朝日 新聞 かんぽ。 続編の中止後も放送を検討 NHK「クロ現」かんぽ報道:朝日新聞デジタル

かんぽ営業自粛で手当激減、120人が持続化給付金申請 [新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル

朝日 新聞 かんぽ

ジャンルでさがす• これから出る本をさがす• フェア• ジャンルでさがす• ジャンルでさがす• 電子洋書• フェア• ジャンルでさがす• 和雑誌• 海外マガジン• これから出る本をさがす• 和雑誌• フェア• 海外マガジン• ジャンルでさがす• DVD• フェア• ジャンルでさがす• フェア• 北海道・東北• 北関東・千葉• 神奈川• 中部・北陸• 中国・四国• ウェブストアに87冊在庫がございます。 (2020年06月27日 16時41分現在) 通常、ご注文翌日~3日後に出荷されます。 入手できないこともございます。 【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。 尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。 内容説明 起こるべくして起きた「かんぽ問題」。 郵便局の深すぎる病巣にメスを入れる!収束の見えない「かんぽ不適切販売」。 日本郵政はNHKに抗議を繰り返すなどして、問題は政治や報道のあり方にも飛び火している。 なぜこのようなことになったのか。 半年以上にわたる現場取材の集大成をお届けする。 目次 序章 宴の後で 第1章 発覚 第2章 過剰なノルマ、置き去りの契約者 第3章 政治への忖度 第4章 不正拡大 第5章 NHKへの抗議 第6章 遠い信頼回復 出版社内容情報 朝日新聞で話題沸騰!「かんぽ生命 不適切販売」の一連の報道を書籍化。 高齢客をゆるキャラ呼ばわり、偽造、恫喝……驚愕の販売手法はなぜ蔓延したのか。 過剰なノルマ、自爆営業に押しつぶされる郵便局員の実態に迫り、崩壊寸前の「郵政」の今に切り込む。

次の

資生堂、ジョブ型人事に移行 社長「究極の適材適所」(朝日新聞)

朝日 新聞 かんぽ

com/Rawpixel 発売11カ月で世界200万部、そのうち4分の1が日本で売れている(2019年12月時点)『』。 同書は、私たちの世界に関する「勘違い」を「10の本能」に分類している。 今回、その10の本能を現代ニュースに絡めて紹介していく。 第10回は「宿命本能」だ——。 例えばイスラム世界はキリスト教社会とは根本的に違い、この先も変わらない、といった思い込みだが、1984年に6人超だったイランの女性一人当たりの子どもの数は、2017年には1. 6人で、アメリカの1. 9人を下回るように。 文化や価値観は時代とともに変化する。 知識をアップデートし、小さな変化にも気付くべきだ。 「第2次大戦中の韓国・済州島で氏(故人)が200人の若い朝鮮人の女性を日本軍の現場に強制連行することに関与したと証言した」という記事に関するものだ。 吉田証言が虚偽だったことが判明したとし、当該の記事を取り消した。 写真=iStock. com/Rawpixel この大誤報は世間を騒がせた。 検証記事の中に、謝罪がなかったことに対しても大きな批判を呼んだ。 しかし、朝日新聞はその後も誤報を続けた。 19年7月、朝日新聞は「元ハンセン病患者の家族への賠償を国に命じた熊本地裁判決について、政府は控訴して高裁で争う方針を固めた」と報じた直後、首相は控訴しない方針を発表。 は家族へも謝罪をした。 なぜ、朝日新聞は誤報を繰り返すのか。 「朝日の報道が目立っているだけで、新聞社による誤報なんて日常的です」。 そう語るのは全国紙で地方支局のキャップを務める30代中堅記者だ。 時事通信フォト=写真 「警察や自治体が何かしらの広報文を出したとして、それをもとに記事にしたとします。 しかしその後、発表した当局が広報文の訂正をするような事案は頻繁に起こります。 新聞社は『記事の訂正は発表訂正によるもの』と、あたかも責任がないかのように装いますが、本来ならば当局の発表を鵜呑みにせず、裏どりして報じるべきです。 「先入観によって間違うことはあります。 たとえば、火事で老夫婦が亡くなったので警察に電話取材するとします。 亡くなった2人の年齢を質問して『82と70』と教えてもらいました。 『結構、年の差あるなぁ』と思いつつ、なんとなく『夫のが年上』と思い込み、そのまま次は発火原因を聞いたとします。 そしていざ記事にしたら、実は年齢が逆だったと。 思い込みに注意しろ、とは記者には言っていますが、人間ってそもそも思い込みをする生き物なんですよね」 しかし、取り返しのつかない誤報とそうでない誤報はあるだろう。 夫婦の年齢を間違えても国際問題にはならない。 全国紙の政治部記者はこう話す。 締め切りを意識して仕事をしなくてはいけないので、ある程度は準備する必要があるからです。 実際に取材したら予定稿の結論とは違っていた、ということはよくあって、その都度修正すればいいのですが、中に予定稿に沿って誘導的な質問してしまうなどして、真実とは違う結論を導き出す場合もあります」 そしてこうも付け加える。 「間違っても言い出しにくい、という風潮はどの新聞社にもあると思います。 小さな記事訂正ならまだしも、ある程度話題になった記事を訂正するとなると、新聞社の信頼も落ちますし、担当記者やデスクの出世に響きます」 とはいえ「記事訂正しても人事査定に響きません」とは新聞社も言いづらい。 記者が人間である以上、誤報はなくならないだろう。 (プレジデント編集部 写真=時事通信フォト).

次の

「かんぽ不正」の背景に日本郵政グループの構造問題

朝日 新聞 かんぽ

リンクを埋め込む 以下のコードをコピーしてサイトに埋め込むことができます かんぽ問題、「SNS厳禁」に局員憤り 内部告発を牽制:朝日新聞デジタルはてなブックマーク - かんぽ問題、「SNS厳禁」に局員憤り 内部告発を牽制:朝日新聞デジタル プレビュー かんぽ問題、「SNS厳禁」に局員憤り 内部告発を牽制:朝日新聞デジタル のが見つかっんぽとに対し、不信と不満が広がっている。 かんぽ株は11... 続きを表示 のが見つかっんぽとに対し、不信と不満が広がっている。 かんぽ株は11日、前日に続き来をし、の信頼を取り戻せない。 混乱を抑えるためか、は同日、などを(けんせい)する通知をに出したが、は「締め付けだ」と不満の声があがる。 「の声が陣にまったく届かならやむを得ずへ訴えている。 すると脅すのはなしめつけだ」。 のがこう憤るのはが11日に出しただ。 「へのなどの及び」と題する。 局員らが社内や・の内容をなどに書き込むを禁じると強調した。 「ただでさえ売れないなの…• ブックマークしたユーザー•

次の