字:かみなりの別の言い方 Q2 「幾十度」 *ヒント:5文字 Q3 「礁」 *ヒント:3文字:海に関係しています Q4 「十六夜」 *ヒント:4文字 Q5 「何処」 *ヒント:3文字 Q6 「暇」 *ヒント:3文字 Q7 「古」 *ヒント:4文字 Q8 「飯」 *ヒント:2文字:めしではありません Q9 「庵」 *ヒント:2文字 Q10 「妹」 *ヒント:2文字 答え合わせで古語の意味を覚えよう! いかがでしたか? 今回は簡単でしたね。 答えと意味は以下の通りです。 A1 「雷」 読み:いかづち 意味:かみなりのこと。 夏の季語 例句:〈白日のいかづち近くなりにけり〉川端茅舎 A2 「幾十度」 読み:いくそたび 意味:何十回。 何度も 例句:〈いくそたび時雨るる萩を刈りにけり〉岸嵐三樓 A3 「礁」 読み:いくり 意味:海中にある岩。 「海石」とも書く 例句:〈春光や礁あらはに海揺るる〉前田普羅 A4 「十六夜」 読み:いざよひ(いざよい) 意味:十五夜の翌日の月。 欠けてはいないが陰影がある 例句:〈十六夜の空となりたり首里の丘〉藤田湘子 A5 「何処」 読み:いづこ 意味:どこ。 どちら 例句:〈看護婦のふるさと何処蛍籠〉石田波郷 A6 「暇」 読み:いとま 意味:用事のないとき。 ひま 例句:〈風邪薬のむいとまなく午過ぎぬ〉加藤楸邨 A7 「古」 読み:いにしへ(いにしえ) 意味:遠い昔。 「古へ」とも 例句:〈燈火なき乱のいにしへ花あざみ〉三橋敏雄 A8 「飯」 読み:いひ(いい) 意味:飯(めし)のこと 例句:〈露草や飯噴くまでの門歩き〉杉田久女 A9 「庵」 読み:いほ(いお) 意味:草庵。 僧や世捨て人の住まい。 自分の家をへりくだっても言う 例句:〈庵一つ月を真浴びて隙もなし〉中村草田男 A10 「妹」 読み:いも 意味:男性にとっての妻・姉妹・恋人など。 女性同士の親しい呼び方 例句:〈この岡に根芹つむ妹名のらさね〉正岡子規 (参照:俳句のための古語辞典 株式会社学習研究社) 古語はこれから学ぶ新しい日本語.

次の

タケミカヅチ

雷 古語

すべての情報源• 総合的な情報源• 研究社 新英和中辞典 33• 研究社 新和英中辞典 21• Weblio Email例文集 82• Weblio英語基本例文集 8• 浜島書店 Catch a Wave 16• 英語ことわざ教訓辞典 3• Eゲイト英和辞典 30• 専門的な情報源• 斎藤和英大辞典 151• 日本語WordNet 89• コンピューター用語辞典 1• EDR日英対訳辞書 79• Tanaka Corpus 55• 日本法令外国語訳データベースシステム 11• Wikipedia日英京都関連文書対訳コーパス 510• 官公庁発表資料• 特許庁 1751• 書籍・作品• Arthur Conan Doyle『ボヘミアの醜聞』 1• JULES VERNE『80日間世界一周』 1• Maurice Leblanc『アルセーヌ・ルパンの逮捕』 1• Andrew Lang『トロイア物語:都市の略奪者ユリシーズ』 2• Frank Baum『オズの魔法使い』 1• Wells『タイムマシン』 7• Scott Fitzgerald『グレイト・ギャツビー』 1• Ambrose Bierce『男と蛇』 1• LEWIS CARROLL『鏡の国のアリス』 5• Arthur Conan Doyle『シャーロック・ホームズの冒険』 1• John Tyndall『英国科学協会ベルファースト総会での演説』 2• Robert Louis Stevenson『宝島』 3• Edgar Allan Poe『約束』 1• Lawrence『プロシア士官』 2• Gilbert K. Chesterton『釣り人の習慣』 2• Michael Faraday『ロウソクの科学』 2• 電網聖書• ヨハネによる福音書 1• マルコによる福音書 1.

次の

「雷」のことを「稲妻」ともいいますが雷と稲妻の違いはなんですか?あと、...

雷 古語

雷(かみなり)は、自然現象の一種で、空と地の間に閃光が走り、轟音が鳴り響く現象のことである。 主に天気が雨の場合に発生しやすい。 季語としては夏を表す。 古語や方言などでは、いかづち、ごろつき、かんなり、らいさまなどの呼び名もある。 光は雷光と呼ぶ。 雷の事を稲妻(いなずま:古来の表記は「いなづま」)とも呼び、稲妻の光を稲光(いなびかり)と呼ぶ。 稲妻は秋の季語である。 稲妻・稲光の語源については、日本では稲が開花し結実する旧暦(太陰暦)の夏から秋のはじめにかけて、雨に伴い雷がよく発生するため、また落雷した田では稲が良く育つとされた(落雷によって大気中の窒素が田畑に固着されるから。 現在では十分に窒素肥料が蒔かれている為、落雷した田とそうでない田の間で稲の生長に差異はほとんど見られない)ため、稲穂は雷に感光することで実るという俗信が生まれた。 そこから雷を稲と関連付けて、稲の「つま」(日本の古語では「つま」は男女を問わず配偶者の意味)と解し、「いなづま」あるいは「いなびかり」と呼ぶようになったといわれている ギリシャのゼウス、ローマのユピテル(ジュピター)は天空の雷神であり、最高神である。 マライ半島のジャングルに住むセマング族でも雷は創造を司る最高神であり、インドシナから南中国にかけては敵を滅ぼすため石斧をもって天下る神として落雷を崇める。 欧米ではカシが特に落雷を受けやすい樹木とされたので、ゼウス、ユピタス、北欧神話のトールの宿る木として崇拝した。 欧州の農民は住居の近くにカシを植えて避雷針がわりとし、また犬、馬、はさみ、鏡なども雷を呼びやすいと信じたので、雷雨が近づくとこれらを隠す傾向があった。 雷雨の際に動物が往々紛れ出ることから雷鳥や雷獣の観念が生まれた。 アメリカ・インディアンの間では巨大な鳥を雷獣と考え、その羽ばたきで雷鳴や稲妻が起こると伝えられた。 日本神話においても、雷は最高神という扱いこそ受けなかったが、雷鳴を「かみなり(神鳴り)」ということからもわかるように、雷を神々のなせるわざと見なしていた。 天津神の一人で天孫降臨の前に葦原中国を平定したタケミカヅチ(建御雷、武甕槌)はそういった雷神の代表である。 雷(雷電)を祭った神社に「雷電神社(上州板倉雷電神社など)」「高いかづち神社」などがあり、火雷大神(ほのいかづちのおおかみ)・大雷大神(おおいかづちのおおかみ)・別雷大神(わけいかづちのおおかみ)などを祭神としている。 ウィキペディア(Wikipedia)より.

次の