富山 県 歯科 医師 会。 スタッフ紹介:医院について|富山県射水市 インプラント 歯科医院のたちなみ歯科口腔外科クリニック

院長・スタッフ紹介

富山 県 歯科 医師 会

(5月26日) 4月21日 令和2年休業中のお知らせ 【学校再開時の井澤校長先生のお話より】 東部小学校のみなさんおはようございます。 みなさんにとって3月からの約3か月間の臨時休業は、これまでの生活とは違う窮屈な生活だっただろうと想います。 学校の休業とともに、いろいろな行事が中止になったり、日程が変更になったりする中、みんなよく我慢し、がんばりました。 東部っ子のみなさんの我慢とがんばりは立派でしたね。 さぁ、今日から学校生活が始まります。 このような困難な状況ですが、一人一人が「挑戦」する気持ちを大切に、学校生活でいろいろなことにチャレンジして欲しいと思います。 失敗を恐れてはいけません。 授業でどんどん手をあげ、いろいろな仕事にすすんで取り組みましょう。 よいと思うことはやってみましょう。 難しい問題であっても最後まであきらめない気持ちを大切にしてほしいと思います。 恐れなければいけないことは、失敗をこわがって、何もしないこと、行動をおこさないことです。 みなさんにとって充実した 1学期になることを期待しています。 ところで、感染状況が少し落ち着いた中、この陰には医療に関わる方々をはじめ、困難な状況でも毎日お店を開いてくださった方、ゴミを毎日集めてくださる方など、本当に多くの方の努力や苦労があります。 改めて、社会はいろいろな人の力で成り立っていることを忘れないでいたいものです。 また、不幸にも感染した方や感染が疑われる方への心ないことばや行動等が報道されることもありました。 感染の広がりとは別に、こうした問題に心を痛めた人も多いのではないかと思います。 よりよい社会には、一人一人が相手の気持ちや立場を考えて行動することが大切です。 自分の遣うことばを大切にし、まわりの人への思いやりの行動ができる東部っ子であってほしいと思います。 本日学校を再開することができ、大変うれしく思います。 しかしながら、新型コロナウイルスとの戦いは、終わったわけではありません。 学校はひとりではありません。 みんなで学ぶところです。 東部っ子の「前向きな挑戦」と「思いやりの心」を応援しています。 令和元年度臨時休業中の過ごし方.

次の

会長挨拶

富山 県 歯科 医師 会

Links• ご挨拶 富山市歯科医師会 会長 中道 勇 会員を代表して一言ご挨拶を申し上げます。 私は、平成29年7月に富山市歯科医師会の第18代会長に就任しました。かつて、第15代高石会長のもとで専務理事を6年努めて参りましたが、今度は会長として頑張っていく所存であります。 富山市歯科医師会は、大正10年に13名の会員によって設立され、96年の歴史があります。 本会は、富山市を区域とし、その区域内において就業所を有する歯科医師で構成されており、会員数は200名を超える規模になりました。 医道の高揚と歯科医学の進歩発展と公衆衛生の普及向上を図り、社会福祉と会員の福利の増進に寄与することを目的として、8常任委員会を中心にさまざまな事業を行っています。 富山市歯科医師会の沿革については、古い写真や資料を掲載しましたので、ぜひ一度覗いていただければ幸いであります。 本ホームぺージ上では、富山市歯科医師会が行っている事業はもちろんのこと、会員が協力している1歳6カ月児健康診査、3歳児健康診査、フッ化物塗布、学校におけるフッ化物洗口、妊婦歯科健診や40・50・60・70歳の歯周疾患検診、健康づくり推進事業 「富山市健康プラン21」のうち、歯の健康の推進 など富山市の保健事業についても解説しています。 マップを利用され、1年に2~3回、「かかりつけ歯科医」のもとで、う蝕 むし歯 や歯周病 歯槽膿漏 の検診を受けて、治療していただくことにより、歯が長く保たれ、健康寿命が伸びるとともに要介護にもなりにくくなります。そして、医療費の節約にもつながります。かかりつけ歯科医マップでご近所の歯科医院をご確認ください。 歯科医師名や診療日・時間等の詳しい診療情報もご覧いただけるようになっております。 歯科の病気や知識に対しては「健康に関するあれこれ」で解説しております。 また、休日歯が痛くなった時にどこで治療が受けられるか、事業所歯科健診を実施したい時にどこへ申し込めばいいか、障害者や寝たきり者の診療についても説明してありますので、ご活用ください。 また、医療関連や行政関連のリンク集も用意しました。

次の

一般社団法人 富山県歯科衛生士会

富山 県 歯科 医師 会

(5月26日) 4月21日 令和2年休業中のお知らせ 【学校再開時の井澤校長先生のお話より】 東部小学校のみなさんおはようございます。 みなさんにとって3月からの約3か月間の臨時休業は、これまでの生活とは違う窮屈な生活だっただろうと想います。 学校の休業とともに、いろいろな行事が中止になったり、日程が変更になったりする中、みんなよく我慢し、がんばりました。 東部っ子のみなさんの我慢とがんばりは立派でしたね。 さぁ、今日から学校生活が始まります。 このような困難な状況ですが、一人一人が「挑戦」する気持ちを大切に、学校生活でいろいろなことにチャレンジして欲しいと思います。 失敗を恐れてはいけません。 授業でどんどん手をあげ、いろいろな仕事にすすんで取り組みましょう。 よいと思うことはやってみましょう。 難しい問題であっても最後まであきらめない気持ちを大切にしてほしいと思います。 恐れなければいけないことは、失敗をこわがって、何もしないこと、行動をおこさないことです。 みなさんにとって充実した 1学期になることを期待しています。 ところで、感染状況が少し落ち着いた中、この陰には医療に関わる方々をはじめ、困難な状況でも毎日お店を開いてくださった方、ゴミを毎日集めてくださる方など、本当に多くの方の努力や苦労があります。 改めて、社会はいろいろな人の力で成り立っていることを忘れないでいたいものです。 また、不幸にも感染した方や感染が疑われる方への心ないことばや行動等が報道されることもありました。 感染の広がりとは別に、こうした問題に心を痛めた人も多いのではないかと思います。 よりよい社会には、一人一人が相手の気持ちや立場を考えて行動することが大切です。 自分の遣うことばを大切にし、まわりの人への思いやりの行動ができる東部っ子であってほしいと思います。 本日学校を再開することができ、大変うれしく思います。 しかしながら、新型コロナウイルスとの戦いは、終わったわけではありません。 学校はひとりではありません。 みんなで学ぶところです。 東部っ子の「前向きな挑戦」と「思いやりの心」を応援しています。 令和元年度臨時休業中の過ごし方.

次の